パラディウムの防水シューズで雨の日もおしゃれに

パラディウムの防水シューズで雨の日もおしゃれに

雨の日が憂鬱になる要因は足元。いつもと同じだとぬれてしまうし、かといって長靴には抵抗がある。そんな時こそ防水性の高い『パラディウム』の防水シューズの出番です。

近間 恭子

2017.05.10

パラディウム(PALLADIUM)
レインシューズ
雨の日

『パラディウム』とは?

『パラディウム』とは?

すにーかー倉庫すにーかー倉庫

お気に入り追加

航空業界向けにタイヤを製造する会社として1920年にフランスで創業し、1947年からその技術を生かしたラバーブーツの製造をスタート。フランス軍からの依頼でアッパーにコットンキャンバス、ソールにラバーを採用したブーツを開発しました。これが現在もブランドのアイコン的存在にもなっている「パンパ」シリーズの原型です。

『パラディウム』のシューズ、何が特徴?

『パラディウム』のシューズ、何が特徴?

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

伝統のキャンバス素材やひと目で『パラディウム』とわかる特徴的な形状のアウトソール、そして無骨でクールなルックス。それが『パラディウム』のシューズの魅力です。それはレインシューズも同じですが、非吸水処理済みのメッシュ素材のアッパーなど、防水設計を随所に採用。さらに透湿性にも優れているので、雨の日以外にも活躍するんです。

ブーツもスニーカーも即欲しい。『パラディウム』のシューズ

スニーカーからブーツまで、『パラディウム』のレインシューズをご紹介。どれもレインシューズとは思えないルックスなので、憂鬱な雨の日が逆に待ちどおしくなること請け合いです。

パンパ パドルライト WP

パンパ パドルライト WP

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ブランドのアイコンでもある「パンパ」のデザインはそのままに、外側に非吸水処理を施したメッシュ素材を使用。ちなみにレインシューズのモデルは、すべてこの素材が使われています。アッパーの縫い目にあしらったテープ処理などで、防水性をより高めているのも見逃せません。

パンパ パドルライト WP

パンパ パドルライト WP

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

上と同じモデル名ですが、こちらはユニセックスモデル。アッパーの素材や縫い目の処理などによる防水機能は変わりませんが、ユニセックスモデルはアウトソールもアッパーと同色に仕上げています。それゆえにデザインは同じながら、どこか大人っぽい印象に。

パンパ オックスフォード パドルライト WP

パンパ オックスフォード パドルライト WP

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ハイカットと同じ素材&ディテールながら、ローカットだと軽快な雰囲気。なので、特に春夏に取り入れやすいモデルだと思います。さらにカーキのアッパーに対し、グレーのアウトソールというカラーコントラストが絶妙なアクセントになってくれますよ。

パンパ スポーツ カフ WPN

パンパ スポーツ カフ WPN

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

こちらのブーツのアッパーに用いているのは、防水レザーと非吸水処理を施した高強度のメッシュ素材。どちらも表情のある素材なので、コンビネーションがより印象的に映ります。デザイン自体はシンプルなので、ボリュームあるフォルムながらも日常使いしやすいはず。

『パラディウム』のシューズを取り入れたコーデサンプル集

無骨なルックスや優れた防水機能に加え、スタイリングしすいというのも『パラディウム』の魅力。そこで私的におすすめの『パラディウム』を取り入れたコーディネートをピックアップしてみました。

『パラディウム』のシューズを取り入れたコーデサンプル集

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

『パラディウム』のハイカットスニーカーに、Tシャツ×裾絞りパンツというラフな合わせながら、ノーカラージャケットをプラスすることで洗練された雰囲気に。モノトーンとベージュのカラーリングも、洗練度を高めるのにひと役買っています。

『パラディウム』のシューズを取り入れたコーデサンプル集 2枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

足元とベルトの色が合っていないのは残念ですが、カジュアルなタイドアップスタイルをスニーカーとキャップで絶妙に着崩しています。パンツの裾をラフにロールアップし、ハイカットとのバランスを図ったところにも注目を。

『パラディウム』のシューズを取り入れたコーデサンプル集 3枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

フレッドペリーのポロとタイトな黒デニムで、『パラディウム』のシューズをほかの人とは一線を画すモッズテイストな着こなしが目を引きます。サスペンダーや鮮やかな赤のソックスをアクセントとして取り入れているのもお上手。

『パラディウム』のシューズを取り入れたコーデサンプル集 4枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

『パラディウム』のシューズをシンプルに着こなしているのが好印象。足元に合わせ、ギンガムチェックシャツとリジットデニムもブルー系をチョイスしているのがグッドです。カジュアルながらも爽やかさも演出してくれますよ。

『パラディウム』のシューズを取り入れたコーデサンプル集 5枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

シンプルなMA-1とリラックス感あるパンツ、さらにはロゴ入りのキャップで『パラディウム』のスニーカーをストリートに着こなしているのがポイント。全体をブラックで統一しすることで、子供とは一線を画す大人っぽさも獲得しています。

『パラディウム』のシューズを取り入れたコーデサンプル集 6枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

白のポケTにリジットデニムという定番スタイルに、『パラディウム』のハイカットスニーカーを主役として投入。デニムの裾をロールアップし、スニーカーのボリューム感をアピールしたテクニックもぜひ真似したいところ。

『パラディウム』のシューズを取り入れたコーデサンプル集 7枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

ローカットでも適度なボリュームのある『パラディウム』のスニーカーなら、オーバーサイズのリラックス感あるコーデとも好バランス。コーチジャケットやキャップなど、旬を抑えたアイテムのチョイスもお見事です。

『パラディウム』のシューズを取り入れたコーデサンプル集 8枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

ネックデザインが特徴的なパーカー×裾絞りパンツに、スリップオンタイプの『パラディウム』。それをグレーとブラックのモノトーンでクリーンに着こなしているのがおしゃれ。白ソックスで絶妙なヌケを演出しているのもさすがです。

『パラディウム』のシューズを取り入れたコーデサンプル集 9枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

シンプルだけど、清潔感があって好印象。その印象を与える要因は、ズバリ、白×ベージュの軽快な配色です。さらにスニーカーとシャツが白というカラーバランスも理想的。このコーディネートは、どんなタイプの女性にもウケそうですよね。

『パラディウム』のシューズを取り入れたコーデサンプル集 10枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

全体的に重ためのトーンで統一ですが、インナーにピッチ幅の広いボーダーTをセレクトしてヌケ感をもたせているのが◎。ハイカットスニーカーとテーパードシルエットのパンツの関係性など、シルエットバランスもお見事です。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    大人が着たい。レザージャケットのブランドとコーデ

    大人が着たい。レザージャケットのブランドとコーデ

    ワイルドで男前なレザージャケット。ハードな印象が強いですが、大人ならスマートに着こなしたいところ。ここでは、コーデのポイントとおすすめブランドを紹介します。

    Goto

    アークテリクスのマウンテンパーカーを街着としてフル活用したい!

    アークテリクスのマウンテンパーカーを街着としてフル活用したい!

    アウトドア界の最高峰に位置する『アークテリクス』のマウンテンパーカー。外遊びだけでなく街着としてもフル活用できる万能選手について掘り下げます。

    山崎 サトシ

    秋から春までフル回転! グレースウェットを大人らしく着こなす3つの方法

    秋から春までフル回転! グレースウェットを大人らしく着こなす3つの方法

    アメカジを象徴する定番アイテムのなかでも、グレーのスウェットシャツは肌寒い季節のマストハブ。より大人らしく、おしゃれに着こなす秘訣を披露しましょう。

    平 格彦

    おすすめ満載。ワイルドシングスの三大マスターピースと注目アイテム10選

    おすすめ満載。ワイルドシングスの三大マスターピースと注目アイテム10選

    老舗アウトドアブランドであり、昨今はタウンユースでも支持率が高い『ワイルドシングス』。同ブランドが誇る三大定番と、大人の着こなしに馴染む人気作を一挙ナビゲート!

    山崎 サトシ

    6つの基本を押さえよう。ニット帽のおしゃれなかぶり方

    6つの基本を押さえよう。ニット帽のおしゃれなかぶり方

    秋冬のおしゃれに取り入れたいニット帽。でも合わせ方がわからない……という人も案外多いのでは? ニット帽のかぶり方、選び方、取り入れ方をまとめてご紹介します!

    TASCLAP編集部

    BACK