オンでもオフでも大活躍。ナイロントートバッグは我々の心強い味方だ

オンでもオフでも大活躍。ナイロントートバッグは我々の心強い味方だ

バッグとの長い付き合いを考えると、丈夫さは選びの前提条件。さらに、急な雨にも困らずリーズナブルならなお良し。そんな大人の要望を叶えたのがナイロントートだ。

菊地 亮

菊地 亮

SHARE
記事をお気に入り
2021.10.08

程良いカジュアルさが人気。改めて注目したいナイロントートバッグ

程良いカジュアルさが人気。改めて注目したいナイロントートバッグ

ツナグテ

ツナグテ

お気に入り追加

ご近所からレジャー、小旅行まで、トートバッグは休日のお供としてこれまでもあらゆるシーンで活躍してきた。屈強で雨風にも強いナイロン製ともなればなおのこと。その強みが、ビジネスシーンでも頼りになるともっぱらの評判だ。持ち前のカジュアルさがセットアップスーツの堅苦しさをいなし、頼もしい許容量と収納スペース、出し入れしやすい使い勝手、さらには耐久性もしっかり兼ね備えているとくればこれを利用しない手はない。ブリーフケースが幅を利かせてきたシーンだけに、選択肢の幅が広がったのは諸手を挙げて迎え入れたいところ。ドレスコードが緩和され、働き方も多様化している現状を踏まえればもはや理想的といえるかもしれない。

なにかと使えるナイロントートバッグ。今さらだけど、何が魅力?

なかには“今さら……”と思う人もいるかもしれない。なにせ、以前からナイロントートバッグは選択肢の1つとして身近に存在していたからだ。ただ、当たり前なだけにその魅力をしっかりと把握できているだろうか? 今一度、長所について深く知れば、思い違いだった知識や思いがけない発見に出会えるかもしれない。

魅力1

軽量だから通勤や通学で使いやすい

軽量だから通勤や通学で使いやすい

ツナグテ

ツナグテ

お気に入り追加

ナイロンは世界で初めて作られた合成繊維で、実はアメリカのデュポン社がつけた商標名。正式にはポリアミドという。身につけるものにおいて、重さをシビアに追及するスポーツシーンやアウトドアシーンでよく使われてきた素材だけに、軽さは1つの長所だろう。となれば、通勤や通学といった移動時には非常に頼りになる存在といえる。

魅力2

水や汚れに強く、さらに丈夫

水や汚れに強く、さらに丈夫

ツナグテ

ツナグテ

お気に入り追加

ナイロンは摩擦に対する耐性が優れていることで知られる。それはコットンのおよそ10倍ともいわれ、同じ化学繊維のポリエステルよりも強い。さらに外圧がかかった場合に元の形へ戻ろうとする性質があり型崩れしにくいのも頼もしい。さらには水や汚れ、海水にも耐性があるためさまざまなシーンで使えるのが大きなメリットだ。

魅力3

比較的お手頃な価格で手にしやすい

比較的お手頃な価格で手にしやすい

ツナグテ

ツナグテ

お気に入り追加

天然繊維とは異なり、合成繊維であることから比較的容易に手間をかけず作ることができるナイロン。製作も含め大半はオートメーション化が実現されているため、生産コスト・製作コストがさほどかからないという利点もある。それは、アイテムのプライスにも反映され、比較的お手頃な価格で手に入れられる要因になっている。

ナイロントートバッグはどう選ぶ? チェックしたい3つの重要ポイント

バッグの中では定番の部類に入るナイロントートバッグだけに、選択肢の豊富さは言わずもがな。ぜひとも自身の好きなものを、といいたいところだが、長期スパンでの使用を考えるならばフィーリングのみで選ぶのは避けたほうが良いだろう。自身のライフスタイルを振り返りつつどのような点を踏まえて選ぶべきか、今一度おさらいを。

ポイント1

サイズ感

サイズ感

ツナグテ

ツナグテ

お気に入り追加

バッグは大容量だから必ずしも良いというわけではない。いつ、どこで、何を入れ、どう使うかによって適したサイズのものを選ぶことが重要だ。持ち物は財布やスマートフォン、カギなどがメインの休日使いならそれほど大きなアイテムは必要ないだろう。一方、ビジネスシーンなどでPCや書類、その他のガジェット類などの収納も想定するならA4サイズ以上は必要不可欠。アウトドアフィールドをイメージしているならそれ以上のサイズが必要になってくるだろう。

ポイント2

ハンドルの長さ

ハンドルの長さ

ツナグテ

ツナグテ

お気に入り追加

バッグがトート型の場合、ハンドルの長さが扱いやすいかどうかの1つの分岐点になる。多く見られるのが肩掛けタイプ。肩に掛けながら中身を確認できるか、出し入れができるかなど、ある程度の動きの自由が確保された長さが理想的だ。短すぎると出し入れする際にわざわざ肩から降ろさなければならない。逆に長すぎると重心が下がりすぎて持ちづらくなることも。さほど荷物を持ち歩かない人であれば、手持ちぐらいの短さのほうが使いやすいだろう。

ポイント3

ナイロンの素材感

ナイロンの素材感

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ナイロンの素材感 2枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ナイロンの素材感 3枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ナイロン1つとってもバリエーションは幅広く、見た目の印象もそれぞれ特徴がある。キメが細かくほんのり光沢を放つものであればラグジュアリーなイメージに。厚手でコシのあるものであれば粗野感が見た目にもあらわれ、どこか男らしい印象を放つ。基本的に表面がツヤッとしたテクスチャーのため、カラフルな色はより発色が良く見えてコーディネートの挿し色やハズしにうってつけ。普段の着こなしを想像しながら、それにハマる素材感のものをセレクトしたいところだ。

大人が手にすべき次なるアイテム、ナイロントートバッグ。おすすめ12品をピックアップ

ナイロンの特徴、選び方などを踏まえつつ、各ブランドのおすすめナイロントートバッグを厳選。「ビジネスシーンでも使えるものを」「週末のアクティビティに頼りたい」といったリアルな声に応える、今の大人にうれしいカ全12アイテムは、どれも持っておいて損のないポテンシャルを秘めている。

▼ビジネスシーンにおすすめのナイロントートバッグ

ビジネスシーンでは長らくブリーフケースがお決まりだった。しかし、昨今の世の中の流れを踏まえ、落ち着き顔のリュックなどを取り入れる人も格段に増えた。ナイロントートバッグもまた同様。これまでのカジュアルな雰囲気を一蹴する、大人顔のアイテムが各ブランドから続々リリースされているのでぜひチェックを。

アイテム1

『ペッレモルビダ』キャピターノ

『ペッレモルビダ』キャピターノ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

イタリアでも指折りの生地メーカー、リモンタ社のナイロンは、その名声に恥じない丈夫さと高級感ある佇まいがウリ。ジャカード織りで表現された独特で繊細な筋模様のサフィアーノ柄は、光が当たった際に奥行きを生む。ハンドルの細かいシボが入ったプリズムと呼ばれる牛革が、さらに上質な空気を演出しグレードを高めてくれる。

ペッレ モルビダのバッグが本物を知る大人に刺さる理由

バッグ・ファッション小物

ペッレ モルビダのバッグが本物を知る大人に刺さる理由

素材から使い勝手までこだわり抜いて作られている『ペッレ モルビダ』のバッグ。審美眼に優れた大人に支持されている、その理由に迫ります。

近間 恭子

2019.02.14

アイテム2

『ブリーフィング』ディスクリート トート

『ブリーフィング』ディスクリート トート

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ビジネスシーンや出張などを想定し、必要とされるアイテムのサイズに合わせて各所のスペースを確保した、“スマート収納”をテーマに展開されるモジュールウェアコレクション。その人気銘柄であるトートバッグは、持ちやすいようハンドルの長さをアップデート。ミリタリーが背景にある同ブランドながら、ビジネスの場でも存在感を発揮する洗練された佇まいだ。

ブリーフィングのバッグ。人気の定番モデル完全ガイド

バッグ・ファッション小物

ブリーフィングのバッグ。人気の定番モデル完全ガイド

ミルスペックに準拠した屈強性とタウンユースを考慮した収納性、適度に男っぽさが薫るデザイン性を兼ね備えた『ブリーフィング』のバッグは大人の定番品。徹底解説します!

平 格彦

2021.01.25

アイテム3

『マッキントッシュ』×『ポーター』ビジネストートバッグ

『マッキントッシュ』×『ポーター』ビジネストートバッグ

ラグラグマーケット

ラグラグマーケット

お気に入り追加

レインコートやトレンチコートなどのアイテムで世界を魅了してきた『マッキントッシュ』。そして国内バッグのレベルを引き上げた功労者『ポーター』。実績もキャリアも十分の両者がタッグを組んだこのトートバッグは、屈強かつ上質なナイロンを使用。加えて、『マッキントッシュ』のアウターで使われるロゴ入りボタンをあしらう遊び心も楽しい。

やっぱり欲しいポーターのトートバッグ。人気シリーズからコラボ品まで厳選

バッグ・ファッション小物

やっぱり欲しいポーターのトートバッグ。人気シリーズからコラボ品まで厳選

信頼の品質を誇る名門バッグブランド『ポーター』は、トートバッグも選んで間違いなしの逸品です。日本が世界に誇るブランドのモノ作りからおすすめ品まで、改めてご紹介!

平 格彦

2021.08.27

アイテム4

『ジャムホームメイド』バーティカルトートバッグ

『ジャムホームメイド』バーティカルトートバッグ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ブランドの名を耳にすれば、いの一番にジュエリーやアクセサリーを想像する人は多いかもしれない。しかし、バッグの素晴らしさも相当ハイレベル。エンボス加工が施されたトートバッグは上質感を醸し、肉厚なレザーハンドルがさらに後押し。A4サイズの書類やPCを余裕で受け止める内ポケットの利便性もあり、すべてにおいて隙ナシ。

アイテム5

『ベルーフバゲージ』ラッシュトートバッグ

『ベルーフバゲージ』ラッシュトートバッグ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

近年、自転車通勤の大人たちも増えている中でこれは格好のアイテムとなりそうだ。サイクリストに向けたバッグを提案してきた同ブランドらしい実に気の利いたアイテムで、軽量にして耐久性に優れ、PC専用スリーブを内蔵。形状維持や衝撃緩和も視野に入れた着脱可能な底材はまさにビジネス向き。メッセンジャー風に背負えるストラップも付属するのでシーンで使い分けよう。

アイテム6

『イルビゾンテ』アーカイブコレクション トートバッグ

『イルビゾンテ』アーカイブコレクション トートバッグ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

イタリアのフィレンツェにて約半世紀以上にわたり親しまれている『イルビゾンテ』。アーカイブコレクションは、そんな実力派の過去の名作を再び現代に甦らせた特別なシリーズだ。こちらもその1つで、ボディにはイタリアの素材メーカーの名門、リモンタ社のナイロンを使用。その佇まいには気品さすら感じさせる。

▼カジュアルコーデにおすすめのナイロントートバッグ

カジュアルシーンでは、携行のしやすさや機能性にも目を向けたいところだが、それにプラスして自身のスタイリングにポジティブな変化をもたらしてくれるものを選んでみるのも良いだろう。カラフルなものからデザイン性に優れたものなど、それ1つでインパクトやアクセントを添えられると、普段のコーディネートもグッと楽しくなるに違いない。

アイテム7

『ポーター』タンカー2WAYトート

『ポーター』タンカー2WAYトート

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

日本が世界に誇るバッグブランドの雄。こちらの「タンカー」は、アメリカ空軍のフライトジャケットをモチーフとし1983年の登場以降、今なお愛される不朽の名シリーズである。ライナーのレスキューオレンジなどを踏襲し、定番カラーのセージグリーンは当時のオリジナルをイメージして再現。金属ファスナーの引き手やビニールポケットも改良を加えた逸品だ。

ポーターといえば、これ。タンカーシリーズの魅力を今一度知っておく

バッグ・ファッション小物

ポーターといえば、これ。タンカーシリーズの魅力を今一度知っておく

1983年に誕生した『ポーター』の「タンカー」シリーズ。ナイロンツイルの表地に中綿を挟んでボンディングした素材は、今やブランドの代名詞といって過言ではないでしょう。

