春夏にペールトーンという選択を。大人が着たい4色と着こなし方

春夏にペールトーンという選択を。大人が着たい4色と着こなし方

淡い色味のペールトーンは、1点取り入れるだけで清涼感を演出してくれるため、夏の装いにうってつけ。大人が挑戦しやすい4色と、その着こなし方を紹介します。

近間 恭子

2019.06.21

夏の着こなし・コーデ
春の着こなし・コーデ

春夏の装いに効くペールトーン。大人が挑戦しやすいのはこの4色

ペールトーンとは、直訳すると淡い色調のこと。強い印象を与えるビビッドカラーに対し、ペールトーンは柔らかでやさしい印象を与えることができます。また、色ものが苦手な人でも比較的取り入れやすく、清涼感もアピールできることから、春~夏のコーデにうってつけのカラーといえるでしょう。

とはいえ、何色を選んだらいいのかわからないという方も多いと思いますので、大人が挑戦しやすい4色をピックアップし、その取り入れ方をご紹介。1アイテムだけでも清涼感や柔らかな雰囲気を演出できるので、まずは定番トップスで取り入れるのがおすすめです。

▼カラー1:爽やかさと知性をアピールできる「ペールブルー」

ペールトーンの中でもチャレンジしやすいのがブルー。爽やかな印象を与える色であり、同時に知的で落ち着いた雰囲気も演出できます。ジーンズやチノパンなど、定番ボトムスとの相性が抜群なのもおすすめする理由です。

コーデ1ペールブルー×ネイビーで作る好印象コーデ

爽やかで好印象なペールブルーのシャツは、最も取り入れやすいアイテムの1つ。どんなボトムスとも相性良く着こなせますが、大人っぽくまとめるならネイビーとの組み合わせがおすすめです。ブルー系で揃えているので統一感があり、濃淡のメリハリがコーデをすっきり仕上げてくれます。

コーデ2涼しげなムードが増す、ホワイトとの組み合わせ

ペールブルー×ホワイトの組み合わせなら、より涼しげな印象に仕上がります。今っぽい気分で着こなすなら、ワイドパンツを合わせてリラックス感高めのスタイリングがおすすめです。足元も白で揃えてとことん軽快に。

ペールブルーのおすすめアイテムはこちら

アイテム1『アーバンリサーチロッソ』ボタンダウンシャツ

ペールブルーを気軽に取り入れるなら、カジュアルシャツの定番であるボタンダウンシャツがおすすめ。しっかり厚みのあるオックスフォード地を使っているのでシワになりにくく、ナチュラルストレッチ入りなのでストレスのない着用感が味わえます。

アイテム2『サイ』×『アーバンリサーチ』Tシャツ

『サイ』のアイコンである”サイマーク”を胸元にあしらいつつ、パターンや素材、デザインはオリジナルで作成。落ち着いたペールブルーはクリーンな雰囲気で着こなすことが可能です。こちらはオンラインストアとルミネ店舗の限定カラー。

▼カラー2 :リラックス感ある装いを構築する「ミントグリーン」

やすらぎや癒やしの色とされているミントグリーンは、ペールブルーと同様に爽やかな雰囲気を演出できます。また、フレッシュな印象を与える効果もあるので、着こなしが若々しく仕上がるというのも魅力です。ネイビーなどの定番色との相性も良いので、初心者でも取り入れやすいはず。

コーデ1ミントグリーン×ネイビーで清涼感ときちんと感の両得

同トーンのジャケットとジーンズというセットアップのような着こなしに、ミントグリーンのポロシャツをイン。きちんと感と清涼感、さらにラフさが絶妙に融合した着こなしに仕上がっています。クリーンな白スニーカーには、爽やかさを倍増させる効果あり。

コーデ2ブラックとの組み合わせで大人のこれなれ感も演出

ミントグリーンの開襟シャツとブラックの柄パンツで、大人のリゾートスタイルを構築。柄パンツもブラックなら派手になりすぎず、着こなしに馴染みます。インナーに同色のボーダーTをセレクトしているのもポイントで、着こなしに統一感を持たせています。トップスとボトムスの色を拾ったサンダルを合わせているのもGOOD。

ミントグリーンのおすすめアイテムはこちら

アイテム1『フレッドペリー』ポロシャツ

1957年の登場以来、イングランド製にこだわって作り続けられている「M12」のポロシャツ。ともすると膨張して見えるミントグリーンのボディを、襟と袖に入れられたティップラインでメリハリをつけています。ボタンまでもミントグリーンで統一しているのもポイント。

アイテム2『シップスジェットブルー』リネンシャツ

フランス・ノルマンディー最大のリネン農園、LBN社で栽培された上質なリネンを採用。グリーンの発色がとにかく美しく、リネンならではの風合いと相まって清涼感も漂います。セミワイドカラーですっきり着こなせるのも見逃せないポイントです。

▼カラー3:甘くなりすぎず爽やかな「ベビーピンク」

ピンクなんて着られない……と苦手意識を持ってる方は多いかもしれませんが、淡い発色のベビーピンクはやさしい雰囲気を高め、女性にも好印象を与えられるという、ぜひ取り入れたい色なんです。シンプルな着こなしに取り入れると、ベビーピンクの魅力がより引き立ちますよ。

コーデ1好印象を与える柔和なカラーリングが決め手

ライトベージュとの色合わせが、ベビーピンクの柔和な雰囲気に拍車をかけています。全体的にゆったりとしたサイズ感に仕上げ、今どきのリラックス感を醸し出しているのもお見事。あえてレザーシューズをチョイスすることで、大人のきちんと感もプラスしています。

コーデ2ベビーピンクを挿してモノトーンコーデを春夏らしく

黒と白を1:1で構成したメリハリあるモノトーンコーデに、ベビーピンクのマリンパーカーをオン。それによってやさしさや柔らかさだけでなく、洒落感までも高めることに成功しています。

ベビーピンクのおすすめアイテムはこちら

アイテム1『パブリックトウキョウ』開襟シャツ

リネンのような風合いながら、シワになりにくいイージーケア機能を備えた開襟シャツ。ベビーピンクの落ち着いた発色も絶妙で、取り入れるだけで柔和な着こなしに仕上がります。

アイテム2『モンキータイム』Tシャツ

今どきのゆったりとしたサイズ感に仕上げたベビーピンクのTシャツは、1枚でもサマになる優れモノ。『モンキータイム』定番のコットン×ポリエステルの生地は、肉厚ながらも清涼感ある風合いが楽しめます。存在感あるスクエア型の胸ポケットがアクセントに。

▼カラー4:上品さとリラックス感を両立できる「ラベンダー」

リラックス感に加え、上品さも手に入れられるラベンダーは、大人にこそおすすめしたいペールトーンカラーの1つ。難易度が高いようにも見えますが、意外とどんな色ともマッチし、コーデに馴染みやすいのが魅力。今季の注目色でもあるので、ぜひ取り入れてみてください。

コーデ1シンプルな着こなしをラベンダーシャツで格上げ

ラベンダーのリネンシャツに裾絞りパンツを組み合わせ、エレガントさとラフさの融合したコーディネートに。ネイビーのボトムスで全体を引き締めつつ、インナーとスニーカーは白をチョイス。抜け感に加え、初夏らしい軽快さを演出しています。

コーデ2クリーンな配色で洗練のカジュアルスタイルを構築

ラベンダーのTシャツ×ライトグレーのチェックパンツのクリーンな色合わせがポイント。モックネックやビッグシルエット、タック入りのテーパードシルエットで、シンプルな着こなしにさりげなく個性をプラスしています。洒落感を高めるアクセ使いもお見事。

ラベンダーのおすすめアイテムはこちら

アイテム1『ビームス』Tシャツ

ラベンダーのきれいな発色に加え、シルケット天竺の柔らかな肌触りと表面の光沢感のおかげでTシャツながらも上品な印象。それでいてドロップショルダーによるルーズなフィット感や、長めの袖丈で新鮮なシルエットを構築できる1枚です。

アイテム2『チャオパニック』半袖シャツ

レーヨンにリネンとポリウレタンを混紡した素材を使用しているので、テロッとした風合いで落ち感が美しく、夏でも快適な着心地を提供。ビッグシルエットも特徴で、第1ボタンを外して開襟シャツのように着こなすのもおすすめ。

挑戦したいのはこの3色。パステルカラーコーデのすすめ

挑戦したいのはこの3色。パステルカラーコーデのすすめ

春のトレンドとして注目されているパステルカラー。若く見えがちな色なので着こなしにはひと工夫が必要です。大人も取り入れやすいアイテムと着こなし技を見てみましょう。

ai sato

夏こそ活用。カラーコーディネート術をマスターしよう

夏こそ活用。カラーコーディネート術をマスターしよう

大人となるとデカデカとしたブランドロゴに頼ったコーデは考えもの。そこで色のチョイスでおしゃれに見せるコーディネート術を探ってみました。

桐田 政隆

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    何が違う? コンバース オールスターのMADE IN JAPANに熱視線

    何が違う? コンバース オールスターのMADE IN JAPANに熱視線

    時代を超越して愛される『コンバース』のオールスターに仲間入りしたMADE IN JAPANモデル。発売以来支持される、同モデルの魅力をリサーチしました。

    TASCLAP編集部

    初心者歓迎。夏フェスファッションとスナップ集

    初心者歓迎。夏フェスファッションとスナップ集

    フェスのためのメンズファッションを紹介。フェスに着るウェアの選び方やおすすめのアイテム、コーデサンプルなど、フェスのためのコーデのポイントを幅広く解説します!

    TASCLAP編集部

    大人のTシャツコーデ25選。シンプルなのにこなれた着こなし見本

    大人のTシャツコーデ25選。シンプルなのにこなれた着こなし見本

    春夏のワードローブに必須のTシャツ。つい定番を選ぶゆえに、コーデがマンネリになってしまう人も多いはず。おしゃれな人のコーデから着こなしのヒントを探りましょう。

    CANADA

    温故知新の1足。ナイキのインターナショナリストとは?

    温故知新の1足。ナイキのインターナショナリストとは?

    1980年代に誕生した『ナイキ』のインターナショナリスト。その人気ぶりと背景にある魅力を中心に、同モデルについて掘り下げて紹介します。

    TASCLAP編集部

    ニューバランス574てどんな靴? ブランド入門モデルが持つスペック

    ニューバランス574てどんな靴? ブランド入門モデルが持つスペック

    『ニューバランス』にはいくつもの人気なモデルがありますが、本記事では574に注目。どこが魅力なのか、その特徴と多角的にチェックします。

    TASCLAP編集部

    黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

    黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

    キャップは春夏の定番小物。特に、大人コーデと好相性のいいブラックのキャップは重宝します。コーデ実例やおすすめ品を参考に、黒キャップをおしゃれに取り入れましょう。

    ai sato

    BACK