ビジネスカジュアルの教科書。必須アイテムを一挙公開

新しい産業の発展とともにビジネススタイルはカジュアル化。厳密なルールがないからこそセンスが問われるビジネスカジュアルを、コーデに不可欠なアイテムを中心に解説!

ビジネスカジュアルの教科書。必須アイテムを一挙公開

ビジネスカジュアルとは?

簡潔に言えば、オフィスなどのビジネスシーンで着用するカジュアルなスタイルが “ビジネスカジュアル” です。エネルギーの節約を目的としたクールビズの定着に加え、IT系といった新しい産業の発展も相まってオフィスのドレスコードはカジュアル化。ビジネスカジュアルが広まっていきました。“ビジカジ” や “ビズカジ” と省略化されるほど一般化しましたが、その細かい定義は曖昧。スーツではないジャケットスタイルならビジネスカジュアルともいえますし、ビジネススーツでもネクタイを外せばビジネスカジュアルともいえます。ただしここでは、もう少しリラックス感のある着こなしを “ビジネスカジュアル” と定義。堅すぎず

まずは“軸”を押さえよう。ビジネスカジュアルの本質とは?

オフィスのドレスコードがカジュアル化したといっても細かいルールは業種、社風、役職などによって異なります。ドレスコードが厳密に規定されていない企業も少なくありませんので、その場合は自己責任で判断する必要があります。ただし、大切なポイントはたったひとつ。“周囲や相手を不快にさせない” という1点のみです。ジャケパンばかりの職場もあれば、Tシャツに短パンが許される環境もあります。その中で自分はどんなスタイルを軸とするのか。上司や先輩、同僚と相談しながら固めていくのも有効な手段です。また、クライアントに会う際はジャケットを羽織るなど、TPOやシチュエーションに合ったアレンジを意識するのも重要なポイントです。

春夏のビジネスカジュアルに必要なアイテム一覧

ここでは最近のトレンドを取り入れながら、比較的オールマイティーに使えるビジネスカジュアル用の必須アイテムを紹介!! すべてをそろえる必要はありませんし、ほかのアイテムを用いてもかまいませんが、周囲や相手に失礼がないように意識しながら自分の環境に合ったアイテムをセレクトし、ビジネスカジュアルを自らで定義しましょう!

アイテム1

ライトな着心地のテーラードジャケット

ノッチドラペルで2ボタンというスタンダードなテーラードジャケットはオンの必需品。それは、ビジネスカジュアルでも変わりません。ユーティリティーなネイビーが本命ですが、定番カラーのグレーやブラックでもOK。無地はもちろんですが、ストライプ柄も定番です。

また、春夏シーズンに限っては明るいブルーのシアサッカー地も清涼感があっておすすめです。どんな着こなしでもテーラードジャケットさえ羽織れば上品に映るので重宝。その個性は、芯を省いたアンコン仕立てでも十分に発揮されますので、社外の人に会うときのためなどにオフィスに常備しておいても良いでしょう。最近は、高機能素材やリラックスできる生地を使ったジャケットも多く、シワが入りにくいタイプは常備用や携帯用としても最適です。

アイテム2

薄手のハイゲージニットカーディガン

上品なイメージのハイゲージニットを選ぶのが賢明。テーラードジャケットと同じく、ネイビー、グレー、ブラックといった定番カラーを活用すると上品にまとまります。首周りがV字状に開いたオーセンティックなタイプがビジネス向き。

薄手のタイプを選べば、ライトなアウターとしてはもちろん、ジャケットなどのインナーとしても着用でき、オフィスカジュアルの温度調整役として活躍してくれます。しかもハイゲージなら品良く映るので、ワードローブに加えておいて損はありません。(ビジネススーツに合わせても違和感がありませんので、本当にユーティリティーです。)

アイテム3

オックスフォード地のボタンダウンシャツ

絶妙なカジュアル感を演出してくれるオックスフォード地&ボタンダウンカラー仕様のシャツを活用するのがイチ押し。カラーは王道のサックスブルーやホワイトに加え、上品なネイビーや旬なペールトーン系も狙い目です。見た目の清涼感やリラックス感も求められるビジネスカジュアルには適度なヌケ感も必要。

一概には言えませんが、普段ビジネススーツに合わせているようなブロード地などのフラットなシャツをそのまま転用しても、無粋に見えてしまうことが大半。そこで、品格とカジュアル感のバランスが絶妙なオックスフォード地のボタンダウンシャツが第一の選択肢となるわけです。

アイテム4

シンプルなデザインのポロシャツ

デザインのバリエーションが多彩なポロシャツですが、ビジネスシーンにふさわしいのは基本的に無地。ピッチ幅の細かいボーダー柄なども許容範囲ですが、シンプルで落ち着きのあるデザイン&色使いを選んだほうがベターです。

襟型に関しては、インナー使いすることも考慮するならボタンダウン仕様がおすすめ。襟の収まりが良いからです。最近は“ビジポロ” や “ビズポロ” と呼ばれるアイテムも増えてきましたので、そんなポロシャツを選べば間違いはありません。ただし、1枚で着用するだけなら正統派でOK。クールビズでは爽やかな着心地が重要なので、半袖トップスの中でも上品なイメージが強いポロシャツを上手に活用したいものです。

アイテム5

王道カラーのスタンドカラーシャツ

今シーズンは、旬なスタンドカラーを選ぶのもおすすめです。襟型が少しカジュアルな分、色はスタンダードなホワイト、サックスブルー、ネイビーを選ぶのが基本。生地も上品な表情のタイプを選び、シャツ全体としてエレガントに見えるように注意しましょう。

ビジネスカジュアルに用いる考え方としては、ボタンダウンのオックスフォードシャツと同様。ほかの要素は上品にそろえる一方で、スタンドカラーという襟のデザインでほど良くヌケ感を演出するのが狙いです。

アイテム6

リラックスできるディテールのスラックス

ワンタック入りのグレーがスラックスの王道ですが、ネイビーやブラックといったベーシックなカラーもはきこなしやすくて便利。ジャケットなどのアウターを着用しない場合はパンツのシルエットが際立つので、美しいシルエットを選ぶ必要があります。その分、ストレッチ入りの生地などで動きやすさも確保しましょう。

ビジネススタイルの定番であるスラックスはカジュアルな着こなしでも必需品。どんなトップスでも上品に仕上げてくれるスラックスをすぐにでも確保しましょう!

アイテム7

スリムなシルエットのチノパンツ

チノパンは、ベージュやネイビーといった定番カラーを押さえつつ、ホワイト、グレー、ブラックといったモノトーンを加えるのもおすすめ。サックスブルーやペールピンクといった薄いカラーは今っぽい印象ですが、軽薄でラフすぎるイメージが出やすいので注意が必要です。

スラックスと同じく、シルエットはスリムなタイプ。最近の主流であるストレッチ生地なら快適性も確保できるので、機能素材も活用しましょう。ジャケパンスタイルにも使用されるチノパンは、ビジネスカジュアルの軸として必要。トラッドな品格を演出するパンツとして重宝すること確実です。

アイテム8

ややカジュアルなセットアップのパンツ

共地のテーラードジャケットが展開されているセットアップのパンツもあると便利です。ジャケットとパンツのセットアップといってもビジネススーツとは違い、仕様や生地感などがカジュアルなタイプを選ぶのがポイント。

ウエストにゴムを用いたイージーパンツ仕様を始め、九分丈パンツやリブパンツも視野に入れましょう。その場合、デザインやカラーやベーシックなものを選んでバランスと整えることが大切です。伸縮性や撥水性、吸湿速乾性といった機能を備える生地を用いたタイプなら、アクティブなビジネスシーンをバックアップしてくれます。

ビジネスカジュアルに抜け感が必要ということは「オックスフォード地のボタンダウンシャツ」の箇所などでも説明してきましたが、それをセットアップ全体で加味するというイメージで着こなしてみてください。ほかのアイテムを上品にまとめれば、好バランスなビジネスカジュアルに仕上がります。

アイテム9

エレガントなコインローファー

オーセンティックなペニーローファーもビジネスカジュアルの主力としてカウントできます。全体的にスマートなフォルムのエレガントなタイプがイチ押し。カラーは王道のブラックやブラウンから選ぶべきですが、ネイビーなどもクールビススタイルにマッチします。

また、素材はレザーがイチ押しですが、こなれ感のあるスエードも狙い目です。ストレートチップやダブルモンク、フルブローグといったスーツスタイル用のシューズもビジネスカジュアルで使用できますが、スタイリングによっては足元だけ堅苦しくてヘビーな印象を与えてしまうことも。そんなときに、品位と抜け感のバランスが良いローファーを合わせると、おしゃれな着こなしに仕上がります。

アイテム10

モノトーンのレザースニーカー

グレー、ホワイト、ブラックのスニーカーもTPOなどをはき違えないかぎりビジネスカジュアルで使えます。ただし、派手なデザインは御法度。ビビッドなアクセントカラーも基本的には不要ですが、重要なのは全体として落ち着いたムードのスニーカーであることです。

したがって、素材はスエードを含めたレザー系を選ぶのがベターです。全身を上品にまとめようとし過ぎるあまり堅苦しい雰囲気が拭えないことも多いビジネスカジュアルですが、そんなときには足元をスニーカーに変えるだけで適度な抜け感が演出できます。さらに、パンツやトップスは上品なタイプを選んで全身のバランスをオン仕様に整えるのが原則。どこまで着くずすべきか、周囲と歩調を合わせつつ自分の環境にふさわしいビジネスカジュアルを定義にしてみてください。

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る