夏のスーツを買う前に。押さえておくべき選び方とおすすめ10選

夏のスーツを買う前に。押さえておくべき選び方とおすすめ10選

夏はノータイ&ノージャケットが一般化していますが、スーツを着ないといけない業種やシーンもあるものです。そんな人のために用意しておきたい夏用スーツをご紹介します。

池田 やすゆき

池田 やすゆき

SHARE
記事をお気に入り
2021.06.30

夏用スーツを選ぶ際のチェックポイントは?

スーツは大きく分けて春夏用と秋冬用があり、それぞれ素材と仕立てが少々異なっています。特に国内ブランドの盛夏用スーツは、高温多湿な日本の気候でも着られるスーツとして、インポートブランドの夏用スーツよりも涼しく着られる工夫がされているんです。暑がり&汗かきの人は、海外ブランドより日本ブランドのスーツを選ぶのがおすすめですよ。ほかにも押さえておきたい、選ぶ際のポイントを解説します。

▼ポイント1:夏向きの生地を知る

▼ポイント1:夏向きの生地を知る

でらアウトレット-メンズブランド

でらアウトレット-メンズブランド

お気に入り追加

夏用スーツは、冬用の厚手でふっくらと空気を含んだ生地ではなく、シャリッと硬く薄手で、通気性が良く、触ったときにひんやりとする生地が使われます。糸を細く強く撚った強撚糸を使った生地や、モヘアやリネンなど清涼感ある素材をウールと混紡した生地、表面に凸凹があって通気性が良く汗ばむ素肌にも張り付かない織り方の生地など、種類はさまざまです。

種類1

強撚ウール

強撚ウール

スーツ&ファッションTheShopBIOS

スーツ&ファッションTheShopBIOS

お気に入り追加

文字どおり「強く撚った」細くて硬い糸で織り上げると、薄手でなおかつしなやかな、光沢感のある生地になります。強撚糸を使った生地は手触りがシャリッとしていて、ひんやり涼しいために夏生地として多用されるのです。

種類2

モヘア混

モヘア混

CRAWLER

CRAWLER

お気に入り追加

「モヘア」はアンゴラ山羊の毛。アンゴラ山羊の成獣の毛は、太くて硬く弾力性があり、直毛なので光沢があります。上品なツヤが浮き上がり、ウールと混紡するとシャリッと硬く仕上がるので夏生地に最適です。

種類3

リネン混

リネン混

Sugawara Ltd

Sugawara Ltd

お気に入り追加

リネンはカジュアルアイテムの夏素材としては定番ですが、スーツの場合はウールと混紡することでビジネスにも使えるドレッシーな素材になります。リネン100%のスーツはシワが入りやすく、ビジネスエレガンス的には少々困りものですので、混紡素材の生地が良いでしょう。

種類4

ホップサック織り

ホップサック織り

ginlet(ジンレット)

ginlet(ジンレット)

お気に入り追加

ホップサックとは、ビールの苦味をつけるホップを収穫する麻袋に似ていることからつけられた凸凹織りの生地。軽くて通気性が高いため、夏生地によく使われます。スーツもありますが、単品ジャケットに多く見られ、夏場はさらりとドライなタッチで着用可能です。

種類5

シアサッカー

シアサッカー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

「しじら織り」とも呼ばれる、表面に縮みの織りうねがある生地。コットンベースで白×水色のストライプといったカジュアルなモノが多いのですが、最近はネイビー無地もあり、ビジネススーツとしても使えます。アメリカントラッドの老舗『ブルックスブラザーズ』が世界で初めてスーツに採用したもので、凸凹生地が汗ばんだ肌に張り付かず夏も快適に着ることができます。

今夏はシアサッカーのジャケットを。おすすめとコーデサンプル

ウェア・コーデ

今夏はシアサッカーのジャケットを。おすすめとコーデサンプル

夏でもジャケット着用が求められるシーンがあるはずだ。そんな場面に備えて持っておきたいのが、シアサッカージャケット。そのおすすめや着こなし方を、ここで一挙ご紹介。

TOMMY

2021.05.31

▼ポイント2:夏仕立ては裏地を見て選ぶ

▼ポイント2:夏仕立ては裏地を見て選ぶ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

キュプラの裏地は表地よりも通気性が低いものです。そのため夏用スーツはジャケットの裏地が半分になっていたり、あるいは極力少なく使われていたりするモノが多いのです。裏地が少なくなると、表地の裏面の処理や芯地が丸見えになるなど、いろいろな不都合がありますが、そういった点をきちんと処理してあるスーツは、作りの良いスーツといえるでしょう。どのような処理、つまり仕立てが行われているかをチェックするのも大事なポイントなんです。

仕立て1

半裏仕立て

半裏仕立て

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

総裏の場合は背中の裏地が全体に縫いつけられていますが、着丈の半分から下側を縫い付けずにひらひらとさせたものを「半裏仕立て」といいます。背中の熱気がこもりにくいため、夏用スーツでは定番の仕立て方です。

仕立て2

背抜き仕立て

背抜き仕立て

CRAWLER

CRAWLER

お気に入り追加

完全に裏地を使わない「背抜き仕立て」は、高度な仕立て技術を要するものです。肩の部分には表身と共地を使って肩の芯地を隠すのが一般的ですが、なかには肩に副資材を使わない完全なアンコン仕立てのものも見られます。背裏とともに肩部分も薄く作られるため、夏でも軽く羽織れます。

仕立て3

アンコン仕立て

アンコン仕立て

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

アンコン仕立ては、「Un-construction(非構築的)」の意で、肩の保型のための芯地や増芯などを減らしたり、完全に取り去った仕様のことです。アンコンにすることで、肩が薄くなるため軽量で涼しく、身体にフィットして丸くなるので自然なラインを描きますが、そのぶん仕立ての技術力を要することになります。近年は縫製技術の向上によってアンコン仕立てが増えており、春夏、秋冬を問わず着られるようになりました。

▼ポイント3:見た目にも涼しい明るめのトーンや爽やかな柄がおすすめ

▼ポイント3:見た目にも涼しい明るめのトーンや爽やかな柄がおすすめ

CRAWLER

CRAWLER

お気に入り追加

夏場に黒い服は着ている本人も周りも暑苦しく、逆に白い服は涼しげに見えます。これは太陽の光を反射するから。少しでも涼しく着たいなら、スーツは明るいトーンのものを選びましょう。ネイビーよりも明るいブルー、ダークグレーよりライトグレーが夏向きです。また、柄によって爽やかさを演出できるモノも押さえたいところ。そんな色柄について見ていきましょう。

色柄1

ライトグレー

ライトグレー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

夏場において最高に涼しい色といえば白ですが、白スーツで会社に行くわけにもいきませんので、白に近いグレーのスーツを。梳毛のライトグレースーツなら、太陽の光を反射してくれますし、周りからも涼しげに見えます。

色柄2

千鳥格子

千鳥格子

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ハウンドトゥースとも呼ばれる手裏剣型のマイクロチェックは、遠目に明るいグレーに見えるので、夏のライトグレースーツに準じる色柄といえます。英国的な雰囲気がありつつも、モノトーンのモダンな印象も漂うのでおしゃれ度も高めです。

色柄3

グレンチェック

グレンチェック

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

英国由来のクラシック柄も、遠目からはライトグレーに見える色柄。秋冬生地のモノが多いですが、春夏用にクリアカットされた梳毛生地なら、ぜひとも1着は用意しておきたいスーツです。

ちなみに

ヨーロッパでは夏の太陽を反射する玉虫色に輝く「ソラーロ」という生地が人気

ヨーロッパでは夏の太陽を反射する玉虫色に輝く「ソラーロ」という生地が人気

ginlet(ジンレット)

ginlet(ジンレット)

お気に入り追加

一見オリーブベージュですが、光の加減でラズベリーカラーが浮き上がる玉虫織りの「ソラーロ」生地。陽光降り注ぐ南イタリアで人気の生地です。英国貴族からはリゾートで着る「サンクロス」と呼ばれて愛されています。

▼ポイント4:清潔&快適に着られる機能も重視

▼ポイント4:清潔&快適に着られる機能も重視

暑い夏に汗を止めることはできなくても、かいた汗を素早く乾かすことができたり、家庭で簡単に洗濯することができれば、スーツを快適に着られます。そんな吸汗速乾性のあるモノや、洗っても型崩れしにくい、シワになりにくいといった機能を備えた素材を選ぶというのも1つの手です。

機能1

吸汗速乾性

吸汗速乾性

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

吸汗速乾性を備えた1着なら、汗ばむ夏でも汗や湿気を吸い取って素早く乾燥。気化熱が衣服内の熱を奪って涼しいうえに、汗ぬれで不快な思いをすることはありません。おすすめは、スポーツウェアなどに使われる速乾性の高いクールマックスをブレンドしたスーツ。以前は化繊のスーツは安っぽく見えましたが、近年は技術も向上していて天然繊維のルックスはそのままです。

クールマックスとは? 高機能素材の魅力と重宝モノのアイテム14選

ウェア・コーデ

クールマックスとは? 高機能素材の魅力と重宝モノのアイテム14選

暑い季節に大活躍する高機能素材、クールマックスのメリットを解説。さらに同素材を採用したウェアや小物など、夏を快適に乗り切るためのアイテムを厳選してご紹介します。

髙須賀 哲

2020.08.25

機能2

ウォッシャブル

ウォッシャブル

メンズスーツKOKUBO

メンズスーツKOKUBO

お気に入り追加

最近増えている洗えるスーツは、シワになりにくい表地、乾燥しやすい芯地やパッド、洗濯機内でもほつれない縫製仕様など、さまざまな技術が用いられています。自宅で簡単に洗えるので、気になる汗やニオイもきれいさっぱり。いつもで清潔に着ることが可能です。クリーニング代も抑えられて何かとお得。

洗えるスーツが優秀! 見た目もGOODなウォッシャブルスーツ、集めました

ウェア・コーデ

洗えるスーツが優秀! 見た目もGOODなウォッシャブルスーツ、集めました

ビジネス着の新定番になりつつあるウォッシャブルスーツ。特に汗をかきやすい今の時期、自宅でスーツを洗えるのはうれしいですよね。さっそくおすすめ品をご紹介します。

近間 恭子

2021.05.15

機能3

防シワ加工

防シワ加工

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

夏の外回りでは、移動時はジャケットを脱いで持ち歩くという方も多いはず。そんなとき、ポリエステルなどのシワになりにくい素材を使ったアンコン仕立てのジャケットが重宝します。出張の多い方なら、クリースがとれにくいパンツとセットになったトラベルスーツもおすすめです。

▼ポイント5:特殊加工の涼感スーツにも注目を

▼ポイント5:特殊加工の涼感スーツにも注目を

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

繊維化学の技術進歩によってさまざまな涼感スーツが生まれています。イタリアの生地メーカー、レダ社のアイスセンスは、生地の表面に特殊加工を施して太陽光線を反射。生地の温度上昇を抑えて夏の暑さを軽減するというものです。通常の同色生地とくらべて7~8度、温度が低いそう。

今買うならこれ! おすすめの夏用スーツ

クールビズでもスーツ着用が必要なビジネスマンのために、少しでも涼しく過ごせる夏用スーツをピックアップ。素材で選ぶか、仕立てで選ぶか、それとも機能で選ぶか。厳選した最新夏用スーツはこちらです。

アイテム1

『タケオキクチ』

『タケオキクチ』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

夏用の代表的な生地として紹介した「ホップサック」を採用。原料はウール100%で、尾州の田園風景での中で織り上げた高品質な生地を使用していです。また、「紡縞」と呼ばれる柄には「職人により一本一本紡いだ糸からなす洋服をもって、お客様との心をつなぎたい」という想いが込められています。明るめのグレー基調は見た目も涼しげで夏にぴったり。

アイテム2

『ユナイテッドアローズ』

『ユナイテッドアローズ』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

こちらも毛織物の名産地、尾州で織り上げた生地を使用しています。ナチュラルストレッチが効いていて、着心地は快適。ハリやコシ、立体感があり、夏に適した生地感です。無地のように見える細かい織柄で、汎用性も抜群。青み掛かったグレーは陰影が美しく現れ、コーディネート全体をラグジュアリーに見せてくれます。

アイテム3

『トゥモローランド』

『トゥモローランド』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

もともとは生地メーカーとして誕生したイタリアの名門『ロロピアーナ』の最高級生地を使用。スーパー170'sという極細のウール原料に同じく極細のシルクフィラメントをブレンドし、とろけるようなしなやかさとナチュラルな光沢を実現しています。さらに、軽やかな着心地も魅力。シェイプを効かせた細身のシルエットでエレガントに仕上げています。

アイテム4

『ソブリン』

『ソブリン』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『ユナイテッドアローズ』の最高峰クロージングレーベルが『ソブリン』。選りすぐりの素材と伝統的な技術を融合し、大人の装いを提案しています。このスーツも最上級。名古屋の名門、御幸毛織への別注で生み出したチャンピオンモヘア混紡の生地を用いています。光沢感と清涼感が特徴的で、着心地も軽快。ビジネスからセレモニーまで対応する仕上がりです。カラーはネイビーとグレーの2色展開。

アイテム5

『ビームスエフ』

『ビームスエフ』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『ビームスF(ビームスエフ)』は、エレガントなアイテムを提案しているレーベル。スーツにも定評があり、このアイテムには英国を代表する生地メーカー『アーサーハリソン』の生地を使用しています。明るいトーンのグレンチェック柄が軽妙かつクラシック。日本国内の有力工場で仕立てることで、立体的で美しいシルエットも実現しています。

アイテム6

『ライフスタイルテーラー』

『ライフスタイルテーラー』

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

『アーバンリサーチ ドアーズ』のプライベートレーベル、『ライフスタイルテーラー』の1着。ウールをメインにしつつ、高機能素材のクールマックスをブレンドすることで、通気性と吸水速乾性を高めた生地を起用しています。ストレッチ性にも優れ、動きやすいのも特徴。家庭で手軽に洗えるので、まさに夏向きのスーツです。ネイビーの色味を生かして、清涼感あるブルー系コーディネートにまとめるのがおすすめ。※パンツは別売り

アイテム7

『クラウデッドクローゼット』

『クラウデッドクローゼット』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ウールにポリエステルを組み合わせた生地を使用。春夏は涼しく、秋冬は温かく感じるため、季節を問わず使える優れモノです。メランジ感のあるシャドーマイクロチェック柄は、上品に見えるのにさりげなく個性的。ジャケットのラペルを細くすることで、スタイリッシュな印象に仕上げています。同じ生地を使った別売りのベストを組み合わせ、スリーピーススーツとして着回すことも可能です。

アイテム8

『グリーンレーベル リラクシング』

『グリーンレーベル リラクシング』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

世界的に有名なイタリアの生地メーカー『レダ』と『グリーンレーベル リラクシング』とのコラボレーションで生み出した生地は、強撚糸によるサラッとした夏向きの風合いが特徴。主張の少ないグレンチェック柄で、こなれ感と気品が両立しています。カラーはネイビーとグレーの2種類。いずれも、暗すぎず明るすぎない色味で、着回しやすくて重宝します。※パンツは別売り

アイテム9

『トランスコンチネンツジェットレーベル』

『トランスコンチネンツジェットレーベル』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

通気性に優れ、清涼感のあるプリント生地を使用したスーツです。芯地や肩パッドなどをできるかぎり省き、軽量化を図っているのもポイント。家庭で洗うことができるうえに、シワになりにくく、ケアは非常に簡単です。グレンチェック柄の表情がクラシックなので、シンプルに着こなすだけで洒脱。ジャケットは内側だけでポケットを8つ備え、スマホや財布、小物類を小分けして収納できるので便利です。

アイテム10

『スーツセレクト』

『スーツセレクト』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

多様化するワーキングスタイルに対応するファンクショナルな「4Sスーツ」。シワになりにくい「スーパーノンアイロン」、動きやすい「ストレッチ」、なめらかな生地感とアンコン仕立てがもたらす「ソフトタッチ」、細身でスタイリッシュな「スリム」という4つのSがネーミングの由来です。快適なだけでなくウォッシャブルで、ケアも簡単。明るいネイビーが爽やかですが、スリーピースで重厚に着こなすこともできます。

スーツのブランドならまずはココ! 選んで間違いなしの人気&定番30選

ウェア・コーデ

スーツのブランドならまずはココ! 選んで間違いなしの人気&定番30選

30代以上の大人にふさわしいスーツは、人気ブランドから探すのが正解。シルエットや着用感はもちろん、年齢相応の品格も演出できる30ブランドをピックアップしました。

池田 やすゆき

2021.01.18

クールビズに最適なジャケットの選び方とおすすめ10選

ウェア・コーデ

クールビズに最適なジャケットの選び方とおすすめ10選

クールビズの装いにジャケットは不要? いえいえ、時にはジャケットを着用したビズスタイルも求められるはず。そんなシーンにぴったりのジャケットを詳しく解説します。

池田 やすゆき

2021.05.31

サマージャケットは夏コーデの救世主。取り入れ方とおすすめ10選

ウェア・コーデ

サマージャケットは夏コーデの救世主。取り入れ方とおすすめ10選

暑い日でも清涼感を与えられるサマージャケットは、春夏シーズンのマストバイ。選び方や着こなしのポイント、コーディネートの好サンプルまで幅広く解説します。

TASCLAP編集部

2021.07.30

過酷な夏は冷感インナーで快適に。ビジネスマンが今買うならこの18枚

ウェア・コーデ

過酷な夏は冷感インナーで快適に。ビジネスマンが今買うならこの18枚

過酷な夏を乗り切るなら、ビジネスコーデに冷感インナーは不可欠。着心地が快適なだけでなく、仕事のパフォーマンスも上がること請け合いなので積極的に取り入れましょう!

近間 恭子

2021.06.29

池田 やすゆき

ビジネススタイルからアウトドアまで幅広く執筆

池田 やすゆき
「FINEBOYS」編集部を30歳で独立。以後フリーのファッションエディター&ライターとして「MEN’S EX」「LEON」「GQ」「AERA STYLE MAGAZINE」など各メンズ誌・WEB版のほか、企業広告、オウンドメディアにて執筆。BBQインストラクター、第二種電気工事士など資格多数。目下の目標は危険物取扱者乙種4級取得。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

シャカではじめる冬支度。サンダル譲りのコンフォートなシューズで装いを新たに

街に野遊びに、この夏お世話になった人も多いであろう『シャカ』のサンダル。しかし、同ブランドが活躍するのは夏だけにあらず。秋冬も頼れる逸品が揃っています!

SPONSORED by シャカ

続きを読む

あなたの働き方にはどの1着? 4つのワークスタイル、それぞれの本命セットアップ

働き方の多様化が進む今、最適な仕事服は人によって千差万別。各々のワークスタイルに応じた理想のセットアップが、『エイチアイピー バイ ソリード』なら見つかります。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

大人の腕元に誠実さと感性を。稀代のヒット作が纏う、冬にこそ似合うロイヤルブルー

2020年に発売された「1965 メカニカルダイバーズ 現代デザイン」に今冬待望のニューモデルが登場。気品に満ちたロイヤルブルーは、大人の男にいかなる恩恵をもたらすのか?

SPONSORED by セイコーウオッチ株式会社

続きを読む

大人には大人のスポーツMIX。都会的な雰囲気を纏うアウターに、名門ブランドで出会う

スポーツMIXコーデはトライしやすいからこそ、取り入れるアイテムが問われるもの。おすすめしたいのは、アーバンテイストを取り入れたアクティブなアウター類です。

SPONSORED by レノマオム

続きを読む

タフでスリムで街で映える。“勢いを増していく僕ら”には、こんなGショックがよく似合う

節目の35周年を経て以降も勢いは増すばかりの『Gショック』。今夏発売された「GA-2200」はその象徴だ。期待の新顔をファッション業界で今ノリに乗る2人はどう見るのか。

SPONSORED by カシオ計算機株式会社

続きを読む

暖かいだけじゃもう物足りない。エーグルと探る、これからの冬アウターの条件とは

徐々に寒くなりアウターに手が伸び出すこの時期。今の時代に合ったその選び方を、フランス発の名ブランド「エーグル」の優れモノを軸に読み解いていきます。

SPONSORED by エーグル

続きを読む

“わかっている”引き算がありがたい。チャムスのゴアテックスアウターが、僕たちに響く理由

大人のアウトドアMIXは肩肘張らないこなれ感がカギ。頼れるスペックの中に引き算の美学を落とし込んだ『チャムス』のゴアテックスアウターなら、相棒として完璧です!

SPONSORED by チャムス

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP

カテゴリ

おすすめ記事