小さくなって大変化。アークテリクスのグランビル

カナダ発のアウトドアブランド『アークテリクス』は、ウェアのみならずリュックも名作ぞろい。なかでも人気の“グランビル”がよりデイリーな仕様になりました。

深澤 正太郎

深澤 正太郎

SHARE
記事をお気に入り
2017.04.05

名作だらけ。このブランドはリュックの宝庫

名作だらけ。このブランドはリュックの宝庫

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

アウトドアはもちろんタウンユースとしても活用できる『アークテリクス』のアイテムのなかでも、リュックは注目ジャンルのひとつ。とくに写真の“アロー 22”は同ブランドはもちろん数あるメンズリュックのなかでも人気のアイテムです。

アロー 22は、感度が高い大人たちがこぞって“街使い”していることがきっかけとなり、爆発的に愛用者が増加したこちらのアイテムです。その良さは言わずもがなですが、同ブランドにはほかにも素ん晴らっしいリュックがあるのをご存じですか?

アークテリクスの名作。アロー22の評判とコーデを紹介

バッグ・ファッション小物

アークテリクスの名作。アロー22の評判とコーデを紹介

『アークテリクス(ARC'TERY)』の人気かつ定番リュックのアロー22に注目。長年支持される同アイテムのディテールや特徴、アレンジモデルの詳細を掘り下げる。

TASCLAP編集部

2020.08.03

アークテリクスのリュックは、都会に映える最先端技術の結晶だ

バッグ・ファッション小物

アークテリクスのリュックは、都会に映える最先端技術の結晶だ

アウトドアMIXスタイルがすっかり浸透した今、火付け役ともいえる『アークテリクス』は気になる存在。今回は特に人気の高い、リュックにフォーカスしてご紹介しましょう。

MASAFUMI YASUOKA

2021.02.17

“グランビル”にひと目惚れ

“グランビル”にひと目惚れ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

じゃーん! こちらが“アロー 22”と肩を並べる『アークテリクス』の名作リュック“グランビル”さんです。イイですよね、スクエアなシルエット。なんだかガシッとしてますし、どんな悪天候にも耐える+多くの荷物をすっぽり包み込んでくれそう……。私は2、3年ほど前にお店で出会ったのですが「ぎゃー、素敵」とひと目惚れしてしまいました。

“グランビル”にひと目惚れ 2枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

「これは背負ってみたい」とすぐさまお店の方に確認をしてひょいっと背負ってみたんですよ。すると、ちょっと大きかったんですよね。アウトドアに行くならばまだしも、当時の私の体とリュックのサイズがしっくりこなかったんです。お店の方には迷惑をかけてしまったかと思うのですが、1時間ほど真剣に悩んで購入を見送りました……。でも本当におすすめなんですよ、グランビルさん。ううっ(泣)。

ちっちゃくなって大きく変化。デイリーに使える“グランビル”が素敵

ちっちゃくなって大きく変化。デイリーに使える“グランビル”が素敵

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

過ぎ去ったことはあまり気にしない性格の私です。購入を見送った後は心変わりして、きれいさっぱりグランビルさんのことを忘れていました。そして先日見つけたのがこちら。

「グランビルさんだー!」

と興奮しましたが、よく見るとちょーっと違うんです。その違いとは、サイズ感。高さや幅などがオリジナルモデルとは微妙に異なります。

「ふむふむ」

と、その違いの“大きさ”に気づかなかったアンポンタンな私ですが、背負ってみるとあら不思議。わずかな違いが実は大きな変化だったのです。

ちっちゃくなって大きく変化。デイリーに使える“グランビル”が素敵 2枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

「なぬっ」

これが私の第一声。

コンパクトになったことでいつものコーディネートに、よりハマりやすくなっていたのです。私は現在『バッハ』のリュックを愛用しているのですが、こちらのおニューなグランビルも購入したくなるほどのインパクトでした。

何が違う? 新旧の“グランビル”を比較してみました

私的好みはさておき、新旧いずれも甲乙つけがたいグランビルですが、気になるのはそのディテールではないでしょうか? ここではサイズが異なる新旧のモデルを比較し、何が同じで何が違うのかを解説します。

旧モデルは……

何が違う? 新旧の“グランビル”を比較してみました

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

トップをガバッと開けてみると、PCやタブレットが収納できるスペースがありますね。内側も防水素材でつくられているので、雨の日も安心。

新モデルは……

何が違う? 新旧の“グランビル”を比較してみました 2枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

新モデルも中身の構造に違いはなさそう。もちろん、書類をガシガシ詰め込んでもへこたれませんので、スーツ姿にも似合いそうです。

旧モデルは……

何が違う? 新旧の“グランビル”を比較してみました 3枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

背面にはブランドロゴがありますな。じつはこれ、単なるデザインじゃないんです。背中との接地面にあえてロゴを型押しすることで凹凸が生まれて背中のムレを低減してくれるのです。まさに機能美!

