2017年春、スキニーが新登場したリーバイス501!

2017年春、スキニーが新登場したリーバイス501!

世代を超えて多くの人々に愛されている名作『リーバイス』の501。そのシリーズに新シルエットのスキニーが登場しました。

桂川 千穂

2017.02.18

リーバイス(Levi's)
ボトムス
ジーンズ

不朽の名作に、新シルエットが誕生!

ジーンズの定番ブランドといえば、やっぱり『リーバイス』。数多くのモデルを扱っていますが、なかでも501(R)が王道ですよね。100年以上の歴史を持つ501(R)は、世代を超えて多くの人々に愛されてきた名作です。

『リーバイス』501(R)は、もともとは作業着として着られていたため丈夫な作りと全体的にゆとりのあるシルエットが特徴。2015年にはテーパードシルエットにカスタマイズされたリーバイス501CTが発売され、こちらもまた話題となりました。そして今回新たに、スキニーシルエットにカスタマイズされたNEWモデルが発売されます!

合わせて読みたい: リーバイス501をもっと好きになるために押さえておきたい3つのモデル

スキニーにカスタマイズするってどういうこと!?

ご覧のとおり、美しいスキニーシルエット

これまでの501との違いは一目瞭然! ずいぶんすっきりとした美シルエットですね。ボタンフライやレッドタブなどのディテールの特徴はそのままに、太ももから膝、足首までがタイトになってぴったりフィット。シャープになってスタイリッシュな印象に仕上がっています。

気になるはき心地は……?

「そんなタイトなのはけないよ~」。おなかやお尻周りが気になり始めるアラサー世代なら、はき心地が気になる方は多いはず! でもご心配なく。ストレッチデニムを使用しているので、ぴったりフィットしていながらも動きやすく、窮屈感のない楽なはき心地になっています。

待望のリーバイスNEWスキニーはこちら

カジュアルなインディゴブルー、クールなブラック、上品なリジットタイプの3タイプが登場します。

501(R)スキニー HILLMAN

こちらは春の着こなしに取り入れたいインディゴブルー。デニムの色褪せたような風合いがコーデにこなれ感を演出してくれます。カジュアルに着たい人におすすめ。

501(R)スキニー BLACK PUNK

クールなブラックスキニーは、シルエットの細さがより際立つのが特徴。コーデを引き締めシャープな印象に仕上げてくれます。

501(R)スキニー LONG DAY RIGID

最高品質のセルビッジデニムを使用した見た目にも上品な1本。落ち着きと品の良さを醸し出し、カジュアルな着こなしを格上げしてくれます。

おしゃれニスタがお試し! 実際のはき心地はいかに!?

TASCLAPのおしゃれニスタ企画でもお馴染み、ワタルさん、ケントさん、Nissyさんがひと足お先に、501(R)スキニーを試着! 実際のはき心地を聞いてみました。

大人なきれいめカジュアルが基本のワタルさん

ブラックジーンズにマウンテンパーカーを合わせた春コーデを披露。着丈の異なるトップスのレイヤードでメリハリのあるコーデに仕上げています。

▼着用感は?
「スキニーデニムですが、窮屈感はなく、シルエットも細すぎないちょうど良いサイズ感です。生地感は硬すぎず柔らかすぎず、しっかりした作りもいいですね。スキニーが苦手な方でもはきやすいと思います!」

▼どう着こなす?
「スキニーシルエットなので、やはり全体のシルエットを意識するのがポイントです。トップスはオーバサイズのジャケットやコートを合わせて、ゆる×ピタバランスにするのが個人的にツボな合わせ方です」

上品でクラシカルな着こなしが得意なケントさん

カジュアルなジーンズもケントさんらしさあふれるアレンジでクラシカルなムードに味付け。ツイードなどの素材感でコーデを上品に見せています。

▼着用感は?
「個人的にスキニーは普段まったくはかないのですが、この501(R)スキニーは、細すぎず、太すぎない絶妙なシルエットで作られているので、スキニーに抵抗がある方でもすんなりはきやすいアイテムかと思います。はき心地もスキニー特有の窮屈な感じがなくておすすめ」

▼どう着こなす?
「どんなスタイルにも合わせやすいブラックなので重宝しそうです。春は、シャツやTシャツなどを合わせて気軽に取り入れていきたいと思います」

スポーツMIXスタイルを好むNissyさん

ブラックのジャケットを羽織ってセットアップ風にスタイリング。きれいめに着こなしつつも、ロゴTやスニーカーなどスポーティ要素をプラスするのがNissyさん流。

▼着用感は?
「501(R)スキニーは、スキニーとしては少しゆとりがあるかなと思います。はき心地がとても良く、ストレスを感じません!」

▼どう着こなす?
「スキニーシルエットなのでロングコートやロングトップスを合わせて、ゆるく着用したいと思います」

3人のリアルな感想からもわかるように、リーバイス501(R)スキニーは、タイトなシルエットでありながらも、窮屈感がなくはき心地が良いのが魅力のようですね。スキニーだからちょっと……と抵抗を感じた人も試す価値ありです!

ファッション誌「CHOKi CHOKi」「CHOKi CHOKi GiRLS」の編集に8年間携わり、ファッション・ビューティ・読み物ページなどを幅広く担当する。TASCLAPでは、編集部唯一の女性エディターならではの視点でメンズファッションを提案。“誰でも実践できる”をモットーにhow to記事作りに注力する。趣味はヨガとサーフィン。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ビームス&ユナイテッドアローズから厳選。おすすめの冬アウター

    ビームス&ユナイテッドアローズから厳選。おすすめの冬アウター

    まだまだ続く冬だけに、手持ちのアウターにさらなる一品を加えマンネリ回避を図りたい。となれば、頼りになるのがセレクトショップ。特に日本が誇る二大ショップは心強い。

    菊地 亮

    ヒステリックグラマーのおすすめ15選。加工デニムからおすすめのウェアまで

    ヒステリックグラマーのおすすめ15選。加工デニムからおすすめのウェアまで

    設立から35年以上が経つ現在も、独自のスタンスを貫く『ヒステリックグラマー』。ブランドの顔であるデニムから注目の最新アイテムまで、余すところなくナビゲートします。

    山崎 サトシ

    アウターブランド25選。定番の三大タイプ別に人気銘柄を完全網羅

    アウターブランド25選。定番の三大タイプ別に人気銘柄を完全網羅

    ダウンやコート、ブルゾンなど、毎シーズン欲しくなるアウター。トレンドも気になりますが、まず押さえるべきは定番です。ここで王道ブランドの人気アウターを一挙ご紹介!

    山崎 サトシ

    上品なのに楽ちん。ニットパーカーが大人のカジュアルコーデに最適

    上品なのに楽ちん。ニットパーカーが大人のカジュアルコーデに最適

    パーカーといえばスウェット生地が定番ですが、ニット生地もおすすめ。新鮮さをアピールでき、上品でかつ大人っぽいのに着心地は快適。これを活用しない手はありません。

    平 格彦

    今、大人がはくべきデニムブランド20選。一生付き合える理想のジーンズに出会う

    今、大人がはくべきデニムブランド20選。一生付き合える理想のジーンズに出会う

    あらゆるボトムスのなかで、一度手に入れたらもっとも長い付き合いになるのがジーンズ。それゆえ、確かなモノ作りを行うブランドをしっかり押さえておくことが重要だ。

    那珂川廣太

    BACK