売り切れ必至。今春の別注アイテムがとにかくすごい!

今季も有力ブランドから要注目なコラボアイテムが放たれています。その中から、大人の装いにハマるアイテムを厳選チョイス。どれも売り切れ御免なので早めにチェックを!

売り切れ必至。今春の別注アイテムがとにかくすごい!

春夏に向けてぞくぞくとコラボ&別注アイテムが登場!

トップスからボトムス、さらにはシューズ&小物まで、この春夏はコラボアイテムが大豊作。目移りしてしまいそうなほどの豪華ラインアップですが、今回は“絶対に使える”15点に絞ってコラボアイテムをレコメンド。いずれも早い段階でのソールドアウトが見込まれますので、気になったら即ゲットがお約束です!

『レミ レリーフ』×『アンカットバウンド』ミリタリーシャツ

リアルなアメリカンベーシックを追求する『レミ レリーフ』に、セレクトショップの『アンカットバウンド』が別注。ヴィンテージ加工のバックサテン生地を使ったミリタリーシャツゆえに、最初から長年愛用したような風合いです。襟元には『レミ レリーフ』お得意のフラワースタッズ、裾にはこのコラボだけのオリジナルプリントを配しました。

『アルファ インダストリーズ』×『アーバンリサーチ iD』MA-1

2014年の秋冬シーズンから続く、定番人気のコラボレーション。春夏最新作となるこのモデルは、表面はベーシックなナイロンMA-1、裏面はサテン地のスーベニアジャケットというメリハリのきいたリバーシブル仕様。今季の2大トレンドアイテムが1着で楽しめる、マストハブなグッドアイテムです。

『ラコステ』×『シップス』ポロシャツ

1970年頃『ラコステ』が北米に輸出していた、メイド・イン・フランスのアーカイブポロシャツを『シップス』の別注でリバイバル。タイト過ぎないややルーズなフィット感、長めのうしろ裾、仕上げのウォッシュ加工と、リラックス感満載のディテールで魅了します。ホワイトのほかグレー、ネイビー、ブルー、キャメルも展開。

『セヴシグ』×『エルエイチピー』Tシャツ

『セヴシグ』で好評の刺しゅうシャツ。そのデザインをカットソーに落とし込んだ今作は、個性的なセレクトで支持を集めるショップ『L.H.P』の別注モデルです。クラシカルな雰囲気の刺しゅうをヴィンテージ加工のボディーにオンしており、こなれ感たっぷり! ジーンズにさらっと合わせるだけでもさまになります。

『ラッドミュージシャン』×『ルイス』Tシャツ

『ルイス』のために『ラッドミュージシャン』が特別に製作。アーカイブのプリントを復刻し、さらにビッグTのシルエットに合わせてデザインに細かな修正を掛けました。プリントは某有名ブランドのパロディで、遊び心たっぷり! 滑らかなタッチのボディーは「パーマロッカー」と呼ばれる『ラッドミュージシャン』の定番素材です。

『リー』×『ナノ・ユニバース』ナイロンパンツ

毎年行われている鉄板のコラボ。このニューモデルは伸縮性に特化したナイロンピケを素材に起用しています。肌に密着しないので、汗ばむシーズンでもストレスを感じることなく着用できるんです。アンクルカットなので見た目も軽快。同素材のジャケットも展開されているので、セットアップ着用もおすすめです。

『wjk』×『カンビオ』デニム

ソフトタッチで着心地の良いニットデニムを素材に駆使した1本。『wjk』らしいきれいなシルエットはそのままに、ダメージ、リペアなどの加工を『カンビオ』がオリジナル仕様に別注しました。なお、加工は岡山県井原市にある有力ファクトリーにて行っています。エクセラジップを使うなどディテールにもこだわりアリ。

『グラミチ』×『シングファブリックス』×『ビューティー&ユース』ショーツ

『グラミチ』のクライミングパンツをデザインベースとして、素材には『シングファブリックス』のオリジナルパイル生地を選択。セレクトショップの『ビューティー&ユース』限定で展開される、スペシャルなトリプルコラボアイテムです。ほどよくスリムなシルエットなので、品良いスタイリングとも難なくマッチ。

『Gショック』×『ミハラヤスヒロ』腕時計

カーキカラーをまとった珍しい『Gショック』は、『ミハラヤスヒロ』との共作。カーキは今季トレンドカラーの1つだけに、取り入れれば即座に着こなしが高感度な印象に! デザインの基盤となっているのはスピードモデルの愛称で親しまれる「DW-5600」。ショックレジストや20気圧防水といった高い機能性も健在です。

『オリバーピープルズ』×『ユナイテッドアローズ』サングラス

『オリバーピープルズ』といえば、アメリカンヴィンテージを意識したアイウェアでおなじみ。今作は同ブランドのサングラス「マッキンリー」を『ユナイテッドアローズ』がアレンジしたもの。インラインでは存在しないカラーリングで彩り、個性を演出しました。なお、室内などではレンズを跳ね上げておくことができます。

『チャンピオン』×『モンキータイム』キャップ

『モンキータイム』が手掛けた『チャンピオン』別注ベースボールキャップは、さりげなくロゴがあしらわれた大人な雰囲気の1点。主張しすぎないのでさらっとコーデになじみ、子供っぽく見える心配もありません。コットンツイル地でオールシーズン使えるところもうれしい。

『ポーター』×『B印 ヨシダ』×『バンブーシュート』

ボードセイリング用の帆に使用される生地で仕立てた、トリプルコラボのバックパック。薄さ、軽さ、強度を兼ね備えることに加えて、高レベルな撥水性も併せ持つ使い勝手に秀でた逸品です。また、ジップには水の侵入をシャットアウトする止水ジップを合わせました。ラップトップスリーブ付きなのも忙しい現代人にはうれしいかぎりです。

『カミナンド』×『アダム エ ロペ』レザースリッポン

毎回売れ筋となっている『カミナンド』と『アダム エ ロペ』のジョイントワーク。今回製作したのは春夏らしい軽やかなイメージのレザースリッポン。ただし、適度に厚みのあるカウレザーを使って男らしさも注入しました。アウトソールは『カミナンド』のオリジナルで、弾力性・強度・クッション性のすべてに富みます。

『ウノ ピゥ ウノ ウグァーレ トレ』×『ペンドルトン』スリッポン

『AKM』のデザイナー、小澤智弘氏が手がける『ウノ ピゥ ウノ ウグァーレ トレ』より、米国の老舗ブランド『ペンドルトン』の完全別注ファブリックを使用したスリッポン。本来は土っぽく見えがちなネイティブパターンですが、こちらはシックなモノトーンカラーなので洗練されたイメージ。スラックスと合わせても面白そうです。

『カルザノール』×『メンズビギ』×『リバティ』エスパドリーユ

スペインのシューズブランド『カルザノール』に『メンズビギ』が別注したエスパドリーユは、ヒールに『リバティ』社のファブリックを配したトリプルネームアイテム。小花柄がほんのりと上品なムードを描き出します。通気性に特化したジュートソールにつき、素足で履いても快適! かかとを踏んでゆるく履くのも◎です。

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る