ワードローブに必須。ボーダーカットソーのおすすめ10選

ワードローブに必須。ボーダーカットソーのおすすめ10選

爽やかでクリーンなムードを振りまくボーダーカットソーは、春夏の鉄板ワードローブ。袖を通す機会が多い定番だからこそ、こだわりの逸品で差別化を狙うのが正解です。

山崎 サトシ

2020.02.21

トップス
カットソー
ボーダーカットソー

“ド定番”のボーダーカットソーを主役使いするなら、こだわりの1枚を選びたい

もともとは船乗りたちの作業着として着用されていたボーダーカットソー。ボートネックタイプのモノはバスクシャツとも呼ばれています。海に転落した際に発見しやすいとの実用的な理由もあって、フランス海軍でも採用されていました。そんなバックボーンを持つボーダーカットソーは、今では爽やかで涼しげな春夏トップスとしてカジュアルシーンにおいて欠かせない存在に。

しかし、世代・性別を問わず愛される定番中の定番デザインだけに、量産的なモデルでは周囲と同質化してしまう恐れがあります。信頼置けるトップブランドが手掛けるこだわりの1枚で、差別化を図るのがこなれた大人の作法というもの。では、ボーダーカットソーを十八番とするのはどこなのか、厳選した10ブランドを紹介します。

ボーダーカットソーのおすすめブランド10選

大人向けのボーダーカットソーを展開する有力ブランドを注目作とともにピックアップ。フランス海軍で着られていたという背景もあり、フレンチブランドからの提案が目立ちます。

ブランド1『セントジェームス』

フランス北部・ノルマンディー地方で1889年に設立された『セントジェームス』。漁師やヨットマンといった海で働く男たちに数多の作業着を提供してきた、マリンブランドの老舗です。なかでもこの「ウエッソン」を筆頭としたボーダーカットソーはブランドの象徴的アイテム。創業以来、変わることなくフランス国内のファクトリーで製作されています。

セントジェームスのボーダーカットソー。人気二大モデルの着こなし方

セントジェームスのボーダーカットソー。人気二大モデルの着こなし方

春夏の主役アイテム、ボーダーカットソー。その鉄板ブランドのひとつがフランスの『セントジェームス』です。ブランドが誇る人気モデルに着目してご紹介していきます。

山崎 サトシ

「ウエッソン」はノルマンディー地方の海の男たちが着ていた作業服がルーツ。しっかりと密に編み立てられたタフなコットン100%生地ゆえに、着るほど肌に馴染んでいきます。また、洗うたびに味わいが深まるのも大きなメリットの1つ。長く愛用していける頼もしいワードローブです。

ブランド2『オーシバル』

フランス・リヨンで1939年にスタート。1950年代~1960年代にかけてフランス海軍にバスクシャツを納入していた、由緒正しきマリンブランドとしても知られています。特に有名なのは、昔ながらのラッセル編みを駆使したバスクシャツ。このラッセル編みは糸の使用量が非常に多いうえに編み立ても複雑なのですが、そのぶん丈夫で発色良く仕上がるという魅力があります。

ボーダーが代名詞。オーシバルの定番バスクシャツ

ボーダーが代名詞。オーシバルの定番バスクシャツ

春夏のワードローブに重宝するボーダーカットソー。大人が選ぶなら、上品なルックスで着心地もいい『オーシバル』のバスクシャツがおすすめです。

モチヅキ アヤノ

『オーシバル』の代名詞ともいえるラッセル編みバスクシャツは、すっきりとしたシルエットと美麗な色合いを兼備。それゆえ、余計なレイヤードをせず1枚で着ても十分にあか抜けた雰囲気を演出できます。一般的なカットソーと比べて耐久性が高いので、ヘビロテも余裕!

ブランド3『ルミノア』

『セントジェームス』や『オーシバル』と並び、三大バスクシャツブランドに数えられる名門。1936年にフランスのブルターニュ地方で創設されました。生地からソーイングまですべての工程をフランスの自社工場で行っているだけあり、その品質は折り紙付き。首元はやや浅めのボートネックになっているため、適度な抜け感がありながらも合わせるインナーを選びません。

心地良いおしゃれを。長く愛用したいルミノアの定番ウェア

心地良いおしゃれを。長く愛用したいルミノアの定番ウェア

『セントジェームス』や『オーシバル』に並ぶ、バスクシャツ3大ブランドとして支持されている『ルミノア』。その人気の理由と、おすすめのアイテムを紹介します。

近間 恭子

ボディは厚手かつコシのあるコットン100%生地で、着用していくうちにしなやかさが増していきます。耐久性にも優れているため長年愛用できるのもうれしいですね。左肩には『ルミノア』のブランドロゴをセッティング。

ブランド4『アニエスベー』

フランス人デザイナーのアニエス・ベーが、1975年に自身の名を冠して発足。ミニマルなフレンチカジュアルを根底に置くブランドで、とりわけボーダーカットソーは絶対的な定番アイテムとして位置付けています。グラデーション染めが目を引く1枚は『アダム エ ロペ』との共作。コーディネートに遊び心を描き出してくれます。

印象的な裾部分のグラデーション染めは職人のハンドワークによるモノ。そのため色のにじみ具合が一点一点微妙に異なりますが、それもまた味。定番のボーダーカットソーに新鮮なムードをもたらしています。存在感あるデザインなので、あっさりとしがちな春夏コーデの良いスパイスに。

ブランド5『マコバ』

『マコバ』は1950年代にフランスで誕生したワークブランドで、現在はここ日本で復刻されています。フレンチブランドならではの清潔感とジャパンメイドの質実剛健さを備えたバスクシャツは、ブランド自慢の逸品。素材には和歌山産のがっしりとしたヘビーウェイト天竺をチョイスしていて、タフに着られます。

ガシッとした肉感のタフなボディなのですが、ご覧の通りシルエットは実にスマート。上品なカジュアルスタイルへと導いてくれます。なお、天竺生地はオープンエンド糸と呼ばれるたっぷりと空気を含んだ糸で編み上げられており、通気性&軽量性にも秀でています。

ブランド6『ラコステ』

いわずと知れたスポーツ界の巨星。フランス生まれのテニスプレイヤー、ルネ・ラコステが1933年に創設したブランドです。ポロシャツがアイコンですが、フレンチブランドらしい品の良いボーダーTにも定評があります。この1枚は落ち着いた配色で大人っぽいカジュアルスタイルには好適。胸元にはお馴染みのワニロゴが鎮座します。

やや広めの設定となったネックラインが、スリムボーダーとともに上品な雰囲気を高めてくれます。ポロシャツのような鹿の子素材のボーダーカットソーゆえ、汗をかいてもサラサラというのも高ポイント。デザインと着心地、両方への気配りは『ラコステ』ならでは。

ブランド7『ルトロワ』

フランスシャンパーニュ地方発の、ニット&カットソーブランド。2009年設立と比較的新しいブランドでありながら、どこか懐かしさを感じさせるベーシックなアイテムを展開しています。なかでも、昔ながらの丸胴編み機で作られたカットソーは、シームレスかつ伸縮性に優れているため着心地は抜群です。

本作は、肩回り、裾、袖先に余白を設けたタイプのカットソー。白の割合が増えた分、よりクリーンな印象に仕上がっています。すでに総柄のボーダーカットソーをお持ちの方にも、違った雰囲気が楽しめる1枚としておすすめです。裾に入ったスリットは、動きやすさを確保しつつデザイン性を高める効果も。

ブランド8『サンスペル』

1860年にアンダーウェアメーカーとして英国で始まった『サンスペル』は、上質な素材を駆使したワードローブも人気。この1枚は「Q82」と呼ばれるブランドの代表的マテリアルで仕立てられています。最高級の超長綿を使ったコットンジャージィ素材である「Q82」は、その滑らかなタッチが最大の魅力。着心地はまさしく“雲上級”です。

“上質服”、サンスペル。高いモノには、ワケがある

“上質服”、サンスペル。高いモノには、ワケがある

妥協なく織り上げられた極上素材と、品質に自信があるから叶うミニマルデザイン。150年以上の歴史を持つ『サンスペル』は、上質を求める大人に必須のワードローブです。

山崎 サトシ

非常に手間のかかる工程を経ることで、着心地の良さと耐久性を両立させている「Q82」。ヘビロテでこそ真価を発揮する素材といえます。加えて、ほっそりとシャープなボーダー柄による洗練されたデザインもGOOD。才色兼備なアイテムだけに、大人の心強い味方となります。

ブランド9『ヘリーハンセン』

北欧はノルウェーで産声を上げたアウトドア&マリンブランドで、創設は1877年のこと。数々のトップセーラーのサポートも行っています。海との関係性が深いブランドだけに、ボーダーカットソーはお手のもの! 写真の1枚はドロップショルダー気味のデザインが、程良いリラックス感を演出。素材はハリコシのある度詰め天竺で、ポリエステルの混紡により速乾性も確保しています。

都会に映える北欧アウトドアブランド。ヘリーハンセンがほしい

都会に映える北欧アウトドアブランド。ヘリーハンセンがほしい

海を感じさせるアウトドアブランドとして独自の地位を築いている『ヘリーハンセン』。機能性だけでなく、北欧由来のデザインも大きな魅力です。

平 格彦

同じくポリエステル混の素材で、半袖モデルもスタンバイ。抗菌防臭加工が施されているため、汗をかく季節にも心強いアイテムです。もちろん、セット買いも視野に入れたいところ。シルエットは適度にゆとりがあり、今っぽい雰囲気を簡単に描き出せます。暖かい日にはショーツとのコンビが良さそうですね。

ブランド10『wjk(ダブルジェイケイ)』

2004年に発足された東京ブランド。“良いものは変わらない”、“残るものは本物”という事実をもとに、時を経ても色褪せないワードローブを提案しています。注目したいアイテムは、良質な天竺素材が使われた3枚セットのパックT。Vネック・深めのVネック・ラウンドネックと1枚ずつネックデザインが異なっており、多彩な着こなしに対応できます。

着用シルエットは『wjk(ダブルジェイケイ)』らしくすらりとタイト。細幅のボーダー柄や、短めの裾&袖がシャープな印象を加速します。テーパードパンツとのコンビでミニマルにまとめるのが正攻法といえますが、あえてワイドパンツと組み合わせてメリハリ感を出すのも良手!

アフロ歴15年のファッションライターで、趣味はヴィンテージモノの収集とソーシャルゲーム。メンズファッション誌を中心として、WEBマガジンやブランドカタログでも執筆する。得意ジャンルはアメカジで、特にデニム・スタジャン・インディアンジュエリーが大好物!
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    イールのサクラコートが春の大人カジュアルにうってつけ

    イールのサクラコートが春の大人カジュアルにうってつけ

    春向けのライトアウターの中でも、今季は着丈が長いコートが気分。特に『イール』のサクラコートは品良くカジュアルな大人の着こなしにハマりやすい。

    大中 志摩

    春アウターどれにする? 即戦力ライトアウター10ジャンル

    春アウターどれにする? 即戦力ライトアウター10ジャンル

    春の着こなしのメインはライトアウター。主役となるアイテムはいち早く確保するのが賢明です。この春らしいアウターの手掛かりとおすすめ品を解説するので、ぜひ参考に。

    平 格彦

    ワードローブに必須。ボーダーカットソーのおすすめ10選

    ワードローブに必須。ボーダーカットソーのおすすめ10選

    爽やかでクリーンなムードを振りまくボーダーカットソーは、春夏の鉄板ワードローブ。袖を通す機会が多い定番だからこそ、こだわりの逸品で差別化を狙うのが正解です。

    山崎 サトシ

    マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

    マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

    アウトドアアイテムの人気は衰え知らず。特に街から外遊びまで自在に着回せるマウンテンパーカーは、1着押さえておくべき筆頭です。おすすめブランドを厳選しました。

    山崎 サトシ

    バンソンのライダース。“最香”の男らしさと至高の防寒性をジャッジ

    バンソンのライダース。“最香”の男らしさと至高の防寒性をジャッジ

    ハード&タイトな着心地と革とガソリンの匂いに包まれた『バンソン』は、アメリカンライダースジャケットの雄。その魅力を掘り下げながら、おすすめのアイテムを紹介します

    那珂川廣太

    BACK