ワードローブに必須。ボーダーカットソーのおすすめ10選

ワードローブに必須。ボーダーカットソーのおすすめ10選

コーデに爽やかでクリーンな雰囲気を呼び込むボーダーカットソーは、汎用性が高く1枚でもサマになる万能トップス。何を選んで、どう着るべきかを解説しよう。

TOMMY

TOMMY

SHARE
記事をお気に入り
2021.02.16

定番だからこそ知りたい。ボーダーカットソーを選ぶときにこだわるべきこと

定番だからこそ知りたい。ボーダーカットソーを選ぶときにこだわるべきこと

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

もともとは船乗りや漁師に軍人など、海で働く男たちの作業着として着用されてきたボーダーカットソー。タフなストーリーを背景に持っているが、その爽やかで涼しげなデザインは性別・世代を問わず愛され、カジュアルシーンにおける普遍的存在となっている。同アイテムは合わせやすさも魅力だが、大人の装いに取り入れるならボーダーのピッチ幅選びが最重要。そこさえしっかりと押さえておけば、今後の活躍は約束されたようなものである。

ボーダーの幅によって、どのように印象は変わるのか

ボーダーの幅によって、どのように印象は変わるのか

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ボーダーカットソー選びで意識すべきは、ボーダーのピッチ幅。その幅が太くなっていくに従い、きれいめ→カジュアルへと印象が大きく変化する。それを踏まえたうえで基本としたいのが、爽やかさとクリーンさを強調できる“細ピッチ”だ。体型をシャープに見せる視覚効果もあり、やさしげな印象をも与えてくれる。このタイプは春夏のみならず、秋冬のレイヤードスタイルでも活躍してくれるので、最初の1枚としても最適といえるだろう。

ボーダーの幅によって、どのように印象は変わるのか 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

そんな爽やかさとクリーンな印象を与える“細ピッチ”に対し、男らしくカジュアルな印象を与えるのが“太ピッチ”である。例えば、太めのストレートジーンズを若干ロールアップして合わせると、武骨なアメカジスタイルに。視覚的にも主張が強いため、1枚で着てもサマになるし、秋冬コーデではインナーとしての活躍も期待できる。あとは好みや、その日のテイストに合わせて使い分けられるように、両方持っておけば怖いモノなしだ。

定番から注目作まで。おすすめのボーダーカットソー10選

老若男女から愛される定番アイテムだけに、差別化が難しくもあるのがボーダーカットソー。だからこそ生地やパターン、生産背景などディテール部分にこだわるのが大人の楽しみ方だ。以下では、こだわり派たちの審美眼にも叶う、10ブランドを厳選してご紹介する。

ブランド1

『セントジェームス』フランス

『セントジェームス』フランス

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

1889年に創設、フランス北部ノルマンディー地方の町の名を冠した『セントジェームス』の定番といえば「ウエッソン」。本作はその並行輸入モデルにあたる。肉厚なコットン生地は着込むほどに味わい深い表情となり、体に馴染んでくる。また首元が開いたボートネックスタイルゆえ、インナーにシャツを重ねるなどのレイヤードを楽しむのにも最適だ。

ウエッソンとナヴァル。セントジェームス人気二大モデルのコーデ術

ウェア・コーデ

ウエッソンとナヴァル。セントジェームス人気二大モデルのコーデ術

春夏の主役アイテム、ボーダーカットソー。その鉄板ブランドのひとつがフランスの『セントジェームス』です。ブランドが誇る人気モデルに着目してご紹介していきます。

山崎 サトシ

2020.03.18

ブランド2

『ソフネット』日本

『ソフネット』日本

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

洗練された日常着を追求し、オーセンティックなコレクションでストリート世代の心をくすぐる『ソフネット』。こちらは艶やかな光沢と滑らかな表面感を持つ上質なギザコットンを使用したボートネックスタイルのカットソーを、今旬のビッグシルエットへと昇華。定番に時代の空気感をさりげなく落とし込む、そんなブランドの得意技が冴え渡る1枚。

ブランド3

『ルトロワ』フランス

『ルトロワ』フランス

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

2009年春夏シーズンに、フランス・シャンパーニュ地方で創業されたカットソー専業ブランド。リーズナブルな価格帯ながら、丸胴編み機を用いて編み立てることで実現した伸縮性により生み出されるコンフォータブルな着心地と、品のあるモダンなフィッティングが特徴だ。柔らかな肌触りとフレンチシックなデザインが味わえる「セルジュ」がイチ押し。

その心地良さはやみつきに。ルトロワのウェアを着よう

ウェア・コーデ

その心地良さはやみつきに。ルトロワのウェアを着よう

知的で上品な大人の男性にふさわしいフレンチカジュアル。数あるフレンチブランドの中でもとくに使いやすいウェアブランド『ルトロワ』の定番&注目アイテムを紹介します。

池田 やすゆき

2018.09.09

ブランド4

『ノーティカ』アメリカ

『ノーティカ』アメリカ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

90年代にはヒップホップシーンでも高い人気を博していたブランドが、2020年に日本再上陸。本作は、ファッションディレクターの長谷川昭雄氏が監修した、『フリークスストア』限定のエクスクルーシブラインからの1枚。プレーティング天竺と呼ばれる手法でしっかり編み立てられており、ゆったりした今旬のシルエットを単色リブが文字通り引き締める。

ブランド5

『モンケメル』フランス

『モンケメル』フランス

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

フランスの老舗ワークウェアブランドに、『フリークスストア』が別注。絶妙なボーダーのピッチ幅や、ドロップショルダーのゆったりしたサイジングなど、細部に至るまで強いこだわりが感じられる。また肉厚のコットン生地にウォッシュド加工が施されているため、手に入れた瞬間から抜群の着心地が味わえるという点でも即戦力の1枚といえるだろう。

ブランド6

『アニエスベー』フランス

『アニエスベー』フランス

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ラガーボーダーとも称される、60×60mmの太いボーダー柄が用いられた本作は、フレンチシックの代名詞的ブランドである『アニエスベー』を象徴する定番の1つ。生地自体がラガーシャツのように非常に高密度で編み立てられており、横伸びが少なくヘビーデューティそのもの。ロックムードを放つモノトーン配色が、着こなしの幅を広げてくれる。

アニエスベーの参考書。おすすめのウェア&小物をピックアップ

ウェア・コーデ

アニエスベーの参考書。おすすめのウェア&小物をピックアップ

昨今人気のフレンチカジュアルですが、その代表的ブランドとして『アニエスベー』はハズせないでしょう。当記事では、ブランドの魅力から推奨アイテムまで紹介します。

山崎 サトシ

2020.01.09

アニエスベーのTシャツで、フレンチシックを身にまとう。今の買いはこの10枚

ウェア・コーデ

アニエスベーのTシャツで、フレンチシックを身にまとう。今の買いはこの10枚

フレンチカジュアルの象徴的ブランド『アニエスベー』。なかでもTシャツは、人気商品として今なお大人を魅了し続けている。コーデやアイテムとともにその魅力を再確認!

菊地 亮

2020.07.10

ブランド7

『ミスターオリーブ』日本

『ミスターオリーブ』日本

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

60年代~70年代のカルチャーを背景に、ロック、オーセンティック、ドレスといった切り口で再構成したリアルクロージングを提案する『ミスターオリーブ』。本作における最大の特徴は、カリフォルニア・サンフォーキンバレーの雪解け水で育った希少なコットンを使用している点。やや短めの着丈にゆとりのある身幅、襟は張り抜きリブがアクセントに。

ブランド8

『サンスペル』イギリス

『サンスペル』イギリス

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

妥協なく仕上げられた極上の素材とミニマルデザインを武器に、150年以上の歴史を誇るイギリス生まれの『サンスペル』。本作もまた、手摘みされた最高級の超長綿にて編み立てられた良質のコットンジャージー素材“Q82”を使用していて、ボディラインに沿う美しいフォルムと細ピッチのボーダー柄が実にスタイリッシュ。品質の高さにこだわるならば、ぜひ。

“上質服”、サンスペル。高いモノには、ワケがある

ウェア・コーデ

“上質服”、サンスペル。高いモノには、ワケがある

妥協なく織り上げられた極上素材と、品質に自信があるから叶うミニマルデザイン。150年以上の歴史を持つ『サンスペル』は、上質を求める大人に必須のワードローブです。

山崎 サトシ

2019.03.04

ブランド9

『オーシバル』フランス

『オーシバル』フランス

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

古くからフランス海軍御用達のブランドとして知られ、パブロ・ピカソやシャルロット・ ゲンズブールなどの著名人も愛用。ボディに使われたラッセル生地は、非常に多くの糸を使用した複雑な構造が特徴。通気性にも優れており、1枚で着るもよし、レイヤードのベースにするもよしと、オールシーズンで活躍。裾に入った蜜蜂のアイコンも実にキャッチーだ。

ボーダーが代名詞。オーシバルの定番バスクシャツ

ウェア・コーデ

ボーダーが代名詞。オーシバルの定番バスクシャツ

春夏のワードローブに重宝するボーダーカットソー。大人が選ぶなら、上品なルックスで着心地もいい『オーシバル』のバスクシャツがおすすめです。

モチヅキ アヤノ

2020.04.13

ブランド10

『ショット』アメリカ

『ショット』アメリカ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ライダースジャケットの代名詞である『ショット』が作るボーダーカットソーは、大胆な太ピッチと胸ポケットに施された刺繍のアクセントが武骨な世界観を際立たせている。また、袖がリブ仕様になっている点にも注目。袖口からの風の侵入を防ぐこのディテールが、ライダースジャケットを羽織ってのバイクライディング時に、真価を発揮するに違いない。

1着は欲しい! ショット定番のライダースは男の必需品

ウェア・コーデ

1着は欲しい! ショット定番のライダースは男の必需品

ライダースジャケットは秋冬のマストハブ。とはいえ、お手ごろ価格で済ませてしまうのはNG。長く愛用することも考えると、ライダースの老舗『ショット』がおすすめ。

近間 恭子

2020.10.26

ボーダーカットソーはこんな風に着こなして

爽やかでクリーンな雰囲気が魅力のボーダーカットソーはまた、アウターやボトムスなど、合わせるアイテム次第で表情を変える汎用性の高いトップスでもある。ここでは「春夏」と「秋冬」の2シーズンに分けて、それぞれの時期に合わせたコーデ巧者のサンプルを収集。ボーダーカットソーはいかにして着こなすべきか、そのテクニックに迫る。

▼春夏の着こなしサンプル

着こなし1

紺ブレ&重ね着で、爽やかなマリンルックを形成

紺ブレ&重ね着で、爽やかなマリンルックを形成

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

まずは春先の着こなしから。白ベース&程良いピッチのボーダーカットソーに金ボタンの紺ブレを合わせれば、おのずと加速するマリンムード。ここで注目すべきポイントは首元だ。ボーダーはポロシャツの上に重ねてレイヤード。絶妙に色落ちしたジーンズとの対比で清潔感が強調され、大人のマリンルックがここに完成した。

着こなし2

人気のアウトドアスタイルとだって、相性は抜群

人気のアウトドアスタイルとだって、相性は抜群

WEAR

WEAR

お気に入り追加

今や街着としても欠かせないものとなったアウトドアウェア。なかでもマウンテンパーカーは、軽快ながら程良くボリューミィ、合わせやすさもあって人気が高い。彼の場合は、さらにボーダーカットソーと合わせることで、山と海の二大要素を絶妙にMIX。ショートパンツ&白スニーカーの爽やかさも相まって、より春らしい装いに。

着こなし3

サンダルで抜け感を足せば、よりこなれた印象に

サンダルで抜け感を足せば、よりこなれた印象に

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

夏コーデを支える足元選びにおいて、登板率が高くなるサンダル。露出した素肌が涼しげな印象を強める効果もあってか、ドロップショルダー気味&ボートネックのボーダーカットソーとのコンビネーションは、まさにサマースタイルの王道。ロングレングスのボトムスでも抜け感を演出したい……そんなときにぜひ挑戦していただきたい。

▼秋冬の着こなしサンプル

着こなし4

レザーライダースと合わせて、ロックに着こなす

レザーライダースと合わせて、ロックに着こなす

WEAR

WEAR

お気に入り追加

春夏の印象が強いボーダーカットソーだが、秋冬ではまったく異なるスタイルを作り上げるキーアイテムとなる。例えば、ライダースジャケットだ。モノトーンカラーのボーダーの上から羽織って、他アイテムを黒一色でまとめるだけでロックスタイルが完成。ライダースはシングルを選んで武骨さを中和させるのがポイントである。

着こなし5

太ピッチなら、ダッフルコートのボリュームにも負けない

太ピッチなら、ダッフルコートのボリュームにも負けない

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ダッフルコートもボーダーカットソー同様、海の男の服という出自を持つアイテム。となれば相性が良いのも当然のことだが、ここで気をつけるべきはボーダー柄のピッチの太さ。細いとかわいらしさが前面に出てしまい、かつアウターのボリューム感にも負けてしまいがち。太ピッチで武骨さとカジュアル感のバランスを取るように心掛けたい。

着こなし6

ボーダーが武骨さを中和し、クリーンな雰囲気をプラス

ボーダーが武骨さを中和し、クリーンな雰囲気をプラス

WEAR

WEAR

お気に入り追加

最後はもう一歩、武骨さを色濃くした着こなしにおけるボーダーカットソーの見え方について。ここでは、濃紺かつ太めのストレートデニムでワークテイストを取り入れながら、オイルドジャケットで男らしさを加味。それでいて野暮ったさを感じさせないのは、ボーダーカットソーが有するクリーンな雰囲気のおかげに他ならない。

メンズのボーダーコーデ、女性が提案する3つの攻略術

ウェア・コーデ

メンズのボーダーコーデ、女性が提案する3つの攻略術

夏シーズンはもちろん、一年を通じて着用しやすいボーダーシャツ。女性目線で見たボーダーシャツコーデの魅力や、素敵だと感じる着こなしポイントをご紹介します♪

モチヅキ アヤノ

2019.04.30

ボーダーTシャツのコーデ術。好印象な着こなしのコツ

ウェア・コーデ

ボーダーTシャツのコーデ術。好印象な着こなしのコツ

「ボーダー柄はモテない」なんて、ひと昔前の話。とくにここ数年ではむしろ「ボーダー=モテる」という説もあるのです。その理由と具体的な着こなし術を伝授します!

平 格彦

2017.03.31

御三家だけじゃない。バスクシャツのおすすめ10ブランドとコーデのヒント

ウェア・コーデ

御三家だけじゃない。バスクシャツのおすすめ10ブランドとコーデのヒント

春から夏、そして秋にかけての定番着として重宝するバスクシャツ。その魅力と実用性、そして三大銘柄をはじめとするおすすめブランド、コーデの基本など幅広く紹介します。

山崎 サトシ

2021.03.29

TOMMY

カラダはアラフォー・ココロは永遠の15歳

TOMMY
紙のメンズファッション誌、ファッションWEBメディアを中心に、ファッションやアイドル、ホビーなどの記事を執筆するライター/編集者。プライベートにおいては漫画、アニメ、特撮、オカルト、ストリート&駄カルチャー全般を愛するアラフォー39歳。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

男の自信を呼び起こす1本に出会う。初めての本格時計、その条件とは?

初めて高級腕時計を手にする喜びと緊張感は、かけがえのない経験です。その瞬間をより濃密にする向き合い方を、名門老舗ブランドの腕時計を軸にレクチャーしていきます。

SPONSORED by スウォッチ グループ ジャパン

続きを読む

初夏の主役トップスが税込1,650円。大人のお眼鏡に適うTシャツを、クロスコットンで見つけた

まもなく、Tシャツが主役となる季節に。戦力として欲しいのは、本格志向だけどガシガシと気軽に普段使いできる1枚です。その最適解が『クロスコットン』にありました。

SPONSORED by 丸久

続きを読む

その実用性に、また頼りたい。マンハッタンポーテージの“現在”を知っているか

90年代のシーンを席巻した、『マンハッタンポーテージ』。現在、同ブランドのバッグは現代のニーズに合わせて進化を遂げています。再び頼りたい逸品群をお披露目!

SPONSORED by マンハッタンポーテージ

続きを読む

Tシャツに羽織るべきは、都会派ミリタリーアウターだ。タトラスが示す春コーデの方程式

男らしい存在感が持ち味のミリタリーアウターは、薄着になっていく今の時期に必携。あくまでスマートに着こなすなら、骨太さの中に洗練を宿す都会派な1着を選びましょう。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

今春のクォーツに求めるのは、ラグスポかエレビジか。ティソの二大新定番からその答えを探る

新しい季節を、新しい相棒と。そんな方へのフレッシュな腕時計が、老舗『ティソ』にありました。抜群の信頼性と利便性を両立した、2本のクォーツウォッチに迫ります。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

引き算の美学を知る。新作ドレスウォッチで強固になった、カルレイモンの“軸”

高級時計の代名詞、ムーンフェイズを若者でも手の届く価格で世に送り出す『カルレイモン』。よりドレス感を強めた話題の新作「クラシックシンプリシティ2」に注目です。

SPONSORED by カルレイモン

続きを読む

こだわりある男の最後のピース。ビズスタイルはハミルトンで個性を魅せる

コロナ禍においては、多方面で禁欲的になりがちです。そこに一石を投じるのが、老舗腕時計ブランド『ハミルトン』。個性のある新作群が、これからのビズに花を添えます。

SPONSORED by スウォッチ グループ ジャパン

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP

カテゴリ

おすすめ記事