アディダスのテニス Huとは?話題の1足を徹底リサーチ

アディダスのテニス Huとは?話題の1足を徹底リサーチ

またまた『アディダスオリジナルス』から新作が登場。その名も“テニス Hu(テニス・フー)”。誰もがご存じのアレに激似のデザインから、気になるアレコレまでをご紹介。

深澤 正太郎

2017.05.13

アディダス オリジナルス(adidas originals)
スニーカー

快進撃が止まらない。『アディダスオリジナルス』からまたもや新作が……

おそらくご存じの方もいらっしゃるでしょう……。5月6日に発売された『アディダスオリジナルス』のコチラのスニーカーの存在を。

その名も“テニス Hu(テニス・フー)”。一見するとどこかで見たような見たことがないようなルックスですよね。

え? ご存じない?? いや、そうでしょう。なんてったって、コチラのテニス Huさまもイニキランナーさまと同様にびっくりするほど“サラッ”とリリースされて“フッ”と消えるかのごとく売れてしまったのですから……。でもご安心を。当記事ではテニス Huさまについてちゃ~んとご紹介します。

そもそもコチラのテニス Huさまは、『アディダスオリジナルス』とファレル・ウィリアムス氏のタッグにより誕生。クリーンな白のアッパーとイエローのソールがGOODなカラーリングは、同ブランド往年の名作である“フォレストヒルズ”へのオマージュとして作られたモノなんです。何とも現代的な表情に「さすがはファレル」といったところではないでしょうか。

ホワイトとグリーンのカラーリングは、ふふっ。そう、そうですよ。スタンスミスへのオマージュです。もうね「やべーなコレは」ってなりますよね? 『アディダスオリジナルス』のラインアップのなかでも採用されているプライムニットが春夏の気分にもマッチしますでしょ? もう1回いいますけど「さすがファレル」ですよね。

ん? 「さっきからファレル、ファレルって誰だ」「Huって何だ、Huって」ですって? いやはや、皆さまのツッコミ力に感激ですよ(自作自演)。

快進撃中の『アディダスオリジナルス』とタッグを組んだファレル・ウィリアムス氏とは誰なのか。そして“Hu”が意味するモノをじっくりと見ていきましょう。

話題爆発のテニス Hu。ところでファレル・ウィリアムスって、誰?

洋楽好きならば1度は見聞きしたことがあるであろう、ファレル・ウィリアムス氏。彼はアメリカの音楽プロデューサーとして、そして歌手として活躍しています。

2014年に発売された「Girl」に収録されている「HAPPY」という曲は、軽快なリズムと斬新なミュージックビデオで話題をさらい大ヒット。日本人が登場したPVも作られ、いやはや衝撃的でしたね。私もコチラの「HAPPY」が大のお気に入りでして、今の季節にはぴったりなんですよね。あまりにも楽しい曲なので、落ち込んだときもそうではないときもおすすめです。

音楽の才あるファレルは、実はファッションにも精通しているんです。2003年に立ち上げた『ビリオネアボーイズクラブ』は、日本でも人気ですよね。なんともいえないイラストがすてき。

で、そんな多才なファレルと『アディダスオリジナルス』がタッグを組んだのが“Hu”コレクション。Huとは“Human”を略した表現。愛や情熱、エネルギー、そしてカラーを通じて人々が繋がっていくというファレル氏自身の考え方が反映されているのです。何だかスゴいやって思っていたのですが、驚くべきはコレクションのひとつとして発売されたコチラの1足。何が驚きって値段ですよ、値段。これはねぜひ見ていただき腰をぬかしていただきたいですな……。

知れば知るほど魅力的。テニス Huの詳細を徹底リサーチ。

あごが外れた読者もいらっしゃるかもしれませんが、テニス Huはべらぼうに高価なわけではありません。むしろ、豪華タッグによるスニーカーが2万円前後で入手できるならば大歓迎ではないでしょうか。

何度見ても今らしく、おしゃれな見た目。ほれぼれしますよね? 春夏はショートパンツと合わせてスニーカーの個性を最大限発揮したいモノです。

目立たないですが、“Hu”コレクションらしい“平等”を示すロゴも◎。この絵面だけでご飯が進みそうです。

ちなみに、テニス Huにはプライムニットは採用されているモノのソールはブーストフォームではありません。むしろ、ブーストフォーム非搭載モデルだからこそのお値段ともいえるでしょう。

兎にも角にもプレミアムな1足。イニキランナーさまはもちろん、各ブランドがこぞって発売する新作ラッシュに、コレまたすてきなモデルが加わって困ってます。本当に。

個人的に、テニス Huは「ガンガン履いて履きつぶす」タイプのスニーカーではなく「えっへっへ。えっへっへ」とウイスキーグラスを片手に見て楽しみたい。あ、でも履いたらモテそうですよね。うーむ、なかなか悩ましいところですが、取り急ぎゲットするのが急務ということですな。

美容専門誌「HAIR MODE」にて編集者のキャリアをスタート。髪に関することが大好物で、ヘアカタからビジュアル誌、書籍作りに奔走。前職の経験を生かし、TASCLAPではビューティ・ヘルス全般に熱を注ぐ。人の髪型を見てカットの工程が分かるほど髪フェチで、ヘアスタイリング剤には見境なく投資してしまうのが悩み。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ユナイテッドアローズとアシックスの英知を集結。これぞ“今どき”なビズシューズ

    ユナイテッドアローズとアシックスの英知を集結。これぞ“今どき”なビズシューズ

    ジャケパンスタイルやバックパックでの通勤がOKになるなど、近年、ビジネススタイルのカジュアル化が進んでいます。それは足元も例外ではなく、歩きやすくてカジュアルめ…

    髙須賀 哲

    ギア感もあって、品もある。そんなトレランシューズこそ春のタウンユースにふさわしい

    ギア感もあって、品もある。そんなトレランシューズこそ春のタウンユースにふさわしい

    季節の変わり目、衣替えのタイミング。服が替わると、自然と足元のスニーカーも新調したくなるものだ。どうせなら周囲とは異なる1足を選びたいところだが、大人が選ぶべ…

    平 格彦

    ホカオネオネの人気作。ボンダイが支持される4+αの理由

    ホカオネオネの人気作。ボンダイが支持される4+αの理由

    厚底スニーカーブームの火付け役である『ホカ オネオネ』。なかでも人気モデルとして名高いのが「ボンダイ」です。見た目と機能を両得した名機の魅力を徹底解剖します。

    山崎 サトシ

    エアマックスの今。革命の95から最新作まで、人気モデルを厳選

    エアマックスの今。革命の95から最新作まで、人気モデルを厳選

    今のスニーカー人気の礎は90年代に培われたといって良い。当時、主役を担っていたのが『ナイキ』の「エアマックス」。今なお色褪せない魅力を名モデルとともに振り返る。

    菊地 亮

    ビジネスに合わせたいスニーカー10選。スーツに似合うブランドを厳選

    ビジネスに合わせたいスニーカー10選。スーツに似合うブランドを厳選

    スーツやジャケパンにスニーカーを合わせるのもアリな時代。まだ実践できていない人のために、参考になるコーデサンプルとおすすめアイテムをまとめて紹介していきます。

    近間 恭子

    BACK