懐かしいのがいいね。90年代のスニーカーが大人の気分

90年代スニーカーブームが復権! ハイテクで未来感にあふれたデザインは、今もなお独特の個性を放ちます。押さえておきたい名作や、参考にしたい着こなし例を総まとめ!

懐かしいのがいいね。90年代のスニーカーが大人の気分

懐かしの90年代ファッションを再確認

90年代のファッションは、80年代に席巻した国内デザイナーズブランドやグローバル化する社会への反動として、自分自身のアイデンティティーを確立する手段でした。「個性」や「自分らしさ」を表現できるドメスティックブランドや古着屋が数多く表れ、中心地の"裏原宿"はファッション発信地として注目を集めます。ヒップホップやラップ、DJ、スケート、グラフィティなどはストリートカルチャーとして市民権を獲得。ファッションとも相互に影響を与えあいました。そうした時代に登場したスニーカーは、ブランド独自の先進テクノロジーを搭載することで独創性をアピール。個性を表現できるアイテムとして、多くのユーザーに受け入れられました。

90年代を代表する名品とは 

最新素材を駆使したクッショニングシステムや、シューレースに替わる調節方法など、先進技術を駆使したハイテクスニーカーが隆盛した90年代。バスケットボールやランニングなど、スポーツを目的とした高性能モデルが数多く登場しました。

『ナイキ』ナイキ エア マックス 95

90年代を代表するモデルといえば、コレ。ミッドソールに大きな窓を設けた独自のクッショニングシステム「エア」を搭載し、その斬新な機能性とインパクト大なビジュアルで人気が沸騰。発売当時は「エアマックス狩り」という社会問題も起こりました。

『プーマ』ディスクブレイズ

独自の「ディスクシステム」と搭載した名作スニーカー。アッパーにあるディスクを回転することで内蔵されたワイヤーがしまり、足にフィットする仕掛けです。これまでのシューレースに替わる画期的なシステムには、90年代スニーカーらしい未来感が漂います。

『リーボック』インスタポンプフューリー

タンにあるポンプをプッシュすることでアッパー内のチェンバーに空気が注入され、シューレースなしにフィットさせられる「ザ ポンプ テクノロジー」搭載。一人ひとりの足の形に合わせられる未来的スニーカーとして注目され、90年代にはプシュプシュとポンプを押す姿をよく見かけました。

『ニューバランス』M1400

フラッグシップモデルと呼ばれる1000番台の人気作も、90年代に輝かしいデビューを飾りました。EVA素材を圧縮成型してクッション性能の持続力を高めた「Cキャップ」や安定性とクッション性を両立する「エンキャップ」を搭載。やわらかいフィットに、多くの人が魅了されました。

『フィラ』グラントヒル

90年代にNBAで活躍したレジェンド、グラント・ヒルのシグネチャーモデル。彼の友人だった著名ラッパーたちも愛用したことで、一躍ストリートシーンで注目を集める存在になりました。高さのある大胆なアッパー構造で、足元をボリューミーに表現します。

『アディダス オリジナルス』エクイップメント

1993年にリリースされたスニーカーです。トルションバーと呼ばれる硬質素材をEVAミッドソールに備えることで、足裏に生じるねじりを抑え、歩行時の負担を軽減。アイコニックなスリーストライプを、スエードとメッシュで表現しているのも特徴的です。

『ジョーダン』エア ジョーダン 1

バスケットシューズはこの時代のスニーカーカルチャーをけん引する存在でしたが、中でもマイケル・ジョーダンのシグネチャーモデルのインパクトは絶大でした。ナイキのクッショニングシステムを採用し、履き心地も抜群。ダンクする様を表現したジャンプマンロゴでも知られています。

『ナイキ』ナイキ エア モア アップテンポ

特大サイズの「AIR」ロゴをサイドに描いた、一度見たら忘れられないデザイン。NBAブルズ黄金期をジョーダンとともに支えた、スコッティ・ピッペンモデルです。フロントとヒール、ヒール中央部の3か所に圧力の異なるエアを備えた「トリプルエア」を起用しています。

『リーボック』シャックノーシス

シャックの愛称で親しまれていたNBAのスーパースター、シャキール・オニールのシグネチャーモデル。なにより、異素材で構築された波状のアッパーデザインに、思わず魅了されてしまいます。独自のクッショニングシステム「ヘキサライト」が搭載されています。

『ナイキ』ナイキ エア ズーム フライト 95

本場NBAをはじめ、国内外の選手たちも愛用した名作バスケットボールシューズです。安定感を高めるシンセティックレザーのアッパーと、Zoom Airユニット内蔵でクッション性の高いPhylonミッドソールを採用。ソールの有機的な形状がたまりません。

懐かしのスニーカー、どう履きこなす? 大人コーデに取り入れるテク

インパクトの大きな90年代スニーカーを履きこなすには、ちょっとしたコツが必要。子供っぽくなってしまうのを避けるべく、ロールアップや色の統一、素材感のリンクといった技を身に着けましょう。

「ナイキ エア マックス 95」の特徴であるアッパーの色合いを生かし、ウェアも同じグラデーションで表現。ベーシックなアイテムでまとめても、スニーカーのハイテク感が十分に個性を表現できるのがいいところです。

この「ディスクブレイズ」など、90年代スニーカーの多くは多機能ゆえのゴテゴテ感が魅力。そのため、この着こなしのように足元に抜け感を生む半端丈パンツとも好相性。トップスで色を拾うことでも、軽快感が生まれます。

この時代に隆盛したバスケットボールシューズの基本は、足首を守るハイカットタイプ。こうして、パンツの裾を中に入れた着こなしも取り入れたいものです。カラーをグッと厳選することで、スニーカーの魅力を前面に押し出せています。

ハイテクスニーカーは、デニム柄をプリントしたフーデッドブルゾンにカーゴパンツといった、いかにもなストリートファッションと合わせやすいもの。革靴だと重くなってしまうところですが、スニーカーを選ぶことでカジュアル感を高めています。

きれいめなジャケットスタイルとも合わせやすいのが「M1400」。ボトムスにはジーンズを合わせ、足元だけが浮かないようにアレンジ。オン・オフ兼用できそうなトートバッグを合わせたところも絶妙です。

やはり色を合わせることが基本。そのうえで、こちらではメランジのニットを選ぶことで、同じく質感に特徴のあるスニーカーのスエード素材ともテイストがリンクし、調和がとれています。足元はロールアップすることで、今どきな印象も加味。

特徴的なアッパー形状をした「インスタポンプフューリー」はインパクトがあるため、膝上ショーツを合わせても足元が寂しくなりません。白シャツ&ほどよく細身のショーツは子供っぽくならないきれいめな着こなし。そこにキャップを加え、ストリート感を加えています。

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る