なぜ話題?アノラックのコーデ活用術と推薦ブランド

2017年の春は、アウトドアウェアの定番であるアノラックが注目されています。その理由とタウンユースに落とし込む活用術、そしておすすめのブランドを一挙ご紹介。

なぜ話題?アノラックのコーデ活用術と推薦ブランド

アノラックとは?

アノラックとは、防寒や防風、防雨のために作られたフード付きのジャケットを指しています。登山をはじめ、アウトドアウェアの定番として知られていますが、ここ数年では“街着”としてスタイリングに取り入れている大人も急増。アノラックパーカーとも呼ばれていることは、多くの方がご存じでしょう。

アウトドアを出自とするアノラック。冒頭で解説したとおりですが、私たちがよく知るところではやはりフロントの大きなポケットが特徴ですよね。また、羽織るだけでアウトドアやスポーツを感じさせる見た目の雰囲気も魅力。鮮やかな配色が数多く展開されているのも、さすがはアウトドアウェアといったところではないでしょうか。

ただし、アウトドア仕様のモデルばかりではありません。よりタウンユースになじむよう、素材や配色に工夫がこらされたモノが数多くリリースされています。写真は『フリストフィア』のアノラック。オイル加工やパラフィン加工が施されたコットン素材は、経年変化が楽しめます。また、シックなカラーリングも大人向け。

デザインや色み、素材などバリエーション豊富なアノラックですが、実は2017年春の注目アイテムとして感度の高い大人たちの間ではは話題に。その理由、解説しましょう。

なぜアノラックが注目されているのか

アウトドアウェアとして定番化しているアノラックが、今シーズンの目玉アイテムとして注目されている理由は1つ。それは、ここ数年のトレンドとして知られているスポーツミックスになじむウェアであるということ。

スウェットパンツやジョガーパンツなど、スポーティーなアイテムとの相性はいわずもがな。あえてスラックスと合わせてギャップを楽しむのもありですよね。

手軽にスポーツライクな雰囲気をまとえるアノラックは、今の大人の気分にがっちりとハマる。これこそアノラックが今季注目されている理由なのです。

コーデサンプルに学ぶ。アノラック活用術

ミドルレイヤーとしてスポーツ要素を“ちょい足し”

肌寒さが残る春先は、ロングコートの下にミドルレイヤーとして取り入れるのが正解。ベーシックな普段着の下に、印象的なピンクのアノラックを合わせたこちらのコーデはその好例です。ステンカラーコートやスラックス、革靴などきれいめなアイテムを軸にしつつも、アノラックをのぞかせるだけでスポーティーなテイストを難なく取り入れています。

春のモノトーンコーデを一気に爽快に

ボーダーカットソーをはじめ黒スキニーや白スニーカーなど、春先の定番アイテムでスタイリング。青のアノラックは『ファクトタム』のもので、ミニマルなルックスが同ブランドのらしさを演出しています。爽やかな色みが春らしいお手本コーデですね。

シックなカラーパレットを今らしくシフト

オールブラックの着こなしながらも、アノラックと『ナイキ』のシューズでスポーツ感をアシスト。ゆったりとしたアノラックとスキニーパンツとのメリハリも今季的。

きめいめコーデをおしゃれにカジュアルダウン

白のアノラックもおすすめのカラーリングのひとつ。こちらはアノラックのクリーンな印象を活用し、ライン入りのタキシードパンツをカジュアルに落とし込んだコーディネート。アノラックだけではなく、ニット帽を取り入れて個性をのぞかせている点もお上手!

“らしさ”を引き立ててスポーティーに

『チャンピオン』のアノラックやジャージなど、スポーティーなアイテムを中心としたスタイリングながらも、どこか洗練された印象が◎。モノトーンの色みを軸に、ジャストサイズのモノを組み合わせることでやぼったさを払拭しています。差し色として取り入れたチェックシャツも効果的。

コスパ重視&ワンシーズンお試しで買うならやっぱり『モンベル』

「旬のアイテムはなるべくコスパ良く取り入れたい」。そう考えている方は多いでしょう。かくいう私もそのひとり。そこで探したところ、やはり『モンベル』は最強でした。街着として重宝するシンプルな見た目や、アノラックらしいディテールなど、“今欲しい”要素がたっぷり。それでもお値段はなんと7,344円(税込)! ジャ○ネットを思わせる紹介になってしまいましたが、衝撃を受けたのは私だけではないでしょう。いやー、さすが『モンベル』です。

『モンベル』だけじゃない。大人向けのアノラック5選

『モンベル』最強。そんなことを力説しながらも、やはりほかのブランドも気になりますよね? アウトドアブランドはもちろん、今のムードにマッチした5ブランドをご紹介。サッと羽織るだけでトレンド感のあるおしゃれが楽しめます。

『ザ・ノース・フェイス』

大人の愛用素材“ゴアテックス”を採用したアノラックは、春先のマストバイ。急な雨だろうと、予定どおりの雨だろうとコレ1枚あればへっちゃらです。スナップボタンとブランドロゴのみというミニマルなデザインもイイですね。

『バッハ』

リュックでおなじみの『バッハ』が今シーズンは実にさまざまなアイテムを展開しています。なかでも注目したいのがこちらのアノラック。ブランドのアイコンをボディーの中心に配し、むだなデザインをはぶいたストイックな姿勢がたまりません。シワになりにくい素材や、パッカブル仕様という今季的なディテールも要チェックです。

『ナイキSB』

ベージュとライトブルーという春らしいカラーパレットが好印象なこちらは、大人の御用達ブランド『ナイキSB』の1枚。これもイイですねー。そりゃ選んだのは私なので好みであることは間違いないのですが、見た目が好き。また、おおきなポケットの内部がさらに細分化されているため、スマホや財布などをおのずと仕分けられるのも魅力。

『ヒューストン』

ミリタリーの老舗ブランド『ヒューストン』が放つ1枚は、どこかに“らしさ”を感じさせる仕上がり。シンプルながらもほかのブランドとは異なるデザインや、アースカラーの発色などが大人らしく、どんなテイストにもハマりそう。

『ディッキーズ』

最後に紹介するのは、耐久性に定評があるコーデュラナイロンを素材の一部として採用した『ディッキーズ』のアノラック。スウェットパンツと合わせて今季的にスタイリングするのはもちろん、同ブランドのワークパンツと合わせるのもアリですね。

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る