オーバーサイズを徹底攻略。着こなしのヒントと活用アイテム10選

オーバーサイズを徹底攻略。着こなしのヒントと活用アイテム10選

リラックス感のあるオーバーサイズの着こなしが定番化。だらしくなく見せず、おしゃれに着こなすためのヒントとマストバイのアイテムを紹介します。

TASCLAP編集部

2018.02.23

トップス

たっぷりとしたシルエットが大人の気分。オーバーサイズを攻略しよう

リラックス然としたシルエットが気分の今、オーバーサイズのスタイリングが人気です。しかし、着こなし方を間違えるとだらしなく見えてしまったり、子供っぽく見えてしまったりと注意も必要。いかに大人らしく、おしゃれにオーバーサイズを取り入れるのが正解か、そのポイントをチェックしましょう。

オーバーサイズのアイテムは、身幅と着丈のバランスに注意

大人がオーバーサイズのアイテムを手に取る際、注意すべきは身幅と着丈。

身幅は広くゆったりとしているものを選ぶとオーバーサイズらしさや旬のムードに近づくことができます。しかし、身幅に対して着丈は“いつも通り”のモノを選びましょう。着丈が長いアイテムはレイヤードにも効果的ですが、身幅が広く、着丈も長いとだらしなく見えてしまう可能性が高まります。
身幅は広く、着丈はジャスト。

これがオーバーサイズのアイテムを選ぶ際のポイントなんです。

おしゃれコーデに見る、オーバーサイズの着こなし方

オーバーサイズを取り入れる際は、バランスよく着こなすことが大切です。間違った着こなし方はトレンドではなく子供っぽい雰囲気となってしまいます。おしゃれコーデから、着こなしのポイントをチェックしてみましょう。

ゆったりとしたサイジングのパーカーを主役にしたストリートコーデ。モノトーンの落ち着いた色みやメリハリのある上下のサイジングにより、子供らしさを払拭した好例です。

身幅の広いシャツとワイドジーンズでIラインのシルエットを構築。上下ともにゆったりとしたサイジングですが、いずれも着丈はジャストなモノを選ぶことでクリーンに着こなしています。

オーバーサイズのトップスはカジュアルに偏りがちなので、インナーにシャツを取り入れるのは大人らしさの演出にうってつけ。深みのあるブルーのトップスとダークトーンのシャツという組み合わせで、落ち着いた印象すら感じさせます。ハンパ丈のパンツとのバランス感もGOODですね。

大人コーデにも難なくハマる。オーバーサイズのおすすめウェア

今季的なオーバーサイズのアイテムをピックアップ。これからトライする方にぜひプッシュしたい10アイテムをご紹介します。

アイテム1『ジムフレックス』

いつもの着こなしに簡単に取り入れられるオーバーサイズのアイテムといえば、やっぱりビッグサイズのロンT。合わせるカラーを選ばない白をチョイスすれば、気軽に重ね着を楽しめます。もちろんポケットTなので、1枚でもおしゃれに着こなせるでしょう。

アイテム2『ファクトタム』×『ストゥディオス』

ヘビーウェイトの天竺素材を採用したビッグロンTは、なんといっても肉厚で丈夫な生地感が魅力。オーバーサイズのスタイリングでもハリ感のあるシルエットをキープできるので、すっきりとした印象です。袖口のリブや脇裾のスリットなど、細かなディテールにもこだわりアリ。

アイテム3『ティーケータケオキクチ』

ドロップショルダーのディテールがトレンド感を醸すプルオーバー。程良くハリのあるジャージー素材はきれいめな着こなしにもうってつけです。裾の両サイドに施されたファスナーを開けて、レイヤードスタイルを楽しむのもおすすめ。爽やかなブルーはぜひ差し色に使いたいもの。

アイテム4『ジャーナルスタンダード レリューム』

あえて生地を裏返し、パイル地を表面に採用したユニークな1枚。その独特のルックスに加え、モダール混ならではのテロンとした風合いなど、MADE IN USAならではのこだわりが光ります。選べる5色展開なので、自分のスタイルに合ったカラーをチョイスして。

アイテム5『ビームス』

トレンドのオーバーサイズスタイルを取り入れた『ビームス』のシャツ。ボタンダウンのベーシックなディテールから、シルエットをアレンジしてデザインされています。身幅がたっぷりと取られているため、1枚で十分な存在感を出せるアイテムです。

アイテム6『ビューティー&ユース』

肩がしっかりと落ちたシルエットで、オーバーサイズの雰囲気をアピールできるシャツ。すっきりした印象を醸すストライプ柄の効果で、身幅が広い割にはタイトに見えるアンバランス感が個性的です。タックインを楽しめる絶妙な着丈もポイント。

アイテム7『サイ』×『ビショップ』

まるでドレスシャツのような高級感漂ういでたちは、上品な光沢が特徴のブロード生地を使用しているから。華やかさの中にリラックス感が程良くブレンドされた『サイ』の1枚は、控えめにビッグシルエットを取り入れたい方にもおすすめです。

アイテム8『アーバンリサーチ サニーレーベル』

カジュアルなスタイリングにおすすめビッグシルエットのパーカー。シーズンを問わず活躍するマットな肌触りの生地はさらりとして心地よく、インナーとしてもアウターとしても活躍すること間違いないしです。これからの季節にぴったりの明るいカラーリングもGOOD。

アイテム9『ループウィラー』×『キャプテン サンシャイン』

ジャパンメイドのスペシャルなスウェット作りに定評がある『ループウィラー』と『キャプテンサンシャイン』がコラボ。アシンメトリーなオーバーサイズシルエットがヴィンテージ感を漂わせる1枚です。さりげなく主張する袖口のブランドタグにも注目を。

アイテム10『ヒステリックグラマー』

オーバーサイズの原型ともいえる上半身にボリューム感を出すブルゾン。春らしく襟なしでスッキリと取り入れることができるアイテムです。オーバーサイズでシルエットではトレンド感を出しながら、ホワイトのカラーで爽やかにコーディネートができるブルゾン。胸の遊び心ある刺しゅうデザインもポイントです。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ワードローブの必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

    ワードローブの必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

    オーセンティックなアイテムこそ奥が深いのがメンズファッション。男の定番服であるオックスフォードシャツも、その特徴と選び方を知っておけばより品良く着こなせます。

    平 格彦

    アノラックに注目。旬デザインのパーカーを着こなしに取り入れよう

    アノラックに注目。旬デザインのパーカーを着こなしに取り入れよう

    アウトドアウェアの定番であるアノラックが注目されています。その理由を解説しつつ、押さえておきたいアイテムやタウンユースに落とし込む方法をご紹介。

    編集フカザワ

    ハンターのローファーは雨でも晴れでも履ける万能シューズ

    ハンターのローファーは雨でも晴れでも履ける万能シューズ

    雨の日に重宝するレインブーツ。ですが、着こなしを考えるとなかなか取り入れづらいもの。そこでおすすめしたいのが、英国生まれのブランド『ハンター』のローファーです。

    八木 悠太

    コーチジャケットが着回しやすい! ハズさないブランド&コーデ術

    コーチジャケットが着回しやすい! ハズさないブランド&コーデ術

    90年代ファッションやスケートカルチャーへの関心から、コーチジャケットが注目されている。シンプルで着回しやすい万能アウターの注目ブランドと着こなし方を解説しよう。

    菊地 亮

    定番を攻略せよ。無地スウェットをおしゃれに着こなす3つのヒント

    定番を攻略せよ。無地スウェットをおしゃれに着こなす3つのヒント

    あっさりとした表情の無地スウェットは合わせやすい反面、センス良くコーディネートするのが意外と難しいアイテム。どう着こなすとおしゃれに映るのか、解説します。

    山崎 サトシ

    大きさも防寒性も怪物級。真冬にはモンスターパーカーがあればいい

    大きさも防寒性も怪物級。真冬にはモンスターパーカーがあればいい

    多くのブランドが今季こぞってリリースしているモンスターパーカー。ビッグシルエットと圧倒的な保温力が特徴の同アイテムの魅力と、着こなし方を紹介します。

    平 格彦

    BACK