オーシバルの人気者。バスクシャツの魅力とおすすめ

春らしいさわやかな洋服はたくさんありますが、今回はブランド『オーシバル』のアイテムをピックアップ。なかでも人気のバスクシャツの魅力や着こなし方を解説します。

オーシバルの人気者。バスクシャツの魅力とおすすめ

『オーシバル』とは?

『オーシバル』は、1939年フランス・パリで、チャールズ・バルト氏が始めた洋服ブランドです。主要アイテムは、ボートネックにボーダー柄のワークシャツである「バスクシャツ」。
1950年代〜1960年代には、フランス海軍でも『オーシバル』のマリンボーダー柄シャツが採用されていたことでも有名な、由緒あるブランドなのです。

『オーシバル』のバスクシャツ、何が特徴?

大きな特徴は、肩部分や裾にあしらわれたロゴ。肩部分に『オーシバル』の社名ロゴ、裾にはシンボルである蜂のワッペンがあしらわれており、シンプルになりがちなシャツにちょっとしたアクセントを与えています。

即欲しい。『オーシバル』のバスクシャツ、そのバリエーションをご紹介

『オーシバル』のバスクシャツには多種多様な種類が存在しています。袖の長さやボーダーの太さ・カラーなど、あなたの好みに合う1枚を見つけやすいブランドともいえるかもしれませんね。ここからは、バスクシャツのバリエーションをご紹介します。きっと欲しくなる1枚があるかも!?

マリンTシャツの原型ともいえる、白地×ロイヤルブルーの「ラッセルパネルボーダーシャツ」は、『オーシバル』定番アイテムとして、季節を問わず着る方も多いのだそう。このシャツに使用されているラッセル生地は『オーシバル』の象徴として知られています。ワークシャツらしく、ひっかけやほつれ、洗濯によるダメージに強いことでも有名ですよ。

こちらはオーシバル社プロデュースの他アイテムよりも多く糸が使用された「バスクカットソーシャツ」。2カラーのシンプルデザインで使い勝手が良いことはもちろん、柔らかな質感が楽しめるため、快適な着用感も味わえることでも人気のアイテムです。

こちらは先ほどご紹介した「ラッセル生地」と同様にオーシバル社を代表する「コットンロード生地」使用の定番シャツ「フレンチバスクシャツ」。コットンロード生地は、軽量で有名なオープンエンド糸を使用しており、厚手ながら軽量な生地として知られています。そのため、軽く動きやすいシャツとして人気です。

ワンポイントとして胸元にポケットがあしらわれた「フレンチセーラーポケットTシャツ」です。胸元ポケットとシャツ本体のボーダーバランスが異なっており、ユニークさも感じられる仕上がりに。柔らかなコットン生地とは異なった風合いのため、より厚手でしっかりとした生地感も楽しめる1枚ですよ。

ほかの2色カラーのものよりもカラフルな「フレンチセーラーTシャツ」は、1枚着るだけでコーデのアクセントになるだけでなく、ダークカラーのアイテムを合わせても明るいコーデになること間違いなしです。こちらもラッセル生地で織られているため、ダメージに強く心強いアイテムとなっていますよ。

『オーシバル』のバスクシャツを取り入れたコーデサンプル集

『オーシバル』のバスクシャツは、そのシンプルさやカラーの豊富さなどから、多様な着こなしが楽しめるアイテムとして人気です。多様な着こなしができるといっても、どんなコーデが私たち世代に似合うのでしょうか? さっそく、大人の男性にぴったりなコーデサンプルをご紹介します!

デニムのブルーに合わせやすいネイビーボーダーコーデ

こちらはボーダーアイテム初心者の方にも取り入れやすいネイビー×ジージャンのコーデ。ボーダーのカラーとデニムのカラーが統一されているため、全体が雑多な印象になりません。ジージャンに合わせるシャツで無地シャツはちょっと寂しい……と感じられるときにぴったりな組み合わせですよ。

まるでピカソ気分なペインターコーデ!

世界的な画家・ピカソが大のバスクシャツ愛用者だったこと、ご存じでしたか? ペインターパンツにバスクシャツを合わせたこちらのコーデは、まさにピカソを思わせるアートなコーデです。このようなヴィンテージ感あふれるジーンズにもバスクシャツはぴったりなのです。キャップとスニーカーのカラーを統一させているのもポイントですね。

ボーダーコーデのアクセント付けなら、首回りはいかが?

こちらは60年代のフランス映画に出てきそうな男性の着こなし。シンプルなコーデなだけに、首元のバンダナが大きなアクセントになっています。バンダナが使いにくく感じるときは、薄手のストールを首元に巻いてもきれいに決まりますよ。

首回りの巻物代わりなら、カーディガンもぴったりです

先ほどのコーデでは首元にバンダナを合わせていましたが、こちらのコーデのようにカーディガンを代わりに使うのもおすすめです。ホワイトベースのボーダーのものなら、ライトグレーやネイビーのカーディガンがよくフィットするでしょう。

肌寒い日にはインナーとして使用しても◎

暖かくなってきたとはいえ、まだ朝方や夜間は肌寒い日もありますよね。そんな日には『オーシバル』のバスクシャツで重ね着コーデを楽しんでみませんか? こちらは無地のバスクシャツにボーダーTをレイヤード。裾からちらりとボーダーを覗かせてコーディネートのアクセントに。

ホワイトを多めに使うとよりさわやかに!

バスクシャツを使ったコーデなら、ホワイトやボーダーのカラー(ネイビーなど)に合わせたカラーのものを合わせるとコーデがより落ち着きますよ。こちらはホワイトのパンツやトート、サンダルを合わせており、さわやかかつナチュラルな印象に仕上がっています。気温が高いときにもホワイトを多く使うとより涼しげにも見えますよ。

ネイビーを多く使うとより引き締まったコーデに

先ほどはホワイトメインのコーデをご紹介しましたが、ボーダーのネイビーに合わせたコーデとなるとこのようなコーデに。ネイビーを全体に使っているため、全体がより引き締まった印象になっていますね。ホワイトを使うと着膨れが気になる、という方はこのようにネイビーをメインにしたコーデを考えても良いでしょう。

休日にぴったりなゆるシルエットコーデにも使える!

『オーシバル』のバスクシャツはややタイトフィットといわれていますが、こちらのコーデのように、少し大きめサイズのモノを選ぶとこのようなゆるシルエットも楽しめます。ボトムスもワイドシルエットを合わせれば、あっという間に休日のリラックスコーデが完成! シューズはスニーカーを合わせるとよりカジュアルな印象に。

ショートパンツコーデに使うとより若々しい印象に

半袖のバスクシャツはショートパンツとも相性抜群。ショートパンツを合わせるとさわやかさだけでなく、アクティブな印象を与えることもできますので、春夏のアウトドアコーデに使うのもおすすめですよ。こちらも、ボーダーのカラーと同じカラーのハーフパンツを使用しているため、コーデ全体に統一感が感じられますね。

ローファーとタイトパンツを合わせると即きれいめコーデに!

バスクシャツのボーダーはどことなくカジュアルな印象を与えがちですが、こちらのコーデのように、タイトめのボトムスとローファーを合わせると、タウンユースにぴったりなきれいめコーデが完成しますよ。バスクシャツとパンツの裾を両方ロールアップすることで、よりさわやかで季節感のあるコーデに。

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る