人には聞けない。ダサピンクとモテピンクの違い

人には聞けない。ダサピンクとモテピンクの違い

ピンクは今春のトレンド色。コーデに使うには少し難しそうに見えますが、コーデやアイテムの選び方を把握しておけば大丈夫! おすすめアイテムやコーデ案をご紹介します。

モチヅキ アヤノ

2017.03.17

春の着こなし・コーディネート
16〜20度の服装
休日
デート
モテ・好印象
アイテムの選び方

この春、ピンクがトレンドです!

2017年3月現在、各地のショップではすでにピンクのアイテムが続々とディスプレイされています。国内外のさまざまな春夏ファッションショーでも、ピンクアイテムを取り入れたメンズファッションが目立つ傾向に。国内外の主要ファッションショーでピンクが多く取り上げられたということで、世界中でピンクが春のトレンドとしてもてはやされています。

「え? ピンク??」と思う男性続出。どんなピンクがトレンドなの?

トレンドとして注目されているピンクは「くすみピンク」や「ペールピンク」。子どもが持つような可愛らしい明るいピンクではなく、大人も身につけやすいやさしいペールカラーやくすんだトーンのカラーこそ大人っぽいと話題に。やみくもにピンクを取り入れるのではなく、これらのピンクをおしゃれに取り入れてこそかっこよく見えるのです。

ピンクを取り入れたコーデがおしゃれ。とはいえ初心者が注意すべきこと

「ピンクがトレンド」と、ピンクのアイテムをコーデにいくつも多用すると大人っぽさからはかけ離れてしまいます。また、あまりにも彩度が高いピンク(ショッキングピンクなど)を使うと、コーデによっては下品に見えてしまい、おしゃれからは程遠い結果に……。大人の男性が身につけるなら、なるべく「落ち着いたトーンのピンクを1コーデにつき1〜2点程度使う」のがおすすめです。

おしゃれなコーデに学ぶ。ピンクを取り入れたGOODな着こなし方

大人におすすめのピンクをご紹介しましたが、「どうやって着こなしたらいいのかな?」と感じる方も多いはず。3つのポイントに分けて、着こなしのポイントをご紹介します。

ピンクとは異なるペールカラーを組み合わせるとコーデがより明るく!

上記でおすすめしたトレンドカラー「くすみピンク」や「ペールピンク」は、ベージュやライトグレーなどのペールカラーとも相性抜群。ピンクとの組み合わせに悩んだら、これらのトーンと一緒にコーデを考えて見ると良いでしょう。色のトーンが同じなので、見た目もにぎやかになりすぎません。また、ペールカラーのもつ「コーデや顔色が明るく見える」というメリットも得られます。

ペールピンク×ペールグレーは初心者さんにおすすめの定番コンビカラーです。ぼやっとした印象になるのかと思いきや、袖やパンツのブラックでうまくコーデが引きしまっていますね。足元は白スニーカーでもきれいに見えますよ。

マリンボーダーシャツはネイビーと白の組み合わせが人気ですが、薄ピンクとホワイトのボーダーシャツにペールベージュのジャケットを合わせるとよりやさしい雰囲気に。シャツとスニーカーのトーンもマッチしていて◎。

ホワイトやクリームベージュ、ペールピンク……と、全体の色数とトーンを限定したこちらのようなコーデもピンクコーデ初心者の方におすすめです。全体がコンパクトかつきれいにまとまって見えるため、洗練された雰囲気に。

スラックスを合わせるとより大人っぽい仕上がりに

「ピンクはどうしても子どもっぽく見えるんじゃ……?」と不安を抱く方もいらっしゃるのではないでしょうか。どうしても幼さを感じてしまうときは、ボトムスにスラックスを合わせると一気に大人らしい印象に。スーツコーデのインナーとしてペールピンクのシャツを活用するのもアリですね。

明るめペールピンクがカジュアル感をかもすニットですが、スラックスとローファーを合わせて、きれいめ大人コーデに活用。ローファーの代わりにデッキシューズを合わせても季節感を先取りできますよ。

スモーキーピンクとブルーの着こなしは、まさにトレンドを押さえた春コーデ。ジョガーパンツシルエットのスラックスはスタイルアップにも使いやすい万能アイテムですね。コーデがきれいめすぎるときのカジュアルダウンアイテムにも最適!

ペールピンクはビジネスカジュアルにも使いやすいカラーでもあります。今回のコーデに使われているピンクアイテムはスウェットですが、コーデ全体のフォーマル感をハズすアイテムとしてうまく機能していますね。

コーデに迷ったら、デニムアイテムと合わせるのもおすすめ

くすみピンクやペールピンクは、先程ご紹介したほかのペールカラーだけでなく、ネイビーやインディゴとの相性も抜群です。ネイビー系カラーがピンクの明るさやソフトさをより引き立ててくれますよ。ネイビー系カラーを取り入れやすいものでおすすめが「デニム」。お手持ちのデニムパンツやジャケットで簡単かつきれいにカラーコーディネートができるんです。

普段のカラーシャツとデニムに桜色のアイテムをオンするだけで一気にコーデが明るくなります! コーデにピンクを取り入れたことがない方でも簡単にトライできますね。キャップやシューズの色が統一されているのも◎。

桜色のパンツにデニムジャケットの組み合わせも最近よく見かけるコーデです。グレートーンとデニムの組み合わせもメジャーなカラーコンビなので、グレーとデニムのカラーコーデの差し色としてピンクを使うのもアリ。

こちらのように、グレーやベージュ、デニムの定番カラーの組み合わせにペールピンクをオンしても、コーデがうまくまとまります。インナーのピンクはアイボリーに近く、色数多めのコーデに使っても雑多な印象を与えません。

大人におすすめしたいピンクのアイテム(ウェアや帽子、スニーカーなど)一覧

ピンクのアイテムはどんなものが良いのか、ピンク系アイテムを買ったことがない方はとくに悩みやすいのでは? ここからは、筆者おすすめのピンクアイテムをご紹介します!

キャップ界の王ともいえるブランド『ニューエラ』のキャップです。おなじみのNYロゴが小さめなので、スポーティーなコーデ以外にも幅広く使いやすいですよ。モノトーンコーデの差し色として使うのもおすすめ。

昔ながらの特殊な吊り編み機で作り上げられたこちらのTシャツは、着心地がやわらかく大人気。そのまま夏に着るのはもちろん、ジャケットやネルシャツのインナーとして、春の重ね着コーデにも大活躍まちがいなしです。

ビジネスシーンでピンクを取り入れるなら、ネクタイから取り入れてみるのはいかが? 女性人気の高いアーガイル柄ピンクネクタイは、いつものスーツスタイルがより華やかに! グレーやネイビーのスーツがピンクと相性抜群です。

ピンクをジャケットやアウターなどに取り入れるのはまだちょっと……という方は、ソックスがおすすめ。モノトーンコーデやダークトーンコーデなどのちょっとした差し色として使うと、上級者コーデが完成しますよ。

衣類アイテムだけでなく、シューズ界にもピンク旋風が吹いているんです。こちらの『リーボック』クラシックの桜色スニーカー・パステルは、スポーティーコーデやジョガーパンツを使ったカジュアルコーデにぴったりフィットします。

人気ブランド『ドリフター』の定番ヒップサックにもピンクを発見! 斜めがけもできるヒップサックは、必要最低限のアイテムを入れるのにばっちり。カジュアルコーデの差し色やパートナーとのシェアアイテムとしても使えそうです。

日本は新潟の職人さんが全工程を手がける環境で生まれたニットは、原料から厳選されたスペシャル仕様。ハリとツヤがある高級感が感じられる生地は、カジュアルコーデだけでなく、きれいめコーデにも応用が利きますよ。

『アディダスオリジナルス』も他ブランドに負けじとピンクのモデルをリリース! 春先の足元がまだ冬離れできていないと感じたら、ぜひ使ってみたいのが今人気のガゼルです。

きれいめ、カジュアルコーデかを問わず使い勝手の良さそうな無地ストールは、肌寒さ対策だけでなく、コーデのアクセントとしても使えるアイテム。1つあるだけでいつものコーデをふんわりと彩ってくれますよ。

スラックスに利用する生地を利用した、きれいめのストレートパンツ。ストレートシルエットですので、すっきりとした着用感が楽しめますよ。また、撥水加工も施されており、雨が多い時期もはきやすい仕様に仕上がっています。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK