長く愛せるアメカジブランド20選。いつの時代も男を魅了する名品をピックアップ

長く愛せるアメカジブランド20選。いつの時代も男を魅了する名品をピックアップ

トレンドの波に飲み込まれることなく、いつの時代もおしゃれの軸足になってくれる普遍のスタイルといえばアメカジ。相棒として長く愛せる本物志向のブランドの宝庫です。

遠藤 匠

遠藤 匠

SHARE
記事をお気に入り
2021.05.03

大人の味方、アメカジ。お気に入りのブランドをワードローブの軸に

大人の味方、アメカジ。お気に入りのブランドをワードローブの軸に

WEAR

WEAR

お気に入り追加

トレンドは時代とともに変化をしながら繰り返し、移り変わるもの。ですが、その荒波の中で微動だにせず、いつの時代の変わらぬ軸足を保っているのが“アメカジ”というジャンルです。おしゃれに目覚めた頃に手にしたジーンズやスニーカーは、歳を重ねてからも変わらず魅力を感じるもの。クローゼットの中に定位置を占めているブランドがいくつかあるという人も、少なくないはずです。そんな普遍の魅力を宿すアメカジブランドとその代表作を、今一度おさらいしてみましょう。本場アメリカの名門に加え、本国以上に熱量の高いアメリカ愛を持った日本のアメカジブランドを、それぞれご紹介します。

基本の“き”から。アメカジは本場アメリカブランドの名品にお任せ

基本の“き”から。アメカジは本場アメリカブランドの名品にお任せ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ひと口にアメカジといっても、その出自と世界観は多種多様。ワークウェアとしての出自を持つジーンズが、ファッションアイテムとして脚光を浴びた1950年代のユースファッションは、その源流の1つといわれています。映画『アメリカングラフィティ』の登場人物が纏っていたようなオールディーズスタイルや、名門私立大学の学生が発信源となったアイビースタイルとして認知されているものです。

一方で、1960年代から70年代にかけて西海岸で確立されたサーフ文化やバイカー文化に根ざしたファッションも、当時大きなムーブメントを巻き起こしました。こうしたアメリカンカルチャーは音楽や映画ともに世界に拡散され、世界の若者たちにとって憧れの存在となりました。ここ日本にも打ち寄せる波のように上陸し、独自のアメカジカルチャーを形成。“渋カジ”という独自のスタイルを生み出すまでにいたったわけですから、その影響力たるや相当なものでした。ということで、ここからはそんな本家で今なお変わらぬスタイルを貫く、普遍のアメカジブランドを見ていきましょう。

アメカジブランド1

『ポロ ラルフローレン』

『ポロ ラルフローレン』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

古き良きアメリカ服をファッションに昇華した立役者といえば、『ポロ ラルフローレン』。映画『華麗なるギャッツビー』などの衣装で往年のアメリカンスタイルを表現する一方、ジーンズに代表されるアメカジの王道服においても数々の歴史的定番を生み出してきました。『ダブルアールエル(RRL)』で表現しているヴィンテージ服の世界観も、歴史の体現者としての誇りさえ感じさせる完成度の高さを誇っています。ポロシャツが絶大な人気を誇りますが、スイングトップも世代を超えて愛されている代表作。チンフラップ付きのボディに乗せられたポロプレイヤーロゴの刺繍が、タイムレスな魅力を放っています。

大人なら持っておかなくちゃ。ラルフローレンのシャツはやっぱり名品だ

ウェア・コーデ

大人なら持っておかなくちゃ。ラルフローレンのシャツはやっぱり名品だ

大人コーデに欠かせないカジュアルシャツは、定番の『ポロ ラルフローレン』からチェックするのがイチ押し。落ち着きがあるのにどこか個性漂うシャツが多数揃っています。

平 格彦

2021.03.10

ポロ ラルフローレンのポロシャツこそ大人の味方

ウェア・コーデ

ポロ ラルフローレンのポロシャツこそ大人の味方

『ポロ ラルフローレン』といえばアメリカを代表するブランドの1つで、世界中で老若男女に愛されています。その代表アイテムであるポロシャツの魅力を多角的に解説します。

