クロムハーツ徹底研究。モチーフの意味とおすすめ15選

クロムハーツ徹底研究。モチーフの意味とおすすめ15選

大人になった今だからこそ見直したい『クロムハーツ』の魅力。長く愛される実力派ブランドの魅力の秘訣と旬の人気アイテムを一挙紹介します。

田坂 タケシ

2017.03.30

クロムハーツ(CHROME HEARTS)
ブランドまとめ

『クロムハーツ』とは?

『クロムハーツ』は、1988年に現デザイナーのリチャード・エリック・スターク氏がアメリカで創始したブランド。革製品のパーツとしてデザインしたシルバー製品が着目を浴び、シルバーアクセサリーを中心とした人気ブランドに成長しました。

なぜ『クロムハーツ』は万人に認められたのか

『クロムハーツ』の良さは、アイテムに圧倒的な存在感がありながら、そのアクセサリーを身につけることによって「自分らしさ」を表現できること。時代を超えて多くの人々に長く愛用されています。

知れば知るほど魅力的。『クロムハーツ』の魅力

なぜ『クロムハーツ』のアクセサリーは、時代や流行を超えて多くの人に愛用されるのか? そのアイテムには魅力がぎっしり詰まっています。

魅力1裏付けされた安心の品質保証

レザー製品からスタートした『クロムハーツ』のアイテムは、その上質な皮革や丹念な加工技術はもちろんのこと、王道シルバーアクセサリーのいずれもがSilver925という高い純度の銀製で製作されています。

魅力2高い彫金技術が施された繊細なデザイン

海外セレブから火がついた『クロムハーツ』のアクセサリーモチーフには、どれも丹念で繊細な彫金加工が施されています。長く愛されるブランドにはその技術の裏付けがあります。

魅力3着用する人の個性を引き立てる遊び心

アクセサリー1つ身につけるだけで、普段の装いをぐっと格上げしてくれるのが真のブランド品の実力。『クロムハーツ』には王道アクセのほか、遊び心満載のアイテムも数多く揃います。

『クロムハーツ』を象徴する代表モチーフの意味

『クロムハーツ』には多くの装飾モチーフがあります。それぞれのモチーフの意味を知ることで、身につけるアクセサリーに一層深い愛着が湧きますね。

モチーフ1:クロス

『クロムハーツ』ブランドのシンボルにもなっている定番で1番人気のモチーフがクロス。クロスモチーフには、「災いから身を守ってくれる」という意味合いがあります。

モチーフ2:フローラル

名前のとおり花のモチーフを素材にしたフローラルは、美術や工芸のモチーフとして古くから使われてきました。生命力を象徴すると同時に、華やかさや繊細さをアクセサリーにプラスしてくれます。

モチーフ3:ダガー

中世の短剣をイメージしたダガーモチーフには、「お守り」としての意味合いがあります。そのためプレゼントとしても人気の高いシリーズで、ネックレスやリングなどさまざまなアイテムに汎用されています。

モチーフ4:フレア

フランス王家の百合の紋章をアイデアベースにしたフレアは、権力や主権といったイメージを象徴するモチーフです。また、百合には純粋・純潔といった花言葉もあります。

モチーフ5:ハート

心臓の形を模したハートモチーフは、愛や生命の象徴といった意味があります。『クロムハーツ』の技術を生かし、ころんと丸みを帯びたキュートなモチーフには、女性ファンも多くいます。

厳選。OVER30におすすめしたい『クロムハーツ』の名作たち

多くの人気アイテムが揃う『クロムハーツ』の名品の中から、今大人の男性におすすめしたい旬のアイテムをカテゴリごとに一挙ご紹介します。

ジャンル1リング編

リングの全周囲に『クロムハーツ』ブランドの代名詞ともいえるクロスモチーフを彫り込んだデザイン。細身でありながら隙間なく装飾が施されているので、シンプルな装いのアクセントにもなります。

厚みをもたせたシンプルなベースデザインの表面と側面に『クロムハーツ』のロゴなどの文字を彫り込んだスペーサーリングのシリーズ。細め幅リングなので、着こなしを選ばないのも魅力です。

古くからファンが多く、ヴィンテージとしてもとても価値の高い人気モデルのフローラルクロスリング。太めのリングに立体感のある装飾が施されたアイテムは、これ1つで存在感十分です。

