目指すは憧れの的!ビジネスファッション正解コーデ集

いろいろとルールのあるビジネススタイルは、アイテム選びや色合わせで印象が大きく変わるもの。そこで新入社員に“こんな大人になりたい”と思わせるテクをご紹介します。

近間 恭子

近間 恭子

SHARE
記事をお気に入り
2017.02.26

ビジネススタイルで盛りすぎ厳禁!

ビジネススタイルで盛りすぎ厳禁!

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

いかなる場面でも、ビジネススタイルに華美なスタイリッシュさは必要ありません。盛った着こなしをしている人ほど、仕事ができないってイメージがありませんか? 少なからず私はそう思います。なので、着こなしは“シンプルなのにどこかカッコいい”を目指すべき。それが大人のビジネススタイルを構築するうえでの最重要事項なのです。

大人のビジネススタイルに必要な要素とは?

大人のビジネススタイルに必要な要素とは?

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ビジネススタイルの最重要事項がわかったところで、あこがれの対象になるにはどんな要素が大人に必要なのか。それは落ち着きや余裕、貫禄、さらにはやりすぎない程度の色気だと思います。あくまでもコーディネートはシンプルに、それでいてアイテムやカラーリングでそれを表現するのがベスト。また、清潔感もきちんと意識していれば完璧ですね。

そこで気になるのが、こうした抽象的な要素を、どのように具体的に落とし込むか。その方法を解説します。

▼要素1:大人ならではの落ち着きや余裕を醸し出す

大人なら落ち着きや余裕は雰囲気でも醸せると思いますが、ビジネススタイルでそれを高めるのもつの手。その手っ取り早い方法が、ブラウンを効かせたスタイリングです。上品なブラウンは大人にこそ似合う色であり、落ち着きや余裕を演出するのにもうってつけ。また、ブルーコーデやタートルネックとの合わせも同様の効果を得ることができます。

具体例1-1

イタリア人の十八番。アズーロ・エ・マローネを実践

イタリア人の十八番。アズーロ・エ・マローネを実践

WEAR

WEAR

お気に入り追加

“アズーロ・エ・マローネ”とは“青と茶の色合わせ”のことで、イタリア人の十八番ともいえる色合わせです。一見難しそうですが、タイで取り入れれば意外と簡単。しかもネイビージャケット×グレーパンツというド定番のジャケパンスタイルも、どこか上品で、かつ大人の余裕をアピールできるのです。

具体例1-2

大人だからこそ似合うクラシカルなブラウンスーツ

大人だからこそ似合うクラシカルなブラウンスーツ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ひと昔前はブラウンスーツ=オジさんのイメージでしたが、最近は洒落者を中心に注目されています。ブルー系を効かせてアズーロ・エ・マローネに仕上げてもいいですが、イチ押しは同じ暖色系でまとめたVゾーン。ボルドータイとのコンビネーションがさらなる落ち着きを、白シャツが絶妙な抜け感を演出するのです。

具体例1-3

大人の余裕を感じさせる柔和な色合わせ

大人の余裕を感じさせる柔和な色合わせ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ベージュのジャケットにグレーパンツという柔和な配色のジャケパンスタイルが新鮮。さらにタイにフェード感あるボルドーをチョイスすることで、清涼感に加えて余裕ある雰囲気に拍車をかけています。シャツはブルー×白のロンドンストライプシャツで、程良く個性をプラスした点もお見事。

具体例1-4

スーツ×タートルで大人のムード満点の余裕ある装いに

スーツ×タートルで大人のムード満点の余裕ある装いに

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ドレスコードがゆるい会社なら、タートルネックニットとの合わせもすてきですよね。上品だし、余裕がある大人って感じ。ネイビー×ネイビーの同系色でまとめてもいいですが、この方のようにグレースーツにブラウンのタートルネックニットというセンスのよさが光る色合わせもいいですね。

▼要素2 :貫禄ある着こなしで頼りがいのある上司を演出

貫禄を感じさせる大人は、同じ男なら文句なしにカッコいいと思うもの。ダブルブレストのジャケットやスリーピーススーツは、それを体現するのに最適なアイテムです。クラシカルかつ重厚な佇まいがそう見せるんですかね!? あと、インパクトある大柄やオットベストなど、大人だからこそ着こなせるアイテムも貫禄を演出する効果があります。

具体例2-1

貫禄がありながらも今っぽい細身のダブルブレストが狙い目

貫禄がありながらも今っぽい細身のダブルブレストが狙い目

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ダブルブレストがバブルのイメージなのは今や昔。重厚感あるデザインはそのままに、シルエットが今どきにアップデートされているのです。なので、バブルっぽく見える心配はなく、それでいて大人の貫禄を存分にアピールできるんですよ。Vゾーンはシンプルかつクリーンに仕上げるのがオススメです。

具体例2-2

貫禄とスマートさが見事に融合したスリーピーススタイル

貫禄とスマートさが見事に融合したスリーピーススタイル

WEAR

WEAR

お気に入り追加

どちらかというとダブルブレストは恰幅がいいほうが似合うのですが、スリーピースはその逆。ベストがプラスされることで上半身にボリュームが生まれ、華奢な体型でも貫禄を演出できるんです。ピンホールカラーシャツや大剣幅の広いタイで、スリーピースのクラシックさを盛り上げているのもいい感じ。

具体例2-3

大人だからこそ着こなせる大柄スーツで貫禄もアップ

大人だからこそ着こなせる大柄スーツで貫禄もアップ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

若者は着られているように見えてしまう大柄のスーツも、大人の貫禄を味方につければ難なく着こなせます。ただ、コントラストが強めだとコスプレのように見えるので、選ぶべきは主張が控えめの大柄。さらにVゾーンを無地でスッキリまとめると、貫禄はキープしつつも好バランスに仕上がります。

具体例2-4

オットベストなら、貫禄と洒落感を両得できる!

オットベストなら、貫禄と洒落感を両得できる!

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ジャケットとオットベストを組み合わせた着こなしは、洋服を知っているからこそ実践できるテクニック。となると、難易度が高い感じがしますよね!? でも、それぞれをネイビーでリンクさせればバランスよくまとまり、それでいてスタイリッシュにも見えるんです。さらにオットベストはスリーピースのベスト的な働きもするので、貫禄も手に入りますよ!

▼要素3 :あからさまはNG。大人はさりげない色気を漂わせて

正直、ビジネススタイルで色気は必要ないのですが、新入社員の男子だけでなく、女子を
意識したテクニックも紹介しようかと(笑)。まず、シャツのボタンをガバッと開けている人をたまに見かけますが、あれって女子ウケは最悪ですから! 女子が求める色気はそんなんじゃありません。あくまでも上品、そしてさりげなく色気が漂っているのがいいです。

具体例3-1

程良くラフなブルーシャツで、色気とこなれを手に入れる

程良くラフなブルーシャツで、色気とこなれを手に入れる

WEAR

WEAR

お気に入り追加

色もののシャツはともすればチャラく見えますが、ブルーならそんな心配は無用。さらにブルーはブルーでもシャンブレーなどのちょっとラフシャツだと、色気に加えてこなれ感もプラスできるんですよ。合わせるスーツはグレーもイいいすが、ネイビーなら文句なしにハマります。ブラウンタイでアズーロ・エ・マローネを構成すれば完璧!

具体例3-2

ワイドラペルで女子が大好物の厚い胸板を視覚的に演出

ワイドラペルで女子が大好物の厚い胸板を視覚的に演出

WEAR

WEAR

お気に入り追加

厚い胸板は頼りがいがあるだけでなく、色気も感じるもの。それを視覚的に表現できるのがワイドラペルのジャケットです。最近はダブルブレストのジャケットに多く見かけますよね? 胸板の厚いグラマラスなシルエットを手に入れたいなら、ぜひチャレンジしてみてください。ただ、派手なVゾーンだと途端にコスプレになってしまうので、あくまでもシンプルに。

具体例3-3

色気があって軽やかなベージュスーツは春夏に活躍

色気があって軽やかなベージュスーツは春夏に活躍

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ベージュスーツはチャラいイメージがありましたが、この着こなしを見てみると、どこか大人の男の色気を感じませんか? ?しかもメリハリを持たせるために取り入れた黒のタイやシューズが、ベージュとのバイカラーを構成してなんとも上品。あえて柄を使わず、すべて無地でまとめて配色を際立たせているのもグッドです。

具体例3-4

ストイックなまでのシンプルさが逆に色気を醸す

ストイックなまでのシンプルさが逆に色気を醸す

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ネイビーの無地スーツに白シャツとネイビーソリッドタイというシンプルな合わせ。私的にはこれが一番好きなのですが(笑)、実は一般的な女子にも人気のコーディネートなんです。色や柄に頼らずシンプルに徹した潔さに、男らしさや清潔感、さらには色気も感じられるんですよね。男性のクライアントや部下のウケも抜群ですよ。

注目編集者
近間 恭子

バッグ・革小物をメインに執筆記事は200本以上

近間 恭子
ライターのアシスタントを経て、2003年に独立。「MEN’S CLUB」や「Mono Master」などの男性誌をはじめ、女性誌やWEB、カタログで活動している。ビジネスからカジュアルまでのメンズファッション全般を得意としているが、最近は趣味がこうじて旅企画も担当。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

山スペックが、どれも1万円以下。外遊びがグッと楽しくなるハイコスパな冬アウターを見つけた!

山でも街でも使える本格アウターを狙うとなると、やはりコストが懸念材料。しかし、お馴染み『アウトドアプロダクツ』ならばお手頃&高品質な“買い”の逸品が揃います!

SPONSORED by ジーンズメイト

続きを読む

自由自在にカスタマイズ。“MY G-SHOCK”で自分好みのオンリーワンを手に入れる

多くの画期的モデルで周囲を驚かせてきた『Gショック』。今度はなんと自分だけの「MY G-SHOCK」が作れるという。早速、業界の最前線で活躍するデザイナーが試してみた。

SPONSORED by カシオ計算機株式会社

続きを読む

業界人も通う恵比寿の名店にフィーチャー。人気スタイリストと考える、今選ぶべきアクセサリー

大人のアクセサリーに求められること。それは旬度とスタイリングへの汎用性、そして確かなブランド力です。例えば、『シンパシーオブソウル』はまさに適任でしょう。

SPONSORED by S.O.S fp

続きを読む

来年も頑張る自分のために、大切なあの人のために。ティソの腕時計を冬のギフトに選びたい3つの理由

贈ってうれしい、もらったらもっとうれしい。そんな心温まるギフトシーズンに推薦したい腕時計ブランド『ティソ』。メンズからレディースまで良作を幅広くご紹介します。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

重要ポイントは3つ。タトラスと探る、今季的なダウン選びの「傾向と対策」

人気の高まりによって選択肢が豊富になったダウンジャケット。その一方、何をどう選べば良いのかわかりにくいのも事実です。今季“買い”の基準を『タトラス』と探ります!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

レザーに通じたプロ同士が対談。ガンゾに聞く革のお手入れトラブルシューティング

使うほどに味が出るのがレザーの魅力。しかし、そのためには適切な手入れが必要です。革のプロに、正しい革のメンテナンスについて基本から応用まで教えてもらいました。

SPONSORED by ガンゾ

続きを読む

その進化、変わらぬ心地良さに安心する。 モデル・ショーゴも惚れ込む西川ダウン

『ナノ・ユニバース』のロングセラーシリーズ『西川ダウン(R)』を、これまで数多く着用してきたモデルのショーゴさん。彼が語るその良さと、今季作の見どころとは?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

うん、“色”っぽい。カラー使いに惚れる、ポール・スミスの彩りウォッチ

重厚な印象になりがちな冬の装いを洒脱に仕上げたいなら、腕時計で彩りを添えるのが効果的。腕元に洗練をもたらす逸品が『ポール・スミス ウォッチ』には揃っています!

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

目の肥えた時計好きはなぜロンジンを選ぶのか。“格”を示すフラッグシップに見る、その理由

約190年に及ぶ歴史を持つ『ロンジン』は、時計界において特別な存在。その旗艦モデルは一生モノの枠を超え、後世に受け継ぐ価値を備えたタイムピースだ。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

細部に宿るリュクス感。存在感満点のスケルトン時計を、人気スタイリストはどう見たか

着実に需要が高まっているスケルトン時計。選択肢は数あれど、どうせ手に取るなら確かな背景を持つブランドの1本を狙いましょう。今冬の注目作、その細部を掘り下げます。

SPONSORED by ブローバ

続きを読む

圧倒的な軽さと薄さを体感せよ。通勤の悩みを解決するレゾンのバックパックにこの冬出会う

「重くてかさばる仕事カバン」はもはや時代にそぐわないもの。超軽量と超薄型を実現した『レゾン』のバックパックが、きっとあなたのビジネスライフに革命を起こします。

SPONSORED by レゾン

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP