第一印象を好印象に。オフィスカジュアルのつくりかた

ビジネスとカジュアルを両立したビジネスカジュアルは、今や大人の定番。好印象を得るために今春お手本となるビジカジ=オフィスカジュアルスタイルをご紹介します。

第一印象を好印象に。オフィスカジュアルのつくりかた

好印象を与える。ビジカジスタイルとは

ビジネスシーンでも通用するカジュアルスタイルを想定したビジカジ、別名オフィスカジュアルは、今やおしゃれに敏感な社会人の間では定番のスタイル。ジャケットやシャツなどデザインの選択肢が増え、スタイリングが楽しめるようになったのも人気の理由です。大人ならではの清潔感をキープしつつ、個性を引き出すカジュアル色を程よくプラスするのがスタイリングの秘訣。センスアップしつつきちんと感をキープするルールやコツを紹介します。

ポイント1:第一印象を決めるジャケットの色はベーシックに

オフィスカジュアルスタイルの第一印象を左右する1番のキーアイテムは、やはりジャケット。カジュアルとは言っても、ビジネスの場でも通用する大人のきちんと感を演出するためには、ベーシックなカラーのジャケットを選ぶのが◎。ネイビーやグレーなどオーソドックスな色のジャケットは幅広い着回しも可能です。

コーデサンプル1

ブラック×ベージュのカラーリングでエレガントに

オーソドックスなブラックジャケットを、明るいベージュのパンツや白シャツとコーディネートすることで、清潔感のあるカジュアルスタイルに。タイなしのスタイルでもきちんと感を損ないません。

コーデサンプル2

ネイビージャケットをスニーカーでカジュアルダウン

清潔感あるネイビージャケットにベストやタイをコーディネートしたドレスアップスタイルを、スリッポンスニーカーでカジュアルダウン。落ち着いたカラーリングで大人っぽさを演出します。

コーデサンプル3

グレージャケットに柄物ニットを合わせてカジュアルに

グレー系ジャケットのセットアップをメインにしたコーディネートのインナーに柄物ニットを合わせてカジュアルダウン。地味になりがちなグレー系コーデにアクセントを加えて品良くまとめています。

ポイント2:合わせるパンツはサイズ感が重要!

オフィスカジュアルスタイルのジャケットに合わせるパンツは、裾丈や幅などのサイズ感が何よりも重要。くるぶしがわずかに見えるくらい短め丈でカジュアル感をプラスすることもできますが、細身すぎるパンツはビジネスシーンには合わないことも。大人ならではの程よいさじ加減と清潔感が大切です。

コーデサンプル1

アンクル丈のパンツ裾でカジュアル感をプラス

グレー系のスーツを主にしたタイドアップスタイルにカジュアル感をプラスしているのは、くるぶしの見える短めのパンツ丈とスリッポン。大人の余裕が感じられるオフィスカジュアルスタイルです。

コーデサンプル2

"やや細身”のパンツ幅が上品さのカギ

細身のパンツはビジネススタイルにカジュアル感をプラスしてくれますが、細過ぎるのは禁物。適度な幅のパンツをチョイスすることで、品の良さときちんと感を両立しています。

コーデサンプル3

ゆったりシルエットもクロップド丈なら◎

トレンドのワイドパンツは重い印象になりがちですが、パンツ丈に気をつかうだけで、足元に軽快さが加わってセンスがぐっとアップします。ソックスと靴を同系色でまとめているので一層すっきりと見えます。

ポイント3:シーンに合わせた靴選びでカジュアル度を操作

オフィスカジュアルスタイルに合わせるシューズは、小物といえども全体の印象を大きく左右する重要なポイント。ドレスシューズには色や柄でハズしのソックスなどを合わせてぬけ感をプラスすることもできる一方、スーツスタイルにスニーカーを組み合わせることで全体にカジュアル感を演出することも可能です。

コーデサンプル1

素足にスリッポンを合わせて抜け感をプラス

ジャケパンスタイルの足元に、スリッポンシューズ+素足を合わせるのは鉄板のコーディネート。アイウェアなど小物も含めてグレー×黒のモノトーンに揃えることで、上品さもキープしています。

コーデサンプル2

ベーシックなシューズでデニムをオフィスカジュアルスタイルに格上げ

そのままスーツスタイルにも活用できそうなベーシックな黒のレースアップシューズは、ホワイトデニムやバックパックとコーデすることでぐっとこなれたオフィスカジュアルスタイルに変化します。

コーデサンプル3

スーツにスニーカーを合わせてカジュアルダウン

ネクタイを締めたドレスアップスタイルの足元に、オーソドックスなスニーカーを組み合わせることで、大人ならではの余裕ある遊び心をプラスしたビジネスカジュアルが完成します。

ポイント4:差し色テクを使ってぬけ感をプラス

グレーやネイビー、茶系やブラックなど、オーソドックスなカラーや無地のアイテムが多いメンズのコーディネートにとって、差し色や柄物はカジュアル感を程よくプラスしてくれる貴重な存在。小さな面積でも効果的に使うことで、着こなし全体を引き締めておしゃれ度もアップ!

コーデサンプル1

白ソックスで清潔感とカジュアル感をプラス

ソックスは靴とパンツ裾のほんのわずかなつなぎ部分でありながら、着こなし全体の印象を大きく左右するキーアイテム。カジュアル色の強い白ソックスをあえて合わせることで、ぬけ感と清潔感を演出しています。

コーデサンプル2

明るいブルーのマフラーを全体の引き締め役に

濃ネイビー系の全身グラデーションの中で、明るいブルーのマフラーがスッと際立つコーディネート。組み合わせたアイテム自体はオーソドックスでありながら、上品なカジュアル感がプラスされます。

コーデサンプル3

柄オン柄で作るVゾーンで上級者テクにトライ

大胆な柄物にチャレンジできるのもオフィスカジュアルスタイルならではのチャンス。シャツとネクタイそれぞれ白黒縞という個性的な組み合わせを重ねることで、ドレスアップとカジュアル感を両立しています。

ポイント5:ネクタイで遊び心を取り入れるのも醍醐味

普段のドレスアップスタイルでは無難な色柄を選びがちなネクタイも、明るい色みや大胆な柄、あるいはカジュアル色の強い素材のものなど比較的に自由に遊べるのがオフィスカジュアルスタイル。大人ならでは遊び心あるタイを、着こなしの引き締め役としてチョイスしてみては。

コーデサンプル1

細身のニットタイで上品にカジュアルダウン

カジュアル色の強い細身のニットタイも、ジャケットやシャツ、パンツなどどれもオーソドックスな色形のものと合わせることで、上品さを兼ね備えたカジュアル感を演出できます。

コーデサンプル2

オフィスカジュアルスタイルだからこそ、ボーダー柄のタイをチョイス!

大胆なボーダー柄のネクタイは普段のスーツスタイルにはなかなか合わせづらいものの、オフィスカジュアルスタイルではコーディネートを引き締める主役に。トラッド感もキープしたスタイルが完成します。

コーデサンプル3

コントラストを効かせる色合わせで上級コーデを目指す

濃色シャツを着る機会も増えるオフィスカジュアルスタイルだからこそ、あえてコントラストの強い明るい色のネクタイを選ぶことで、着こなしにメリハリをつけられます。上質なアイテム同士を重ねて上品さも忘れずに。

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る