スポーティー度満点。ラインパンツがブレイクな予感

パンツにサイドラインの入ったラインパンツがブレイクの予感! 各ショップからリリースされている新作をチェックするとともに、その着こなし術もレクチャーします!

スポーティー度満点。ラインパンツがブレイクな予感

この春、ラインパンツがブレイクしそう!

スポーツアイテムを日常のコーデに取り入れるのがトレンドですが、なかでも2017年はラインパンツに注目が集まっています。ラインパンツとは、パンツの両サイドにラインの入ったパンツのことで、スポーツブランドでは定番のデザインですよね。スニーカーやバッグなどでスポーツアイテムを取り入れるのはもはや当たり前。流行に敏感な人から、ラインパンツを取り入れ始めています!

スポーティー度別に提案。ラインパンツの着こなしサンプル

ラインパンツの着こなしサンプルをスポーティー度別にご紹介。初心者は星1つを参考にして、上級者は星3つを参考にするなど、レベル別にまとめてみました。

スポーティー度★☆☆

きれいめコーデのハズしに

スポーティー度の高いラインパンツなので、初心者さんが挑戦するならきれいめアイテムに合わせるのが◎。まずは、シャツやジャケットなどと合わせてみては?

ラインパンツはトレンドのワイドシルエットをチョイス。黒ラインの中に入っている柄がコーデのポイントに。ボトムスのシルエットがワイドな分、トップスはコンパクトなライダースジャケットでバランスを調節。絶妙なAラインシルエットに仕上げています。

ジャケットとラインパンツを黒で統一して、セットアップ風の着こなしに。スポーティーなイメージのあるラインパンツはスラックス生地をチョイスしたり、テーラードジャケットと合わせたりすることで、カジュアルになり過ぎず大人っぽく着こなせます。

ジャージ素材のラインパンツがスポーティーな印象なので、それ以外はモノトーン&きれいめなアイテムで統一。ラインパンツは黒を選べば、きれいめなアイテムと合わせても違和感なくコーデがまとまります。ローファーとも好相性◎。

スポーティー度★★☆

ベーシックなカジュアル着と合わせて

スウェットやジージャンなど、手持ちの定番アイテムとも相性良く着こなせます。ただし、ラフになりすぎないよう、色みを落ち着かせたり、シルエットをきれいめにしたりと、大人っぽく仕上げるのが重要。

スウェットのボタニカル柄でさり気なく季節感を取り入れた着こなし。トップスはライトなグレー、ボトムスはやや濃いグレーのラインパンツをセレクトして、きれいなグラデーションを構築。キャップやシューズを黒にすることで、コーデ全体を引き締めています。

サイドにラインをあしらった、デザイン性の高いデニムパンツがコーデの主役。トップスに濃紺のロング丈アウターを合わせることで、爽やかなブルーグラデーションを作っています。程よく脱力感のある着こなしがGOOD!

ブラック×ホワイトのきれいめなラインパンツを、ジージャンとカットソーを合わせてカジュアルダウン。程よい抜け感がありつつもきれいなイメージもキープできる着こなしなので、大人の休日スタイルにぴったりです。

スポーティー度★★★

とことんスポーツMIXに着こなす

最後はとことんスポーティーなアイテムでまとめたコーデサンプルをご紹介。アクティブ感のあるアスレジャースタイルはトレンド感満載!

ラインパンツにコーチジャケットを合わせて、トレンド感満載なコーデに。旬の要素を散りばめながらもしつこくなっていないのは、色数を絞ったシンプルな着こなしだから。ジャケット以外のアイテムをモノトーンでまとめることで、オレンジを引き立たせています。

ラインパンツをメインにしたカジュアルコーデをモノトーンで大人化しつつ、インナーでターコイズブルーを効かせて季節感を投入。ホワイトのコーチジャケットはシャツ生地でできているので、一般的なナイロン素材よりも大人の着こなしに寄り添ってくれます。

ラインパンツ×ラガーシャツのスポーティー度満点のコーデ。アイテム単体のカジュアル感が強いので、モノトーンを選んだりタイトなサイジングでまとめたりすると子供っぽくなりません。スニーカーではなく、ローファーを合わせたのもポイント!

今季手にしたい! 人気ブランドのラインパンツ

人気ブランドからリリースされているラインパンツの中でも、大人が街で着られるデザインだけをピックアップ。これさえあれば、たちまち今旬コーデに早変わりです。

『キュリオ エディフィス』

スポーティーかつ清涼感のあるポリエステルのトロピカル素材を使用したイージースラックス。ややワイドめなシルエットにシックなネイビーのラインを配置し、スポーツ&モダンなスタイルが楽しめます。

『ウィゴー』

ポンチ素材で仕上げたパンツは、サイドに施したラインデザインが手軽に着こなしのアクセントになってくれます。柔らかい素材を使用しているので快適に着用でき、きれいめアイテムと合わせるコーデもおすすめ。

『ハレ』

スポーティーなイメージのラインパンツをアンクル丈のスラックスにすることで、カジュアルになり過ぎない大人のバランスに。ラフなスタイリングにはもちろん、レザーシューズと合わせてスタイリッシュに着こなすのもおすすめです。

『アメリカン ラグ シー』

素材にレーヨンが含まれているので、緩やかな落ち感がポイントのラインパンツ。シルエットはスリムスレートで、スキニーとストレートの間くらいのラインが大人の着こなしにちょうどよくマッチします。

『スーパーサンクス』

薄手でハリのあるツイル素材を使用しているので、これからの季節にぴったりなラインパンツ。『スーパーサンクス』定番のテーパードシルエットで、サイドのラインは、ホワイト×ブラックで切り替えスポーツライクなデザインです。

『417 by エディフィス』

ポンチ素材を用いたラインパンツは、ウエストのイージー仕様やトラックパンツライクな表情がスポーティーな印象を演出。股下はやや短めに設定し、きれいなテーパードシルエットにデザインすることで足元をすっきりと彩ります。

『417 by エディフィス』

サイドライン状に加工を施した『417 by エディフィス』オリジナルのストレッチデニムは、トレンドのデザインをデニムに落とし込み今季らしい1本に。裾は切りっ放しのデザインを落とし込むことで、ナチュラルな表情を演出してくれます。

『ハレ』

ポリエステル素材を使用し、さらっとした履き心地を実現したラインパンツ。ややワイドなシルエットにライン入りと、今年のトレンドをぎゅっと凝縮したかのような1本です。ブルゾンやコートなど、どんなアウターとも相性◎。

『ジャーナルスタンダード トライセクト』

ジャージ素材を使い、滑らかな肌触りに仕上がっているラインパンツ。程よく緩いシルエットに入った太めのラインが特徴的で、シンプルなスタイリングのワンポイントとして重宝できる1本になっています。

『ティム』

レトロな70年代シルエットをベースに仕上げたラインパンツ。トレンドのスポーティーなルックとは裏腹に、裾のジップを開けばフレアシルエットを強調することができます。一度で二度楽しめて、着回し力も抜群!

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る