コスパ高すぎ。春色バンズでいつものコーデを今らしく

スニーカーの春モデルがリリースラッシュ。なかでもおすすめしたいのが『バンズ』のニューカラーです。その理由とイチ推しモデルをドドーンと紹介します。

ブランド:
キーワード:

コスパ高すぎ。春色バンズでいつものコーデを今らしく

もはや中毒。今さらコーデの好みは変わらない?

アメカジやミリタリー、ストリートなど大人になっても好きなテイストってありますよね。それ、ひょっとすると中学や高校時代から変わってないのでは? 私もそのひとり。ラフでちょっとストリートな香りのアイテムが好みです。

でも、たまに迷うんですよ。何がって、トレンドです。トレンド。軸はブラさずにゴーイングマイウェイなファッションを楽しみたいけど、流行りモノだって気になっちゃう。そんな葛藤を抱えたこと、ありませんか?

手っ取り早くトレンドを加味するなら、足元から

「いつもの自分に旬をちょっとブレンドする」というファッションの命題は、簡単なようで難しいもの。

どうしたものか……。

そんな思春期に抱えそうな悩みを今も引きずっている私ですが、やはり足元からトレンドを取り入れるのが得策かと。で、2017年の春に“MYコーデ”に組み込むならば春らしい色みのスニーカーがお手軽という結論に至りました。スニーカーは数あるアイテムのなかでも日常のダメージを受けやすい消耗品ですし、何より“男”と書いて“スニーカー好き”と読みますもんね(強引)。

なぜ『バンズ』=コスパが高いのか

ここからが本題でして、私がおすすめしたいのが『バンズ』です。『コンバース』も『アディダス』も『ナイキ』も『ニューバランス』も好きですが、『バンズ』がイチ推し。その理由はまず価格帯。『バンズ』の名作モデルはいずれも1万円前後、なかには5,000円以内で購入可能なものだってザックザク。ベーシックなデザインばかりなので、どんなテイストのコーデにもなじみます。また、いつでも同じものが売っているという安心感も心強いですよね。写真のスリッポンをはじめ、「自分も『バンズ』が好き」という方も多いのではないでしょうか?

目移りしちゃう。春色の『バンズ』こそコスパ最強の旬スニーカー

どんなテイストにもなじむ、春らしい『バンズ』のスニーカーとは何か? その回答を、『バンズ』の名作モデルのなかで厳選しました。今シーズン注目のパステルカラーや、春らしい鮮やかな色みは今すぐにでもポチって全部欲しい……。心の声がダダ漏れで恐縮ですが、さっそくラインアップを見ていきましょう。

モデル1

オーセンティック

1シーズンに1足履きつぶす。そんな勢いで私が愛用しているのがオーセンティックです。とくに今シーズンのニューカラーは素敵すぎ。ライムとシャーベットというお腹も反応しそうなカラーネームの2色は究極の2択ともいえそうなほどの誘惑力を秘めています。ほかにもレトロなイエローシンプルなホワイト も春らしくておすすめです。

モデル2

スリッポン

スリッポンも日々お世話になっているスニーカーのひとつ。その楽チンさはいわずもがな。今季はこちらの鮮やかなブルーが心に刺さりました。ジーンズはもちろんカーゴパンツもスラックスも、どんなボトムスでも春らしさをアシストしてくれそう。ちなみに、オーセンティックでも紹介したライムとシャーベットのカラバリ も必見です。

モデル3

オールドスクール

『バンズ』のなかでも支持率が高いオールドスクールも春色にアレンジ。明度が高いグレーという、春らしくもシックなカラーリングは大人の足元を上品かつさわやかに彩ります。黒やネイビーなどのダークトーンが定番ですが、今シーズンはあえてオールホワイト を選ぶのもアリですね。

参考記事:バンズ祝50周年。愛され続けるオールドスクールの魅力

モデル4

ハーフキャブ

スケーターに支持されるハーフキャブですが、カジュアルを好む男性の着こなしにも難なくマッチします。ぽってりとしたフォルムと鮮やかなイエローという唯一無二の個性は、春コーデのアクセントとして効果的。落ち着いたベージュ品を感じさせるレッド も、ぜひチェックリストに加えましょう。

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る