シンプルな服装をちょっとおしゃれに見せるヒント

シンプルな服装をちょっとおしゃれに見せるヒント

大人のコーディネートはシンプルな正統派であるべき。そこで、定番アイテムを使ったスタイリングを再確認しつつ、そこからワンランクアップさせる着こなし術も紹介します!

平 格彦

平 格彦

SHARE
記事をお気に入り
2018.05.12

“シンプル”な服装ってこういうことだ

“シンプル”な服装ってこういうことだ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

そもそも シンプルとは、“①単純なさま。簡単なさま。②飾りけのないさま。素朴”(三省堂『大辞林』より引用) という意味です。つまり、“シンプルなアイテム” は “装飾的な要素がないアイテム” ということであり、そんなアイテムを用いてコーディネートしたのがシンプルなスタイルと言えるでしょう。装飾的な要素を最小限に切り詰めた簡素な形式は “ミニマリズム” といいますが、そこまで行かないまでも質素で定番的な着こなしがシンプルなスタイルと位置づけられそうです。

いつもの服が見違える。シンプルな服装をおしゃれに見せるヒント

定番的で素朴な印象を与えるシンプルコーデ。だからこそ汎用性も高いのですが、それは無難や平凡とったイメージと隣り合わせの関係です。理想は “シンプルなのにおしゃれ”。簡素なアイテムを普通に着ているのに、どこかおしゃれに見える着こなしのヒントを5つ紹介します。

▼ヒント1:“袖まくり” するだけで、こなれ感を演出可能!

シャツやニット、ソフトな素材のライトアウターなどを着用する際は、袖口をまくるだけで手軽に無造作なイメージが演出できます。カフスに沿って折り畳んだり、カフスを折り曲げてロールアップしたり、袖を大きく折ってから折り畳んだりと、まくり方は千差万別。ですがとりあえずは、まくった袖が固定できればOKくらいの感覚で実践してみれば、自然とこなれたムードが漂います。

着こなし1

王道のスタイリングが、少し大人に見える袖まくり

王道のスタイリングが、少し大人に見える袖まくり

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

オックスフォード地のボタンダウンシャツにカジュアルなスラックスを合わせたスタイリング。シャツとスニーカーを白で合わせ、クリーンにまとめています。いたってシンプルなはずですが、どこかあか抜けて見えるのは、袖をさりげなくまくっているから。カフス幅を半分に折り畳むだけで、印象は大きく変わります。

着こなし2

大胆なロールがコーデをあか抜けさせる

大胆なロールがコーデをあか抜けさせる

WEAR

WEAR

お気に入り追加

こちらはカジュアルなデニムシャツがメイン。ウエスタンシャツの男っぽいイメージを拡大するため、袖先をラフにまくっています。パンツとスニーカーを落ち着いた色合いにすることで、大人なムードも確保。

▼ヒント2:ニットなどの “肩掛け” はアクセントと実用性を兼備

ぜひとも活用したいのが、ニットやシャツなどの肩掛け。流行のピークは過ぎましたが、定番的な小技として定着しています。シンプルな着こなしにアクセントを加味できるのに加え、肩周りの保温性を確保することも可能。クーラーのきいた室内など寒くなったら着用することもできるので、温度調整が難しいこれからの時期に有効なテクニックです。

着こなし3

ボーダーの総柄ニットが小物代わりに

ボーダーの総柄ニットが小物代わりに

WEAR

WEAR

お気に入り追加

白いTシャツにスリムなジーンズを合わせた至極シンプルなコーディネートがベース。無難ともいえるイメージですが、ボーダーニットを肩掛けすることでセンスアップを実現しています。ボーダーの面積も自然と抑えられるので、あくまでさりげなさも装えるのです。シンプルな服装は無地が中心だからこそ、定番なのに存在感のあるボーダー柄もそろえておくと便利です。

着こなし4

濃色のニットで程良いメリハリを

濃色のニットで程良いメリハリを

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ポロシャツを軸にしつつ、ブルー×ホワイトのカラーリングで爽やかに仕上げたコーディネート。その色合いに馴染みつつ全体を引き締めるネイビーニットを選びつつ、肩掛けすることで首周りに差し色をプラスしています。アクセントとして強く目立たせるのではなく、肩掛けのニットも着こなしに調和させると大人っぽくまとまるという好例。

▼ヒント3:これからの季節は、“かぶり物” を活用しないと損!

デコラティブなアイテムを選ぶのではなく、アイテムの数を増やすことでおしゃれに見せるという考え方も重要。強い日差しが頭部に直接当たることを避けるために必要なかぶり物は、ぜひともプラスしたいアイテムです。定番的なハットやキャップさえ選べばシンプルなスタイルにもマッチ。ウェア類のどれかと色みを合わせれば、変に浮くこともありません。

着こなし5

主張のあるハットは色の一体感を重視

主張のあるハットは色の一体感を重視

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ホワイトのカットソーにネイビーのパンツを合わせたシンプルなコーディネート。その爽やかさを生かすため、ハットもホワイトを選んでいます。ボリュームのあるロングブリムですが、デザインがシンプルなので落ち着いた印象。一体感のあるスタイリングでクリーンにまとめてたお手本です。

着こなし6

ミニマルに見せたいならニットキャップが適役

ミニマルに見せたいならニットキャップが適役

WEAR

WEAR

お気に入り追加

コンパクトにまとまるニットキャップは、シンプルな着こなしの大人っぽさを邪魔することなく使用できるかぶり物の筆頭。コットンやリネン、機能素材などを使った通気性の良い生地を選べば、暖かい時期にも有用です。パンツのブラックを拾ってニットキャップを選び、全身をモノトーンでまとめているのもセンス良く見せるコツ。

▼ヒント4:パンツの裾の “ロールアップ” で身の丈に合った抜け感を

定番的なチノパンやジーンズも、裾をロールアップすることでおしゃれに見せることができます。きちんと折り畳むのが基本ですが、あえてラフに見せたいならあえてルーズに巻いてもOK。あまり難しく考えず、自分に合ったロールアップ術を探してみてください。くるぶしやソックスがチラッとのぞく、9分丈くらいが今の気分!

着こなし7

品格を崩さない、端正なロールアップ

品格を崩さない、端正なロールアップ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

白いボタンダウンシャツにベージュのチノパン、コインローファーを合わせたアメトラなスタイリング。そのまま着こなすだけでは優等生なトラッドスタイルになってしましますが、パンツの裾をロールアップすることで抜け感を加味しています。きれいめに見せたいなら、左右の折り幅をきっちり合わせると効果的です。さらにシャツの袖まくりもこなれたニュアンス作りに貢献。

着こなし8

シンプルだからこそ効く、太幅折り

シンプルだからこそ効く、太幅折り

WEAR

WEAR

お気に入り追加

こちらはシャツにジーンズを合わせた王道的なコーディネート。パンツの裾は、2~3cm程度の幅でロールアップするのが基本ですが、ここではあえてワイドに1回折って存在感を高めています。レディスで流行しつつある折り幅ですが、自分に合うと思う思ったら積極的にトライしてみましょう!!

▼ヒント5:アイウェアをプラスするだけで、おしゃれ度が一気に高騰!!

考え方としてはかぶり物と同じ。必要なアイテムをプラスすることで、おしゃれに見せるという着こなし法です。活用したいのは、夏の必需品ともいえるサングラス。紫外線から目を保護しつつ、男っぽいムードを加味することができます。またメガネも有用で、知的に見せることができるシンプルコーデのキラーアイテム。いずれにしても、アイウェアは顔の印象を大きく変えることができ、シンプルな着こなしでもおしゃれに映してくれます。

着こなし9

ゴールドフレームの豪奢さが、白パンに似合う

ゴールドフレームの豪奢さが、白パンに似合う

WEAR

WEAR

お気に入り追加

シャツにジーンズを合わせただけのシンプルなコーディネートですが、白×ネイビーのコントラストの効いたカラーリングがクリーンな印象を醸します。さらに、そんな着こなしにラグジュアリーさを薫らせる、サーモントブローのサングラスをプラス。ゴールドを落とし込みつつも、定番のウェリントン型なら難度も高く見えません。白いパンツを使った爽快な着こなしを邪魔することもないでしょう。

着こなし10

メガネに加え、上記テクを総ざらい

メガネに加え、上記テクを総ざらい

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

知的セルフレームの黒いメガネで知的に見せた実例。さらに、今回おすすめしている “肩掛け”、“かぶり物”、“ロールアップ” も実践して、シンプルな服装のブラッシュアップに成功しています。“袖まくり” はしていないものの、袖の半端な丈感が無操作なニュアンスを加速しています。

注目編集者
平 格彦

60以上のメディアで執筆。「着こなし工学」提唱者

平 格彦
出版社を経て独立。「Men’s JOKER」と「RUDO」は創刊から休刊までほぼ毎号で執筆。さらに「MEN’S CLUB」「GQ」「GOETHE」など、60以上のメディアに関わってきた。横断的、俯瞰的に着こなしを分析するのが得意。そんな視点を活かし、「着こなし工学」としての体系化を試みている。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

うん、“色”っぽい。カラー使いに惚れる、ポール・スミスの彩りウォッチ

重厚な印象になりがちな冬の装いを洒脱に仕上げたいなら、腕時計で彩りを添えるのが効果的。腕元に洗練をもたらす逸品が『ポール・スミス ウォッチ』には揃っています!

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

重要ポイントは3つ。タトラスと探る、今季的なダウン選びの「傾向と対策」

人気の高まりによって選択肢が豊富になったダウンジャケット。その一方、何をどう選べば良いのかわかりにくいのも事実です。今季“買い”の基準を『タトラス』と探ります!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

レザーに通じたプロ同士が対談。ガンゾに聞く革のお手入れトラブルシューティング

使うほどに味が出るのがレザーの魅力。しかし、そのためには適切な手入れが必要です。革のプロに、正しい革のメンテナンスについて基本から応用まで教えてもらいました。

SPONSORED by ガンゾ

続きを読む

自由自在にカスタマイズ。“MY G-SHOCK”で自分好みのオンリーワンを手に入れる

多くの画期的モデルで周囲を驚かせてきた『Gショック』。今度はなんと自分だけの「MY G-SHOCK」が作れるという。早速、業界の最前線で活躍するデザイナーが試してみた。

SPONSORED by カシオ計算機株式会社

続きを読む

その進化、変わらぬ心地良さに安心する。 モデル・ショーゴも惚れ込む西川ダウン

『ナノ・ユニバース』のロングセラーシリーズ『西川ダウン(R)』を、これまで数多く着用してきたモデルのショーゴさん。彼が語るその良さと、今季作の見どころとは?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

来年も頑張る自分のために、大切なあの人のために。ティソの腕時計を冬のギフトに選びたい3つの理由

贈ってうれしい、もらったらもっとうれしい。そんな心温まるギフトシーズンに推薦したい腕時計ブランド『ティソ』。メンズからレディースまで良作を幅広くご紹介します。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

ファッションに合わせて時計も“着替える”。スカーゲンのホリデーセットを自分へのご褒美に

今年一年、頑張った自分へのご褒美に。はたまた大切な人へのギフトに。ホリデーシーズンが近づいた今、ぜひ注目してほしい『スカーゲン』のホリデーセットをご紹介します。

SPONSORED by スカーゲン

続きを読む

業界人も通う恵比寿の名店にフィーチャー。人気スタイリストと考える、今選ぶべきアクセサリー

大人のアクセサリーに求められること。それは旬度とスタイリングへの汎用性、そして確かなブランド力です。例えば、『シンパシーオブソウル』はまさに適任でしょう。

SPONSORED by S.O.S fp

続きを読む

大人の腕元に誠実さと感性を。稀代のヒット作が纏う、冬にこそ似合うロイヤルブルー

2020年に発売された「1965 メカニカルダイバーズ 現代デザイン」に今冬待望のニューモデルが登場。気品に満ちたロイヤルブルーは、大人の男にいかなる恩恵をもたらすのか?

SPONSORED by セイコーウオッチ株式会社

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP