子供と楽しもう。ギャップのベビー・キッズに注目

ワールドワイドなブランド『ギャップ』のベビー・キッズラインをご存じですか? おしゃれでかわいいのにお手頃なアイテムがそろうんです。

Asami Kitsukawa

Asami Kitsukawa

SHARE
記事をお気に入り
2017.04.15

パパ必見。『ギャップ』のベビー&キッズがおしゃれで使えるってご存じでした?

『ギャップ』といえば、アメカジの王道として不動の地位を誇るブランド。TASCLAP読者の皆さまも一度は袖を通したことがあるのではないでしょうか。そんな『ギャップ』ですが、実は優秀なファミリーブランドでもあるんです。

メンズ、レディースにくわえて、ベビーとキッズも充実! 今ママたちの間では、”かわいい”と大人気。45cm~160cmまであるサイズ展開の豊富さ、1,000円から手に入るお手頃価格、そしてなんといってもトレンド感のあるデザイン。子供たちが大好きなキャラクターとのコラボアイテムもたくさんリリースされますが、いかにも“キャラクターもの”っぽくないデザインなので、親目線でも着させやすいのもうれしい。

『ギャップ』をおしゃれに着こなすキッズたち

ファッションSNS『WEAR』には、そんな『ギャップ』の子供服をおしゃれに着こなすベビー&キッズがたくさん。ソロコーディネートから兄弟、親子まで参考にしたい着こなしをピックアップしてみました。

『ギャップ』をおしゃれに着こなすキッズたち

WEAR

WEAR

お気に入り追加

まずは2歳80cmサイズの男の子の着こなし。デニムオンデニムにボーダーシャツが『ギャップ』のアイテムです。上からニットカーディガンを羽織っているあたり、もはや大人のほうが真似したくなるおしゃれさです。

『ギャップ』をおしゃれに着こなすキッズたち 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

同じデニムでも女の子なら、こんな着こなしがかわいいですよね。2歳90cmサイズのこちらの子は、刺繍シャツが『ギャップ』のもの。たっぷりしたシャツをインすることで上下デニムでも女の子らしい雰囲気に。

『ギャップ』をおしゃれに着こなすキッズたち 3枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

5歳のお姉さんともなると、デニムの着こなしも大人顔負けに。こちらは『ギャップ』のデニムレギンスを使用しているので、スラッと見せつつも動きやすいのがうれしいところ。色褪せ、ダメージ具合もさすが『ギャップ』です。

『ギャップ』をおしゃれに着こなすキッズたち 4枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

4歳男の子のホワイトデニムコーデも、驚きのおしゃれさ。インをワントーンでそろえつつ、ギンガムチェックのシャツで引き締めているところが見事です。黒縁のメガネもアクセントになっていい感じ。

『ギャップ』をおしゃれに着こなすキッズたち 5枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

『ギャップ』のベビー服で常に人気上位なのがベアパーカー。季節によってさまざまなバリエーションでリリースされています。こちらのベビーは全身白でまとめた、しろくまちゃんスタイル。抱きしめたくなるかわいさです。

『ギャップ』をおしゃれに着こなすキッズたち 6枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

サイズが豊富な『ギャップ』なので、姉妹でのリンクコーデができるのもうれしいところ。お姉ちゃんはデニムワンピース、シューズ、妹はデニムジャケットとトップスが『ギャップ』。甘すぎないバランスがグッドです。

『ギャップ』をおしゃれに着こなすキッズたち 7枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

こちらは三兄弟で『ギャップ』のデニムシャツをおそろいにしたスタイル。70cm~120cmまで同じテイストでそろえられるのも同ブランドの強みです。迷彩に赤をアクセントにすることで、子供らしい元気さが出ています。

『ギャップ』をおしゃれに着こなすキッズたち 8枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

グレーのロゴパーカーもまた『ギャップ』らしいアイテム。三兄弟はそれぞれ違うロゴでリンクさせているところがナイスです。『ギャップ』のアイテムは男女問わず着られるモノが多いのもうれしいポイント。

『ギャップ』をおしゃれに着こなすキッズたち 9枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

続いてはパパとのリンクコーデ。娘には、パパのミリタリーコートに似た『ギャップ』のアウターを着せたら、インナーは白で統一。フリルの付いたトップスで女の子らしさを加えてあげたところがすてきです。

『ギャップ』をおしゃれに着こなすキッズたち 10枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

こんなシンプルおしゃれな親子になりたい!と思わせるパパ&息子コーディネート。『ギャップ』の細身ジーンズにローファーでおめかし感を出した息子に対し、パパはシャツできちんと感を。足元はスニーカーでハズすバランスも秀逸です。

パパが選んであげたい『ギャップ』のアイテム!