新モデルは……

何が違う? 新旧の“グランビル”を比較してみました 4枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

新モデルでは背中のセンター部分にメッシュ素材を採用。これも背中のムレを解消するための工夫ですが、こちらのモデルにはベルトストラップが付属されてるんです。私がこちらのモデルを気に入ったのも、このストラップが決め手でした。疲れにくいリュックの条件のひとつです。

背負っても疲れないリュックの選び方とおすすめ15選

バッグ・ファッション小物

背負っても疲れないリュックの選び方とおすすめ15選

両肩でバッグを支えるリュックタイプは一見すると疲れにくそうにだが、背負い方次第では姿勢が悪くなり首や肩への負担がかかる。正しい背負い方とアイテムを解説する。

大中 志摩

2021.04.05

サイズ感に秘密あり。アークテリクスのマカ2はウエストポーチの大本命

バッグ・ファッション小物

サイズ感に秘密あり。アークテリクスのマカ2はウエストポーチの大本命

『アークテリクス』の定番として人気のウエストポーチ「マカ2」。使い勝手の良いサイズ感とコーデを選ばない合わせやすさが魅力です。その特徴とラインアップをご紹介!

平 格彦

2020.01.25

アークテリクスのマウンテンパーカーを街着としてフル活用したい!

ウェア・コーデ

アークテリクスのマウンテンパーカーを街着としてフル活用したい!

アウトドア界の最高峰に位置する『アークテリクス』のマウンテンパーカー。外遊びだけでなく街着としてもフル活用できる万能選手について掘り下げます。

山崎 サトシ

2020.10.07

アークテリクスはダウンも白眉。街着に適したハイスペックモデル10選

ウェア・コーデ

アークテリクスはダウンも白眉。街着に適したハイスペックモデル10選

マウンテンパーカーやバッグが人気の『アークテリクス』ですが、他のアイテムも驚異の完成度。寒い季節には、本格スペックを搭載したダウンジャケットが頼りになります。

平 格彦

2019.12.22

注目編集者
深澤 正太郎

守備範囲広めの髪ヲタ編集部員

深澤 正太郎
美容専門誌「HAIR MODE」にて編集者のキャリアをスタート。髪に関することが大好物で、ヘアカタからビジュアル誌、書籍作りに奔走。前職の経験を生かし、TASCLAPではビューティ・ヘルス全般に熱を注ぐ。人の髪型を見てカットの工程が分かるほど髪フェチで、ヘアスタイリング剤には見境なく投資してしまうのが悩み。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

きちんと収まる、がどれだけ大事か。“ブレない”男になれる、BN3THのアンダーウェア

シンプルなようで奥が深いアンダーウェアの世界。立体設計のフロント内部ポケットを持つ『BN3TH(ベニス)』は、“ポジション”に悩むすべての男性必見のブランドです。

SPONSORED by BN3TH(ベニス)

続きを読む

人気スタイリスト3名が本気で考えた。今、大人が着るならこんなセットアップが良い

シーンを選ばない汎用性や、インナーと靴を決めるだけでまとまる手軽さが魅力のセットアップ。今選ぶべき1着はどういったものなのか? 実力派スタイリストが伝授します。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

初夏の主役トップスが税込1,650円。大人のお眼鏡に適うTシャツを、クロスコットンで見つけた

まもなく、Tシャツが主役となる季節に。戦力として欲しいのは、本格志向だけどガシガシと気軽に普段使いできる1枚です。その最適解が『クロスコットン』にありました。

SPONSORED by 丸久

続きを読む

引き算の美学を知る。新作ドレスウォッチで強固になった、カルレイモンの“軸”

高級時計の代名詞、ムーンフェイズを若者でも手の届く価格で世に送り出す『カルレイモン』。よりドレス感を強めた話題の新作「クラシックシンプリシティ2」に注目です。

SPONSORED by カルレイモン

続きを読む

その実用性に、また頼りたい。マンハッタンポーテージの“現在”を知っているか

90年代のシーンを席巻した、『マンハッタンポーテージ』。現在、同ブランドのバッグは現代のニーズに合わせて進化を遂げています。再び頼りたい逸品群をお披露目!

SPONSORED by マンハッタンポーテージ

続きを読む

Tシャツに羽織るべきは、都会派ミリタリーアウターだ。タトラスが示す春コーデの方程式

男らしい存在感が持ち味のミリタリーアウターは、薄着になっていく今の時期に必携。あくまでスマートに着こなすなら、骨太さの中に洗練を宿す都会派な1着を選びましょう。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

今春のクォーツに求めるのは、ラグスポかエレビジか。ティソの二大新定番からその答えを探る

新しい季節を、新しい相棒と。そんな方へのフレッシュな腕時計が、老舗『ティソ』にありました。抜群の信頼性と利便性を両立した、2本のクォーツウォッチに迫ります。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP

カテゴリ

おすすめ記事