平 格彦

2020.07.16

アメカジブランド2

『ディッキーズ』

『ディッキーズ』

green label relaxing

green label relaxing

お気に入り追加

アメリカらしい骨太なチノパンの代名詞といえば『ディッキーズ』。看板アイテムの「874」は、1922年にテキサスで創業したその翌年に製造されたワークパンツが原型となった名品です。それ以来、90年以上もの長きにわたって、ほとんどスタイルを変えずに作り続けられているマスターピースとして知られています。一般的なチノパンは綿素材のチノクロスを使用していますが、これは労働者の作業着として開発されたこともあり、T/Cツイルというポリエステルと綿の混紡素材が使われています。耐久性が非常に高く、撥水加工が施されているので汚れに強いという特性も。スケーターの定番バンツでもあるので、タフさは折り紙付きです。

大人の日常着。ディッキーズの定番874と別注モデルを徹底紹介

ウェア・コーデ

大人の日常着。ディッキーズの定番874と別注モデルを徹底紹介

『ディッキーズ』の定番「874ワークパンツ」の魅力とともに、同ブランドが誇るパンツのラインアップを整理。大人のカジュアルに効く『ディッキーズ』を幅広く紹介します。

深澤 正太郎

2020.09.02

アメカジブランド3

『ヴァンズ』

『ヴァンズ』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

アメリカはカリフォルニアを象徴するスニーカーブランドといえば『ヴァンズ』。1966年の創業当初から存在するこの「オーセンティック」を筆頭にスケーターたちから人気を博したのが、ブレイクのきっかけです。いわゆる“スケシュー”の王道ブランドとして知られており、影響を与えたアーティストやデザイナーは数えきれません。使い回しを考えるなら無地一択でしょうが、ストリートブランドの空気を存分に楽しみたいなら豊富な柄モノや別注から選ぶのもアリ。なかでもブランドアイコンでもあるチェッカーフラッグ柄を描いたモデルは、現在もリアルなストリートにおけるアイコンになっています。

ヴァンズのスニーカーはどれを選ぶ?どう履く?人気&定番モデルを徹底攻略

スニーカー・シューズ

ヴァンズのスニーカーはどれを選ぶ?どう履く?人気&定番モデルを徹底攻略

熱狂的なファンが多い『ヴァンズ』のスニーカー。そのなかから、クラシック感が魅力の定番モデルをピックアップして詳しく解説します。着こなし術も合わせて一挙に紹介!

平 格彦

2021.03.08

ヴァンズの看板。エラの魅力とオーセンティックとの違い

スニーカー・シューズ

ヴァンズの看板。エラの魅力とオーセンティックとの違い

スニーカーの定番ブランドといえば、『ヴァンズ』ですよね。なかでも本ブランドを代表するモデルがエラ。誕生から40年が経つ今でも色あせない、その魅力に迫っていきます。

山崎 サトシ

2018.07.13

アメカジブランド4

『カーハート』

『カーハート』

Jalana(ジャラーナ)

Jalana(ジャラーナ)

お気に入り追加

1882年にデトロイトで誕生して以来、汗して働く男たちの良き相棒として愛されてきた『カーハート』。鉄道技師用に作られたタフなオーバーオールがヒットし、アメリカを代表するワークウェアブランドに数えられるようになりました。堅牢なダック地をボディに採用した骨太なアウターもブランドの代名詞。脱ぎ着がしやすいジップフロントに仕立てられた「アクティブジャケット」は、ちょっとやそっとじゃヘタらない12オンスの地厚なダック地仕立てです。

Tシャツもカーハートならでは。魅力とおすすめのラインアップをお届け

ウェア・コーデ

Tシャツもカーハートならでは。魅力とおすすめのラインアップをお届け

ワークウェアを原点にしつつ、洗練さを取り込みモダンなカジュアルウェアへと進化させた現在の『カーハート』。そのTシャツの魅力と今欲しいモデルをご紹介しよう。

菊地 亮

2021.07.07

ニット帽選びはまずカーハートから。大人に最適な被り方とおすすめ8品

バッグ・ファッション小物

ニット帽選びはまずカーハートから。大人に最適な被り方とおすすめ8品

シンプルな中にロゴのアクセントが効いた『カーハート』のニット帽は、時代を超越した定番品。その魅力を掘り下げつつ、タイプ別の被り方とおすすめをご紹介します。

平 格彦

2020.11.10

アメカジブランド5

『リーバイス』

『リーバイス』

Jalana(ジャラーナ)

Jalana(ジャラーナ)

お気に入り追加

ゴールドラッシュに沸く1850年代のアメリカ西海岸で、坑夫のための丈夫なパンツとしてテントや馬車の幌に使われていた頒布でパンツを作った『リーバイス』。これがジーンズの原点であり、補強用の銅リベットを用いた製法で特許を取得したことでその基板をより強固なものにしました。1890年に初めてロットナンバーとして冠されたモデルが、後に普遍の定番となる「501」です。時代とともにシルエットは微妙に変化しているものの、王道感のあるストレートレッグの佇まいは変わらず受け継がれています。

リーバイスのジーンズ総特集。三大ニーズ別におすすめをピックアップ

ウェア・コーデ

リーバイスのジーンズ総特集。三大ニーズ別におすすめをピックアップ

ジーンズの代名詞として知られる『リーバイス』。150年以上も続くブランドの歴史や世界中で愛されている理由、そしてビギナーが買うべきモデルまでをこの機会におさらい。

TOMMY

2021.01.22

リーバイス501をもっと好きになるために押さえておきたい3つのモデル

ウェア・コーデ

リーバイス501をもっと好きになるために押さえておきたい3つのモデル

ジーンズの源流たる『リーバイス』501。定番にして今なお進化するこのマスターピースを、当記事にて徹底解説。その歴史から現行シリーズまで網羅してお伝えします!

山崎 サトシ

2019.04.29

アメカジブランド6

『ショット』

『ショット』

Schott

Schott

お気に入り追加

バイクカルチャーのみならず、音楽シーンにおいても絶対的な存在感を放つのが1913年にNYで創業した『ショット』。同ブランドの数あるレザージャケットの中でも、1950年代からほぼデザインが変わっていない代表作として知られるのが、エポーレットの星型スタッズが特徴的な「ワンスター」です。映画『ザ・ワイルドワン』でバイカーを演じたマーロン・ブランドが着用したことでも有名な1着は、しっかりとバイカー向けのディテールを踏襲した骨太さが魅力。肉厚なカウレザーもタフネスに溢れていて、“らしさ”を感じさせます。ラモーンズなどのロックミュージシャンたちに愛用されてきたというのも納得です。

1着は欲しい! ショット定番のライダースは男の必需品

ウェア・コーデ

1着は欲しい! ショット定番のライダースは男の必需品

ライダースジャケットは秋冬のマストハブ。とはいえ、お手ごろ価格で済ませてしまうのはNG。長く愛用することも考えると、ライダースの老舗『ショット』がおすすめ。

近間 恭子

2020.10.26

アメカジブランド7

『リー』

『リー』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

1899年にカンザス州で創業。同ブランドから1944年に発表され、一世を風靡したカウボーイパンツがのちに「ライダース」というシリーズ名に変更。この「101」をもってアメリカを代表するデニムブランドとしての地位を確立しました。いななく馬の口元に着想を得たヒップポケットのホースマウスステッチは、ブランドアイコンとして知られる意匠です。以降、「ウエスターナー」に「ストームライダー」「ロコジャケット」など現代に続く名作も続々。ジェームス・ディーンが「101」を愛用していたことも、人気に拍車をかけました。現行の「101Z」にもその普遍のディテールが刻み込まれています。

