何が違う?ブライドルレザーとコードバンの財布を比較

何が違う?ブライドルレザーとコードバンの財布を比較

服装以外にもこだわりたいのが財布。大人なら上質なレザーを選ぶのがマストです。そこで革小物に代表されるブライドルレザーとコードバンの違いを比べてみました。

高嶋 一行

2018.11.05

財布・ケース
財布

よく耳にするブライドルレザーとコードバン。その違いを知っていますか?

大人が財布を選ぶ際、ポイントになるのがレザー。長く愛用したいからこそ、こだわって選びたいものです。

なかでもよく耳にするのが、ブライドルレザーとコードバン。ところで、みなさんはそのレザーの違いをご存じですか? なんとなく言葉だけ……なんて人も多いのでは。そこで知っておきたい代表的な2つのレザーについて解説します。

”たくましい”ブライドルレザーと”ドレッシー”なコードバン。その違いを徹底解説

わかりやすくひと言で表現するなら、”たくましい”ブライドルレザーと”ドレッシー”なコードバンという表現がピッタリ。さっそく、それぞれのレザーの特徴を紹介していきます。

▼”たくましい”ブライドルレザーとは

ブライドルレザーとは、もともと乗馬に使う馬具のために作られた革のこと。原料は牛革で、耐久性を高めるために何度もロウを塗り込むことで繊維を引き締めているのが特徴です。そのため、表面にはロウが染み出した「ブルーム」と呼ばれる白い粉がふいているように見えるのですが、これもブライドルレザーならでは。レザーというと水や汗に弱いものが多いですが、ブライドルレザーはロウをしっかりと染み込ませているため、革に水分が浸透しにくいという性質もあります。

革小物を長く愛用する醍醐味として、使うほどに風合いが増す経年変化があります。ブライドルレザーは使っていくうちにブルームが取れていき、深みのある色合い、美しい光沢が楽しめるのも魅力。

知っておきたいデメリットとは?ロウの手入れが必要

表面に出てくるブライドルレザー独自のブルーム。使い始めの頃はよく現れるので、小まめに拭き取るようにしましょう。また、定期的にレザークリームを塗るとより長く愛用することができます。

▼”ドレッシー”なコードバンとは

コードバンは馬の尻部からとれる貴重なレザーで、輝かしい光沢が魅力的です。製法には時間と手間がかかっており、厚く守られた革から約2mmのコードバン層を削り取るという職人の長年の経験と技によって生み出されています。また、一頭の馬から限られた量しかとれないため、常に革の市場では品薄状態。それゆえ、希少性が高いのです。

▼”ドレッシー”なコードバンとは 2枚目の画像

コードバンはブライドルレザーのように経年変化を楽しむというよりも、そのまま光沢感ある見た目をキープできるというメリットもあります。革自体は丈夫なので、ていねいに扱っていればレザー自体の輝かしさを長く楽しむことができます。また使い込むほどに馴染んで使いやすくなるでしょう。

知っておきたいデメリットとは?水に弱いこと

コードバンのデメリットは、水に弱いことです。水が付着したまま放置してしまうと、水膨れのようなあとが残ってしまうので注意が必要。もし濡れてしまった場合は、すぐに乾いた布で拭くようにしましょう。また、いくら頑丈なレザーのコードバンでも鋭利なものが当たると傷として残ってしまいます。光沢感がある表面に傷ができると目立ってしまうので大事に扱ってくださいね。

ブライドルレザーとコードバン。レザー別におすすめ財布をピックアップ

ブライドルレザーとコードバンの違いがわかったところで、それぞれのおすすめアイテムを紹介します。今買い替えるなら候補に入れておきたいものばかりです。

▼たくましく男らしいブライドルレザーの財布

ブライドルレザーの特徴は、その見た目のたくましさ。使うほどに味わいも出るので一緒に年齢を重ねられます。

アイテム1『マスター&コー』UK ブライドルレザー ロングウォレット

ベーシックなアイテムをユニセックスで手がける『マスター&コー』の長財布。イギリスの上質なブライドルレザーを日本の職人技術によってていねいな作られている点が魅力的です。

アイテム2『シップス』SD ブライドルレザー 二つ折り ウォレット

イギリス製のブライドルレザーを使用し、『シップス』がプロデュースしたこちらの財布。シンプルなデザインでコンパクトな二つ折り財布は、ビジネスマンの強い味方になること確実。ネイビーのほかにもカラーバリエーションが揃っています。

アイテム3『ホワイトハウスコックス』3FOLD PURSE ウォレット

イギリスにて希少で上質なブライドルレザーを使ったアイテムを展開する『ホワイトハウスコックス』。コンパクトにまとめることができる三つ折り財布は、ポケットにいれやすいうえ、収納力もあり機能的! 使い込むほどにカラーに深みが増していきます。

アイテム4『ブリティッシュグリーン』ブライドルレザー二つ折り財布

イギリスの代表的なタンナー、セドウィック社のブライドルレザーを使用。成牛の表革を天然の植物エキスを用いてなめし、染色を施し、蜜蝋をたっぷりと染み込ませたレザーは、耐久性に優れ、高級感あふれる面持ちに仕上がっています。

アイテム5『キャプテン サンシャイン』×『 ポーター』×『B印 ヨシダ』別注 ブライドルレザー ロングウォレット

トリプルネームの限定感ある長財布は売り切れ必至。カラーによってブライドルレザーの産地を変えたこだわりのアイテムです。ちなみにブラウンは、イタリアンブライドルレザーを使用。愛用するほどに、深みのあるツヤが増していきます。すっきりとしたスマートなデザインながら収納力も抜群。

アイテム6『グレンロイヤル』ブライドルレザー 二つ折り長財布

端正なフォルムでスマートな見た目が人気の『グレインロイヤル』のロングウォレット。ブライドルレザーの風合いを生かした仕上げはまさにピカイチ。スーツとも相性が良く、大人にふさわしい逸品です。

アイテム7『ココマイスター』ブライドル・グランドウォレット

ていねいな職人技で作られている『ココマイスター』の長財布。こだわりの上質素材を取り入れた、上品で格式高い面持ちに注目です。飽きのこないベーシックなデザインで長く愛用できますね。

アイテム8『エッティンガー』レザー二つ折りウォレット(コインポケット付)

イギリスでも評価が高い老舗ブランドの『エッティンガー』。手がけるブライドルレザーの財布は、すべて文句のない仕上がりとなっており、万人受けする信頼感ある逸品です。トラディショナルなイギリススタイルが好きな方なら、迷わず選びたいアイテムです。

▼スマートでドレス感あるコードバンの財布

宝石のような光沢感あるコードバンの財布こそスマートなファッションに最適。そんな魅力的な男性に仕上げる逸品をご紹介します。

アイテム1『フライングホース』コードバン長札財布

コードバンの財布を多数リリースするブランド『フライングホース』。上質なレザーをリーズナブルな価格で提供することでも評判が高いブランドです。すっきりとしたデザインですが、カードポケット18個、便利な多目的ポケット4個と充実した収納力を備えています。

アイテム2『ギオネ』コードバン 長財布

日本が世界に誇る名門タナリー宮内産業が手がけたコードバンを採用した逸品。シンプルな見た目ながら、豊富なポケット付きで使い勝手も良い長財布です。味わいあるブラウンカラーも素敵。

アイテム3『ゾンネ』カイザー水染めコードバン 二つ折り財布 soc002re

職人がていねいに水性染料を手作業で染め上げた『ゾンネ』のコードバンは、ハリ感とつややかな表情が魅力です。無駄のないシンプルな作りがより品の良さを演出し、まさに大人にふさわしい1点です。

アイテム4『ケー・ティー・ルイストン』コードバン ウォレット

シューズブランド『オールデン』などを日本に紹介する代理店ラコタ社が展開している革小物ブランド。コードバンのことを知り尽くした革のプロフェッショナルが選んだ品質は信頼性が高く、革小物好きからも支持されるアイテムです。

アイテム5『ガンゾ』 コードバン 財布

数多くの革小物を手がけるブランド『ガンゾ』が作るコードバンの財布は、小銭入れが広く仕切りがあるなど、機能性も重視した使い勝手の良いアイテムです。内側に組み合わされた牛革のヌメ革も味わいがあります。

アイテム6『ブリッドハウス』コードバン 二つ折り財布

縫い目1つひとつにもしっかりと精密な作業を取り入れた完成度の高いこちらの財布。上質なコードバンを深いブラウンのカラーで仕上げた、レザーらしいカラーと質感が楽しめるアイテムです。長く使っても飽きないシンプルな仕様。

アイテム7『ユナイテッドオムプレジデント』コードバン メッシュラウンドファスナー長財布 イントレチャート

デザイン性の高いものを探している方には、メッシュレザーのデザインがおすすめです。希少性の高いコードバンをぜいたくにもメッシュレザーに仕上げたオリジナリティーあるデザイン。ドレスアップしたジャケットスタイルによく似合います。

アイテム8『プレリー』コードバン ラウンドジップ ウォレット

ヨーロッパから取り寄せた原皮を日本のタンナーにて6ヶ月もかけて仕上げたこだわりのコードバンを採用。外見だけでなく内側の収納にもこだわり、たくさんのカードの収納場所も確保したラウンドジップの長財布です。型崩れしにくい設計もうれしいポイント。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK