フェアアイル柄がすてき。ジャミーソンズのニット紹介

フェアアイル柄がすてき。ジャミーソンズのニット紹介

「とりあえずダークカラーとか無地」で済ませる冬コーデにマンネリな今、『ジャミーソンズ』のカラフル&高品質ニット(しかも防寒性◎)投入で、大人のおしゃれを格上げ!

宮嶋 将良

2017.02.22

ジャミーソンズオブシェトランド(Jamieson's of Shetland)
トップス
ニット・セーター
冬の着こなし・コーデ

改めて知りたい『ジャミーソンズ』のこと

『ジャミーソンズ』は、スコットランド沖合の極寒の地、シェトランド諸島発のファクトリーメーカー。1890年代前半に創立し、島の特産品のシェトランドウール100%で編み上げたフェアアイル柄のニットアイテムを製造しています。1920年代には、当時のファッションリーダー・イギリス王子(後のヘンリー8世)がゴルフウェアに取り入れたことで一躍有名に。以来、現在も確かな品質とデザインで、男女問わず世界中から支持されています。

大人らしさの象徴。『ジャミーソンズ』といえば、やっぱりニット

『ジャミーソンズ』なら断然ニット! 保湿性が高く絶妙な光沢があるシェトランドウールは、発色がよく軽い着心地が魅力です。カラフルな総柄でも野暮ったくないのは、草木染めによるナチュラルな風合い、細やかな濃淡が品の良さを漂わせているからなのです。

カラフルな色づかいで細かい幾何学模様は存在感抜群。それでいて繊細な職人技のお陰で、ワンランク上の上質感や、大人らしい印象を与えます。ノルディック柄やフィッシャーマンなど、ほかの特徴的なニットと比較しても「大人らしさ」でいえば断然これで決まり。

『ジャミーソンズ』は高い防寒性に定評があり、それは極寒のシェトランド諸島生まれという点にも裏打ちされています。一方で、細身のコートの下に着込んでもスッキリした印象に見せるフラットな生地感とスリムなシルエットを持ち、着回し力も侮れません。

『ジャミーソンズ』のニット。おしゃれに着こなす3つの方法

素材も製法も文句なしのハイクオリティニット『ジャミーソンズ』。ここでは、パワフルでカラフルなニットを、大人の男性らしくおしゃれでスマートに着こなすヒントをご紹介!

ヒント1カラフルニット+パステルカラーのアイテムでこなれ感!

冬のダーク&ベースカラー基調のコーデに、そのまま『ジャミーソンズ』のカラフルニットを採用すると、それだけ浮いた印象になってしまいがち。そんなときは、パステルカラー、ベージュなど明るい色を投入! カラフルな印象が程良く落ち着きのあるコーデに。

「これぞジャミーソンズ」というカラフルなフェアアイル柄には、ライトブルーのシャンブレーが鉄板!さらにデニムパンツを採用することで、統一感が倍増します。印象が若くなりすぎないように、小物は武骨で雄々しいものをチョイスしましょう!

ビビッドカラーのニットは、ブラックのアウターで引き締めつつ、ベージュのパンツで柔らかい印象にスタイリング。キャップにはニットのカラーを配して全身のバランスをアップ、足元はドレス感のあるワークシューズで大人の品を主張することも忘れずに。

アウターにカラーを取り入れるのも1つの手段。ニットと同系色に揃えれば、自然と印象がまとまっていきます。印象のメリハリを狙いたいパンツにはニット&アウターの補色のダークグリーンを配して、カラーコーデは完璧です!

ヒント2ジャケットスタイルのアクセントに!

防寒性抜群でありながら、スリムなシルエットの『ジャミーソンズ』。これを生かさない手はない!ということで、ジャケットを合わせてスッキリした印象にスタイリング。良質なアイテムをあえてチラ見せにとどめることで、大人の余裕が漂います。

グレージャケットにホワイトのシャツ、タイを締めて、トップはカッチリコーデに。そこへカラフルな『ジャミーソンズ』のベスト、ロールアップしたデニムで外せば、遊び心満載のカジュアルジャケパンコーデが完成!

