人気ブランドから厳選。コート系スニーカーの名モデル

昨年あたりからよく耳にするようになった、コート系スニーカー。こちらのおすすめモデルとコーディネートを紹介していきます。

人気ブランドから厳選。コート系スニーカーの名モデル

実はよく知らない。コート系スニーカーってどんなスニーカー?

「コートでプレーするために作られたモデルかな」と、何となく考えていた方も多いでしょう。実は1970年代あたりまでのスポーツシューズは、今のように競技ごとに専用のシューズが細分化されておらず、マルチに使えるスポーツシューズとしてコートシューズと呼ばれていたのです。

たとえばテニスやバスケットボール、バレーボール、ハンドボールなどを中心に使われていたよう。コートスニーカーといえばイメージ的には、スタンスミスや『トレトン』のナイライトといったシンプルなテニスシューズですが、『コンバース』のオールスターなどをはじめクラシカルなスポーツシューズのほとんどは、コート系スニーカーといえるのです。

大人にハマるコート系スニーカー10選

それでは今日のファッションでも重宝する、おすすめのコート系スニーカーを探してみました。誰もが知るクラシカルな定番から、隠れた名作までセレクトしています。なかにはこんなブランドにもコートスニーカーってあったんだといった、発見もあるかもしれません。

『アディダスオリジナルス』

‘70年代初期のトーナメントをベースに、’83年に登場したキャンパス。コートスポーツやトレーニング向けにリリースされました。こちらは『アディダス』の最上級ライン、コンソーシアムのモデルで、人気スニーカーショップ・アンディフィーテッドと、パリのセレクトショップ・コレットとのコラボです。

『コンバース』

1976年に登場したプロレザー。当時、NBA選手も愛用したバスケットシューズです。こちらはパターン、ラスト、モールドを見直し、発売当時のオリジナルのシルエットを忠実に再現したモデル。ホワイト×ライトブルーもオリジナルカラーです。

『ナイキ』

1972年に登場した、『ナイキ』のレトロバスケットシューズのアイコン的なモデル、ブルーイン。こちらは昨年発売されたオフホワイト×ホワイトで、クリーンな印象が特徴。

『プーマ』

名作スエードをベースに、NBA選手のウォルト・クライド・フレイジャーのシグネチャーモデルとして登場したクライド。ここ最近のスニーカーブームを受けて、本作も久々に人気が再燃しました。

『リーボック』

1985年に、テニスシューズ専用のコートシューズとして誕生したクラブC。Cはチャンピオンの略で、発売当初はクラブチャンピオンの名前で親しまれ、高級天然皮革による優れたフィッティング、グリップ性の高さでプロ選手にも高い支持を誇りました。本作は発売当時の仕様を完全再現したモデル。

『ニューバランス』

『ニューバランス』にもコートモデルがあります。それが1979年に登場したCRT300。現在買えるモデルは、軽量でクッション性に優れたレブライトソールを採用し、モダンなアップデートも加わっています。

『トレトン』

プレッピーなイメージでもおなじみ、1967年に登場した『トレトン』定番のナイライト。『トレトン』のシューズはテニス界のスーパースター、ビョルン・ボルグや、J・F・ケネディ元大統領も愛用していました。カモメの翼をモチーフにしたガルウィングが、デザインのアイコンです。

『ケースイス』

米国のクラシックテニスシューズを代表する、『K-スイス』のクラシック88。ちなみに名前のとおり、スイス人兄弟が米国に渡って設立したブランドです。トレードマークであるアッパーの5本ラインは、元はテニスの激しい動きによって、皮が伸びないために施されたものです。

『ルコック』

アーサー・アッシュのシグネチャーモデル。アーサー・アッシュは、初めてテニス4大大会の男子シングルスを制した黒人選手でもあります。本作は革の質感からガムソールまで、クラシカルな当時のモデルの雰囲気を限りなく再現しています。

『スペルガ』

イタリア文化に根付くスニーカー、『スペルガ』の定番2750も、テニスシューズをベースとするモデルです。クラシカルなキャンバスアッパーのヴァルカナイズドスニーカーで現在も支持が厚く、デニムからきれいめなコーディネートにも合わせられる汎用性の高さが自慢です。

冬から春まで使える。コート系スニーカーのコーデ6選

ここからはコートスニーカーを使った、冬のコーディネートサンプルを紹介していきます。また真冬の寒い時期のコーディネート、比較的暖かい日のコーディネートに分けて探してみました。真冬から春先まで使える、コーディネートの参考にしてみてください。

▼真冬の寒い時期のコーデ

クリーンな印象のモデルが多いコートスニーカーは、真冬だと寒々しく見える場合があります。なのでどちらかというとクリーンな白以外のアイテムが使いやすいかも。また白でもナチュラルな雰囲気があるオフホワイトや、キャンバスアッパーなどのほうが使いやすいかもしれません。

スケートボードラインの『ナイキSB』から登場したブルーインを着用。クラシカルなステンカラーコートを使った着こなしにパーカーのレイヤードやキャップを使い、ストリートライクに着崩しています。

ここ最近注目のアノラックパーカーに、昨年からブレイクしているカットオフデニムでコーディネート。シンプルですが旬度の高さが感じられます。こうしたトレンドコーデには、主張控えめなコートスニーカーが重宝します。

アウターはツイードのステンカラーコート。足元はキャンパスで、コートスニーカーはこうしたクラシカルなアウターとの相性がいい点も特徴です。こちらのコーデはトップスとキャンパスの色合わせがお上手だと思います。

▼暖かな冬の日のコーデ

暖かい冬の日ということで、ライトアウターを使ったコーディネート。またアウターを羽織らないニット、カットソーによるコーディネートを選んでみました。コートスニーカーは何かと合わせやすい点が持ち味ですが、コーディネート全体での色使いを考慮すると、より一段の上のおしゃれな雰囲気が得られると思います。

『コンバース』のテニスシューズの名作、スキッドグリップを着用。キャップからジージャン、シャツ、パンツをブルートーンで統一し、各アイテムの素材感のコントラストもおしゃれですね。

フレンチ・アメリカンをテーマにしているそうで、シンプルかつ小ぎれいなスタイルが印象的。『アディダス』のスーパースターがコート系スニーカーでは珍しく、ハズし的な雰囲気が感じられるのもおしゃれ。

胸ポケット付きのブラックのロンTに、ミリタリーライクなパンツ。やや重厚な雰囲気があるチョイスですが、スポーティーな『プーマ』のクライドで軽快な雰囲気に。またグリーンと相性のいい、レッド系の色使いもアクセントになっています。

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る