タウンユースからアウトドアまで使える万能型リュック

タウンユースからアウトドアまで使える万能型リュック

両手がふさがらずに荷物を持ち運べるリュックは、一度使うと手放せないもの。今回はおしゃれを楽しむのはもちろん、フェスやキャンプなどにも使えるリュックを紹介!

大中 志摩

2015.05.13

バッグ
バックパック・リュック
アウトドアファッション

街でも山でも使えるおしゃれでタフな作りが魅力

おしゃれアイテムとして注目度の高いリュック。今回は、外でのイベントが増えるこれからの季節にオススメしたい、タウンユースからアウトドアまで使えるタフで万能なリュックを紹介しよう。

狙いは、安定感で頭ひとつ抜けている専業ブランド!

人生経験を積んできたTASCLAP読者なら言うまでもないが、いわゆる専業ブランドのアイテムは安定感で頭ひとつ抜けている。どんな局面も乗り切れる安全牌のようなものであり、目利きが最後にたどり着く領域といっても過言でない。また、最近はデザインも洗練されているため、ファッション面でも心強い。

デザインも使い勝手も◎の万能型リュック5選!

『ポーター』のユニオン

工具袋をモチーフにしたフロントポケットがユニークな2way仕様のリュック。コットンよりも軽量なポリエステルキャンバスを使用し、裏地にはP.V.C加工が施されているので撥水性にも優れている。B4ファイルや1Lの水筒なども入れることができるので収納力も抜群。グリーンのネームタグがアクセントになっている。

『ミステリーランチ』のブーティーバッグ

米軍の特殊部隊などに採用されていることでも有名『ミステリーランチ』のバックパック。このブーティーバックは、トートバックとバックパックの2wayで使用することが可能で豊富なカラーバリエーションが魅力的だ。開口部が広いので荷物の出し入れも簡単に行え、シンプルなデザインなので幅広いシーンで活躍する。

『フィルソン』のリュック

『フィルソン』は、1897年に設立されたアメリカのブランド。優れたデザインと上質な素材を使用したアイテムは、セレブにも愛用されている。このリュックは、オイルフィニッシュが施された22オンスコットンを使用したMade In USAの堅牢な仕上がり。タウンユースはもちろんアウドドアにもオススメだ。

合わせて読みたい:
秋冬に似合うオーセンティックウェア。フィルソンが今、欲しい

『ハーシェル』のポップクイズ

『ハーシェル』の中でもスタンダードなモデル。内側には赤と白のストライプ模様の生地を使用。メインポケットにはノートPCも収納可能で柔らかい素材を使用しているので外からの衝撃を吸収してくれる。程良いサイズ感と飽きのこないシンプルなデザインなので幅広いシーンで活躍してくれること間違いない。

『クローム』のリュック

『クローム』は、廃材を使ってメッセンジャーバッグを作ったことからスタートしたアメリカ州コロラド生まれのブランド。15インチまでのPCを収納可能なメインポケットに加え、フラップの下には小物などを入れるのに最適なオープンポケットが装備されている。RF接着シーム構造を採用しているので防水性も抜群。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    耐久性抜群。ガシガシ着られるコーデュラTが売れてる

    耐久性抜群。ガシガシ着られるコーデュラTが売れてる

    コーデュラナイロンというとリュックなどの丈夫な素材をイメージする人は多いのでは? 今季耐久性の高いコーデュラナイロン素材を混紡したタフなTシャツが人気なんです。

    編集カツラガワ

    見た目も“マナー”もスマートに。待っていたのはこんな大人リュック

    見た目も“マナー”もスマートに。待っていたのはこんな大人リュック

    一昔前まではタブーの風潮があったが、現在ではリュック出勤のサラリーマンも珍しくなくなった。優れた収納力は無論、両手が空く分スマホ操作が楽なのも支持率を高めてい…

    山崎 サトシ

    どのブランドから選ぶ? 傑作ビジネスバッグ20選

    どのブランドから選ぶ? 傑作ビジネスバッグ20選

    ビジネスマンの相棒であるビジネスバッグは、毎日使うからこそデザインや収納力、ブランドなど細かい点までこだわりたいもの。選ぶ際の基本や人気の逸品をお届けします。

    TASCLAP編集部

    3WAYビジネスバッグ20選。おすすめブランドを集めてみました

    3WAYビジネスバッグ20選。おすすめブランドを集めてみました

    見た目も重要だけど、やっぱりビジネスバッグは使い勝手で選びたいもの。今選ぶなら、シーンやスタイルに合わせて使い分けができる3WAYバッグが狙い目です。

    TASCLAP編集部

    BACK