リー(Lee)のデニムアイテム総特集! 定番に見る、名門の魅力

ウェア・コーデ

リー(Lee)のデニムアイテム総特集! 定番に見る、名門の魅力

『リー』といえば、デニム業界に燦然と輝く名門中の名門。改めてこの老舗ブランドを解剖し、魅力や定番、おすすめモデルまで余すところなくご紹介します。

山崎 サトシ

2021.01.25

アメカジブランド8

『ブルックスブラザーズ』

『ブルックスブラザーズ』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

「No.1サックスーツ」を筆頭に、アメリカントラッドというスタイルの成熟に貢献する数々の名品を生み出してきた『ブルックスブラザーズ』。代表作の「ポロカラーシャツ」と呼ばれるボタンダウン仕様のシャツが、ポロ競技選手の着ていたシャツに着想を得たものだというのはあまりに有名な話です。これは、選手たちが風にあおられて捲れないように襟をボタンで留めていたものを、ファッション的に解釈したものでした。ジャンニ・アニエリ氏を筆頭に、歴代のウェルドレッサーにも愛用され、世界のファッション史における重要な位置付けの名品になっています。

ブルックスブラザーズのシャツは、アメトラスタイルの代名詞だ!

ウェア・コーデ

ブルックスブラザーズのシャツは、アメトラスタイルの代名詞だ!

アメトラの旗手である『ブルックスブラザーズ』といえば、今も昔も変わらずシャツが看板アイテム。老舗ならではの確かな品質を誇り、大人の装いを格上げするのに好適です。

山崎 サトシ

2021.04.12

アメカジブランド9

『チャンピオン』

『チャンピオン』

Jalana(ジャラーナ)

Jalana(ジャラーナ)

お気に入り追加

1924年の創業当初は米軍向けのニットウェアを手掛けていたものの、ミシガン大学の運動部をはじめとして全米の大学のスポーツチーム御用達のカレッジスウェットブランドへと成長を遂げた『チャンピオン』。同社の専売特許といえば、洗濯による縮みを防ぎ、両脇の可動域を確保できる「リバースウィーブ」にあります。現在は旧ロゴまで再現し、古き良き時代の仕様を現代へと蘇らせた1枚を手に取ることでそのヘリテージを垣間見ることが可能です。同ブランドを愛する人の中には古着でこそなんぼ、と語る方もいることでしょうが、日々気負わずガシガシ着倒すならぜひ現行モデルにも目を向けてみてください。

リバースウィーブとは? チャンピオンの代表作ならではの魅力とおすすめ10選

ウェア・コーデ

リバースウィーブとは? チャンピオンの代表作ならではの魅力とおすすめ10選

リバースウィーブといえば、『チャンピオン』の象徴的な存在。ここでは、時代や性別を超えて愛され続ける理由を探りつつ、最新作やコーデサンプルをお届けしていきます。

山崎 サトシ

2020.11.27

アメカジブランド10

『ペンドルトン』

『ペンドルトン』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

アメカジを象徴する柄の1つに数えられるのが、ネイティブ柄。その伝統的なパターンを、1863年にオレゴンで創業した当初から守り続けているのが『ペンドルトン』です。ジャカード織りによってトラディショナルな様式美に基づく柄を描き出したブランケットやタオルは、年齢、男女の別を問わず高い品期を誇っています。もちろんアウトドアシーンとも親和性の高いブランドなので、アウターなどのウェアもカジュアル使いに限らず、キャンプやフェスシーンにおいても愛用者が後を絶ちません。創業当初は軍隊用の製品を手掛けていた実績もあるメーカーだけに、その品質の高さは折り紙付きです。

使い方は自由自在。ペンドルトンのブランケットが便利でおしゃれ

インテリア・雑貨

使い方は自由自在。ペンドルトンのブランケットが便利でおしゃれ

ネイティブ柄で知られる『ペンドルトン』。なかでも人気が高いのがタオルケットとブランケットです。おすすめの活用方法や注目のアイテムを紹介します。

ai sato

2020.09.28

ペンドルトンのシャツでこなれ感を手に入れる。大人におすすめの7枚を厳選

ウェア・コーデ

ペンドルトンのシャツでこなれ感を手に入れる。大人におすすめの7枚を厳選

アメリカンな雰囲気を放つウール素材のブランケットやシャツで知られる『ペンドルトン』。これからの季節に活躍するシャツにフォーカスし、その魅力を深掘りします。

ai sato

2019.09.27

よりアメカジらしく。日本発の本格派アメカジブランド10選

よりアメカジらしく。日本発の本格派アメカジブランド10選

WEAR

WEAR

お気に入り追加

戦後の闇市で米軍の放出物資やジーンズが集まったアメ横が、日本におけるアメカジ文化の発信源。その後1990年代の“渋カジ”によって、日本のアメカジが一大ムーブメントをとして認知されていくようになります。そんな流れもあって、現在のファッション業界を担うデザイナーの多くがアメカジトレンドの洗礼を受けています。探究心の深さとアメカジ愛の強さから古き良きアメリカ服を再現するブランドも多く、日本製のアメカジ服によって本国のアメリカ人が自国の服の魅力を再発見するというような逆輸入的な現象も起きています。そんな日本のアメカジ史を担う新旧の注目ブランドをご紹介しましょう。

アメカジブランド11

『エンジニアードガーメンツ』

『エンジニアードガーメンツ』

シュガーオンラインショップ

シュガーオンラインショップ

お気に入り追加

「ネペンテス アメリカ」の代表として渡米していた鈴木大器氏の手によってNYで立ち上げられた『エンジニアードガーメンツ』。ワークウェアやアウトドア、ミリタリーといった氏の愛してやまない世界観をファッションへと落とし込むその手腕から、ピッティウオモへの出展も手伝って、アメリカのみならず、アメカジ愛が息づくイタリアでも絶大な人気を誇る存在に。同ブランドの特徴的な意匠として挙げられるのが、ヴィンテージ感漂わせるパッチワークです。風合いが異なる生地を組み合わせた、こちらの多ポケットアウター「ベッドフォードジャケット」にも、同デザインが取り入れられています。

ユニクロコラボで注目の的。エンジニアドガーメンツとは?

ウェア・コーデ

ユニクロコラボで注目の的。エンジニアドガーメンツとは?

『ユニクロ』とのコラボレーションで幅広い世代の男女から注目された『エンジニアドガーメンツ』。人気の秘密と合わせて、魅力的なアイテムの数々をご紹介します。

髙須賀 哲

2020.02.13

アメカジブランド12

『ロッキーマウンテン フェザーベッド』

『ロッキーマウンテン フェザーベッド』

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

1960年代にワイオミング州で創業し、カウボーイ向けの防寒服を作るブランドとして人気を博したブランドですが、一旦は惜しまれつつブランドが消失。しかし、同社の服を収集していた日本の古着コレクターの手によって2005年に復活を果たしました。その人物とは、「サーティーファイブサマーズ」の代表である寺本欣児氏。一切の資料が残ってなったため、長年にわたって集めたヴィンテージコレクションの現物を資料として参考にしながら、数々の名作を蘇らせています。「クリスティベスト」も、そんな名作の1つ。一枚裁ち革のヨークをはじめ、伝統の意匠を忠実に再現!

ロッキーマウンテンフェザーベッドのダウンベストがルックスも品質もいいんです

ウェア・コーデ

ロッキーマウンテンフェザーベッドのダウンベストがルックスも品質もいいんです

復刻ブランドの中でも頭1つ抜けた人気を誇る『ロッキーマウンテンフェザーベッド』。こだわりと品質を兼ね備えたダウンウェアは、大人のカジュアルコーデと相性抜群です。

山崎 サトシ

2019.11.05

アメカジブランド13

『バズリクソンズ』

『バズリクソンズ』

ARKnets

ARKnets

お気に入り追加

1960年代から日本のアメカジ文化において重要な役割を果たしてきた「東洋エンタープライズ」が、フライトジャケット専門レーベルとして立ち上げた『バズリクソンズ』。現在は軍パンやシャツといった多彩なミリタリーアイテムを製作しています。いずれも生地からボタン、縫製にいたるまでオリジナルのディテールをとことん突き詰めた作り込みがなされており、本物志向のアメカジ好きも納得の完成度を誇示。このA-2ジャケットは、1940年代に米軍航空隊への納入実績のあるラフウェア社のアーカイブを、手作業によるアニリン染色で仕上げたモノです。経年変化もさることながら、新品での色気も半端なモノではありません。

職人気質が宿る。バズリクソンズのミリタリーウェア

ウェア・コーデ

職人気質が宿る。バズリクソンズのミリタリーウェア

リアルヴィンテージさながらの本格ミリタリーウェアで人気の『バズリクソンズ』。ミリタリートレンドがシーンを席巻する今、最優先で押さえておくべきブランドです。

山崎 サトシ

2018.09.20

アメカジブランド14

『オアスロウ』

『オアスロウ』

Crouka LR/クローカ エルアール

Crouka LR/クローカ エルアール

お気に入り追加

デザイナーの仲津一郎氏によって2005年に立ち上げられた『オアスロウ』。服作りのベースは、19世紀後半から20世紀にかけてスタンダード服として愛されたワークウェアやミリタリーウェアにあります。その佇まいをガチガチに再現するのではなく、肩の力を抜いて着られる日常服へと落とし込むスタイルで存在感を放っています。日本製にこだわり、ヴィンテージのミシンを使って丁寧に仕立てる製作スタイルも特徴。特にパンツに秀作が多く、温故知新なバックサテン生地を使いつつ、ヒップや太腿周りをすっきりさせたファティーグパンツもその1つです。

ヴィンテージ感がいい。オアスロウの定番&おすすめ10選

ウェア・コーデ

ヴィンテージ感がいい。オアスロウの定番&おすすめ10選

ヴィンテージを背景に、目の肥えた大人をうならせる圧巻のクオリティーで支持を集める『オアスロウ』。定番モデルを中心に、その魅力を解剖します。

山崎 サトシ

2019.04.11

アメカジブランド15

『エドウイン』

『エドウイン』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

日本のデニム文化をけん引してきたブランドといえば『エドウイン』。1947年の創業当初は米軍のサープラス製品の卸しを手掛け、中古デニムの輸入販売をきっかけにオリジナルの製作に着手していくようになります。1960年代初頭にアメリカから輸入した生地を国内縫製して仕立てたジーンズが、オリジナル第1号となりました。1963年には新品にもかかわらずはき古したようなソフトなはき心地を実現したウォッシュ加工を開発。その後、ユーズド感を表現したオールドウォッシュ、表情豊かなストーンウォッシュといった新しい加工技術でデニム業界に革新を起こしてきました。その技術力の高さは、驚異的なストレッチ性を実現した「ジャージーズ」でもいかんなく発揮されています。

海外でも高評価! エドウインの人気ジーンズ徹底解剖

ウェア・コーデ

海外でも高評価! エドウインの人気ジーンズ徹底解剖

今、世界的評価を受ける日本のジーンズ。その礎を築いたといえるブランドが『エドウイン』です。国産初のジーンズを作った老舗が誇る人気モデルの数々を紹介します。

岡田 太

2021.02.02

アメカジブランド16

『ウエアハウス』

『ウエアハウス』

Reggie Shop

Reggie Shop

お気に入り追加

“ヴィンテージ古着の忠実な復刻”というテーマを掲げる『ウエアハウス』。生地や縫製、加工はもとより、糸に至るまでヴィンテージ服を研究し、その佇まいを現代に蘇らせるレプリカ服作りを得意としています。1930年代に製作されていたファーストモデルを再現したこのデニムジャケットも、その好例。当時のデニムジャケットは、サイズが大きなものは後ろ身頃の生地を中央で繋ぎ合わせていました。本アイテムでは、その“Tバック”と呼ばれる仕様までそのまま再現しています。

