ファッション界をリードするニューヨークブランド5選

ファッション界をリードするニューヨークブランド5選

ファッション最先端の場所として世界中から脚光を浴びるニューヨーク。多種多様な人種とカルチャーがうごめく大都市から発信されるブランドが、今、何より新しく面白い。

菊地 亮

2015.05.11

ジャック・スペード(JACK SPADE)
マーク マクナイリー(MARK MCNAIRY)
トッド スナイダー(TODD SNYDER)
スリーバイワン(3×1)
サタデーズ サーフ ニューヨーク(SATURDAYS SURF NYC)
アメカジファッション

クラシックとモダンをクロスオーバーし、独自の観点で発信する気鋭たちに注目

今、東海岸のライフスタイルが大きな注目を集めている。それもあってか、サーフ、アート、フードなどなど、ニューヨーカーのアイデンティティが落とし込まれたブランドが世界的に活躍中。そこで、日本でも認知度の高い気鋭の実力派ブランドと代表アイテムを改めて紹介したい。

Brand1『トッドスナイダー』

『ラルフローレン』などで経験を積んだデザイナーが、2011年秋冬に独立。自身の名を冠したブランドをN.Y.コレクションにて発表し、世界へ強烈なインパクトを残したのがこちら。その根本にあるのはアメリカンクラシックで、そこへ自身の好きなミリタリーなどの要素をプラスし、現代のジェントルマンスタイルを提案している。

Brand2『スリーバイワン』

デザイナーのスコット・モリソンは、さまざまなプラチナムデニムブランドを手掛けた若き重鎮。日本のデニム生地の良さをいち早く世に広めた存在としても知られる。彼が作るアイテムは、シンプルなビジュアルながらリベットやステッチなどのアレンジが楽しい1本。こちらもまた同様に、美しいシルエットと履き心地が優秀だ。

Brand3『サタデーズサーフニューヨーク』

N.Y.のリアルを体現し、世界中のバイヤーからも脚光を浴びるサーフ系セレクトショップ、『サタデーズサーフニューヨーク』のブランド。日本へも多大な影響を及ぼしたこちらのアイテムはリラックス感たっぷりで、海と都市を行き来する現代人のマスターピースとなりつつある。このパーカからもその発端が垣間見えるはず。

Brand4『マーク マクナイリー』

『ビリオネアボーイズクラブ』などのディレクターを歴任した後、自身のブランドを立ち上げたマーク・マクナイリー。今ではトム・ブラウンらとともに現在のアメトラスタイルの中心を担う存在だ。マルチタイガーカモに花柄を落とし込んだこのアイテムに代表されるように、彼のコレクションは感度が高く遊び心にあふれている。

Brand5『ジャック・スペード』

“実用的なアイテムはスタイリッシュにも機能的にもなりうる”とのテーマのもとつくられる『ジャック・スペード』のバッグは、無駄を削ぎ落としたルックスが好評。各機能に意味をもたせた、“機能美”の徹底追及の末に誕生した代物だ。それは、確かな審美眼をもったニューヨーカーを中心に世界中で広く受け入れられている。

地方の出版社にて編集を経験した後、独立。フリーのエディター・ライターとしてメンズファッションを中心に、スポーツ、グルメ、音楽など幅広い分野で活動。現在は、生まれ故郷である岩手県、そして東北の魅力を発信すべく東奔西走中。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    アウトドアシューズをタウンユースしよう。高機能かつおしゃれな厳選12足

    アウトドアシューズをタウンユースしよう。高機能かつおしゃれな厳選12足

    シューズは機能性や履き心地も大切な要素。とくればアウトドア由来のスペックを備えた1足を活用するのが好手です。街履きに適したグッドルッキングなおすすめ品をご紹介!

    平 格彦

    白スニーカー厳選15足。大定番&人気ブランドの新作をレコメンド

    白スニーカー厳選15足。大定番&人気ブランドの新作をレコメンド

    清々しさ満点な白スニーカーは、暖かな季節の軽快なコーデと好相性。安定の定番型から旬な人気モデルまで一挙に紹介するので、お気に入りの1足を見つけてください!

    山崎 サトシ

    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    生涯をともにできるアイテムは意外と少ないもの。そのなかでも腕時計は、最も身近な存在ではないでしょうか。一生モノにふさわしい逸品の選び方と傑作をご紹介しましょう。

    夏目 文寛

    春の主役着。カーディガンで春のコーデをおしゃれに見せる方法

    春の主役着。カーディガンで春のコーデをおしゃれに見せる方法

    昼夜の気温差が激しい春にこそ、さらりと羽織れるカーディガンは頼もしい。そんな防寒性に加えて品の良さも手に入る春の主役着についておすすめ品とコーデ術を紹介しよう。

    菊地 亮

    “適温適装”を知る。4月の服装、マストハブなアイテムとメンズコーデ参考集

    “適温適装”を知る。4月の服装、マストハブなアイテムとメンズコーデ参考集

    ダウンのような重いアウターは不要ですが、まだトップス1枚ではやや厳しい時期なのが4月。“着こなし難民”にならないよう、最適なアイテム&コーデ術を押さえましょう!

    山崎 サトシ

    BACK