朗報です。Gショック5600系の旬色モデルが爆誕!

朗報です。Gショック5600系の旬色モデルが爆誕!

『Gショック』の王道といえば5600系ですが、より洗練されたカラーリングが続々と登場しています。シンプルなモノを好む大人のマストバイ、ぜひお見逃しなく。

編集フカザワ

2017.04.25

Gショック(G-SHOCK)
腕時計
クォーツ

『Gショック』の人気モノ。5600系はやっぱりイイね

『Gショック』の人気モノ。5600系はやっぱりイイね

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

男の腕時計といえば『Gショック』。なかでも5600系は時代が変わっても色褪せないマスターピースですよね。毎日使う腕時計として、休日のみ使用するサブ時計として愛用している方は多いのでは?

質実剛健だけがウリじゃない。ミニマルカラーの5600系もおしゃれ

質実剛健だけがウリじゃない。ミニマルカラーの5600系もおしゃれ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

『Gショック』のなかでもシンプルな5600系は、シーンもコーディネートも気にせずにスタイリングに取り入れられる万能選手。とはいえ、人間は欲深い生き物です。少なくとも、私は「よりスマートな『Gショック』があればいいのに」と思っちゃいましたよ。そんなニーズをくみ取ってくれたのかどうかは謎ですが、5600系をよりミニマルなカラーリングでアレンジしたモデルが続々と登場しています。複数の色みが販売されていますが、当記事では独断と偏見でベスト3をご紹介。

発表。5600系の私的おすすめ3選

ベーシックなモノからポップなカラーリングまで、バリエーション豊富な5600系。なかでも今の気分にハマるモデルをセレクトしました。

発表。5600系の私的おすすめ3選

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

春夏の季節感にマッチする、鮮やかなイエローが◎。休日コーデのアクセントとして活躍してくれそうな色みがGOODです。いかに汚さずに使えるかという点が気になりましたが、汚れもひとつの味として考慮すれば問題なし。とはいえ、メンテナンスは欠かせませんね。

発表。5600系の私的おすすめ3選 2枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

マットなカーキ色のボディーが新鮮。オフのコーディネートはもちろん、ビジネスシーンでもちょっとしたハズし役として活躍してくれそう。ネイビーのジャケットとこちらの『Gショック』、そしてグレーのスラックスに白スニーカーを合わせておしゃれなビジネスマンを演出したい……。

発表。5600系の私的おすすめ3選 3枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

外せないのが、ブラック×ホワイトの王道カラー。ミニマルなルックは言わずもがな、洗練された色みのおかげで視認性も高まっているのがポイントです。オールシーズン使えるカラーリングだけに「即ゲットしたいぞ、コレは」と物欲全開になりました。本当に欲しいです、コレ。

要注目。可能性が満ちまくっている“ユーズド”も侮れません

要注目。可能性が満ちまくっている“ユーズド”も侮れません

ZOZOUSEDZOZOUSED

お気に入り追加

『Gショック』は続々と新作がリリースされるため、欲しいモデルやカラーリングがすぐさま在庫切れになってしまうのが難点ですよね。また、希少価値が高いモデルは当然のごとく売り切れてしまう……。だからこそ重宝するのが中古品。レアカラーやレアモデル、幼い頃に憧れた1本が見つかる可能性があるんです。私もアレコレとチェックしたところ欲しいモノばかり。お財布にやさしい点も、社会人にとってはうれしいところ。欲しいモノが増えるという葛藤に打ち勝ち、ベストな1本に出会いましょう!

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    “胸アツ”の名作が進化。予約必須のGショックが登場

    “胸アツ”の名作が進化。予約必須のGショックが登場

    洋服にせよ、車にせよ、現代版としてアップデートした過去の名作は、オールディーズファンにとってもはじめましてな人にとっても新鮮だ。それもこれも名盤としての確かな…

    TASCLAP編集部

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド12選

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド12選

    腕時計の本場がスイスというのは、否定できない事実。しかし、実用性においては日本が世界一といっても過言ではありません。その理由と、日本のブランドを語り尽くします。

    TASCLAP編集部

    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    生涯をともにできるアイテムは意外と少ないもの。そのなかでも腕時計は、最も身近な存在ではないでしょうか。一生モノにふさわしい逸品の選び方と傑作をご紹介しましょう。

    夏目 文寛

    点・線・面。幾何学的にデザインされた腕時計が、こんなにも新鮮だなんて

    点・線・面。幾何学的にデザインされた腕時計が、こんなにも新鮮だなんて

    「どうやって時間を読むの?」と、『タックス』の腕時計を初めて見た人は難しい顔をするかもしれない。文字盤が水面のように波打っていたり鏡になっていたり、はたまたカ…

    編集ムタガミ

    日本製腕時計の鑑。ノット(Knot)を知らなきゃ損をする

    日本製腕時計の鑑。ノット(Knot)を知らなきゃ損をする

    『ノット』は2015年にスタートしたばかりの新しい時計ブランド。ジャパンメイドらしいクオリティの高さと独自のカスタムメイドシステムが新鮮な、注目の新星です。

    黒野 一刻

    BACK