オン・オフはける。イージースラックスが春の新定番

キメ過ぎはNG。そんな気分が旬の今、イージースラックスが注目されています。おしゃれな1本を選ぶためのコツとおすすめのアイテムをご紹介。

オン・オフはける。イージースラックスが春の新定番

大人はサラッとラクにおしゃれできるパンツが一番です

大人の休日スタイルにリラックス感をプラスしてくれるイージースラックスは、幅広いコーディネートで頼りになる実力派アイテム。履き心地とともにセンスの良さを備えたパンツ選びにはポイントがあります。

サラッと着てセンス良く見えるイージーパンツ、その条件は?

気軽にはけるイージーパンツも、ただリラックスして見えるだけではダメ。大人のコーデにふさわしいパンツ選びにはコツがあります。

その1

基本はちょい短めの裾丈をキープするべし

ゆったりめに作られたイージーパンツは、裾丈を間違えるとだらしなくルーズな印象になってしまいがち。足首に向かってテーパードが効いたタイプで、ジャスト〜短め丈を選ぶときれいめに着こなせます。

その2

ワイドタイプの場合、長め丈でシルエットを活かすのもアリ

裾幅がワイドなイージースラックスは、素材の落ち感やハリを活かして、少し長めの丈ではくとシルエットが際立ちます。その際、ハリのある生地感や落ち着きのあるカラーを選んで、きちんと感をキープすることも重要です。

その3

きれいめなカラー選びで清潔感ときちんと感を

イージースラックスの着こなしで難しいのは、一歩間違えるとルーズに見えてしまうこと。グレーやネイビー、ベージュなどベーシックなきれいめカラーを選ぶことで、清潔感ときちんと感を演出しましょう。

おしゃれな大人のマストバイ。春に着たいイージースラックス10選

大人がチョイスすべきイージースラックスには、はき心地だけでなく上質さも不可欠。着こなしに今っぽさをプラスするおすすめアイテムを紹介します。

アイテム1

『グリーンレーベルリラクシング』

きれいなラインが出るようシルエットにこだわった『グリーンレーベルリラクシング』のイージースラックスは、ウェストのドローコード、ゴム使い、タックの入ったはき心地抜群の1本。

アイテム2

『ランバンオンブルー』

ジャージ素材のはき心地を生かしたスマートなシルエットの9分丈イージースラックス。きれいなラインを生かしてジャケットなどと合わせたり着こなしの幅が広がります。

アイテム3

『メンズビギ』

こちらのイージーパンツは、ストライプ模様のサッカー素材なので、はき心地とともに大人カジュアルにふさわしい上質感を演出できるのがポイントです。ゴム+紐で楽に調整できるウェスト部分もうれしいところ。

アイテム4

『エディフィス』×『グラミチ』

『エディフィス』が『グラミチ』に別注したイージーパンツは、カジュアル素材でありながらクリースを施した大人の休日スタイルにぴったりの1本。オールシーズンさまざまな場面で幅広く活躍します。

アイテム5

『アダムエロペ』

ワイド幅のシルエットが普段の着こなしにメリハリをつけてくれる、リラックス感満載のこちらのパンツ。きれいめな素材なので、長め丈ではいてもルーズに見えません。

アイテム6

『デサント』

高い伸縮性と撥水性のある生地を使用した『デサント』の逸品は、優れた機能性とやわらかく軽いはき心地が魅力。左サイドのポケットに収納できるパッカブルタイプというのもうれしいポイント。

アイテム7

『モンキータイム』

ワイド幅でウール混紡素材のタイプを選べば、イージースラックスもぐっとエレガントな雰囲気に。『モンキータイム』のパンツは、カジュアルにも休日のドレスアップにもマッチします。

アイテム8

『ジャーナルスタンダード』

ハリのあるコットン素材の『ジャーナルスタンダード』のイージースラックス。ゆったりした腰回りから足元にかけてテーパードしたシルエットが魅力です。明るいテラコッタ色はそれ1つで着こなしのアクセントに。

アイテム9

『アバハウス』

控えめな光沢感が際立つカーキ色のイージースラックス。すっきりとしたテーパードシルエットできれいめに着られ、カジュアルのほか、ジャケットスタイルにもハマります。

アイテム10

『ビューティー&ユース ユナイテッドアローズ』

『ビューティー&ユース ユナイテッドアローズ』のイージーパンツは畦編みニット地の個性的モデル。程よくテーパードが効いた綺麗なシルエットが着こなしにやさしさをプラスしてくれます。

イージースラックスのおしゃれな着こなしカタログ

大人がイージースラックスを着こなす場合、ただ楽なだけではNG。コーディネートに上品さやきちんと感をプラスして着こなすのがポイントです。

軽い羽織りものが活躍する春〜初夏の休日コーデには、軽快なボトムスが好相性。細身で短め丈のイージーパンツならバランスが取りやすくておすすめです。白スニーカーを合わせて軽快に。

オーバーサイズのステンカラーコートを主役にしたコーデには、9分丈のイージーパンツでボトムスをすっきりと。ネイビーやグレーを中心としたカラーリングは清潔感があり、好感度もアップします。

ベージュ×ネイビーの一見難易度の高そうなカラーリングも、イージーパンツのリラックス感と白スニーカーのハズしを上手く合わせることで、すんなりと自然にフィットします。

楽ちんなはき心地を追求したイージースラックスも、きれいめの1本をチョイスすることでドレスアップアイテムとして活躍します。細身で短め丈のパンツを選択して休日にも大人の余裕を演出。

レザーのライダースジャケットのハードな印象を程よく中和してくれるのが、イージースラックスの醸し出すリラックス感。足元に白スニーカーを合わせることで、軽さもプラスしています。

ゆったりシルエットのイージースラックスにTシャツ、キャップ、スニーカーを合わせたカジュアルコーデも、ネイビー×白のすっきりカラーでまとめれば大人っぽくキマります。

ゆったりとしたトップスにイージースラックスを合わせるならば、短めの丈でバランスよく着こなすのが鉄則。レザースリッポンや肩掛けしたジャケットで濃色をプラスして、全体の印象を引き締めています。

こちらは旬なセットアップでの着こなし。ジャケットに合わせるパンツというと堅苦しいイメージがありますが、今季はイージースラックスとのセットアップが増えているんです。

黒ニットにカーキのイージーパンツを合わせたシンプルなコーデは、サイズ感とハズしのテクニックが肝心。長過ぎないパンツ丈と、白スニーカー+ちょい見せ白インナーが大人のセンスを演出しています。

難易度高めのワイドシルエットのイージースラックスですが、9分丈ならバランスがとりやすくておすすめ。トレンドのオープンカラーシャツと合わせたラフなスタイリングが今季らしさ満点。

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る