旬を攻略。オーバーサイズを大人らしく着こなすヒント

トレンドとして注目されているオーバーサイズのスタイリング。とはいえ、子供っぽい雰囲気にはしたくない。そこで、大人のオーバーサイズの取り入れ方のヒントをご紹介。

旬を攻略。オーバーサイズを大人らしく着こなすヒント

オーバーサイズのアイテムが人気継続中。しかし……

トレンドのオーバーサイズはその名前のとおり、トップスに大きめサイズや大きめシルエットのアイテムを取り入れるコーディネート。ボリューム感があり、普段とは違ったファッションが楽しめます。でも、着こなし方を間違えると子供っぽい雰囲気になってしまうなど、ある程度の注意が必要なスタイリングです。大人っぽく、それでいておしゃれにオーバーサイズを取り入れるなら、どのようなコツがあるのでしょうか。

オーバーサイズのアイテム、その選び方とは?

オーバーサイズのアイテムといっても、そのシルエットはさまざまな種類があります。丈を長くした縦長から、身幅や肩幅を広くした横長まで。中でも大人コーデとして選びたいのは身幅が広いなどの横長のシルエットです。丈が長い縦長のオーバーサイズこそ子供っぽいファッションとなってしまう原因です。オーバーサイズを取り入れるなら、肩幅や身幅の広さでアレンジしましょう。

着こなしが重要。だから知りたいオーバーサイズの“大人らしい”コーデ術

実際にオーバーサイズを取り入れるなら、バランスよく着こなすことが大切です。間違った着こなし方はトレンドではなく子供っぽい雰囲気となってしまいます。実際のコーデからポイントをチェックしてみましょう。

基本は無地カットソーでビッグシルエットに

オーバーサイズコーデの基本はビッグシルエット。Tシャツなどでビッグシルエットデザインのものを選ぶと簡単に着こなすことができます。インナーや重ね着などで変化をつければ完成です。ルーズになりすぎないバランスでサイジングしましょう。

インナーとのカラーの変化でアレンジ

オーバーサイズのホワイトカットソーを合わせたコーディネート。サイズ感でメリハリをつけるなら、インナーにダークカラーを採用してメリハリをつけると効果的です。カジュアルなラフスタイルなら大人っぽいスタイルにも対応可能です。

オーバーサイズ以外はドレス感あるアイテムに統一

子供っぽく見せない。だらしない印象を与えない。これを最優先に考えるなら、オーバーサイズのアイテム以外はレザーシューズやチノパンなど、大人のきれいめコーデをベースにすればOK。トレンドを適度に取り入れたファッションにまとまります。

羽織りものでオーバーサイズならパーカーがお手軽

上半身にボリュームを出すオーバーサイズなら、ビッグシルエットのパーカーも簡単に着こなせるアイテムです。バランスよく大きすぎない程度の適度なオーバーサイズを意識することがポイント。モノトーンであれば、スタイリングの出番も増えるでしょう。

パーカーを主役にスポーティーにまとめるのもあり

オーバーサイズのパーカーと合わせるなら、スポーツミックスなスタイルやスポーティーなファッションでまとめると自然体なオーバーサイズコーデが楽しめます。モノトーンでまとめるなど、都会的な雰囲気をキープすればおしゃれに演出可能です。

丈の短さがポイント。シャツのオーバーサイズコーデ

大人っぽいオーバーサイズのスタイリングは、丈の長さがポイントのひとつ。丈が長すぎないアイテムを選べばルーズになりにくく、スッキリとしたビッグシルエットの印象となります。またカラーリングも2〜3色に絞るなど、ミニマルなファッションが大人スタイルのコツです。

ストライプデザインも有効活用。オーバーサイズでもスマートに

オーバーサイズのスタイリングに大人っぽいアレンジを加えるなら、ストライプ柄を取り入れることも方法のひとつ。よりスマートに見せることが可能で、上品なビッグシルエットファッションに仕上げることができます。

インナーにタートルネックで大人っぽさをキープ

シャツなどの重ね着でオーバーサイズを取り入れるなら、インナー次第で大人っぽい印象に仕上がることが可能です。ポイントはタートルネックなどの大人っぽい落ち着きがあるアイテムをチョイスすること。これだけで十分全体が引き締まりメリハリも生まれます。

ダークカラーでまとめてシックなオーバーサイズスタイルに

オーバーサイズのシャツを取り入れたシンプルな着こなし。子供っぽく見せないビッグシルエットのファッションなら、ダークなカラーでまとめることも方法のひとつです。ネイビーやダークグリーンなど、トーンを落としたカラーリングで落ち着きあるコーディネートにまとめてみましょう。

潔くミニマルに。シルエットを主役にしたオーバーサイズコーデ

オーバーサイズのコーディネートでトレンドを取り入れるなら、スタイリングの主役はシルエット。アイテムのデザインはシンプルなものに徹底し、サイジングやシルエットでおしゃれに演出しましょう。スラックスなど、ドレス感あるアイテムを取り入ることで大人っぽいスタイルが完成します。

大人コーデにも難なくハマる。オーバーサイズのおすすめウェア

大人っぽくトレンドを取り入れたい。オーバーサイズを着こなすにはアイテム選びも重要です。普段の着こなしにも対応する着こなしやすいアイテムをご紹介します。

『ステゥディオス』

オーバーサイズのファッションならビッグTシャツが簡単に取り入れられるアイテム。
春なら重ね着としていろいろなアレンジが可能です。ポケットTシャツなので、夏シーズンは1枚でもおしゃれに着こなすことができます。

『コーエン』

メンズらしい着こなしができる素材としてワッフル生地を採用したビッグTシャツ。肉厚な生地を使っているため、肩が落ちたオーバーサイズのスタイリングでも適度なハリ感を出して着こなすことができるアイテムです。

『グラム』

メンズファッションでも大人っぽくリラックス感が出せる西海岸スタイル。リネン素材で春夏ファッションを涼しく着こなせるニットアイテムです。ルーズになりすぎない程よいシルエットでオーバーサイズを演出しています。

『ビームスライツ』

トレンドのオーバーサイズスタイルを取り入れたビームスオリジナルのシャツ。ボタンダウンのベーシックなディテールから、シルエットをアレンジしてデザインされています。身幅が十分に広げられているため、1枚で十分な存在感を出せるアイテムです。

『ヴィクティム』

肩がしっかりと落ちたシルエットで、オーバーサイズの雰囲気をアピールできるシャツ。ストライプは縦に入っているので、身幅が広い割にはタイトに見えるアンバランス感が個性的です。襟の大きなドレスアップしたデザインなので、だらしなくない着こなしができます。

『セブンデイズサンデイ』

ツイル素材を取り入れた春夏仕様な薄手のオーバーサイズシャツ。シンプルなデザインで、さりげなく身幅を広くした控えめなビッグシルエットが特徴的です。トレンドを取り入れたいけれど、程よく控えめが好みの方におすすめのアイテムです。

『ジュンレッド』

ドロップショルダーのディテールがトレンド感あるプルオーバー。ボックスシルエットでオーバーサイズな雰囲気とトップスにボリュームを出せるアイテム。シンプルなファッションとしてオーバーサイズを演出できるお役立ちのニットです。

『ビューティー&ユース』

カジュアルにスタイルできるビッグシルエットのパーカーは、春夏の広いシーズンでコーディネートできる薄手の生地で作られたアイテム。肩を程よく落として身幅を広くした、今っぽくリラックスして着こなせるイージーなパーカーです。

『アダムエロペ』

重ね着などにも使えるビッグシルエットのパーカー。丈は長すぎない程度のややロングにアレンジされ、重ね着の際に裾でアクセントをつけることが可能。ヴィンテージ感あるカラーリングなど、普段のメンズファッションに溶け込むデザインが重宝する魅力のひとつです。

『ヒステリックグラマー』

オーバーサイズの原型ともいえる上半身にボリューム感を出すブルゾン。春らしく襟なしでスッキリと取り入れることができるアイテムです。オーバーサイズでシルエットではトレンド感を出しながら、ホワイトのカラーで爽やかにコーディネートができるブルゾン。胸の遊び心ある刺しゅうデザインもポイントです。

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る