好サンプル。尊敬すべきOVER40の服バカたちの春コーデ

好サンプル。尊敬すべきOVER40の服バカたちの春コーデ

40歳をこえてもおしゃれを楽しみたい!でもどんなファッションを取り入れたらいいの?ご安心ください。参考にしたいOVER40のファッショニスタを参考にすれば、解決します。

高嶋 一行

2017.03.18

春の着こなし・コーディネート
16〜20度の服装
休日

何歳になってもおしゃれを楽しむ。OVER40の服バカをピックアップ!

歳を重ねてもカッコよくいたい。そして、おしゃれを楽しみたい。そんな40歳をこえてもファッションを心から楽しむ人たちがWEARに集まっています。その中でも特に人気とセンスがある大人の男性をご紹介。きっと、自分もこんなおしゃれになりたいと思えるはず。そしてコーディネートを参考にすることで、40歳をこえてもおしゃれでいつづける方法を身につけましょう。

シンプルで直球勝負なToruFukumoto氏

年齢を重ねても着こなすことができるフレンチテイストなシンプルファッションを提案するアバハウス。そんなアバハウスの阪急西宮ガーデンズ店から40歳超えにふさわしい着こなしを提案しています。どれもこれもシンプルでベーシックなアイテムなので、マネしやすく初心者にも取り入れやすいコーディネートです。

ちょっと難易度が高いと思われがちなホワイトデニムですが、40歳をこえた男性こそマッチしやすいアイテムです。取り入れ方のコツとしては、相性の良いネイビーやカーキカラーをトップスにもってくること。これだけで一気におしゃれに見えるスタイリングが完成します。

デニムジャケットxフードパーカーの組み合わせは春の定番スタイル。もちろん40歳をこえても十分取り入れることは可能です。その際は、パンツをスラックスで合わせるなど、少し大人っぽさやドレス感を残すとバランス良くまとまります。

歳を重ねた男性こそ、ビジネスシーンで着慣れたスーツのようにセットアップを取り入れることも有効的です。春っぽく、そしておしゃれに見せるなら、カジュアルダウンなアイテムでまとめましょう。ボーダーカットソーやスニーカーなど、ラフに着こなせるアイテムがマッチします。

周りの40歳をこえた人たちとおしゃれで差をつけるなら、プリント柄のアイテムが役立ちます。シンプルなアイテムに1つプリント柄を差し込むだけで、一気におしゃれ度がアップ。
落ち着いたカラーリングの柄モノを選べば、コーディネートも簡単です。

アバハウスのアイテムを中心に、大人の男性がマネしやすいコーディネートを披露。基本的にシンプルで、全体のバランスが取れたスタイリングが魅力的です。

トラッド×ストリートミックスなBrian氏

香港から定期的にWEARにコーディネートをアップしているBrian氏。日本ブランドを取り入れながらもヴィンテージアイテムも混ぜる。トラッドな着こなしにストリートな要素が加わった遊び心あるスタイルが魅力です。ヴィンテージライクにまとめたい方なら参考になるはずです。

春のシャツスタイルにブラウンのベストを取り入れたファッション。赤いネクタイもおしゃれなインパクトに一役買っています。ワンウォッシュデニムにベースボールキャップを取り入れて、ストリートミックスなスタイルに。パンツとキャップのカラーを合わせるとバランスの取れた着こなしにまとめるコツです。

年齢を重ねた男性が取り入れやすいパンツアイテムこそチノパン。そしてチノパンに合わせやすいカラーこそブルーとレッドの組み合わせです。Brian氏はスニーカーにレッド、ジャケットや小物にブルーを取り入れています。インナーにホワイトを加えると清潔感もキープ可能。

春こそ取り入れたいデニムジャケットのコーディネート。歳を重ねても、おしゃれに楽しむことのできる万能アイテムです。チノパンと合わせて王道スタイルで楽しむなら、デニムの素材感が重要。安っぽく見えない味わいあるアイテムを取り入れるようにしましょう。

大人の雰囲気が出るブラウンなどのダークカラーでまとめるファッションも40歳以上におすすめな組み合わせ。チノパンにブラウンのジャケットを羽織るだけで完成します。インナーはデニムシャツなど、カジュアルでありながらヴィンテージライクな印象がブラウンジャケットとマッチします。レザーシューズはブラックを取り入れると引き締まるポイントです。

香港からヴィンテージや日本のブランドなどを混ぜ合わせたおしゃれを発信しているファッショニスタ。大人っぽく味わいのある雰囲気で、メンズなら誰もが憧れるスタイリングが魅力です。

気取らない日常スタイルなRyuusuke Kubou氏

おしゃれをしたいけれど、自分には難しい。そう考える40代以上の方に参考にしてほしい方がRyuusuke Kubou氏。決してキメすぎない何気ない日常スタイル。万人ウケするベーシックなファッションが「これなら自分にもマネできるかも」と思わせるコーデが魅力です。

40歳をこえた男性でも抵抗感なく取り入れられるカラーリングがダークカラー。パンツとカーディガンをダークカラーで合わせてラフなカジュアルコーデに仕上げています。そしてインナーのチェックシャツが春っぽさを演出。キャップやクラッチバッグなど、小物も参考になるコーデです。

おしゃれなコーディネートを目指す際に難易度が高い原色カラー。特に赤は目立つので避けがち。でも合わせるアイテムがベージュやグレーなどの中間色でソフトなカラーなら全体的に奇抜になる心配はありません。このとき、ベージュカラーのチノパンが大活躍。レッドカラーのトップスにはチノパンの方程式を頭に入れておきましょう。

重ね着がおしゃれなのは知っているけれど、ジャケットやカーディガンばかりだとワンパターンになりがち。そこで40代以上でも試すことができるレイヤードスタイルが、シャツにカットソーを合わせる重ね着。カットソーの中にシャツが見え隠れするところがワンポイント。ボーダーカットソーなら春っぽさもアップします。

ベーシックなホワイトのボタンダウンシャツにデニムパンツ。カジュアルファッションのど真ん中なコーディネートに1つアイテムを足すだけ。ベストを羽織るだけでもおしゃれにまとまります。シンプルなカジュアルでキメすぎないけれど上品。1枚あると便利はアイテムこそベストです。

ビームスやグリーンレーベルなど人気セレクトショップのアイテムをベースにコーディネート。着飾りすぎないベーシックなスタイルが、誰からも好印象を与えるファッションに。

服のプロが楽しむファッションなShinjiJediMoriyama氏

ディストリクトユナイテッドアローズのプレスを担当する森山氏。WEARページに日々のコーディネートをアップしており、ファッション業界人も参考にしているほど。そんな真の服マニアが提案する着こなしこそ、見逃せないスタイリングの教科書的存在です。

明るめのベージュカラーのセットアップでドレスアップした着こなし。ハズしとしてスニーカーを取り入れながらも同時に差し色としてブルーのソックスをチョイス。チラリと見える鮮やかなカラーがさりげないおしゃれを演出しています。

ジャケットとベストにチェック柄を取り入れて春っぽい軽やかなファッションを提案。ネクタイ選びが難しい柄モノのジャケットに、同じチェック柄をチョイスしてチェックxチェックでまとめた着こなし。ほかのアイテムもソフトなカラーリングでまとめ、仕上げにブラックのシューズで引き締める。スキのない完璧な春コーデです。

カーディガンを取り入れてラフに着こなしたスタイル。肩の力を抜くなら全体的なシルエットで演出するのが森山流。シャツは裾の長いビッグシルエット、パンツはサルエルパンツのシルエットで全体的にドレープ感を大切にしたコーディネートです。

ビシッとキメたいときのスリーピースを取り入れたファッション。ストライプデザインのスーツにネクタイとシャツもすべてストライプで統一。カラーリングも色合いを合わせて全体でまとまりを表現しています。視線を集めるために真っ赤なソックスを取り入れた点もお見事。ーツファッションで差をつけるなら、差し色選びと統一感を見直してみましょう。

ディストリクトユナイテッドアローズのプレスを担当する名物スタッフ。雑誌やメディアにも登場するファッション好きなら知らない人はいない40代以上が支持するファッショニスタ。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK