グラミチのジーンズを購入しない理由が見つからない

グラミチのジーンズを購入しない理由が見つからない

カジュアル着の定番であるジーンズと、誰もが認める『グラミチ』。弱点が見当たらない、“大人の好物”を合わせた1本をご紹介します。

深澤 正太郎

2019.04.05

グラミチ(Gramicci)
ボトムス
ジーンズ

見て良し、はいて良し。2019年も『グラミチ』に頼りたい

どうも、編集フカザワです。2017年の夏に購入して以来、それはもう愛用している『グラミチ』のNNショーツ。シルエットもはきやすさもGOODなうえに、趣味の自転車にも大活躍。ガゼットクロッチの恩恵でしょうかね、自転車がまあこぎやすいこと。

いやもうね、「『グラミチ』ってやっぱりイイな」と思いましたよ。そこで、改めて『グラミチ』のパンツをリサーチしたところ……。

定番のジーンズ×おれたちの『グラミチ』=最強

はい、出ました。『グラミチ』のジーンズというか、正確には『グラミチ』の良さを「これでもか」というほどに詰め込んだジーンズです。コチラは、『Mt Design 3776』とのコラボから生まれたアイテムですが、このシルエットがイイですよね。細すぎず太すぎず、どんなトップスも合わせられる心強さがニクい……。

片手で“ひょいっ”とウエストのサイズを調整可能なウェイビングベルトに加えて、180度まで開脚できるガゼットクロッチも兼備。「コレがあってこそ」の『グラミチ』なワケですが、ふたつのディテールは春夏のアクティブなシーンに最適です。

当記事でプッシュする『Mt Design 3776』とのコラボアイテムは、ウエストにさらなる工夫が施されていることも魅力のひとつ。ほら、スナップボタンと4つ穴ボタンの2段構えになってるんですよ。コレ、絶対楽ですよね。普段はスナップボタンだけしてればいいんですよ。楽ですから。で、いざというとき(どんなとき?)は4つ穴ボタンも留める。快適な『グラミチ』の良さに拍車をかける配慮が素晴らしい!

サンプルを見ても、やっぱり素敵。シンプルなカットソーと『グラミチ』のジーンズをロールアップするというシンプルな装いですが、このミニマルなスタイリングが今らしいですね。

色みはライトブルーとインディゴブルーの2色展開。好みに合わせてというか、両方購入したい……。

もっと知りたい、グラミチのジーンズ。こんなアイテムも出てるんです

冒頭からシルエットや色みなど、私的好みの1本を紹介してきましたが、ほかのバリエーションもご紹介。ちょっとしたディテールの違いで着用感や見え方も変わるので、ぜひお好みのアイテムをチェックしてください。

アイテム1『グラミチ』×『アーバンリサーチ ロッソ メン』別注COOLMAXデニム NNパンツ

シルエットは『グラミチ』の大定番「NNパンツ」をベースにしていますが、素材にCOOLMAXデニムを採用した別注モデルです。サラッとはける生地感は蒸れやすい春夏に重宝すること間違いなし!

アイテム2『グラミチ』×『ナノ・ユニバース』別注スキニーデニムクライミングパンツ

スキニータイプの別注モデルは『ナノ・ユニバース』とのタッグによるモノ。従来のモデルよりもゆとりを持たせているため、細身ながらも今っぽいシルエットに仕上げられています。

アイテム3『グラミチ』×『アダム エ ロペ』別注スキニーデニムクライミングパンツ

ダメージ加工が施されたジーンズも、気になるところ。『アダム エ ロペ』の別注モデルは、クリーンなシャツをオーバーサイズで着こなすのが今季的。もちろん、コットンニットやニットポロなど、素材感のあるウェアでも馴染みます。

アイテム4『グラミチ』ST-SHORTS ストレッチ デニムショートパンツ

最後に押さえたいのが、『グラミチ』オリジナルのSTショーツ。ストレッチの効いたデニム素材のため快適に履けるでしょう。年々暑さが増していることを考慮すると、ロングパンツと合わせて持っておいても損はありません。

グラミチのおすすめパンツ15選。定番のNNパンツから新作&別注モデルまで

グラミチのおすすめパンツ15選。定番のNNパンツから新作&別注モデルまで

「NNパンツ」を筆頭に、街でもおしゃれにはけるクライミングパンツとして根強く人気の『グラミチ』。その定番から新作、別注までおすすめのラインアップを紹介します。

深澤 正太郎

グラミチの手掛けるサンダル。今夏注目のグラミチフットウェア

グラミチの手掛けるサンダル。今夏注目のグラミチフットウェア

スポサンのハイシーズンが到来。新たな1足はおしゃれで履き心地抜群な『グラミチフットウェア』はいかが? 定番から新作まで、注目のサンダルと着こなしを紹介します。

編集カク

美容専門誌「HAIR MODE」にて編集者のキャリアをスタート。髪に関することが大好物で、ヘアカタからビジュアル誌、書籍作りに奔走。前職の経験を生かし、TASCLAPではビューティ・ヘルス全般に熱を注ぐ。人の髪型を見てカットの工程が分かるほど髪フェチで、ヘアスタイリング剤には見境なく投資してしまうのが悩み。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    セレクトショップと導き出す。街コーデをアップデートさせる春のトレンドキーワード7

    セレクトショップと導き出す。街コーデをアップデートさせる春のトレンドキーワード7

    寒さは残るが暦の上ではもう春。そろそろ次のファッショントレンドを押さえる頃合いだろう。人気セレクトショップに聞いた注目キーワードから、今春の流行が見えてきた。

    菊地 亮

    今、大人がはくべきデニムブランド20選。一生付き合える理想のジーンズに出会う

    今、大人がはくべきデニムブランド20選。一生付き合える理想のジーンズに出会う

    あらゆるボトムスのなかで、一度手に入れたらもっとも長い付き合いになるのがジーンズ。それゆえ、確かなモノ作りを行うブランドをしっかり押さえておくことが重要だ。

    那珂川廣太

    春アウターどれにする? 即戦力ライトアウター10ジャンル

    春アウターどれにする? 即戦力ライトアウター10ジャンル

    春の着こなしのメインはライトアウター。主役となるアイテムはいち早く確保するのが賢明です。この春らしいアウターの手掛かりとおすすめ品を解説するので、ぜひ参考に。

    平 格彦

    人気ブランドから探すロンT。大人が手に取るべき15枚

    人気ブランドから探すロンT。大人が手に取るべき15枚

    ロンTは、秋冬はインナーとして、春は主役トップスとして役立ちます。大人が選ぶべき人気の定番ブランドやトレンド感のあるおすすめの1枚を、ロンT探しの参考に。

    山崎 サトシ

    フリークス ストア×デニム大国が贈る、今っぽいシルエットの“サステナ”な服

    フリークス ストア×デニム大国が贈る、今っぽいシルエットの“サステナ”な服

    2015年に国連でSDGs(=持続可能な開発目標)が提唱されたのを機に、世界中で“サステナブル(=人類・地球環境の持続可能な発展)”という言葉が注目されています。SDGsに…

    髙須賀 哲

    BACK