ユニークなデザインがそろう。ジラフのネクタイに注目

スーツスタイルの顔であり、印象も左右するネクタイ。そこでおすすめなのが、洒落者の間で注目されているネクタイブランドの『ジラフ』。その魅力を徹底的解説します。

近間 恭子

近間 恭子

SHARE
記事をお気に入り
2017.05.09

『ジラフ』とは?

『ジラフ』とは?

giraffe

giraffe

お気に入り追加

日本発のネクタイブランドとして、2006年にデビューした『ジラフ』。“キリンのごとく遠くを見つめ、世の中を明るくしよう”をコンセプトに、カラフルな色使いや柄使いが特徴的な世界一キュートなネクタイを発信しています。コレクションは34度・36度・38度・40度と4段階の体温別カテゴリに分けられ、体温が高くなるほど遊び心あるデザインに。また、ネクタイに加え、シャツやスカーフ、タイピンなども展開しています。しかもそのほとんどが日本の素材を採用した国内生産。ほかとは一線を画すデザインはもちろん、上質な素材使いや丁寧かつ繊細な作りによる品質の高さも『ジラフ』が支持されている要因なのです。

『ジラフ』のネクタイ、その特徴とは?

『ジラフ』のネクタイ、その特徴とは?

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『ジラフ』のネクタイの特徴といえば、やっぱりカラフルな色使いや柄使いでしょう。ネクタイの概念を覆すといっても大げさじゃないほど、存在感が抜群なんですよね。さらに大剣と小剣の色柄が異なるタイプをはじめ、ネクタイではあまり見られないリバーシブルやクレリックシャツのように切り替えをあしらったものなど、デザインが実にユニークなんです。さすがビジネスシーンに取り入れるのは難しいかもですが、パーティーなどで個性をアピールしたいってときにこそ『ジラフ』のネクタイの出番。いつものスーツスタイルが見違えるだけでなく、気分も上がること請け合いです。上司や同僚などへのギフトとしてもおすすめですよ。

『ジラフ』で押さえるべきネクタイ10選

さすがネクタイブランドだけに、『ジラフ』はラインアップも充実しています。そこで私的におすすめのネクタイを厳選してみました。どんなシーンに合うかも解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

『ジラフ』で押さえるべきネクタイ10選

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

落ち着いたブラウンをベースに、デザインもピッチ幅も異なるストライプを組み合わせたモデル。小剣ずらしにうってつけの1本ですが、大剣だけ見せればお堅いビジネススタイルにも対応します。裏地にはキュートな“ジラフ”柄を採用。

『ジラフ』で押さえるべきネクタイ10選 2枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

パッと見はスタンダードなチェック柄ですが、よく見ると剣先に向かってバグった柄になっているのがユニーク。とはいえ、主張は控えめなのでビジネスにも難なく対応します。イエロー×ブルーの涼しげなカラーリングにも注目を。

『ジラフ』で押さえるべきネクタイ10選 3枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

主張控えめの色柄のニットタイは、ビジネスからカジュアルまで幅広く活躍する優れもの。こちらはより使い勝手のいいリバーシブル仕様になっているので、ボーダー柄でも立体的な模様編みのどちらを前にしても着用できるってのもミソ。

『ジラフ』で押さえるべきネクタイ10選 4枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

よく見ると飛行機雲でストライプを表現した遊び心あるニットタイ。とはいえ、パッと見はベーシックなので、これならビジネスにも活躍するはず。ベースはシルク素材を使った鹿の子編みで、やさしい光沢と柔らかな質感が魅力です。

『ジラフ』で押さえるべきネクタイ10選 5枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『ジラフ』定番のリバーシブルタイからセレクトしたのは、シンプルなストライプとドットのコンビネーション。グレーをベースにした柔和なカラーリングが大人っぽい雰囲気も特徴で、どちらの柄もスーツと絶妙にマッチします。

『ジラフ』で押さえるべきネクタイ10選 6枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

バンダナ柄の大剣に対し、小剣はネイビー無地を採用した定番のカラーチップのネクタイ。カジュアルさと上品さの両方を併せ持っているので、幅広いシーンで活躍します。また、小剣ずらしのテクを取り入れると、Vゾーンがピリッと引き締まりますよ。

『ジラフ』で押さえるべきネクタイ10選 7枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

同じくカラーチップのネクタイですが、こちらは大剣にブランドマークの総柄、小剣にストライプ柄を採用。大剣部分はネイビーのトーンで構成しているので気持ち控えめですが、小剣はブルーグリーンとピンクの絶妙な色合わせで差し色にもうってつけです。

『ジラフ』で押さえるべきネクタイ10選 8枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ノット下の切り替えでクレリックシャツを表現。どちらも王道のストライプながら、このユニークなデザインによって存在感が高まっています。基本的にビジネス対応のモデルですが、ドレスコードが厳しい職種の人は避けたほうがいいかも。

『ジラフ』で押さえるべきネクタイ10選 9枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

こちらはリバーシブルタイの進化系で、なんと4WAY仕様になっています。片面はグリーンとブルーのストライプ、もう片面はブルーのチェックとドット柄に。デザインは遊んでいても柄はベーシックなのでビジネススタイルにも難なく活躍しますよ。

『ジラフ』で押さえるべきネクタイ10選 10枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

一見、配色やピッチが異なる3本のネクタイですが、実はこれ、3本で1本のネクタイなんです。その名も「3本タイ」と呼ばれ、小剣が2本にわかれていて結ぶと3本に見える『ジラフ』ならではのデザイン。ビジネスよりパーティーなどで活躍させるのがおすすめ。

ネクタイだけじゃない。『ジラフ』はシャツも魅力的

ネクタイだけじゃない。『ジラフ』はシャツも魅力的

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『ジラフ』というとネクタイが人気ですが、実はシャツの評価も高いんです。最大のポイントはネクタイをしてもジャケットを着ても見えるように施されたブランドモチーフの刺繍。白地に映える赤であしらったブランドモチーフは、控えめながらも十分な存在感があります。タイドアップだけでなく、ノータイでも様になるシャツなので、クールビズシーズンにも最適なんですよ。着丈は通常のドレスシャツに比べると短め。なので、オンではタックイン、オフではタックアウトというようにオン・オフで着方を変えるってのもいいですね。ベースはシンプルで合わせやすいので、個性的な『ジラフ』のネクタイとの相性も抜群です。

人気ブランドのネクタイ20選。ノータイ時代だからこそ差がつく1本を

バッグ・ファッション小物

人気ブランドのネクタイ20選。ノータイ時代だからこそ差がつく1本を

脱スーツ規定が進行しているうえに、在宅勤務やテレワークが定着したことで、ますますネクタイの出番はなくなっています。そんな今こそ、ネクタイをするチャンス到来です!

池田 やすゆき

2020.11.05

ネクタイを男性にプレゼントするならこのブランドで。世代別のおすすめ15選

バッグ・ファッション小物

ネクタイを男性にプレゼントするならこのブランドで。世代別のおすすめ15選

女性が男性に贈るプレゼントの定番であるネクタイ。ただ、ブランドが膨大すぎて選ぶのが大変ですよね。そこで贈る男性の世代別におすすめのブランドをご紹介します。

近間 恭子

2021.01.07

注目編集者
近間 恭子

バッグ・革小物をメインに執筆記事は200本以上

近間 恭子
ライターのアシスタントを経て、2003年に独立。「MEN’S CLUB」や「Mono Master」などの男性誌をはじめ、女性誌やWEB、カタログで活動している。ビジネスからカジュアルまでのメンズファッション全般を得意としているが、最近は趣味がこうじて旅企画も担当。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

極上の着心地とナイスな洒落感。この夏、僕らは“ビッグワッフル”の虜になる

ざっくりした抜け感たっぷりな風合いと、雲上級の着心地を兼備したビッグワッフルが現在人気沸騰中。こなれた大人に味方するこの注目素材を、取り入れない手はありません。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

マスクの下、老け顔になってない? “保湿力”が男のスキンケアには必要だ

男の第一印象を上げるには肌が重要。そして、清潔感のある健康な肌には保湿が何より大切だ。マスクによる肌荒れを恐れない男でいるためのスキンケアの秘訣をご紹介しよう。

SPONSORED by アラミス

続きを読む

モノ選びに悩む大人の駆け込み寺。ビームスの百名品で、”欲しい”に出会う

季節が変わると物欲は高まる。とはいえ、一から探し出すのは少し手間。欲しくなるモノだけチェックしたい……そんな気持ちを満たしてくれるサイトが『ビームス』にはある。

SPONSORED by ビームス

続きを読む

足元をおしゃれに涼しく。今年の春夏は、キーンの新作で“クール”に過ごす

春夏は、服だけでなく足元も涼しく軽やかに装いたいものですよね。シーンを牽引する『キーン』の新作なら、ルックスだけでなくエシカル視点においても間違いありません。

SPONSORED by キーン

続きを読む

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP

カテゴリ

おすすめ記事