『クロムハーツ』の中でも最も細いシンプルなリングに、ピアスサイズのクロスモチーフを配した華奢なデザインのモデル。重ね付けアイテムとしても活躍します。

財布などレザーグッズにおいても人気の高いクロススタッズを立体的に配したこちらのリング。ボリューム感があるので、着こなしを引き締めるアクセントとしても活躍します。

ジャンル2ペンダント編

レザーを編み込んだコードに人気のフレアモチーフを配したネックレス。中世ゴシックにインスパイアされた重厚感あるモチーフを、丁寧な細工で普段使いも可能なアクセサリーに落とし込んであります。

使い勝手の良いドッグタグ型のチャームに『クロムハーツ』ならではのクロスを連なるように彫金したモデル。小振りに仕上げてあるので、シンプルな装いに自然にプラスするアクセサリーとしても活躍します。

ハードなデザインのアイテムには気後れしてしまうという『クロムハーツ』入門者におすすめしたいリングモチーフのネックレス。装飾を省いたシンプルなデザインに、ブランドロゴを刻印した人気アイテムです。

『クロムハーツ』中級者におすすめしたいのは、ゴールドの魅力が光るクロスチャーム。華奢なサイズと22Kの赤みを帯びた落ち着いた輝きが、大人のチョイスするゴールドアクセサリーとしての品格を保っています。

『クロムハーツ』の隠れた人気モチーフであるホイッスル型のチャーム。『クロムハーツ』が手がけると、遊び心満載のアイデアも迫力満点のアクセサリーに。

ジャンル3ブレスレット編

ピアス程のサイズの小さなクロスモチーフをつないだクロスブレスレット。クロス部分は両面とも彫りが施されているので、華奢でありながらわずかな動きでも繊細な陰影が生まれる美しいアイテムです。

丹念になめされたレザーバンドに、ハードなスターモチーフのシルバースタッズを配したブレスレット。サイズ調整可能なスナップ部分のスタッズにも装飾が施されている精巧なつくりが魅力です。

『クロムハーツ』が2011年以降展開するビーズブレスレット。クロスモチーフが彫り込まれたシルバービーズに、ターコイズとブラックトルマリンのビーズを組み合わせたモデルは、ジーンズとの相性も抜群です。

華奢なデザインで重ね付けや女性向けとしても人気の高い、シルクコードを使ったチャーム付きのブレスレット。カジュアルに気負いなく着用できるアクセサリーとして、『クロムハーツ』の中でも人気のアイテムです。

シルバーのリングチェーンにクロスモチーフを配したブレスレット。デザイン自体はシンプルなアイデアのモノでありながら、ひと目で『クロムハーツ』とわかる存在感はさすがのひと言です。

ライター、東京都文京区在住。ギャラリー、シンクタンク勤務を経てフリー。守備範囲はファッション、カルチャーから政治経済まで。好物は靴、ビール、和食、陶芸、漱石。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    生涯をともにできるアイテムは意外と少ないもの。そのなかでも腕時計は、最も身近な存在ではないでしょうか。一生モノにふさわしい逸品の選び方と傑作をご紹介しましょう。

    夏目 文寛

    大人のシルバーリング講座。つける指の意味とおすすめ

    大人のシルバーリング講座。つける指の意味とおすすめ

    普段なにげなくつけているシルバーリング。実はつける指には、各々意味があるって知ってました? ここではその意味とともに、おすすめブランドのシルバーリングをご紹介!

    近間 恭子

    ヘビーウェイトのTシャツを探すなら。おすすめブランド9選

    ヘビーウェイトのTシャツを探すなら。おすすめブランド9選

    春夏はTシャツが主役となる時期。頻繁に袖を通し、何度も洗うことを思えばやはり屈強なヘビーウェイトの1枚が欲しいところ。となればまず押さえておきたいブランドがある。

    菊地 亮

    白Tシャツを大人っぽく着こなす。おすすめ10ブランドと季節別コーデ

    白Tシャツを大人っぽく着こなす。おすすめ10ブランドと季節別コーデ

    白Tシャツはワードローブに欠かせない定番アイテム。通年使える白Tシャツの選び方からおすすめブランドの1枚、そして季節の着こなしまで余すことなくお届けします。

    TASCLAP編集部

    ショートパンツのおすすめをピックアップ。大人が狙うべき15ブランド

    ショートパンツのおすすめをピックアップ。大人が狙うべき15ブランド

    夏のワードローブに欠かせないショートパンツ。子供っぽくならず、おしゃれに着こなすための選び方や編集部おすすめの人気ブランドを厳選しました。

    TASCLAP編集部

    BACK