ダニエル ウェリントンのバングルでスタイリッシュな腕元を

ダニエル ウェリントンのバングルでスタイリッシュな腕元を

『ダニエル ウェリントン』といえば腕時計が人気ですが、バングルにも注目を。シンプルで洗練されたデザインが、スタイリッシュな腕元を演出してくれます。

編集カツラガワ

2019.09.02

ダニエル ウェリントン(Daniel Wellington)
アクセサリー
ブレスレット・バングル

洗練されたデザインが映える『ダニエル ウェリントン』のバングル

洗練されたデザインが映える『ダニエル ウェリントン』のバングル

WEARWEAR

お気に入り追加

装いがシンプルになりがちな今の時期、腕元のアクセントになるアクセサリーをお探しの方も多いのでは? そこでおすすめしたいのが『ダニエル ウェリントン』のバングル。主張しすぎないデザインでさりげなく身につけられ、大人コーデにもよく似合うんです。

『ダニエル ウェリントン』のバングルをおすすめしたい理由

クラシカルで洗練されたデザインが人気の『ダニエル ウェリントン』のバングル。男女問わず支持が厚いアイテムです。

理由1上品で洗練された雰囲気が腕元をスタイリッシュに

上品で洗練された雰囲気が腕元をスタイリッシュに

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

『ダニエル ウェリントン』のバングルは、シンプルで細身のデザインが特徴的。その洗練された雰囲気は、腕元をスタイリッシュに演出します。また、カジュアルからエレガントなスタイルまで、コーデを選ばす合わせやすい点もポイント。ブレスレットや腕時計との重ね付けもしやすいので、手持ちのアイテムと組み合わせれば、よりおしゃれが楽しめます。もちろん、同ブランドの腕時計とは相性抜群。

理由2パートナーと一緒に身に付けられ、プレゼントにも最適

パートナーと一緒に身に付けられ、プレゼントにも最適

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

女性からも人気の高い『ダニエル ウェリントン』ですから、プレゼントにも最適。パートナーとペアで身につけるのもいいですね。男性はクールなシルバ-、女性には華やかなピンクゴールドがおすすめ。

気になるラインアップはこの2モデル

男性はもちろん、女性にもおすすめしたい『ダニエル ウェリントン』のバングル。気になるラインアップをご紹介します。

モデル1Daniel Wellington CUFF

Daniel Wellington CUFF

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

『ダニエル ウェリントン』の腕時計と同じく、洗練された雰囲気が引き立つシンプルなデザイン。バングルの幅が0.3cmという細身で華奢な仕上がりで、さりげなく身に付けられます。カラーはシルバーとピンクゴールドの2色展開。

モデル2Classic Bracelet Satin White Silver

Classic Bracelet Satin White Silver

ベースはシンプルでありながら、ホワイト×シルバーのデザインで個性もアピールできる仕上がり。ブランドのコア・バリューを極めたというこだわりの1点です。インスタ映えすると女性ウケもばっちりなので、プレゼントにもおすすめです。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    おすすめ満載。ワイルドシングスの三大マスターピースと注目アイテム10選

    おすすめ満載。ワイルドシングスの三大マスターピースと注目アイテム10選

    老舗アウトドアブランドであり、昨今はタウンユースでも支持率が高い『ワイルドシングス』。同ブランドが誇る三大定番と、大人の着こなしに馴染む人気作を一挙ナビゲート!

    山崎 サトシ

    大人が着たい。レザージャケットのブランドとコーデ

    大人が着たい。レザージャケットのブランドとコーデ

    ワイルドで男前なレザージャケット。ハードな印象が強いですが、大人ならスマートに着こなしたいところ。ここでは、コーデのポイントとおすすめブランドを紹介します。

    Goto

    お値段以上! “安いのに使える”スーツ選びのコツとおすすめ8ブランド

    お値段以上! “安いのに使える”スーツ選びのコツとおすすめ8ブランド

    価格が安い=質が悪いというのは今や昔。最近は低価格でも見た目や着心地の良いスーツが増えています。ここでは失敗しない選び方のポイントやおすすめブランドをご紹介。

    近間 恭子

    トレンドの旨みを総取り。スピニカーが見せた高コスパダイバーズの新次元

    トレンドの旨みを総取り。スピニカーが見せた高コスパダイバーズの新次元

    年の瀬にはまだ早いが、2019年の腕時計市場を振り返ってみると脱シンプルの流れが顕著であったように思う。挙げたいキーワードは、「ダイバーズ」「機械式」「ヴィンテー…

    編集ムタガミ

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド12選

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド12選

    腕時計の本場がスイスというのは、否定できない事実。しかし、実用性においては日本が世界一といっても過言ではありません。その理由と、日本のブランドを語り尽くします。

    TASCLAP編集部

    BACK