山崎 サトシ

2021.02.04

アイテム8

『アニエスベー』PAH01-02 エアバッグトートバッグ

『アニエスベー』PAH01-02 エアバッグトートバッグ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

フランスが生んだファッションブランド『アニエスベー』。きれいめかつ合わせやすいアイテムを多数展開していて、ここ日本でもファンが多い同ブランドのナイロントートバッグも見逃せない。シンプルな中に浮かび上がるブランドネームがさりげなく主張するこちらは、廃車になった自動車から出る未使用のエアバッグとシートベルトを使用。環境にもやさしい一品だ。

シックで上品。アニエスベーボヤージュのバッグが大人に似合う

バッグ・ファッション小物

シックで上品。アニエスベーボヤージュのバッグが大人に似合う

シンプルで洗練されたデザインが人気の『アニエスベー ボヤージュ』には、大人に似合うバッグが充実。カジュアルからビジネス、旅行まで用途に合った1点が見つかります。

近間 恭子

2019.08.21

アイテム9

『エルエルビーン』エブリディ・ライトウェイト・トート ラージ

『エルエルビーン』エブリディ・ライトウェイト・トート ラージ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ご想像通りこちらのアイテムのソースとなったのは、氷の塊を運ぶために作られ、グッドデザイン・ロングライフデザイン賞も受賞した同ブランドの代表作「ボート・アンド・トート」。オリジンは肉厚なキャンバス地だが、こちらは『エルエルビーン』のボストンバッグの名品「アドベンチャーダッフル」で使われる強度十分な軽量ナイロンを採用している。

タフさの裏に歴史あり。エルエルビーンの大定番トートバッグ

バッグ・ファッション小物

タフさの裏に歴史あり。エルエルビーンの大定番トートバッグ

老舗アウトドアブランド『エルエルビーン』。同ブランドを代表するアイテムといえば「ボート・アンド・トート・バッグ」です。タフな定番バッグをとことん掘り下げます。

ai sato

2021.02.15

アイテム10

『ラミダス』トートバッグ

『ラミダス』トートバッグ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

原宿の地から新たなスタンダードを生み出すべく2019年に誕生した『ラミダス』。設立してまだ日は浅いものの実力・注目度は抜群。すでに『アンダーカバー』や『フラグメントデザイン』などと手を組んだ製作も行っているのがその証左だ。こちらは人気セレクトショップ「ステュディオス」とのコラボアイテム。ストラップテープには両ブランドのネームが入った仕様で、シンプルながら特別感溢れる意欲作。

アイテム11

『グレゴリー』クラシック バッグス マイティ トート

『グレゴリー』クラシック バッグス マイティ トート

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

言わずと知れたアウトドアブランド『グレゴリー』。そのシンボルでもあるブランドロゴをフロント中央に配した、シンプル極まるデザインが使いやすい名作バッグだ。容量も25Lと大きめのサイズで、通勤や通学で荷物が多いときでも余裕の収納力を誇る。また、内側にはボトルホルダーやスリーブポケットを内蔵しているため、小物類もバラつかず整理もしやすいのが魅力的。

廃れることのない大定番。グレゴリーのリュックを、手放せなくなる理由とは

バッグ・ファッション小物

廃れることのない大定番。グレゴリーのリュックを、手放せなくなる理由とは

1970年代にバックパック界に革命を起こし、数々のマスターピースが世代を超えて愛されている『グレゴリー』。その傑作リュックは、背負った誰しもが虜になること必至です。

遠藤 匠

2021.03.09

アイテム12

『ポーター』×『B印 ヨシダ』別注ホールドトート

『ポーター』×『B印 ヨシダ』別注ホールドトート

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

アウトドアでも使われる屈強なナイロンバッグでは1,000デニールが一般的だが、こちらで使用されている素材はなんと1,680デニール。そこへPVCコーティングを施し、さらに摩擦強度を高めたというからそのタフさは推して知るべし。開口部はファスナー仕様になっているため、トートにありがちな荷物の飛び出し防止にも効果的だ。

洒落者たちも寵愛する、ナイロントートバッグの取り入れ方とは

ラフに扱えて持ち運びにも苦慮しない。その上、ビジネス時にも休日にもそれぞれのシーンで“あって良かった”を実感するトートバッグは、当然街のファッショニスタたちも日常からフル活用している。単なる道具にならないおしゃれ小物としての取り入れ方を、彼らのコーディネートとともに見ていきたい。

スタイル1

ピリッと効かせたナイロンレッドの巧妙なスパイス加減

ピリッと効かせたナイロンレッドの巧妙なスパイス加減

WEAR

WEAR

お気に入り追加

モノトーンやネイビーといった扱いやすい色使い、スウェット&コットンパンツのオーソドックスな着こなしは、オールマイティだけに誰もがアプローチしやすい。半面、違いを演出するにはどこかに工夫が必要だ。となれば、手始めに小物の活用を。インパクトが強く、意外にモノトーンなどとも相性が良い赤のナイロントートを手にするだけで雰囲気は一変するだろう。

スタイル2

カラフルコーデにブラックのトートで落ち着きをもたらす

カラフルコーデにブラックのトートで落ち着きをもたらす

WEAR

WEAR

お気に入り追加

一般的に、ナイロンのコーチジャケットがストリートベースの着こなしにハマる、ということはもはや説明不要。ゆえに、同素材のナイロントートはストリートスタイルと違和感なく好連携を見せるというわけ。ただ、ロンTにキャップに、と着こなしに色が多いケースでは、バッグまで色味のあるものだととっちらかった印象に。そんなときには黒ベースのアイテムを選べば、全体の引き締め役として機能してくれる。

スタイル3

ベーシックなジャケパンは程度をわきまえた遊び心のあるトートで

ベーシックなジャケパンは程度をわきまえた遊び心のあるトートで

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ダブルブレストのネイビージャケットにベーシックなグレーのスラックス。このようなトラッドなジャケパンスタイルに漂う堅さは、小物でサラッとかわしてあげるとバランスが取りやすい。例えばナイロンのトートバッグなどは投入しやすいのでおすすめ。ネイビーのナイロンにブラウンレザーというコンビ素材のバッグは、ビズスタイルにもすんなり馴染みながらもほんのり抜け感もプラスできるのでぜひお試しを。

トートバッグブランド厳選30。テイスト別のおすすめと選び方

バッグ・ファッション小物

トートバッグブランド厳選30。テイスト別のおすすめと選び方

タフさと大容量がうれしいトートバッグ。新たに買い足すならどこを見て選ぶべきかを解説しつつ、カジュアルときれいめの着こなし別におすすめをお届けします。

TASCLAP編集部

2021.03.02

大人のワードローブにレザートートを。オンもオフも相棒にしたい15品

バッグ・ファッション小物

大人のワードローブにレザートートを。オンもオフも相棒にしたい15品

上品で使い勝手の良いレザートートバッグは、オンにもオフにも使える優れモノ。大人のワードローブに欠かせないアイテムの1つです。その魅力とともにおすすめ品をご紹介。

近間 恭子

2021.09.27

軽くて丈夫なナイロンバッグ。大人が持ちたいのはこの15ブランド

バッグ・ファッション小物

軽くて丈夫なナイロンバッグ。大人が持ちたいのはこの15ブランド

快適性を重視する今のライフスタイルにフィットする、軽くて耐久性の高いナイロンバッグ。機能や見た目など大人が持ちたい条件を備えたおすすめブランドを一挙紹介します。

近間 恭子

2021.10.05

ビジネスバッグの人気ブランド20選。ビジネスマンなら押さえておきたい選び方・種類・合わせ方

バッグ・ファッション小物

ビジネスバッグの人気ブランド20選。ビジネスマンなら押さえておきたい選び方・種類・合わせ方

ビジネスマンの相棒であるビジネスバッグは、毎日使うからこそデザインや収納力、ブランドなど細かい点までこだわりたいもの。選ぶ際の基本や人気の逸品をお届けします。

TASCLAP編集部

2021.09.29

注目編集者
菊地 亮

無類のスポーツ好き。得意ジャンルは革靴

菊地 亮
地方の出版社にて編集を経験した後、独立。フリーのエディター・ライターとしてメンズファッションを中心に、スポーツ、グルメ、音楽など幅広い分野で活動。現在は、生まれ故郷である岩手県、そして東北の魅力を発信すべく東奔西走中。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

その進化、変わらぬ心地良さに安心する。 モデル・ショーゴも惚れ込む西川ダウン

『ナノ・ユニバース』のロングセラーシリーズ『西川ダウン(R)』を、これまで数多く着用してきたモデルのショーゴさん。彼が語るその良さと、今季作の見どころとは?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

細部に宿るリュクス感。存在感満点のスケルトン時計を、人気スタイリストはどう見たか

着実に需要が高まっているスケルトン時計。選択肢は数あれど、どうせ手に取るなら確かな背景を持つブランドの1本を狙いましょう。今冬の注目作、その細部を掘り下げます。

SPONSORED by ブローバ

続きを読む

レザーに通じたプロ同士が対談。ガンゾに聞く革のお手入れトラブルシューティング

使うほどに味が出るのがレザーの魅力。しかし、そのためには適切な手入れが必要です。革のプロに、正しい革のメンテナンスについて基本から応用まで教えてもらいました。

SPONSORED by ガンゾ

続きを読む

山スペックが、どれも1万円以下。外遊びがグッと楽しくなるハイコスパな冬アウターを見つけた!

山でも街でも使える本格アウターを狙うとなると、やはりコストが懸念材料。しかし、お馴染み『アウトドアプロダクツ』ならばお手頃&高品質な“買い”の逸品が揃います!

SPONSORED by ジーンズメイト

続きを読む

ファッションに合わせて時計も“着替える”。スカーゲンのホリデーセットを自分へのご褒美に

今年一年、頑張った自分へのご褒美に。はたまた大切な人へのギフトに。ホリデーシーズンが近づいた今、ぜひ注目してほしい『スカーゲン』のホリデーセットをご紹介します。

SPONSORED by スカーゲン

続きを読む

圧倒的な軽さと薄さを体感せよ。通勤の悩みを解決するレゾンのバックパックにこの冬出会う

「重くてかさばる仕事カバン」はもはや時代にそぐわないもの。超軽量と超薄型を実現した『レゾン』のバックパックが、きっとあなたのビジネスライフに革命を起こします。

SPONSORED by レゾン

続きを読む

うん、“色”っぽい。カラー使いに惚れる、ポール・スミスの彩りウォッチ

重厚な印象になりがちな冬の装いを洒脱に仕上げたいなら、腕時計で彩りを添えるのが効果的。腕元に洗練をもたらす逸品が『ポール・スミス ウォッチ』には揃っています!

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

業界人も通う恵比寿の名店にフィーチャー。人気スタイリストと考える、今選ぶべきアクセサリー

大人のアクセサリーに求められること。それは旬度とスタイリングへの汎用性、そして確かなブランド力です。例えば、『シンパシーオブソウル』はまさに適任でしょう。

SPONSORED by S.O.S fp

続きを読む

目の肥えた時計好きはなぜロンジンを選ぶのか。“格”を示すフラッグシップに見る、その理由

約190年に及ぶ歴史を持つ『ロンジン』は、時計界において特別な存在。その旗艦モデルは一生モノの枠を超え、後世に受け継ぐ価値を備えたタイムピースだ。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

来年も頑張る自分のために、大切なあの人のために。ティソの腕時計を冬のギフトに選びたい3つの理由

贈ってうれしい、もらったらもっとうれしい。そんな心温まるギフトシーズンに推薦したい腕時計ブランド『ティソ』。メンズからレディースまで良作を幅広くご紹介します。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

自由自在にカスタマイズ。“MY G-SHOCK”で自分好みのオンリーワンを手に入れる

多くの画期的モデルで周囲を驚かせてきた『Gショック』。今度はなんと自分だけの「MY G-SHOCK」が作れるという。早速、業界の最前線で活躍するデザイナーが試してみた。

SPONSORED by カシオ計算機株式会社

続きを読む

重要ポイントは3つ。タトラスと探る、今季的なダウン選びの「傾向と対策」

人気の高まりによって選択肢が豊富になったダウンジャケット。その一方、何をどう選べば良いのかわかりにくいのも事実です。今季“買い”の基準を『タトラス』と探ります!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP