マンネリ解消。この春は切り替えトップスを活用しよう

マンネリ解消。この春は切り替えトップスを活用しよう

気温が上がり、着こなしがシンプルになる季節。コーディネートにマンネリを感じているのなら、着るだけでおしゃれに見せられる“切り替えトップス”を取り入れてみては?

TASCLAP編集部

2017.03.19

トップス
春の着こなし・コーデ

無地アイテム最大の壁。それはマンネリ化……

「今日は何を着ていこうかな」と開けたクローゼットの中身は無地ばかり。TASCLAP読者の皆さまはそんな方が多いのではないでしょうか。「無地 is BEST」それもまた事実ですが、着こなしがシンプルになる季節はコーディネートがマンネリ化したり、下手すると「ただ着ているだけ」に見えてしまう可能性も。

切り替えアイテムを使った着こなし参考集

そんな皆さまにおすすめしたいのが、いくつかの生地を切り替えたタイプのトップス。若者向けのアイテムと感じる方もいるかもしれませんが、いえいえ、大人の男性にこそ取り入れてほしいアイテムなんです。百聞は一見にしかず、まずはファッショニスタのコーディネートから、その使い勝手の良さをご覧に入れましょう。

切り替えニットで脱シンプル

まずはザッツ・ベーシックな着こなしから。ニットとチノパンという何の変哲もないスタイルも、編み目ごとにカラーを切り替えるだけで、ちゃんとおしゃれをした人に見えますよね。ポイントは切り替えの色合い。ごちゃごちゃしないよう、同色系のパターンを選びましょう。

パターンの色でコーデにつながりを

こちらも超シンプルな着こなしですが、色合わせにテクニックあり。ブルー・グレー・ホワイトの切り替えスウェットに合わせてボトムスはブルー系をチョイス、さらに首元から白Tシャツをのぞかせることで、シンプルな中にメリハリをつけています。

ワントーンコーデに立体感をプラス

ブラックベースの切り替えTシャツで作ったワントーンコーデ。切り替えがあることで重ね着しなくてもコーディネートに立体感が出るという好サンプルです。切り替えトップスと相性の良さいハイテクスニーカーを合わせたのも◎。

柄ボトムスに合わせればさらに上級に

柄ボトムスの場合はボトムスにだけ目が行きがちですが、切り替えトップスにするだけでおしゃれ度が段違いにアップ。特にこのような細身のカットソーは無地だと“肌着感”が出てしまうので、切り替えがあると急いでいるときなども助かります。

ジャケットインもブラッシュアップ

ジャケットとTシャツの組み合わせはTASCLAP世代の定番。ロゴやプリントだと“やんちゃ”な雰囲気になってしまいますが、切り替えトップスならクール&スタイリッシュな印象に。インナー1枚なので着心地も楽。休日におすすめのスタイリングです。

アスレジャースタイルにも使える!

ボトムスにスウェットを使うアスレジャースタイルは、寝間着に見える危険性が大。そんなときも切り替えトップスの出番です。スウェットパンツと色でリンク感を出しながら、ちゃんとおしゃれでやっているんだよ、というアピールができちゃいます。

西海岸スタイルもワンランクアップ

ラフな雰囲気で支持を集める西海岸スタイルにも切り替えトップスは使えます。こちらはパーカー、デニムともに色褪せ加工がしてあり、普通のボーダーTシャツだとくっきりしすぎ。それを切り替えTシャツにしたことで、こなれた感じが出ています。

切り替え“シャツ”も便利

ギンガムチェックシャツにデニムという定番スタイルも、チェックの大きさを変えた切り替えタイプなら、インパクトが増大。トップスは1枚なのにパッと目を引くスタイルになります。横顔もうしろ姿も見られるお仕事の人にぴったり。

大人カジュアルに遊び心を

別にやんちゃに見せたいわけではないという人でも、こちらのスタイルは良さいと思いませんか? アイテムはあくまでノーブルながら、切り替えチェックシャツをチョイスすることで地味コーデから脱し、おしゃれな大人カジュアルに昇華しています。

切り替えで背を高く見せる

切り替えの位置によってはスタイルアップの視覚効果もあり。こちらのシャツはチェックベースで胸元の高い位置に濃いめのラインが入っているので、長めのジャケットのわりに背が高く見えています。

いつもの着こなしをブラッシュアップ。“NOT 無地”な切り替えトップス一覧

切り替えトップスの実力がわかってきたところで、アイテムの紹介です。大人の男性が着ても“頑張ってる感”がしない、シンプルながらひとひねりあるものをセレクトしました。

▼カットソー編

切り替えトップスが初めてという方におすすめしたいのが、こちらのTシャツ。白ベースでさり気ないストライプとの切り替えで無地感覚で着られます。東京発のグラフィックデザイナーによる『アロイ』のもの。

グレーも切り替え初心者におすすめのカラー。春先に活躍する『レイジブルー』の綿ニットは、編み目も変えてあり、1枚で着てもおしゃれ感ばっちり。1か所だけ入ったホワイトがいい抜け感を演出してくれます。

切り替えパターンにヴィンテージ加工を施した『アーバンリサーチロッソ』のスウェット。リブなしデザインなのでカジュアルすぎず、ジャケットのインにも使えそうです。同色でまとめているので、目立ちすぎないのも◎。

2パターンのボーダーを組み合わせた『シップス』のニット。アシンメトリーに配されたボーダーブロッキングは、”ハギ合わせ"ではなく"インターシャ編み"によるもので、継ぎ目が美しく着用してもゴロゴロしません。

『ジムマスター』の切り替えプルオーバーは同色系ではないものの、ベーシックカラーで構成してあるので取り入れやすい1枚。フードと裾が同色なので、重ね着しているような錯覚を起こします。ボトムスはシンプルにデニムがおすすめ。

▼シャツ編

『ファンダメンタル』のパッチワークデニムシャツは、前身頃はもちろん、後ろ身ごろまで計算されたパターン切り替えで毎シーズン人気のアイテム。インディゴベースの渋いカラーリングなので、浮ついた印象なく男らしく着こなせます。

『アイ コム デ ギャルソン ジュンヤワタナベ』のオックスフォードボタンダウンシャツは、前立て部分とヨークのみの控えめな切り替えで、ビギナーにも使いやすい1枚。ジャケットを合わせれば仕事着としても問題なさそうです。

もう少し大胆な切り替えをお求めの方には『ナバル』のシャツをご推薦。ななめに入った切り替えがシャープな印象を与えてくれます。袖部分も身頃とつながって切り替えてあるところも面白いですよね。

『ビームス』オリジナルの切り替えチェックシャツは、相性の良い柄選びがさすが。生地を縦にはぎ合わせたり、ポケット部分の柄を合わせるなど、細かい部分のこだわりが光ります。

こちらはオーダーメイドスーツブランドの『ハリトイト』と旅行作家の山下マヌー氏、『ビームスライツ』のトリプルコラボ。切り替えはもちろん、合わせや裾のタグなど遊び心をふんだんに取り入れた楽しい1枚です。

家族でいかが? ジムマスターで探す、ベーシック&個性豊かなアスレチックウェア

家族でいかが? ジムマスターで探す、ベーシック&個性豊かなアスレチックウェア

おしゃれで快適で、しかもコスパ良好。そんな利点づくしの『ジムマスター』が人気です。家族で楽しめる幅広いラインアップがうれしく、今どきのパパにもぴったり!

山崎 サトシ

プロのライターと一緒に、等身大のおしゃれを日々発信。物欲を刺激する良品の数々、ビジネススタイルからカジュアルスタイルまで。今日から役立つメンズファッションの“いろは”を、わかりやすく紹介しています。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    雨の日が楽しくなる。ザ・ノース・フェイスのレインウェアおすすめ18選

    雨の日が楽しくなる。ザ・ノース・フェイスのレインウェアおすすめ18選

    雨なら濡れて当然? 蒸れて当然? いやいや、『ザ・ノース・フェイス』のレインウェアなら濡れも蒸れもバッチリ防げます。アイテム選びのポイントからおすすめ品まで解説!

    平 格彦

    大人ストリートの定番。オークリーのフロッグスキンを買うならこの8本

    大人ストリートの定番。オークリーのフロッグスキンを買うならこの8本

    サングラスの大定番モデルとして愛され続ける『オークリー』のフロッグスキン。その魅力を深掘りしつつ、今すぐ買えるモデルやスタイル実例もフォローしてお届けします。

    山崎 サトシ

    リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

    リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

    デイリーに愛用できるメンズリュックを徹底紹介。カジュアルなコーデはもちろん、きれいめな着こなしにもハマるリュックの選び方とおすすめのブランドをレクチャーします。

    TASCLAP編集部

    白Tシャツを大人っぽく着こなす。おすすめ10ブランドと季節別コーデ

    白Tシャツを大人っぽく着こなす。おすすめ10ブランドと季節別コーデ

    白Tシャツはワードローブに欠かせない定番アイテム。通年使える白Tシャツの選び方からおすすめブランドの1枚、そして季節の着こなしまで余すことなくお届けします。

    TASCLAP編集部

    大人のTシャツコーデ25選。シンプルなのにこなれた着こなし見本

    大人のTシャツコーデ25選。シンプルなのにこなれた着こなし見本

    春夏のワードローブに必須のTシャツ。つい定番を選ぶゆえに、コーデがマンネリになってしまう人も多いはず。おしゃれな人のコーデから着こなしのヒントを探りましょう。

    CANADA

    BACK