ダークカラーのジャミーソンズ&ジャケットは、正統派感満載。キャップやワイドデニムなど、ストリート感があるアイテムを盛り込みつつも、シックに統一したトーンも相まってキチンと感を印象づける大人カジュアルを演出します。

パイピングとチノパンの色を合わせつつ、シルエットはスッキリ+ユルめとコントラストをきかせて好バランスに。さらにジャケットとシャツの色を合わせたことで、フェアアイルの色柄が引き立ち新鮮な印象を与えます。

ヒント3タフなアイテムと好相性!

シェトランド諸島の防寒着でもあるこのニットは、アウトドアスタイルでも実力を発揮!防寒性の頼もしさはもちろんのこと、ミリタリージャケットやマウンテンパーカーなど、ヘビーデューティのアウターに組み合わせれば、大人らしいシックな魅力を演出できます。

カーキのミリタリージャケットにオレンジ系フェアアイルのニットを合わせ、個々のアイテムの色を引き立てるスタイリングに。デニムの足元はロールアップして、ニットと色を合わせたソックスの柄をチラ見せる小ワザもポイントです。

トレンド感のあるマウンテンパーカーは、落ち着いた色のニットと合わせてグッとシックなスタイルへ。シャツはきれいめでなく、風合いのあるフランネルや綿麻の素材を選ぶのが正解。柄はノルディック系などやや大ぶりを選ぶとスポーティな印象に。

レザーをあしらった辛めのスカジャンは、ゆったりめのジョガーパンツを合わせてトレンド感と抜け感を演出。そこに『ジャミーソンズ』のニットと白シャツのレイヤードのきれいめ要素で、大人らしい落ち着いたストリートスタイルに。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    初心者歓迎。夏フェスファッションとスナップ集

    初心者歓迎。夏フェスファッションとスナップ集

    フェスのためのメンズファッションを紹介。フェスに着るウェアの選び方やおすすめのアイテム、コーデサンプルなど、フェスのためのコーデのポイントを幅広く解説します!

    TASCLAP編集部

    2019年夏コーデの参考集。7つのキーワードと夏服サンプル14選

    2019年夏コーデの参考集。7つのキーワードと夏服サンプル14選

    着用アイテム数が少ない夏ファッションは単調になりがち。だからこそ旬なポイントを押さえて差別化を図ることが大切です。キーワードを押さえ、夏コーデを攻略しましょう。

    平 格彦

    大人のTシャツコーデ25選。シンプルなのにこなれた着こなし見本

    大人のTシャツコーデ25選。シンプルなのにこなれた着こなし見本

    春夏のワードローブに必須のTシャツ。つい定番を選ぶゆえに、コーデがマンネリになってしまう人も多いはず。おしゃれな人のコーデから着こなしのヒントを探りましょう。

    CANADA

    温故知新の1足。ナイキのインターナショナリストとは?

    温故知新の1足。ナイキのインターナショナリストとは?

    1980年代に誕生した『ナイキ』のインターナショナリスト。その人気ぶりと背景にある魅力を中心に、同モデルについて掘り下げて紹介します。

    TASCLAP編集部

    サマースタイルを精かんに。ネイビーTシャツの着こなしとおすすめ9選

    サマースタイルを精かんに。ネイビーTシャツの着こなしとおすすめ9選

    ホワイトTに続き汎用性の高いネイビーTシャツ。爽やかな1枚はどうやって着こなすべきか、そして大人が選ぶべき良質な逸品とは。

    TASCLAP編集部

    とにかく使えるユニクロのTシャツ。大人がおしゃれに着るためのテク5つ

    とにかく使えるユニクロのTシャツ。大人がおしゃれに着るためのテク5つ

    ロープライスでハイクオリティな『ユニクロ』のTシャツは、種類も豊富なので活用しないと損! おしゃれに着こなすための法則を、コーデ実例とともにタイプ別に解説します。

    平 格彦

    BACK