定番×旬=最強。人気ブランドのコラボウェア最新事情

定番×旬=最強。人気ブランドのコラボウェア最新事情

ベーシック好きな大人に心強い、定番ブランドと人気セレクトショップのコラボアイテム。2017年春夏シーズン、注目の新作をリサーチしてみました。

桐田 政隆

2017.03.13

別注・コラボレーション
休日
2017年夏のトレンド
2017年春のトレンド
定番・名作

コラボアイテム続々。春も大人の定番とセレクトショップのタッグが強い

トレンドにピッタリな物欲をくすぐるデザイン。さりげないけど効果絶大なディテールのアレンジなど、セレクトショップの別注はエンドユーザーのニーズを巧みに捉えたものが軒並み揃います。安心感のある定番ブランドで差をつけたい。そんな方はぜひ頼ってみてはいかがでしょうか?

人気ブランド別。おすすめしたいコラボアイテム15選

そこで、ここからは3つの定番ブランドのコラボアイテムを紹介していきます。いずれもワードローブにすんなりなじむブランドで、鮮度もバッチリのアイテムが登場していますよ。

ブランド1『チャンピオン』

言わずと知れたアメリカの名門アスレティックウェアブランド。ワードローブのスウェットやTシャツでも欠かせない存在です。2017年の春夏シーズンも、各セレクトショップから別注アイテムが大豊作。定番ブランドながら、ファッションとしての支持率の高さも感じられました。

『ビューティー&ユース』別注のリバースウィーブパーカーです。なんといっても90年代ストリートの雰囲気を醸し出す、胸のロゴに胸キュン。またロゴは立体感のある刺しゅうで、よりインパクトのある表情に仕上がっています。昨今トレンドの程よくゆとりのあるシルエットとの相性もバッチリです。

『ナノ・ユニバース』別注のスウェット。季節感のあるペールトーンカラーを使ったシリーズです。また製品染めで染色しているため、ただ爽やかなだけでなく、男らしい独特の表情も併せもっています。こちらのベージュのほか、ブラウン、ミント、ピンクのカラバリが登場しています。

春夏シーズンに心地よい、軽やかなミニ裏毛を使った別注シリーズで、カットソー感覚で着られます。襟ぐり、袖口、裾をカットオフで仕上げた、ラフなデザインも今どきのトレンドにピッタリですね。またさりげなく胸のCロゴのみボディーと同色の刺しゅうデザインにしています。

2016年の春夏でも大好評だった、極小ロゴ×ビッグシルエットの別注Tシャツです。しかも今季は製品染めによるカラー展開で、すでに持ってるという方もつい買い足したくなる仕上がりではないでしょうか? 着こなしのアクセントになる軽快なカラバリも大注目です。

触り心地がクセになるパイル地を使ったセットアップ。上下セットで着こなしても十分おしゃれなうえ、単品使いでも幅広く使えるのがいいですね。しかも上下セットでアンダー1万円というコストパフォーマンスも必見! こちらも争奪戦必死になりそうな予感たっぷりです。

ブランド2『ディッキーズ』

『ディッキーズ』も言わずもがなワークパンツの大定番。丈夫でシワや汚れがつきにくく、高い洗濯耐久性をもつTCツイル(ポリエステル×綿)を使ったパンツが代名詞です。874をはじめとする持ち前の骨太なワークパンツに加え、最近ではトレンドを加味したアイテムも豊富に登場しています。

コストパフォーマンスに優れたベーシックなアイテムで人気、『コーエン』の別注パンツです。ストレッチの効いたTCツイルを使い、2タックのゆったりした腰周りから裾にかけてテーパードするシルエットで仕上げています。『ディッキーズ』らしい骨太感がありつつ、旬も巧みに押さえた一本です。

『アーバンリサーチiD』の別注もストレッチ入りのTCツイルを採用。またスケートパンツをイメージした、脚のラインにフィットする細身のテーパードが特徴です。ウエストはベルトループがあるものの、ゴム付きのイージー仕様でベルトなしで気軽にはくこともできます。

こちらもストレッチ入りTCツイルを使用。『フリークスストア』ではワークテイストなセットアップが気分ということもあり、ラペル付きのジャケットに仕上げることで、 共地のパンツ とセットアップで楽しむ提案もしているそうです。久々のワークトレンドにもピッタリな一着になりそう。

クライミングパンツでおなじみ、『グラミチ』のNNパンツをベースにしたトリプルコラボ。生地には『ディッキーズ』のストレッチTCツイルを使い、通常のNNパンツから9分丈のレングスにアレンジ。また右のバッグポケット上には、しっかり『ディッキーズ』のタグも付属しています。

こちらも上と同じトリプルコラボの一本で、モデルはグラミチショーツをベースにしています。生地やディテールなどの仕様は上と同じですが、NNショーツではなくワイドなグラミチショーツを使っていることもいいですね〜。こちらのほうが『ディッキーズ』らしい雰囲気があって、ワーク×アウトドアコラボの旨味があるような気がします。

ブランド3『グラミチ』

クライミングパンツの代名詞ですが、今や日本ではパンツブランド的な存在になっている『グラミチ』。すでに上の2本のトリプルコラボでも登場しているように、別注コラボでも各本面から引っ張りだこです。今季もさまざまな注目の別注アイテムが登場しています。

スラックスとグラミチパンツを組み合わせた、“スラミチ”の愛称でも知られる『ビームス』の名作別注がアップデートされて新登場。上品な光沢とハリのある生地はそのまま継承し、春夏シーズンにうれしい、軽やかな9分丈のクロップドタイプに仕上げています。

こちらも『グリーンレーベル リラクシング』では定番人気になっているコラボパンツ。腰周りに程よくゆとりあるテーパードシルエットは、『グリーンレーベル リラクシング』が型から別注したもの。9分丈で足元を合わせやすい点も特徴です。今季の新色としてこちらのブラウンが加わっています。

サラッとした肌触りと軽量ながらコシがあるナイロンクロスを採用。さらにタテヨコに伸縮するポリウレタン糸を使った4wayストレッチ仕様で、伸縮性も抜群。またウェビングベルト先のアイコンタグは、生地と同色にしてミニマルな雰囲気を演出。細部にテクが冴えわたる注目の1本です。

ちなみに『グラミチ』はスウェットも隠れた人気アイテム。古着好きにもファンの多いアイテムです。こちらはロープ染色によるインディゴ糸を使い、着ていくうちにデニムのような経年変化も楽しめます。胸には『グラミチ』のアイコン、ランニングマンの刺しゅう入り。

こちのショーツは長年の『グラミチ』ファンの琴線に触れるはず。そんなタイダイカラーでの別注です。グラミチ初期に見られた、目の覚めるような鮮やかなタイダイカラーを再現しています。今どきな『グラミチ』もいいですが、こうした“らしい”別注に目を向けてみるのもおすすめです。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK