春夏にペールトーンという選択を。大人が着たい4色と着こなし方

春夏にペールトーンという選択を。大人が着たい4色と着こなし方

淡い色味のペールトーンは、1点取り入れるだけで清涼感を演出してくれるため、春夏シーズンの装いにうってつけ。大人が挑戦しやすい4色と、その着こなし方をご紹介します。

近間 恭子

近間 恭子

SHARE
記事をお気に入り
2021.05.27

春夏の装いに効くペールトーン。大人が挑戦しやすいのはこの4色

春夏の装いに効くペールトーン。大人が挑戦しやすいのはこの4色

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ペールトーンとは、直訳すると淡い色調のこと。強い印象を与えるビビッドカラーに対し、ペールトーンは柔らかでやさしい印象を与えることができます。また、色ものが苦手な人でも比較的取り入れやすく、清涼感もアピールできることから、春~夏のコーデにうってつけのカラーといえるでしょう。

とはいえ、何色を選んだらいいのかわからないという方も多いと思いますので、大人が挑戦しやすい4色をピックアップし、その取り入れ方をご紹介。1アイテムだけでも清涼感や柔らかな雰囲気を演出できるので、まずは定番トップスで取り入れるのがおすすめです。

▼カラー1:爽やかさと知性をアピールできる「ペールブルー」

ペールトーンの中でもチャレンジしやすいのがブルー。爽やかな印象を与える色であり、同時に知的で落ち着いた雰囲気も演出できます。ジーンズやチノパンなど、定番ボトムスとの相性が抜群なのもおすすめする理由です。

コーデ1

ペールブルー×ネイビーで作る好印象コーデ

ペールブルー×ネイビーで作る好印象コーデ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

爽やかで好印象なペールブルーのシャツは、最も取り入れやすいアイテムの1つ。どんなボトムスとも相性良く着こなせますが、大人っぽくまとめるならネイビーとの組み合わせがおすすめです。ブルー系で揃えているので統一感があり、濃淡のメリハリがコーデをすっきり仕上げてくれます。

コーデ2

涼しげなムードが加速するホワイトとの組み合わせ

涼しげなムードが加速するホワイトとの組み合わせ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ペールブルー×ホワイトの組み合わせなら、より涼しげな印象に仕上がります。今っぽい気分で着こなすなら、ワイドパンツを合わせてリラックス感高めのスタイリングを構築するのがおすすめです。

ペールブルーのおすすめアイテムはこちら

アイテム1

『ケルティ』×『フリークスストア』Tシャツ

『ケルティ』×『フリークスストア』Tシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

落ち着いたペールブルーの発色が印象的なTシャツは、『フリークスストア』限定で販売している『ケルティ』とのコラボもの。ヴィンテージロゴのワッペンをミニサイズにアレンジし、主張しすぎない絶妙なバランスで仕上げられています。程良くゆとりのあるサイズ感も今の気分にマッチ。

アイテム2

『パブリック トウキョウ』ソリッドオープンカラーシャツ

『パブリック トウキョウ』ソリッドオープンカラーシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ペールブルーのシャツで周りと差別化を図るなら、オープンカラータイプがイチ押しです。Tシャツの上からサラッと羽織るだけでサマになり、またボタンを留めて着ても適度なリラックス感を演出できるため使い勝手は良好。素材はポリエステル100%で乾きやすく、シワにもなりにくいため、汗ばむ季節にぴったりです。

▼カラー2 :リラックス感ある装いを構築する「ミントグリーン」

やすらぎや癒やしを与える色とされているミントグリーンは、ペールブルーと同様に爽やかな雰囲気を演出できます。また、フレッシュな印象を与える効果もあるので、着こなしが若々しく仕上がるというのも魅力。ネイビーなどの定番色との相性も良いので、初心者でも取り入れやすいはずです。

コーデ1

ミントグリーン×ネイビーで清涼感ときちんと感の両得

ミントグリーン×ネイビーで清涼感ときちんと感の両得

WEAR

WEAR

お気に入り追加

同トーンのジャケットとジーンズというセットアップのような着こなしに、ミントグリーンのポロシャツをイン。きちんと感と清涼感、さらにラフさが絶妙に融合した着こなしに仕上がっています。クリーンな白スニーカーには、爽やかさを倍増させる効果あり。

コーデ2

ブラックとの組み合わせで大人のこれなれ感も演出

ブラックとの組み合わせで大人のこれなれ感も演出

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ミントグリーンの開襟シャツとブラックの柄パンツで、大人のリゾートスタイルを構築。柄パンツもブラックなら派手になりすぎず、着こなしに馴染みます。インナーに同色のボーダーTをセレクトしているのもポイントで、着こなしに統一感を持たせています。トップスとボトムスの色を拾ったサンダルを合わせているのもGOOD。

ミントグリーンのおすすめアイテムはこちら

アイテム1

『ザ・ノース・フェイス』Tシャツ

『ザ・ノース・フェイス』Tシャツ

ヒマラヤ楽天市場店

ヒマラヤ楽天市場店

お気に入り追加

ペットボトルを原料にしたリサイクルポリエステル100%のサステナブルなTシャツ。柔らかな肌触りで速乾性にも優れているだけでなく、静電気の発生を抑える静電気ケア設計も採用。ブランドロゴを散りばめたバックプリントも目を引きます。

アイテム2

『ブルックスブラザーズ』ポロシャツ

『ブルックスブラザーズ』ポロシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『ブルックスブラザーズ』のポロシャツに使用しているのは、丈夫でしなやかな肌触りが楽しめる上質なスーピマコットン。さらにパフォーマンス加工を施したことで、洗濯しても色が褪せにくく、襟の反り返りやボディの毛羽立ちも軽減してくれます。ツートーンカラーのGF(ゴールデン フリース)マークもアクセントに。

▼カラー3:甘くなりすぎず爽やかな「ベビーピンク」

ピンクなんて着られない……と苦手意識を持ってる方は多いかもしれませんが、淡い発色のベビーピンクはやさしい雰囲気を高め、女性にも好印象を与えられるという、ぜひ取り入れたい色なんです。シンプルな着こなしに取り入れると、ベビーピンクの魅力がより引き立ちますよ。

コーデ1

好印象を与える柔和なカラーリングが決め手

好印象を与える柔和なカラーリングが決め手

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ライトグレーとの色合わせが、ベビーピンクの柔和な雰囲気に拍車をかけています。全体的にゆったりとしたサイズ感に仕上げ、今どきのリラックス感を醸し出しているのもお見事。オープンカラーシャツのインナーにモックネックTシャツをレイヤードすることできれいめに仕上げているのもポイントです。

コーデ2

ベビーピンクを挿してモノトーンコーデを春夏らしく

ベビーピンクを挿してモノトーンコーデを春夏らしく

WEAR

WEAR

お気に入り追加

黒と白を1:1で構成したメリハリあるモノトーンコーデに、ベビーピンクのマリンパーカーをオン。それによってやさしさや柔らかさだけでなく、洒落感までも高めることに成功しています。

ベビーピンクのおすすめアイテムはこちら

アイテム1

『アダム エ ロペ』バンドカラー半袖シャツ

『アダム エ ロペ』バンドカラー半袖シャツ

アダム エ ロペ オフィシャルサイト

アダム エ ロペ オフィシャルサイト

お気に入り追加

ボディも袖もボリューム感のあるオーバーサイズはさることながら、このバンドカラーで注目すべきは素材。コットンタッチのポリエステルはソフトでしなやか、さらには落ち感も美しく、オーバーサイズでも着膨れして見える心配は無用です。吸水速乾やUVカット、接触冷感などのこれからの季節にうれしい機能も満載。

アイテム2

『アーバンリサーチ』Tシャツ

『アーバンリサーチ』Tシャツ

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

男性でも取り入れやすい、スモーキーなピンクの発色が絶妙。シルケット加工を施したコットン100%のポンチ素材を使っているので、クリアな表面感で洗練された印象を与えます。Tシャツ1枚のスタイリングも、どこか品良く仕上がりますよ。

▼カラー4:上品さとリラックス感を両立できる「ラベンダー」

リラックス感に加え、上品さも手に入れられるラベンダーは、大人にこそおすすめしたいペールトーンカラーの1つ。難易度が高いようにも見えますが、意外とどんな色ともマッチし、コーデに馴染みやすいのが魅力。今季の注目色でもあるので、ぜひ取り入れてみてください。

コーデ1

シンプルな着こなしをラベンダーシャツで格上げ

シンプルな着こなしをラベンダーシャツで格上げ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ラベンダーのリネンシャツに裾絞りパンツを組み合わせ、エレガントさとラフさの融合したコーディネートに。ネイビーのボトムスで全体を引き締めつつ、インナーとスニーカーは白をチョイス。抜け感に加え、初夏らしい軽快さを演出しています。

コーデ2

クリーンな配色で洗練のカジュアルスタイルを構築

クリーンな配色で洗練のカジュアルスタイルを構築

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ラベンダーのTシャツ×ライトグレーのチェックパンツのクリーンな色合わせがポイント。モックネックやビッグシルエット、タック入りのテーパードシルエットで、シンプルな着こなしにさりげなく個性をプラスしています。洒落感を高めるアクセ使いもお見事。

ラベンダーのおすすめアイテムはこちら

アイテム1

『フルーツオブザルーム』×『チャオパニック』Tシャツ

『フルーツオブザルーム』×『チャオパニック』Tシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

胸ポケットに『フルーツオブザルーム』の象徴であるワッペンをあしらった『チャオパニック』別注モデル。デザイン自体はシンプルなので合わせやすく、ラベンダーの美しい発色も際立ちます。透け感も少なく、長く愛用できる厚手のコットン生地を使用。

アイテム2

『ユナイテッドトウキョウ』ハイストレッチレギュラーシャツ

『ユナイテッドトウキョウ』ハイストレッチレギュラーシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

コットン糸にキュプラ糸とポリウレタンを合わせることで、吸湿性や接触冷感性に優れる機能的な1枚に。ノーネクタイでもきれいにみえる小襟タイプなのでクールビズにもおすすめ。程良いゆとりをもたせたシルエットも相まって、今っぽいリラックス感が手に入ります。

挑戦したいのはこの3色。パステルカラーコーデのすすめ

ウェア・コーデ

挑戦したいのはこの3色。パステルカラーコーデのすすめ

春のトレンドとして注目されているパステルカラー。若く見えがちな色なので着こなしにはひと工夫が必要です。大人も取り入れやすいアイテムと着こなし技を見てみましょう。

ai sato

2018.02.24

夏こそ活用。カラーコーディネート術をマスターしよう

ウェア・コーデ

夏こそ活用。カラーコーディネート術をマスターしよう

大人となるとデカデカとしたブランドロゴに頼ったコーデは考えもの。そこで色のチョイスでおしゃれに見せるコーディネート術を探ってみました。

桐田 政隆

2017.06.19

注目編集者
近間 恭子

バッグ・革小物をメインに執筆記事は200本以上

近間 恭子
ライターのアシスタントを経て、2003年に独立。「MEN’S CLUB」や「Mono Master」などの男性誌をはじめ、女性誌やWEB、カタログで活動している。ビジネスからカジュアルまでのメンズファッション全般を得意としているが、最近は趣味がこうじて旅企画も担当。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

ハイパフォーマンスな“ラグスポ”の大本命! 新作ティソ PRXの実力を徹底検証

2021年初頭、発売と同時に各方面の話題をさらった「ティソ PRX」に、待望の自動巻きモデルが登場です。時計市場にさらなる衝撃をもたらす秋の大本命、その実力とは?

SPONSORED by ティソ

続きを読む

外遊びだけじゃもったいない! 毎日楽しめるスニーカーがキーンにはある

「ユニーク」などサンダルのイメージが強い『キーン』ですが、実は365日アツいのがスニーカー。アウトドアはもちろん街でも映え、シーンを問わず活躍してくれます。

SPONSORED by キーン

続きを読む

オープンハートから覗く機械式が男心をくすぐる。次なる腕時計はオロビアンコの1本で

ビジネスマンから支持される『オロビアンコ』のベストセラーモデル「オラクラシカ」は、価格以上の高級感と遊び心が魅力。長年売れ続けるには、相応の理由があるんです。

SPONSORED by オロビアンコ

続きを読む

いつもの1足、1着から考えるサステナブル。ヴァンズの試みに、乗っかってみない?

近頃、さまざまなブランドがサステナブルに取り組んでいるが、『ヴァンズ』のそれは一味違う。環境はもちろん、大人のおしゃれにも多くの恩恵をもたらしてくれる。

SPONSORED by ヴァンズジャパン

続きを読む

小さな違いが生み出す比類なきエレガンス。特別仕様の“GS”が大人の腕元にもたらすもの

腕時計の本質を追い求め、着用者に違いをもたらす稀有なブランド『グランドセイコー』。そのタイムレスな魅力と合わせて、販路を絞った特別なモデルを解説していきます。

SPONSORED by セイコーウオッチ株式会社

続きを読む

レトロ顔の新作ソーラー時計に注目。フォッシルの新作は大人の腕元にちょうど良い

日本にインスパイアされた「THE JAPAN COLLECTION」の第2弾「DF-01」。レトロな顔に実用性と素材へのこだわりを込めた、その完成度やいかに?

SPONSORED by フォッシル

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP

カテゴリ

おすすめ記事