アノラックに注目。旬デザインのパーカーを着こなしに取り入れよう

アノラックに注目。旬デザインのパーカーを着こなしに取り入れよう

アウトドアウェアの定番であるアノラックが注目されています。その理由を解説しつつ、押さえておきたいアイテムやタウンユースに落とし込む方法をご紹介。

深澤 正太郎

2019.09.06

アウター
ジャケット
アウトドアファッション

じわじわと人気上昇中のアノラック。その特徴は?

アノラックとは、防寒や防風、防雨のために作られたフード付きのジャケットを指しています。登山をはじめ、アウトドアウェアの定番として知られていますが、ここ数年では“街着”としてスタイリングに取り入れている大人も急増。“アノラックパーカー”と名前のついたアイテムを、多くの方が目にしていることでしょう。

アノラックの1番の特徴は、アウトドアの雰囲気を漂わせるフロントの大きなポケット。その出自もあって、鮮やかな配色が数多く展開されている点も見逃せません。

なぜアノラックが注目されているの?

アノラックが今シーズンの注目アイテムとして位置づけられている理由。それは、ここ数年で定番化したスポーツMIXスタイルに好相性なウェアであるということ。スウェットパンツやジョガーパンツなど、スポーティなアイテムとの相性は言わずもがな。あえてスラックスと合わせてギャップを楽しむのもアリ。手軽にスポーツライクな雰囲気をまとえるアノラックだからこそ、支持されているというわけです。

私的に推したいのは『モンベル』のアノラック

「旬のアイテムはなるべくコスパ良く取り入れたい」。そう考えている方は多いでしょう。かくいう私もそのひとり。そこで探したところ、やはり『モンベル』は最強でした。街着として重宝するシンプルな見た目や、アノラックらしいディテールなど、“今欲しい”要素がたっぷり。それでもお値段はなんと7,344円(税込)! ジャ○ネットを思わせる紹介になってしまいましたが、衝撃を受けたのは私だけではないでしょう。いやー、さすが『モンベル』です。 ※2019年9月6日時点では、品切れ

アウトドアブランド以外からもセレクト。大人向けのアノラック8選

『モンベル』っていいよね。そんなことを力説しながらも、やはりほかのブランドも気になります。アウトドアブランドはもちろん、今のムードにマッチしたアイテムをご紹介。サッと羽織るだけでトレンド感のあるおしゃれが楽しめます。

アイテム1『ザ・ノース・フェイス』コンパクトアノラック

コンパクトに折りたためる点が特徴ですが、機能性もさすがの『ザ・ノース・フェイス』。軽量かつ撥水性にも優れているため、ライトアウターとして重宝します。シンプルなデザインゆえに、コーディネートに悩まなくてOKであることもうれしいポイント。

アイテム2『シエラデザインズ』アウトドア ジャケット

アメリカ製オリジナルの60/40(ロクヨン)クロスを採用した、ハリのある生地感のアノラック。マウンパでお馴染みですが、アノラックのデザインで鮮度アップを狙ってみてはいかがでしょう?

アイテム3『ジェリー』×『フリークスストア』別注アノラック

マットな質感のナイロン生地は、スポーティに偏りすぎない印象が利点。1946年生まれの老舗アウトドアブランドである『ジェリー』と人気セレクトショップの『フリークスストア』によるタッグならではの、懐かしくも新しいデザイン性もポイントです。

アイテム4『アルクフェニックス』zak anorak/EPIC

アウトドア好きに支持される『アルクフェニックス』の1着は、同ブランドらしい高機能×洗練されたデザイン性が特徴。撥水力に長けた素材は、雨の日に重宝します。

アイテム5『ビームスプラス』ユーロ アノラック 2.5レイヤー

淡いカラーリングとレトロなデザインが特徴的なこちらは、1950年代のアウトドアブランドのアノラックを再現したモノ。当時の型をベースに、サイジングや機能性を現代向けにアップデートしています。サイドジップや裏地のペイズリー柄などこだわり抜かれたディテールも見逃せません。

アイテム6『バッハ ガーメンツ』トレーサーアノラック

バッグでお馴染みの『バッハ』ですが、同ブランドのアパレルラインとして誕生したのが『バッハ ガーメンツ』。ブランドのアイコンをボディの中心に配し、無駄を省いたデザインがたまりません。ソロテックス(R)を採用しているためシワになりにくく、軽量かつストレッチ性も十分!

アイテム7『ナイキ』アノラック ウーブン HD ジャケット

配色の妙によりスポーティな印象を上乗せした『ナイキ』のアノラックはここならではのプレーンなデザインが好印象。撥水性も持たせているため、日常着としての活躍は必至です。

アイテム8『デサント』アノラックジャケット

天然素材のようなマットな質感と落ち着いたカラーリングにより汎用性は申し分なし。ジップやドローコードを同色に統一することで、よりミニマルな印象に仕上がっています。写真のイエローのほか、オリーブとネイビーもスタンバイ。

アノラックをおしゃれに着こなす5つの提案

旬アイテムですから、よりおしゃれに着こなしたいものです。というわけで、アノラックを取り入れたサンプルコーデをご紹介!

提案1ミドルレイヤーとしてスポーツ要素を“ちょい足し”

肌寒い日には、ロングコートの下にミドルレイヤーとして取り入れるのが正解。ベーシックな普段着の下に、印象的なピンクのアノラックを合わせたこちらのコーデはその好例です。ステンカラーコートやスラックス、革靴などきれいめなアイテムを軸にしつつも、アノラックをのぞかせるだけでスポーティなテイストを難なく取り入れられます。

提案2モノトーンコーデを一気に爽快に

白Tシャツに黒パンツといった極めてシンプルなスタイルに、ライトブルーのアノラックをオン。爽やかなカラーリングと極薄の生地感が相まって、軽快な印象を演出しています。脱モノトーンコーデを容易に叶えた好例ですね。

提案3スポーツMIXスタイルをシックにまとめる

オールブラックでまとめた着こなしながら、アノラックと『ナイキ』のシューズがスポーツ感をアシスト。ゆったりとしたトップスとスキニーパンツとのメリハリが生むシルエットも、その雰囲気作りに一役買っています。

提案4きめいめコーデをおしゃれにカジュアルダウン

白のアノラックもクリーンでおすすめ。そのイメージを活かしてライン入りのタキシードパンツをカジュアルに落とし込んだコーディネート。ニット帽と革靴は黒で靴下は白と、巧みな色使いは参考にしたいところ。

提案5“らしさ”を引き立ててスポーティに

『チャンピオン』のアノラックやジャージといったスポーティなアイテムを中心としたスタイリング。モノトーンの色みを軸に、ジャストサイズのモノを組み合わせることで洗練された印象に。差し色として取り入れたチェックシャツも効果的。

-------------------
※掲載価格は記事掲載時のものとなります。
-------------------

手軽にスポーツMIX。ハーフジップのトップスが着こなしを旬に導く

手軽にスポーツMIX。ハーフジップのトップスが着こなしを旬に導く

未だ冷めやらぬ90’sリバイバル。とりわけ注目銘柄なのが、当時を彷彿とさせるハーフジップ仕様のトップスです。選び方からコーデ術、最新作まで詳細にナビゲート!

山崎 サトシ

ナイロンジャケットが旬度抜群。見た目も機能もGOODなアイテム12選

ナイロンジャケットが旬度抜群。見た目も機能もGOODなアイテム12選

優れた機能とデザイン性を兼備し、肌寒い時期にも気軽に羽織れるナイロンジャケット。今狙いたい3タイプに絞って、おすすめアイテムを紹介します。

近間 恭子

美容専門誌「HAIR MODE」にて編集者のキャリアをスタート。髪に関することが大好物で、ヘアカタからビジュアル誌、書籍作りに奔走。前職の経験を生かし、TASCLAPではビューティ・ヘルス全般に熱を注ぐ。人の髪型を見てカットの工程が分かるほど髪フェチで、ヘアスタイリング剤には見境なく投資してしまうのが悩み。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    春アウターどれにする? 即戦力ライトアウター10ジャンル

    春アウターどれにする? 即戦力ライトアウター10ジャンル

    春の着こなしのメインはライトアウター。主役となるアイテムはいち早く確保するのが賢明です。この春らしいアウターの手掛かりとおすすめ品を解説するので、ぜひ参考に。

    平 格彦

    マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

    マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

    アウトドアアイテムの人気は衰え知らず。特に街から外遊びまで自在に着回せるマウンテンパーカーは、1着押さえておくべき筆頭です。おすすめブランドを厳選しました。

    山崎 サトシ

    ヘリーハンセンのアウター。マウンテンパーカー、ダウンを中心に人気作をお届け

    ヘリーハンセンのアウター。マウンテンパーカー、ダウンを中心に人気作をお届け

    セーリングを出自とするノルウェー発の『ヘリーハンセン』。今やそのフィールドを海辺からバックカントリーまで広げている同ブランドの魅力とおすすめアウターをご紹介。

    那珂川廣太

    ジョガーパンツコーデのいろは。上手に着こなすための3つの方法

    ジョガーパンツコーデのいろは。上手に着こなすための3つの方法

    メンズボトムスの定番としてすっかり市民権を得たジョガーパンツ。基本の選び方から着こなしのポイント、おすすめの1本まで幅広くご紹介します。

    TASCLAP編集部

    バンソンのライダース。“最香”の男らしさと至高の防寒性をジャッジ

    バンソンのライダース。“最香”の男らしさと至高の防寒性をジャッジ

    ハード&タイトな着心地と革とガソリンの匂いに包まれた『バンソン』は、アメリカンライダースジャケットの雄。その魅力を掘り下げながら、おすすめのアイテムを紹介します

    那珂川廣太

    アイテムリスト

    BACK