日本が世界に誇るジーンズブランド、ウエアハウス

ウェア・コーデ

日本が世界に誇るジーンズブランド、ウエアハウス

ジーンズは米国抜きには語れない。ただ、オリジンに勝るとも劣らない質を、国内の匠たちは示してきた。そんな世界から称賛される日本ブランド『ウエアハウス』を紹介。

菊地 亮

2015.08.12

アメカジブランド17

『フェローズ』

『フェローズ』

HALLO-WIN

HALLO-WIN

お気に入り追加

アメカジ旋風が巻き起こっていた1990年代初頭に創業し、ヴィンテージレプリカというジャンルを確立させたブランドといえば『フェローズ』。当時は目をつけている人がほとんどいなかったL-2Aというフライトジャケットのレプリカモデルで注目され、スウェットにおいても、フリーダムスリーブや両Vといったマニアックな意匠を盛り込み、アメカジにのめり込む服好きたちを虜にしてきました。英国をはじめ、海外にも多くのファンが存在するのだとか。

アメカジブランド18

『ループウィラー』

『ループウィラー』

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

生産効率の高い最新の編み機の出現によって1960年代以降は表舞台から姿を消していた吊り編み機を使い、温故知新なスウェットを製作している『ループウィラー』。吊り編みは、熟練工の技術を必要とし、製作に多くの時間を要すものですが、生地をふっくらやわらかに編み立てることが可能です。しかも、その風合いは長年損なわれません。そんな昔ながらの技術を用いる一方、パーカーなどはフードの立ち上がり方まで計算するなど、日本メイドならではのこだわりも十分に発揮されています。

ループウィラーは世界一正統なスウェットだ。目利きが惚れ込むその理由

ウェア・コーデ

ループウィラーは世界一正統なスウェットだ。目利きが惚れ込むその理由

スウェット選びにおいて、目利きがこぞって太鼓判を押すのが『ループウィラー』。正統派にして究極の着心地を追い求めてはや20年、世界が認めるモノ作りの魅力とは?

遠藤 匠

2021.09.13

アメカジブランド19

『テンダーロイン』

『テンダーロイン』

GOLDEN TIJUANA

GOLDEN TIJUANA

お気に入り追加

『テンダーロイン』は、デザイナーの西浦徹氏をはじめとする5人の日本人クリエイターによって、ロサンゼルスで立ち上げられたブランド。作り手たちが海外で体験したストリートカルチャーを服に落とし込む服作りが持ち味で、スーベニアジャケットやワークシャツ、シルバーリングといったアイテムはいずれも良い意味での男くささがみなぎっています。2021年は創設20周年を迎えることもあり、『ハフ』をはじめ、ストリートブランドとのコラボモデルも精力的にリリース!

アメカジブランド20

『ビズビム』

『ビズビム』

セレクトショップ Diva Closet

セレクトショップ Diva Closet

お気に入り追加

ロサンゼルスに旗艦店を構え、ジョン・メイヤー氏を筆頭にハリウッドの俳優やミュージシャンにも熱烈なファンを持つ『ビズビム』。和紙などの日本の伝統素材を用いるなどの独創的な世界観を持つこのブランドの根底にも、アメカジ魂が息づいています。クリエイティブディレクターの中村ヒロキ氏は、アメリカンカルチャーに対する憧憬があることを公言している人物。半纏を現代的にアレンジしたアウターが有名ですが、これは江戸時代の労働着であったことに着目したものなのだとか。真にリアルなワークウェアから導き出されるそのマインドは、こちらのオーバーサイズコートにも息づいています。

30代メンズにすすめたい。アメカジファッションのコーデ術

ウェア・コーデ

30代メンズにすすめたい。アメカジファッションのコーデ術

30代以上の男性にとって、アメカジはブレないベーシック。とはいえ、年相応にアップデートする必要があるでしょう。今らしく、大人にハマるアメカジとは何かを解説します!

山崎 サトシ

2021.08.30

夏はサーフブランドが気になる。海&外遊びから街使いに映える名品が勢揃い

ウェア・コーデ

夏はサーフブランドが気になる。海&外遊びから街使いに映える名品が勢揃い

夏らしいアクティブな雰囲気漂うサーフブランドが世代を問わず大人気。ビーチはもちろんのこと、街でも映えるアイテムばかりなので持っておかない手はありません!

山崎 サトシ

2021.08.19

注目編集者
遠藤 匠

紺ブレもビーサンも守備範囲。雑食系服飾ライター

遠藤 匠
モノ雑誌と男性ライフスタイル誌の編集を経て、現在はフリーライターとしてメンズファッション誌、ライフスタイル誌、WEBを中心に執筆。ファッション遍歴は、渋カジから英国系テーラードを経て、再びアメカジに回帰。現在は無国籍状態に。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

重要ポイントは3つ。タトラスと探る、今季的なダウン選びの「傾向と対策」

人気の高まりによって選択肢が豊富になったダウンジャケット。その一方、何をどう選べば良いのかわかりにくいのも事実です。今季“買い”の基準を『タトラス』と探ります!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

大人の腕元に誠実さと感性を。稀代のヒット作が纏う、冬にこそ似合うロイヤルブルー

2020年に発売された「1965 メカニカルダイバーズ 現代デザイン」に今冬待望のニューモデルが登場。気品に満ちたロイヤルブルーは、大人の男にいかなる恩恵をもたらすのか?

SPONSORED by セイコーウオッチ株式会社

続きを読む

ファッションに合わせて時計も“着替える”。スカーゲンのホリデーセットを自分へのご褒美に

今年一年、頑張った自分へのご褒美に。はたまた大切な人へのギフトに。ホリデーシーズンが近づいた今、ぜひ注目してほしい『スカーゲン』のホリデーセットをご紹介します。

SPONSORED by スカーゲン

続きを読む

来年も頑張る自分のために、大切なあの人のために。ティソの腕時計を冬のギフトに選びたい3つの理由

贈ってうれしい、もらったらもっとうれしい。そんな心温まるギフトシーズンに推薦したい腕時計ブランド『ティソ』。メンズからレディースまで良作を幅広くご紹介します。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

その進化、変わらぬ心地良さに安心する。 モデル・ショーゴも惚れ込む西川ダウン

『ナノ・ユニバース』のロングセラーシリーズ『西川ダウン(R)』を、これまで数多く着用してきたモデルのショーゴさん。彼が語るその良さと、今季作の見どころとは?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

業界人も通う恵比寿の名店にフィーチャー。人気スタイリストと考える、今選ぶべきアクセサリー

大人のアクセサリーに求められること。それは旬度とスタイリングへの汎用性、そして確かなブランド力です。例えば、『シンパシーオブソウル』はまさに適任でしょう。

SPONSORED by S.O.S fp

続きを読む

うん、“色”っぽい。カラー使いに惚れる、ポール・スミスの彩りウォッチ

重厚な印象になりがちな冬の装いを洒脱に仕上げたいなら、腕時計で彩りを添えるのが効果的。腕元に洗練をもたらす逸品が『ポール・スミス ウォッチ』には揃っています!

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

自由自在にカスタマイズ。“MY G-SHOCK”で自分好みのオンリーワンを手に入れる

多くの画期的モデルで周囲を驚かせてきた『Gショック』。今度はなんと自分だけの「MY G-SHOCK」が作れるという。早速、業界の最前線で活躍するデザイナーが試してみた。

SPONSORED by カシオ計算機株式会社

続きを読む

レザーに通じたプロ同士が対談。ガンゾに聞く革のお手入れトラブルシューティング

使うほどに味が出るのがレザーの魅力。しかし、そのためには適切な手入れが必要です。革のプロに、正しい革のメンテナンスについて基本から応用まで教えてもらいました。

SPONSORED by ガンゾ

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP