2017年春、ジョガーパンツはきれいめにはくのが正解!

今年も注目のジョガーパンツ。人気があるからこそ、2017年らしい味付けで一歩抜け出したいところです。そこで提案したいのが “きれいめ” な着こなし。詳しく解説します!

2017年春、ジョガーパンツはきれいめにはくのが正解!

もはやメンズの新定番。2017年もジョガーパンツをおしゃれに着こなそう!

ジョギングできるほどの快適なはき心地と、スラックスに匹敵する上品な印象を併せ持っているのがジョガーパンツ。着こなしに取り入れるだけで、人気継続中のスポーツミックスな印象が打ち出せるのも大きな魅力です。ということで、2017年もジョガーパンツを活用しない手はありません!

ただ着るだけじゃダメ。今年はより“きれいめ”を意識して

スポーティーなジョガーパンツを何となくカジュアルに着ても昨年と一緒。今年らしさを上乗せするなら、より大人らしい着こなしを意識するのがおすすめです。具体例をピックアップしながら詳しく解説します!!

2017年に狙いたい。ジョガーパンツの着こなしと組み合わせるマストアイテム

“きれいめ” に着こなすためには、具体的にどんなスタイリングを目指せば良いのか。その模範解答となる7パターンと、合わせるべきアイテムを解説しましょう! 基本的には、上品なトップスをセットするのがおすすめです。

アイテム1

クリーンな印象を高める白シャツと合わせて、品よく着こなす

白いシャツを合わせることで、クリーンなイメージに仕上げた着こなし。スニーカーもホワイトでリンクして清潔感を高めています。青いジョガーパンツを加えたホワイト×ブルーという色使いも爽やかなムードを加速!

組み合わせるならコレ

高密度のブロード地を使用した品の良い白シャツ。薄手ながらハリ感もある生地感に加え、シルケット加工による絹のようなタッチが気品を高めています。シンプルなデザインとタイトなシルエットも上品なイメージ作りに貢献。

アイテム2

大人顔に仕上げるならテーラドジャケットが近道

テーラードジャケットを合わせるだけで、大人なニュアンスが演出できるという好例。インナーをオーバーサイズのTシャツにすることで、気取りすぎない雰囲気に仕上げています。スリムなジョガーパンツがスタイリッシュなイメージを確保。

組み合わせるならコレ

2方向のストレッチ性と速乾性に優れるサッカー生地を用いたテーラードジャケット。肩パッドを省いたアンコン仕様も加わり、カーディガン感覚で着こなせる軽快なアイテムに仕上がっています。セットアップのパンツも展開。

アイテム3

大人カジュアルにキメるならフードコートを活用して

すでに紹介したテーラードジャケットも、ジョガーパンツとセットアップで展開されているアイテム。そうしたセットアップが今季は充実していますが、ジャケット以外のアウターを選ぶと一層新鮮です。フードコートでもセットアップなら、大人で上品な雰囲気!

組み合わせるならコレ

上で着用しているフードコートは、カーキのほかにネイビーをブラックもラインアップ。ボンディングダンボールニットを用い、ゆとりのあるシルエット仕上げた今っぽいライトアウターです。もちろん、ほかのジョガーパンツとも好相性。

アイテム4

冬のトレンドインナーで春の装いをアップデート

タートルネックのトップスを合わせることで、上品なイメージを打ち出したスタイリング。ジョガーパンツとスニーカーをブラックで統一しつつ、全身をモノトーンで揃えてクールな着こなしに落とし込んでいます。

組み合わせるならコレ

幅広いシーズンに対応するコットン100%のポンチ生地を用いたハイネックのカットソー。七分袖なので、これからの季節にも重宝します。ビッグサイズのシルエットが今っぽいイメージを演出。ドルマンスリーブがリラックス感を強調します。

アイテム5

万能すぎるボーダーカットソーでクリーンに

ボーダーのカットソーを合わせ、爽やかな印象のコーディネートを築いたお手本。ホワイト×ネイビーのカラーリングも意識し、マリン調の爽快感を際立たせています。白いスニーカーがクリーンなイメージをダメ押し。

組み合わせるならコレ

コットンにシルクを混紡することで、エレガントな表情を与えたボーダー柄のニット。ハイゲージも生地感も上品です。レイヤードがしやすく、ジャケットなどのインナーとしても有用な一枚です。

アイテム6

ニットの生地感で“きれいめ”を攻略

明るめのブルーはこの春の注目カラー。そんな色をジョガーパンツだけでなく、ケーブル柄のニットでも取り入れたワントーンスタイルがかなり新鮮です。ニットの生地感が上品なムードも醸し、爽快なカジュアルスタイルに仕上げています。

組み合わせるならコレ

ジョガーパンツと同じカラーのニットを合わせるのがポイント。こんなローゲージのブラックニットを選び、黒いジョガーパンツを合わせてクールにまとめるのもおすすめです。ルーズなニットをスリムなパンツで引き締めるイメージで。

アイテム7

ハイテクスニーカーで今らしいスポーツテイストを加味

今シーズンも人気が衰えそうもないスニーカー。新鮮味を打ち出すなら、インパクトのある色使いやデザインに主張があるハイテク系を選び、着こなしのスパイスとして効かせましょう! スリムなジョガーパンツのコンビが旬なスポーツ感を醸します。

組み合わせるならコレ

さり気ないハイテク感がはきまわしやすい『アディダス』の「NMD XR1 EC」。旬なミリタリーを取り入れたカモフラージュ柄も適度なインパクトを高めています。BOOSTやプライムニットといった最先端テクノロジーを融合しているため、はき心地も快適!

大人におすすめしたいジョガーパンツ一覧

ジョガーパンツを活用したきれいめなスタイリングに欠かせないのは、やっぱりジョガーパンツですよね。なかでもアーバンライクな表情の1本であれば、おのずとクリーンな装いに貢献できるはず。そんな理想的なアイテムをピックアップしてご紹介します。

『マージン』×『カンビオ』

『マージン』と『カンビオ』のコラボレーションアイテム。コンパクト糸を用いたナイロン×ポリウレタンの生地は上品な表情で、ストレッチ性にも秀でているため快適なはき心地です。ブラックのほか、ネイビーとカーキもラインアップ。

『スペルバウンド』

美しいシルエットに加え、レーヨン×ポリエステル×ポリウレタンの混紡生地がエレガントなムードを放っている『スペルバウンド』の一本。スラックスに近い品格とイージーパンツの快適性を兼ね備えています。

『マージン』

スーツにも用いられるトロピカル生地を起用したテーパードパンツ。裾のリブを切り替えることで、スポーティーな個性を強調しています。スニーカーだけでなく、革靴やサンドルとも相性は抜群。

『コロニー 2139』

心地良いタッチのフラノ生地を採用した『コロニー 2139』の裾リブパンツ。適度な肉厚感があり、品格も備えています。カジュアルなコーディネートからきれいめな装いまで、オールマイティーに使える便利な出来栄え。

『ミスターオリーブ』

『ミスターオリーブ』のイージージョガーパンツ。ストレッチ性に優れるツイル地が特徴的で、上品な肉感とレーヨン混ならではのソフトな触感を兼備しています。セットアップで着用できる共地のベストもラインアップ。

『ウノピゥウノウグァーレトレ』

スウェット生地を用いているもののスリムなシルエットが美麗で上品。ヒザ部分にバイカーパンツの要素をミックスし、適度な個性も加味しています。人気ブランド『ウノピゥウノウグァーレトレ』のカジュアルラインだけあって、快適性は極上。

『ディッキーズ』

タフなストレッチ生地を使用した『ディッキーズ』のジョガーパンツ。ワークテイストと思いきや、裾をゴムを絞ってあるため、スタイリッシュに仕上がっています。定番的なブラックやネイビーも選べますが、新鮮味を出すならカーキがイチ押し!

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る