かわいいキッズコーディネートを見ていたら、さっそく我が子にも買ってあげたくなりませんか? そんな子煩悩パパのために、定番からトレンドまでおすすめの『ギャップ』のアイテムをセレクトしました。

ジェギンズ(デニムレギンス)

ジェギンズ(デニムレギンス)

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『ギャップ』の人気アイテム。着心地の良いリブニットのウエストと、デニムらしさを出しているフェイクフライがかわいい1着です。色は今年らしいライトブルーをチョイス。

デニムロンパース

デニムロンパース

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

見た目は武骨なデニムのつなぎですが、実はスーパーソフトなニットデニム。股下がスナップ開閉できるので、着せ替えやおむつ替えも簡単です。ロールアップでサイズ調整が可能なのもうれしいですね。

メッセージボディーシャツ

メッセージボディーシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『ギャップ』にはこんな気の利いたメッセージアイテムも豊富。これを着せてニマニマするパパの顔が目に浮かびます。デニムパンツと合わせても良さそう。

ベアニットカーディガン

ベアニットカーディガン

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

人気のベア耳シリーズから、今季のおすすめはニットカーディガン。スウェットタイプより上品な印象なので、お出かけ着としても良さそうです。

ヒーローTシャツ

ヒーローTシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

好きなキャラクターを身にまとえるのも子供の特権。こちらはお馴染みスーパーマンのTシャツですが、なんと取り外し可能なマント付き! これを着せて一緒にヒーローごっこをするのも楽しそうですね。

プリンセス カットソー

プリンセス カットソー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

男の子がヒーローなら女の子はプリンセスが鉄板。大人気のプリンセスとイニシャルを組み合わせたデザインは、子供っぽすぎずおしゃれに着こなせます。

デニムシャツ

デニムシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

パパとリンクコーデを狙うならデニムシャツはマストバイ。こちらは表地は本格的なシャンブレーデニムを使用しながらも、裏地がやわらかいジャージ素材なので、子供が嫌がらずに着てくれます。

デニムジャンパースカート

デニムジャンパースカート

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

女の子とリンクコーデを楽しみたいなら、デニムのジャンパースカートがおすすめです。こんなピンク色を選べば男の子っぽい格好をしたがらない子でもきっと喜ぶはず。パパもどこかにピンクを取り入れると今年っぽいかも。

ロゴキャップ

ロゴキャップ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ロゴキャップも親子コーデにおすすめのアイテム。こちらは大人ものに比べてかなりやわらかい素材なので、帽子を嫌がるベビーでもかぶりやすいように配慮されています。もちろんパパも『ギャップ』でそろえたいところ。

フリンジサンダル

フリンジサンダル

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ボーホースタイルも『ギャップ』の得意分野。とくにシューズなどは大人顔負けのかわいいアイテムがそろいます。こちらはバックファスナー式ではかせやすく、夏の女の子の足元をかわいく彩ります。

Asami Kitsukawa
Asami Kitsukawa
大学卒業後、フリーライターとしてファッション、ライフスタイル誌を中心に活動。メンズ・レディース問わず、足を使った情報収集が得意です。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

引き算の美学を知る。新作ドレスウォッチで強固になった、カルレイモンの“軸”

高級時計の代名詞、ムーンフェイズを若者でも手の届く価格で世に送り出す『カルレイモン』。よりドレス感を強めた話題の新作「クラシックシンプリシティ2」に注目です。

SPONSORED by カルレイモン

続きを読む

Tシャツに羽織るべきは、都会派ミリタリーアウターだ。タトラスが示す春コーデの方程式

男らしい存在感が持ち味のミリタリーアウターは、薄着になっていく今の時期に必携。あくまでスマートに着こなすなら、骨太さの中に洗練を宿す都会派な1着を選びましょう。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

こだわりある男の最後のピース。ビズスタイルはハミルトンで個性を魅せる

コロナ禍においては、多方面で禁欲的になりがちです。そこに一石を投じるのが、老舗腕時計ブランド『ハミルトン』。個性のある新作群が、これからのビズに花を添えます。

SPONSORED by スウォッチ グループ ジャパン

続きを読む

その実用性に、また頼りたい。マンハッタンポーテージの“現在”を知っているか

90年代のシーンを席巻した、『マンハッタンポーテージ』。現在、同ブランドのバッグは現代のニーズに合わせて進化を遂げています。再び頼りたい逸品群をお披露目!

SPONSORED by マンハッタンポーテージ

続きを読む

今春のクォーツに求めるのは、ラグスポかエレビジか。ティソの二大新定番からその答えを探る

新しい季節を、新しい相棒と。そんな方へのフレッシュな腕時計が、老舗『ティソ』にありました。抜群の信頼性と利便性を両立した、2本のクォーツウォッチに迫ります。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

男の自信を呼び起こす1本に出会う。初めての本格時計、その条件とは?

初めて高級腕時計を手にする喜びと緊張感は、かけがえのない経験です。その瞬間をより濃密にする向き合い方を、名門老舗ブランドの腕時計を軸にレクチャーしていきます。

SPONSORED by スウォッチ グループ ジャパン

続きを読む

初夏の主役トップスが税込1,650円。大人のお眼鏡に適うTシャツを、クロスコットンで見つけた

まもなく、Tシャツが主役となる季節に。戦力として欲しいのは、本格志向だけどガシガシと気軽に普段使いできる1枚です。その最適解が『クロスコットン』にありました。

SPONSORED by 丸久

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP

カテゴリ

おすすめ記事