日本生まれの世界基準。ポータークラシックのバッグがやっぱり欲しい

日本生まれの世界基準。ポータークラシックのバッグがやっぱり欲しい

日本のバッグブランド『ポーター』は有名ですが、『ポータークラシック』をご存じでしょうか。当記事ではそのモノ作りから、人気アイテムまで幅広く紹介していきます。

TASCLAP編集部

2019.10.24

ポータークラシック(PORTER CLASSIC)
バッグ

大人に選ばれる『ポータークラシック』。『ポーター』との違いは何か

『ポータークラシック』は、吉田克幸氏と彼の息子である写真家・作家の吉田玲雄氏
により 2007 年に設立されたブランドです。気になる『ポーター』との違いは、「日本の伝統文化へのリスペクト」「次世代、孫の代まで愛される商品の追求」が感じられる製法やコンセプトにあります。生地から縫製に至るまですべて国産であることや、「世界基準のスタンダード」にこだわった徹底した品質・モノづくりへの姿勢により多くの人々からも高い支持を獲得。また、後述するバッグだけでなくワークテイストを基盤とした衣類も多く展開している点も『ポーター』と異なる点でしょう。

古き良き意匠を現代的に取り入れる手腕こそが、『ポータークラシック』の真骨頂

写真は日本の刺し子にインスパイアされた代表作「PC SASHIKO」バッグ。生地の耐久性を高めるだけでなくデザインアクセントとしても生きている古き良きテクノロジーの数々は、『ポータークラシック』の得意とするところです。このほかにも、ウェアでは泥染めや藍染めを施したモノも見られるなど、日本の伝統技術を積極的に取り入れています。同ブランドのアイテムを見ていると、ほとんど忘れてしまっていた伝統文化が有する製法や質感、デザインを再発見できるようなワクワク感をも感じられます。

唯一無二ながら、万人に愛される。『ポータークラシック』のバッグの特徴

特徴1世代やトレンドを問わず使える、普遍的なデザインと機能性

『ポータークラシック』のバッグは、老若男女問わず使える普遍的なデザインと、『ポーター』譲りの高い機能性が魅力。時代の潮流に飲まれることなく生み出されるバッグは主張をしすぎることもなくどこか素朴で、女性でも楽に背負えるサイズ感も好評なのだとか。

特徴2次の世代に引き継げる耐久性をもつ

『ポータークラシック』の生地作りや縫製は国内外でもトップクラスです。特に製造の緻密さは有名で、製造に関わる返品率の低さは世界トップともいわれているほど。親から引き継いで使う人や、数十年愛用している人も多いそうです。日本の伝統文化に触れることの出来るバッグだからこそ、うんちくとともに次世代に手渡して伝えていきたくなりますね。

特徴3使用者のことを念頭に置いた、合理的な製品開発

伝統を重んじるモノ作りやオーセンティックなルックスだけが、『ポータークラシック』の魅力ではありません。今ブランドを代表する「ニュートン」シリーズのように、より機能的なバッグのあり方について研究・改良を怠らないのも同ブランドが愛される所以でしょう。一度触れれば納得し、手放せなくなる。ブランドにとっての理想ですが、それを実現しているのがまさに『ポータークラシック』のモノ作りなのです。

『ポータークラシック』の新たな地平を切り開いた、「ニュートン」とは

重たい鉄アレイを入れたリュックでも、老人や子供が楽々持ててしまう。まるで手品を見させられているかのような感覚に陥るのが、『ポータークラシック』が2018年よりリリースしている「ニュートン」シリーズです。ふとん専業メーカーである昭和西川がマットレス用に開発したウレタンフォーム「ムアツ」をストラップ部分に採用したことで、重量が分散され疲れにくい仕様になっているのです。ウレタン素材は加水分解による劣化も懸念されますが、ブランドではリュックもショルダーもストラップ交換を受け付けているので安心ですね。素材もナイロンから刺し子まで、バリエーション豊かに展開されています。

アイテム1NEWTON DAYPACK L

本体には頑丈なコーデュラナイロン、メインポケットは B4 サイズ対応のたっぷり容量を確保。ビジネスリュックとしても使いたい、と考えているならこのサイズがベストでしょう。フロントには2箇所のジップポケットを含めて4箇所、内部には3箇所のポケットを有しており、収納力も上々です。デイリーからアウトドアまで幅広いシーンに最適な「体に優しいカバン」です。裏地にはPU加工を施しているので、多少の水濡れにも対応してくれます。

アイテム2SASHIKO HELMET CASE

ミリタリーバッグの一種であり、『ポーター』でも高い人気を誇るヘルメットバッグをデイリーユース向けに小ぶりにリファイン。見た目のコンパクトさとは裏腹に、A4サイズがしっかり入る収納力は流石です。生地には経年変化を楽しめるコットン100%の刺し子素材を使用しており、『ポータークラシック』らしさを楽しめる一品になっています。

アイテム3SASHIKO DAYPACK

オフの日のカジュアルバッグなら、こんな小ぶりなデイパックもあり。こう見えて13インチのPCが入ります。ころんと丸いシルエットなので、パートナーと共有するのも良さそうです。フロントに斜めに走るジップポケットも大容量で、パスケースから長財布まで楽々放り込めます。荷物でぱんぱんになっても、「ムアツ」ストラップにより快適さは担保されています。

「ニュートン」以外にも。『ポータークラシック』のおすすめ10選

ここからは『ポータークラシック』のおすすめモデルをご紹介。「ニュートン」シリーズ以外にも、デイリーユースにもってこいの機能的なバッグが揃っています。今回は「収納力ばっちりで外出着に合わせやすいアイテム」という視点からおすすめ10アイテムをピックアップしてみました。

おすすめアイテム1SUPER NYLON トートバッグ 2WAY

デニムのように見えますが、フライトジャケットと同じ素材・ナイロンで作られた「スーパーナイロン」シリーズのトート。ナイロン糸で生地を作り上げ、インディゴ入りの特殊染料で染め上げた100%ナイロンのバッグはB4サイズ対応でちょっとした遠出にもぴったりです。

おすすめアイテム2SUPER NYLON ショルダーバッグS

生地のユーズド感だけでなく、金具にもアンティーク加工が施されたスーパーナイロンシリーズの逸品です。こちらはブラックで仕上げています。小さなボディですが、ポケットは5つと頼もしい仕様となっています。ブルー以外にもブラックもありますので、ペアで使っても良さそうですね。

おすすめアイテム3SUPER NYLON ヘルメットバッグS

名称通りヘルメットを入れるためのバッグがデザインソース。口が大きく開くので、荷物が多い方にもおすすめです。ラージサイズの場合、本当にヘルメットがすっぽり入るのだとか。小分けポケットが充実しており、迷子になってしまいがちな小物もしっかり収納可能です。

おすすめアイテム4SUPER NYLON 3WAYブリーフケース L

生地内部の中綿部分を摩擦や引っ張りに強い中密度ナイロンで挟んだ、軽量ながら強度がしっかり保たれた3層構造のブリーフケースです。ハンドルは2枚合わせで耐久性も抜群。フルオープン可能なモデルですので、荷物がすぐに取り出しやすい仕様も人気です。

おすすめアイテム5SUPER NYLON 3WAYブリーフケース M

より収納力を求めるのであれば、ポケット多めのモデルもおすすめです。手持ち、肩掛け、リュックとして使え、自転車での遠出にもぴったり。こちらもフルオープンですので、取りたい荷物がすぐに取り出せます。付属ポーチはスマホやタバコ入れとして使えますよ。

おすすめアイテム6CANVAS NET トートバッグ

キャンバス生地×網の組み合わせが楽しめる、「キャンバスネット」シリーズから。こちらはシンプルに手持ちで使えるバッグで、正面に配されたユニークな網ポケットとざっくりとしたキャンバスの質感に爽やかさが感じられるアイテムです。フロントポケットに小さく入れられたイニシャルロゴも程良いワンポイントに。

おすすめアイテム7PC SASHIKO トートバッグ

日本の刺し子にインスパイアされた「PC SASHIKO」シリーズから。生地の加工研究に 5 年も費やされたブランドを代表するシリーズ。こちらはスナップボタンだけで開閉可能なトートで大きく開くため、小物やノートが収納可能です。

おすすめアイテム8PC KENDO トートバッグ

『ポータークラシック』の代表シリーズの1つ「PC KENDO」は剣道着にインスパイアされたシリーズ。糸からインディゴ染めされているため、使うほどに異なる風合いが楽しめるシリーズのバッグです。こちらはA4対応サイズで、書類はもちろん衣類やペットボトルも収納可能です。

おすすめアイテム9PC KENDO リュックサック

かぶせ仕様で荷物が出し入れしやすく、サイドにメイン収納に直接アクセス可能なジップもあるストレスフリーなリュック。フロントポケットはマチ付きで、お財布やスマホも余裕で収納。また、ウエストベルト付きのため荷物が重たい日でも楽々持ち運ぶことが可能です。

おすすめアイテム8SUPER NYLON デイパックLサイズ

スポーティな表情が印象的なスーパーナイロンのリュック。雑誌や衣類が収納可能なメインルームに小物ポケットも充実。付属ポーチや正面ポケットにも小物が収納可能ですので、きっちり小物を分けて収納したい方にはうってつけのバックパックです。

プロのライターと一緒に、等身大のおしゃれを日々発信。物欲を刺激する良品の数々、ビジネススタイルからカジュアルスタイルまで。今日から役立つメンズファッションの“いろは”を、わかりやすく紹介しています。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

    リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

    デイリーに愛用できるメンズリュックを徹底紹介。カジュアルなコーデはもちろん、きれいめな着こなしにもハマるリュックの選び方とおすすめのブランドをレクチャーします。

    TASCLAP編集部

    傑作ビジネスバッグ20選。大人顔の人気ブランドをセレクト

    傑作ビジネスバッグ20選。大人顔の人気ブランドをセレクト

    ビジネスマンの相棒であるビジネスバッグは、毎日使うからこそデザインや収納力、ブランドなど細かい点までこだわりたいもの。選ぶ際の基本や人気の逸品をお届けします。

    TASCLAP編集部

    ビジネスにリュックを。大人の通勤リュックブランド25選

    ビジネスにリュックを。大人の通勤リュックブランド25選

    ビジネスマンにとって通勤時のリュックはもはや当たり前。市民権を得たものの、カジュアルやアウトドアで使用するモノとは一線を画す、“通勤仕様”のモノを選びましょう。

    近間 恭子

    財布ブランド30選。大人に似合う名品を4つの視点でピックアップ

    財布ブランド30選。大人に似合う名品を4つの視点でピックアップ

    日々持ち歩き、長く使い続けるからこそ妥協したくない財布。大人にふさわしい名品を、職人気質なブランドから海外の人気ブランドまで、4つの視点でセレクトしました。

    近間 恭子

    3WAYビジネスバッグ20選。おすすめブランドを集めてみました

    3WAYビジネスバッグ20選。おすすめブランドを集めてみました

    見た目も重要だけど、やっぱりビジネスバッグは使い勝手で選びたいもの。今選ぶなら、シーンやスタイルに合わせて使い分けができる3WAYバッグが狙い目です。

    TASCLAP編集部

    BACK