厳選。アイテム別で考える国民栄誉賞的ブランドリスト

このジャンルを買うなら、ぜひこれは押さえておきたい。そんな大人のワードローブにおける名作銘柄たちを、アイテム別で紹介していきます。

厳選。アイテム別で考える国民栄誉賞的ブランドリスト

大人のための名作を本気で考えてみました

ここではアウターのコート、キレイめ&カジュアルなジャケット、ジーンズとチノの2大定番ボトムス、そして足元のスニーカーから革靴まで、アイテム別に選んで損はない名作を探してみました。

▼コート編

大人のコーディネートに欠かせないコート。着こなしの印象を大きく左右するアイテムですが、仕立てのいいアイテムを選ぶと予想以上に簡単に着こなしがサマになります。また着回しの対応力もコートに求められる大事な要素なので、ベーシックなデザインが狙い目です。今回はビジネス、カジュアルの用途で買ってまちがいなしの1着を選んでみました。

『マッキントッシュ』

いわずとしれたステンカラーコートの定番ブランド。こちらは『ロロピアーナ』のストームシステム採用の1着で、表地には汎用性の高いトロピカルウールを使っています。ひとたび羽織れば誰でも紳士的な雰囲気が高まる、『マッキントッシュ』ならではのハリのあるシルエットも魅力です。

『サイ ベーシックス』

『サイ』のベーシックラインのステンカラーコート。生地はポリエステルとナイロンによる、高密度なオリジナルタフタを使用。また製品染めを加えており、さらりとした肌触りに独特のシワ感が加わって、味わい深い表情も備えています。カジュアルのコートスタイルに絶好の1着です。

▼きれいめジャケット編

ここではキレイめな着こなしのためのテーラードジャケットを紹介していきます。またドレッシーなジャケパンスタイルにも対応できる、ビジネスユースな視点も押さえつつ選んでみました。まずは大人のワードローブにマストなネイビー、また今季的な色柄の1着もリストアップしています。共に仕立ての良さも抜かりなしで、必ず頼りになるジャケットです。

『カモシタ ユナイテッドアローズ』

海外でも評価が高い『ユナイテッドアローズ』のクリエイティブディレクター・鴨志田康人氏が手掛けるレーベル。生地はコットンシルクによるぜいたくなシアサッカーで、これからの季節にもピッタリ。時代を問わずに着られるクラシカルなブレザースタイルで、長く愛用できます。

『エリコフォルミコラ』

ナポリの人気ドレスブランド。シルク×リネン×ウールをブレンドした生地は、品のある光沢と軽快さを備える独特の表情が見所。またナポリブランドらしい丸みのある仕立てで、スタイルに柔らかいエレガントな雰囲気も演出してくれます。

▼カジュアルジャケット編

ここからはオフの日に頼りたい、カジュアルなジャケットを紹介していきます。1つは英国発祥のカジュアルの名作アウター。もう1つは春夏カジュアルのジャケットスタイルに最高な、アメトラ風味の1着を発見しました。

『バブアー』

近年、人気が再燃しているオイルドジャケットの定番、『バブアー』。こちらは代表作のビデイルを、現代的なスリムフィットにアレンジしたモデル。着丈も短いため、幅広いスタイルで活用できます。オイルドの経年変化も魅力的で、長く愛用する楽しみもあります。

『サイ』

清涼感のあるコードレーン生地を使った、春夏にピッタリなジャケット。素材だけでなく、ゴージライン高めのラペルやフラップポケットなど、スタイルもしっかりアメトラの王道の3つボタン段返りがうれしい。程よくシェイプしたウエスト、うしろ裾は動きやすいセンターベントで現代的な着こなしやすさも押さえている点が『サイ』ならでは。

▼ジーンズ編

ワードローブに欠かせないジーンズの名作といえば、やはりこの2ブランドは外せないのではないでしょうか? 『リーバイス』では5ポケットジーンズの完成形ともいわれるモデル。『リー』では現代のパンツ史上に残る歴史を作った、101Zを紹介します。

『リーバイス ヴィンテージ クロージング』

各時代の傑作を再現した、『リーバイス ヴィンテージ クロージング』の501XX 1947モデル。このモデルは大戦後の物資統制が終結し、アーキュエイトステッチといった本来のディテールが復活。また1947年から2本針のミシンが導入されたことで、品質も格段に安定。洗練のディテール、クオリティー、合理性が究極の高みに達した501XXです。

『リー』

『リー』の101は、今じゃ当たり前のジッパーフライを1926年に世界で初めて採用。これ以前はスラックスなどもすべてボタンフライという話もあります。そして55年にジェームズ・ディーン氏が101Zをはき、労働着の印象が強かったジーンズが一気にファッションとして普及。いわばおしゃれジーンズの先駆けです。こちらは59年の101Zを忠実復刻したモデルで、クオリティーとコスパのバランスのよさでも評価されています。

▼チノパン編

ジーンズに並ぶ定番ではありますが、最近いつも以上にはきたい気分になってきているチノ。こちらでは本場アメリカの老舗と新星を取り上げてみます。どちらも米国製の逸品なので、チノ選びには欠かせないブランドです。

『バリーブリッケン』

大人にとってチノの名作というと、やっぱりこのブランドではないでしょうか? しっかり畝が見られるチノクロス。チノならではの骨太さと、ドレスパンツにも見られる仕様を備えた最高峰の作り。しかも60年代の創業から、いまだ変わらぬ米国製です。日本のアメトラの生き字引、キャシディの八木沢さんがいつもオススメしているイメージもありますね。

『グロウン&ソーン』

こちらは近年の注目株、元ラルフローレンのメンズディレクターが手掛ける2010年デビューのチノ専業ブランドです。生地、付属から縫製まで米国製、さらになんといっても現代的なシルエットが特徴です。また長年はき込んだような、ヴィンテージ感漂う表情も見所。

▼スニーカー編

スニーカーにはいろんな名作がありますが、ここでは今季ならではの注目作を取り上げてみることにします。まずはおめでたいことに、今年で百寿の『コンバース』のオールスター。100周年記念モデルも登場しているので、これはスルーできないでしょう。また『バンズ』からもコレは! と思わせるクラシカルな逸品が登場しています。

『コンバース』

今年はいわずとしれたスニーカーの名作、オールスターが誕生して100年目のアニバーサリーイヤーです。こちらは100周年記念モデルの「オールスター 100」。リアクトのインソール、トラクションソール。消臭防菌加工済みのライニングなど、現代的なアップデートが加えられています。また昔ながらの、ヒールのチャックテイラーロゴも魅力的ですね。

『バンズ』

こちらもいわずとしれた『バンズ』の定番、「オーセンティック」。ただ本作は昔ながらのクラシカルなデザインを再現する、限定のアナハイム ファクトリー パックの1足。最近は何かとフォクシングテープをアウトソールと同色にしてすっきり見せるモデルが多いのですが、そんな流れとは逆行するデザインです。個人的にはココがツボにハマりました。

▼革靴編

最後は男の身だしなみの基本、革靴の名作を探してみました。革靴にもいろいろんな名作がありますが、ここでは汎用性の高いプレーントゥとストレートチップをリストアップしています。またどちらも世界的に有名な名作ですが、履きやすい点もポイントです。

『オールデン』

『オールデン』の名作というとまずはバーガンディの990なんですが、あいにく在庫僅少で見つからず、黒の991を紹介します。バリーラストのプレーントゥは、大きな一枚革のコードバンを使うためとてもぜいたくなモデル。またスタイルの汎用性も高く、靴好きなら1度は足をとおしてみたい名作の1つではないでしょうか?

『アレンエドモンズ』

こちらは冠婚葬祭まで万能なストレートチップの名作、『アレンエドモンズ』のパークアベニュー。同ブランドは『オールデン』に並ぶ米国の老舗です。特徴はドレス靴では珍しい、踵までぐるりと1周する360度グッドイヤーウェルト製法。武骨な感はありますが、逆に軽くなる特性があります。また同ブランドは歴代の米国大統領が履くことでも有名。ただオバマ元大統領が就任式の際に履かなかったことで、逆に話題になったそうです。

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る