30代におすすめしたい高級腕時計。人気ブランド15選

働き盛りの30代。自身の成長とともに、長く付き合える腕時計を選びたいもの。見栄えはもちろん機能性も考慮した、30代にふさわしい腕時計の選び方とおすすめを紹介します。

キーワード:

30代におすすめしたい高級腕時計。人気ブランド15選

ライターが厳選。30代男性にふさわしい腕時計とは

30代男性が選ぶ腕時計は、長く使える「モノ」としての優秀さと、上品で飽きのこないデザインを兼ね備えたものが理想です。無数にある腕時計の中から最上の1本を選ぶためには以下の3つのポイントに注意します。

ポイント1

選ぶなら信頼できるウォッチブランドのものを

ある程度の出費を覚悟して長く使える腕時計を選ぶなら、やはり信頼できるウォッチブランドのものを選ぶのが王道です。国内外を問わず現在多くの時計愛好家から支持される人気ブランドは、ブランドごと、そして代表的なモデルに語れる歴史があり、それらを知ることもまた腕時計の楽しみ方といえるでしょう。信頼できるウォッチブランドの腕時計は、「モノ」としての完成度も高く、長く使える相棒に巡り会う確率もグッと上がります。

ポイント2

ムーブメントは使い方に合わせて選ぶ

腕時計に使用されるムーブメントは、大きく分けるとゼンマイを動力源として動く機械式(手巻き、自動巻き)、電気を動力源として動くクォーツ式(電池、ソーラー発電)に分類されます。機械式は永久に電池交換の必要はありませんが3日も放っておくと止まってしまいます。電池を使用するクォーツ式は電池交換が必要な代わりに非常に精度が高く価格も安いという大きなメリットがあります。このようにムーブメントは一長一短がありますので、使い方や着用頻度によって自分に合うものを選びましょう。

ポイント3

デザインは着用シーンやスタイルを考えて

腕時計にはさまざまな色や素材、デザインのものがあります。ビジネスユースでは相手に不快感を与えるような派手なものは控えるのは当然として、カジュアルユースでは、デニムにTシャツのラフなスタイルにレザーバンドのビジネスウォッチというのも微妙です。ビジネスのツールとして、またファッションの1アイテムとして、常識やセンスが現れるのも腕時計です。着用シーンやスタイルに合わせて自身に合う1本を選びましょう。

30代メンズにおすすめしたいブランド腕時計15本

それでは30代メンズにおすすめしたい15本を紹介します。コスパ重視のアンダー10万円、高級腕時計の入門というべき30万円未満、そしてより高級な100万円までと、価格帯別に名作新作を厳選しました。

アイテム1

『ブローバ』マリンスター 96B255/48,600 円(税込)

精度の高さと世界初の音叉時計でアメリカを代表するウォッチブランドとなった『ブローバ』の人気ライン「マリンスター」。43oのケースにクロノグラフと、非常に高級感のあるたたずまいで、オン・オフ問わずに着用でき、どんなスタイルにもなじむ親和性の高い上品なデザインも魅力の1本です。

アイテム2

『オリエント』オリエントスター クラシック セミスケルトン WZ0131DK/49,896 円(税込)

日本の3大時計ブランドに数えられる『オリエント』。主力である機械式時計の中でも、同クラスではほかの追随を許さないといわれる独自機構の自動巻きムーブメントを搭載したオリエントスターは人気の高いシリーズです。そのクラシカルで上品なたたずまいは、ビジネスシーンに最適。もちろん大人のきれいめカジュアルにも好相性です。

アイテム3

『ティソ』クイックスター/52,920 円(税込)

時計の生産量世界No.1を誇る、時計大国スイスの老舗『ティソ』の腕時計は、コストパフォーマンスに優れることでも知られています。スポーツモデルの「クイックスター」も非常にクオリティーの高い仕上がりとなっており、ビジネスからカジュアルまで、幅広いシーンに対応できる万能モデル。黒基調のシブいカラーリングも大人の色気を感じます。

アイテム4

『ハミルトン』カーキ フィールド デイデイト/69,100円 (税込)

アメリカを代表するウォッチブランド『ハミルトン』。1940年代に生産されたミリタリーウォッチをルーツとし、現代的なセンスを加えた「カーキ フィールド」は、洗練された品のいい表情が魅力の人気シリーズです。実用的なデイデイト機能とメタルバンドで、オンタイムにも好相性。グレーのダイヤルもシックで上品です。

アイテム5

『ユンハンス』マックスビル オートマティック/74,200円 (税込)

ドイツ最大のウォッチブランドの『ユンハンス』は、ドイツらしいむだのないシンプルな機能美と高い品質を併せ持つモデルが魅力。人気シリーズの「マックスビル」は、トレンドのシンプル&クリーンな表情が特徴で、きれいめカジュアルに抜群の相性です。もちろん、ビジネスシーンでも好印象であるのは間違いありません。

アイテム6

『オリス』アクイス デイト/134,600円 (税込)

スイスの老舗『オリス』の腕時計は、機械式にこだわりカッチリとしたタフで硬派なイメージが魅力です。昨今人気を集めている「アクイス」は、『オリス』らしいタフなイメージはそのままに、スタイリッシュなフォルムをまとい、オン・オフ問わずに着用できるオールラウンダーに。どんなスタイルにもハマるダイバーズです。

アイテム7

『シチズン』アテッサ ダイレクトフライト CC9015-54E/172,800 円(税込)

日本が世界に誇る時計ブランド『シチズン』は、電波やソーラーの技術を用いたクォーツ時計が主力。この「アテッサ ダイレクトフライト」は、世界最速でGPS衛星電波を受信するなど、他の追随を許さない多機能モデルでありながら、嫌みのない端正なルックスが大人の腕にハマります。ビジネスからカジュアルまであらゆるシーンで活躍してくれます。

アイテム8

『セイコー』プレサージュ SARK011/176,200円 (税込)

日本発の世界的時計ブランド『セイコー』。世界で初めてクォーツ式腕時計を開発したことでも知られる『セイコー』ですが、高精度の機械式も世界トップのレベルです。このモデルでは『セイコー』が初めて世に送り出した腕時計「ローレル」のデザインを復刻。シックでクラシカルな表情で、オン・オフ問わずに着用できるオールマイティーな1本です。

アイテム9

『ロンジン』スポーツ アドミラル クロノグラフ/228,400円 (税込)

アインシュタインや西郷隆盛も愛用したといわれるスイスの老舗『ロンジン』。最近では過去の名作の復刻モデルが人気ですが、この「スポーツ アドミラル クロノグラフ」の品のあるたたずまいにも注目。シルバーとグレーのシックなカラーリングにオレンジがよく映えます。あらゆるシーンで着用できる大人の1本といえるでしょう。

アイテム10

『タグ・ホイヤー』カレラ クロノグラフ CV201AM.BA0723/293,700円 (税込)

モータースポーツファンの間では圧倒的な人気と知名度の『タグ・ホイヤー』。数あるモデルの中でも、洗練されたフォルムを持つ「カレラ クロノグラフ」が非常に魅力的。カジュアルではあらゆるスタイルに抜群の相性ですが、嫌みもないデザインはスーツの袖口からチラリとのぞかせるのもアリ。大人の腕によく似合うクロノグラフです。

アイテム11

『ジン』EZM13/354,900円 (税込)

特殊な性能を独自の技術で搭載し、本物志向の時計マニアから絶大な支持を受けるドイツのウォッチブランド『ジン』。プロダイバーのためにデザインされたハイスペックな「EZM13」は、堅ろうにして高精度、そして抜群の視認性など、硬派な男の腕時計としてオン・オフ問わず長く使うことのできるタフな1本です。

アイテム12

『オメガ』スピードマスター プロフェッショナル ムーンウォッチ/433,500円 (税込)

スイスを代表するウォッチブランド『オメガ』。たくさんの魅力的なシリーズがありますが、やはり最初の1本としては「スピードマスター プロフェッショナル ムーンウォッチ」をおすすめします。着用シーンを問わず、どんなスタイルにもハマるデザインの優秀さは、発売当時から姿を変えていないという事実が物語っています。

アイテム13

『IWC』パイロットウォッチ クロノグラフ IW377709

質実剛健と評され、歴史を重んじながら常に新しいものを生み出す姿勢が多くの時計愛好家から支持されるスイスのウォッチブランド『IWC』。パイロットウォッチらしい硬派でシンプルな機能美は、カジュアルスタイルはもちろん、スーツスタイルにも抜群の相性。ビジネスからプライベートまで活躍の場を選ばない1本です。

アイテム14

『パネライ』ルミノール パワーリザーブ PAM00090/657,900円 (税込)

軍用時計を原点とした歴史を持ち、年月を重ねても変わることない普遍的なデザインと機能美で世界中の時計愛好家から愛される『パネライ』は、デカ厚時計のブームを生み出したイタリアのウォッチブランドです。大きなケースでも悪目立ちすることのない上品なフォルムは、もちろんオン・オフ問わず着用可。発光したダイヤルが非常にセクシーです。

アイテム15

『ロレックス』サブマリーナ デイト/979,200円 (税込)

腕時計の最高峰といわれるスイスの『ロレックス』は、世界で初めて腕時計にカレンダーや防水機能、自動巻きムーブメントを搭載させ、ロレックスの歴史=腕時計の歴史といわれるほどのブランドです。多くの魅力的なコレクションの中でも、シンプルでクリーンな表情は着用シーンを選ばないオールラウンダー。まさに一生ものと呼べる1本です。

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る