職人気質が宿る。バズリクソンズのミリタリーウェア

職人気質が宿る。バズリクソンズのミリタリーウェア

リアルヴィンテージさながらの本格ミリタリーウェアで人気の『バズリクソンズ』。ミリタリートレンドがシーンを席巻する今、最優先で押さえておくべきブランドです。

山崎 サトシ

山崎 サトシ

SHARE
記事をお気に入り
2018.09.20

嗅覚の鋭い大人は知っている。『バズリクソンズ』とは

嗅覚の鋭い大人は知っている。『バズリクソンズ』とは

RODEO BROS / ロデオブロス

RODEO BROS / ロデオブロス

お気に入り追加

日本が誇る老舗衣料メーカーの東洋エンタープライズ社が手がけるブランドで、始動したのは1993年のこと。その名は映画『戦う翼』の劇中でスティーブ・マックィーン氏が演じる役名に由来しています。ブランドが得意としているのは、かつてのミリタリーウェアを復刻したレプリカ。特にフライトジャケットとフィールドジャケットは『バズリクソンズ』の顔ともいえるアイテムです。『ビームス』や『ジャーナルスタンダード』を始め数多くの人気セレクトショップで取り扱われるなど、その品質の高さは折り紙付き!

こだわりが凝縮。『バズリクソンズ』の魅力とは

魅力1:こだわり抜いたハイクオリティなつくり

魅力1:こだわり抜いたハイクオリティなつくり

ヒノヤ

ヒノヤ

お気に入り追加

“真のレプリカ”を追求するブランドだけあり、素材からディテールに至るまで、徹底的に注力。どれもリアルヴィンテージと見紛うようなハイレベルなものばかりです。とりわけ素材へのこだわりは強く、今では使われていない旧式の紡織機を探し出し、修理して使うこともあるほど。また、古い時代のミリタリー生地の研究・解析にも余念がありません。

魅力2:主役アイテムとして適役な存在感あるデザイン

魅力2:主役アイテムとして適役な存在感あるデザイン

RODEO BROS / ロデオブロス

RODEO BROS / ロデオブロス

お気に入り追加

ヴィンテージさながらな『バズリクソンズ』の本格ミリタリーアイテムは、軍モノ由来の機能美&素材感を生かしたいずれもオトコらしさ満点なルックス。つまり、シンプルに陥りがちな大人コーデの主役としてうってつけということです。トレンドとしての側面も大きいミリタリーものですから、あか抜け感の大幅アップも狙えます。

程良く現代的にモディファイされたシルエット

程良く現代的にモディファイされたシルエット

ジーパンセンターサカイ

ジーパンセンターサカイ

お気に入り追加

古き良きヴィンテージのミリタリーウェアをイメージソースとしている『バズリクソンズ』のプロダクト。その一方、シルエットは当時の空気感をきちんと残しつつ程良く現代的にブラッシュアップされています。だからこそ、今どきのコーディネートとも違和感なくマッチ。あえて当時とほぼ同様のシルエットで展開される通好みなモデルもありますので、このあたりは好みに応じて選んで良いでしょう。

定番ばかり。『バズリクソンズ』のミリタリーウェア

ミリタリーアイテム好きにはたまらない、『バズリクソンズ』のコレクションの一部をここでお披露目。安定感抜群な定番モデルから今っぽい雰囲気を纏ったコラボ作品まで、広くお届けして行きます。どれもタフに着られるので、長く愛用していくにはおあつらえ向き!

アイテム1

『バズリクソンズ』MA-1 ウルトラバイオレット

『バズリクソンズ』MA-1 ウルトラバイオレット

アースマーケット

アースマーケット

お気に入り追加

米軍のサプライヤーであるライオンユニフォーム社が1957年に製作したMA-1を忠実にリバイバル。素材のヘビーナイロンツイルは1950年代のものと同じく直接染料によって染色しているため、使い込むほどに色落ちしセージグリーンが徐々に淡く変化していきます。

アイテム2

『バズリクソンズ』N-3B スカイライン ミリタリー

『バズリクソンズ』N-3B スカイライン ミリタリー

ARKnets

ARKnets

お気に入り追加

かつてスカイラインクロージング社によって生産されたN-3Bの復刻版となる今作。肉厚なナイロンツイルにコヨーテファー、隙間風の侵入を防ぐインナーリブなど、細部まで妥協なく再現されています。ボタンまでしっかりとミルスペックのものを使っているのだから驚き!

アイテム3

『バズリクソンズ』N-1 ネイビーデパートメント

『バズリクソンズ』N-1 ネイビーデパートメント

ヒノヤ

ヒノヤ

お気に入り追加

ブランド屈指の売れ筋であるN-1。もともとは米海軍の艦艇乗員用に採用されたアウターで、カーキ色は1945年より支給されていました。素材に用いているのは“ジャングルクロス”とも呼ばれる屈強なコットングログラン。裏地にはアルパカモヘアウールパイルが使われており、保温性も抜群です。

アイテム4

『バズリクソンズ』A-1 ブロンコハイド

『バズリクソンズ』A-1 ブロンコハイド

Junky Special

Junky Special

お気に入り追加

夏季用フライトジャケットとして1931年まで生産されていたA-1は、根強いファンの多いミリタリーアウター。当時はシープスキン製が大半でしたが、今作は肉厚なホースハイドにより製作されています。革製だけあって風格たっぷりな上、耐久性も申し分ないので“一生モノ”として愛用できそう!

アイテム5

『バズリクソンズ』M-51 パーカ シェル

『バズリクソンズ』M-51 パーカ シェル

ヒノヤ

ヒノヤ

お気に入り追加

M-51と言えばモッズコートの別称でもお馴染み。このモデルは1951年に誕生した最初期のM-51が基盤で、ボディには当時と同様に厚手のコットンサテンが使われています。ポケット裏は手を素早く温められるウール製で、袖口には密封性を高めるためのアジャスターベルトを装備。

アイテム6

『バズリクソンズ』フルジップスウェットパーカー

『バズリクソンズ』フルジップスウェットパーカー

こだわりのアメカジ通販ラグタイム

こだわりのアメカジ通販ラグタイム

お気に入り追加

胸元にエアフォースマークがプリントされたミリ味なスウェットパーカー。長めに設定されたリブやフロントのセパレートポケットなど、1940年代~1950年代を彷彿とさせるレトロなディテールを巧妙に取り入れています。二重生地となった型崩れに強いフードもこだわりの1つ。

アイテム7

『バズリクソンズ』長袖Tシャツ 101st AIRBORNE DIVISION

『バズリクソンズ』長袖Tシャツ 101st AIRBORNE DIVISION

CLEVER WEB SHOP

CLEVER WEB SHOP

お気に入り追加

肉感が良いミドルウェイトの丸胴スウェットを使った、MADE IN USAの1着。耐久性に配慮して、首元のリブは高強度なバインダーネック仕様となっています。フロントには第101空挺師団のシンボルである白頭鷲を水性ラバープリントであしらいました。

アイテム8

『バズリクソンズ』P-41 ヘリンボーンUSMCパンツ

『バズリクソンズ』P-41 ヘリンボーンUSMCパンツ

アメカジMr.OLDMAN

アメカジMr.OLDMAN

お気に入り追加

P-41とは1941年にUSMC(アメリカ海兵隊)へ支給されたユーティリティパンツのこと。この1本は軍で着用されていたオリジナルモデルを踏襲し、肉厚でザラ付きの強いコットンヘリンボーンツイルで仕立てています。主要部位の縫製に採用した巻き縫いも、クラシック感を高める一因に。

アイテム9

『バスリクソンズ』×『キャプテンサンシャイン』×『ジャーナル スタンダード』 コラボ MK-3 ジャケット

『バスリクソンズ』×『キャプテンサンシャイン』×『ジャーナル スタンダード』
コラボ MK-3 ジャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

英国空軍のMK-3フライトジャケットをモチーフとしたトリプルコラボ。USミリタリーを基本とする『バズリクソン』がUKモノを手掛けた、非常にレアな逸品です。軍用品では高密度コットンが主に表地として使われていましたが、このモデルでは軽量ナイロンにアップデート。

アイテム10

『バズリクソンズ』×『フェニカ』1941アーミー チノパンツ

『バズリクソンズ』×『フェニカ』1941アーミー チノパンツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

USアーミーパンツの1941年モデルがベースとなった別注作。武骨なワイドシルエットやヴィンテージディテールを生かしながらも、表地には軽やかなタッチのコットンポプリンを使用しているのでどこかリラックスした表情です。きれいめのコーデに落とし込んでも◎。

注目編集者
山崎 サトシ

TASCLAPでの執筆本数NO.1ライター

山崎 サトシ
アフロ歴15年のファッションライターで、趣味はヴィンテージモノの収集とソーシャルゲーム。メンズファッション誌を中心として、WEBマガジンやブランドカタログでも執筆する。得意ジャンルはアメカジで、特にデニム・スタジャン・インディアンジュエリーが大好物!
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

業界人も通う恵比寿の名店にフィーチャー。人気スタイリストと考える、今選ぶべきアクセサリー

大人のアクセサリーに求められること。それは旬度とスタイリングへの汎用性、そして確かなブランド力です。例えば、『シンパシーオブソウル』はまさに適任でしょう。

SPONSORED by S.O.S fp

続きを読む

来年も頑張る自分のために、大切なあの人のために。ティソの腕時計を冬のギフトに選びたい3つの理由

贈ってうれしい、もらったらもっとうれしい。そんな心温まるギフトシーズンに推薦したい腕時計ブランド『ティソ』。メンズからレディースまで良作を幅広くご紹介します。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

ファッションに合わせて時計も“着替える”。スカーゲンのホリデーセットを自分へのご褒美に

今年一年、頑張った自分へのご褒美に。はたまた大切な人へのギフトに。ホリデーシーズンが近づいた今、ぜひ注目してほしい『スカーゲン』のホリデーセットをご紹介します。

SPONSORED by スカーゲン

続きを読む

自由自在にカスタマイズ。“MY G-SHOCK”で自分好みのオンリーワンを手に入れる

多くの画期的モデルで周囲を驚かせてきた『Gショック』。今度はなんと自分だけの「MY G-SHOCK」が作れるという。早速、業界の最前線で活躍するデザイナーが試してみた。

SPONSORED by カシオ計算機株式会社

続きを読む

その進化、変わらぬ心地良さに安心する。 モデル・ショーゴも惚れ込む西川ダウン

『ナノ・ユニバース』のロングセラーシリーズ『西川ダウン(R)』を、これまで数多く着用してきたモデルのショーゴさん。彼が語るその良さと、今季作の見どころとは?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

圧倒的な軽さと薄さを体感せよ。通勤の悩みを解決するレゾンのバックパックにこの冬出会う

「重くてかさばる仕事カバン」はもはや時代にそぐわないもの。超軽量と超薄型を実現した『レゾン』のバックパックが、きっとあなたのビジネスライフに革命を起こします。

SPONSORED by レゾン

続きを読む

うん、“色”っぽい。カラー使いに惚れる、ポール・スミスの彩りウォッチ

重厚な印象になりがちな冬の装いを洒脱に仕上げたいなら、腕時計で彩りを添えるのが効果的。腕元に洗練をもたらす逸品が『ポール・スミス ウォッチ』には揃っています!

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

山スペックが、どれも1万円以下。外遊びがグッと楽しくなるハイコスパな冬アウターを見つけた!

山でも街でも使える本格アウターを狙うとなると、やはりコストが懸念材料。しかし、お馴染み『アウトドアプロダクツ』ならばお手頃&高品質な“買い”の逸品が揃います!

SPONSORED by ジーンズメイト

続きを読む

目の肥えた時計好きはなぜロンジンを選ぶのか。“格”を示すフラッグシップに見る、その理由

約190年に及ぶ歴史を持つ『ロンジン』は、時計界において特別な存在。その旗艦モデルは一生モノの枠を超え、後世に受け継ぐ価値を備えたタイムピースだ。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

レザーに通じたプロ同士が対談。ガンゾに聞く革のお手入れトラブルシューティング

使うほどに味が出るのがレザーの魅力。しかし、そのためには適切な手入れが必要です。革のプロに、正しい革のメンテナンスについて基本から応用まで教えてもらいました。

SPONSORED by ガンゾ

続きを読む

重要ポイントは3つ。タトラスと探る、今季的なダウン選びの「傾向と対策」

人気の高まりによって選択肢が豊富になったダウンジャケット。その一方、何をどう選べば良いのかわかりにくいのも事実です。今季“買い”の基準を『タトラス』と探ります!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP