“涼Tシャツ”こそ暑い毎日を攻略するマストバイ

“涼Tシャツ”こそ暑い毎日を攻略するマストバイ

夏の定番といえば、やはりTシャツ。とはいえ、今シーズンはより高機能なTシャツが気分です。なかでも“涼しく着られる1枚”を厳選して紹介します。

深澤 正太郎

2017.06.06

トップス
Tシャツ

Tシャツを買い増しする前に見直したい“そもそも論”

どうも、編集フカザワです。汗っかきの私は、今夏に備えてTシャツの買い増し作戦をご提案させていただきました。

参考記事: 3,000円以内で探す。夏の買い増しTシャツおすすめ5選

でも、先日とあることを思いつきましてね……。いつものように通勤時の満員電車に揺られて、汗をかいておったワケですよ。で、スタイリッシュに額の汗をハンカチでぬぐったまさにその時! 目の前の男性がTシャツを着ておりましてね。

グレーを着用されていたからか、じんわりと汗がにじんでいたんですよ。でも、すぐに電車内の空調で汗がサッとひいていったんですよね。

ここでひらめきました。

そもそも、Tシャツそのものが涼しいモノであれば暑い夏でも快適に過ごせるのではないかと……。

きっとパソコンやスマホの前では皆さまが驚愕されていることでしょう。たしかに天才を感じましたね、自分で。「やばいな、コレは。涼しいTシャツ、略して“涼(すず)Tシャツ”とか流行語になっちゃうな」と。

……

はい。そんなワケで見た目も着心地も涼しい1枚というのが当記事のテーマです。どうぞ、お手柔らかに、温かな目で見守りください。お願いします、本当に。

「す、涼てぃ~」と感じられる涼しいTシャツはいかがでしょう?

当記事のテーマである“涼Tシャツ”は、皆さまの予想どおり素材がポイントです。コットンはコットンの良さがありますが、そもそもより清涼感を見た目にも着心地的にも味わえる1枚があれば、きっと汗をだらだらと流すことなく毎日を過ごせるに違いありません。

「汗かいてる場合じゃない。原稿書かなくちゃ」

と日々汗を流す私ならではの視点で選んだ5枚の“涼Tシャツ”、さっそくご紹介しましょう。

テーマはギャグでも実力は本物。今夏狙うべき涼Tシャツ5選

勘の鋭い皆さまならばすでにお察しかとは存じますが、“涼Tシャツ”はあれです。オヤジギャグです。「大丈夫か、コイツ」と思った方も多数いらっしゃるかもしれませんが、私は元気です。

そんなことはさておき、おすすめの涼Tシャツの話でしたね。セレクトした5枚はそれぞれに特徴的な素材を採用したモノで、いずれもシンプルなルックスは共通しています。ご自身の肌感覚や金銭感覚からお好みを探ってみてくださいね。

アイテム1『ラコステ』×『シップス』別注/9,720円(税込)

ポロシャツでお馴染みのカノコ素材を採用したTシャツがこちら。いつものTシャツとは異なるドライな肌触りがイイんですよね。汗をかいてもすぐに乾きますし、いつまでもサラッとした着用感が味わえる。さらには『ラコステ』というブランドバリュー付きという、うれしいコトだらけのシロモノです。

アイテム2『コーエン』/2,916円(税込)

凹凸のあるサッカー素材は春夏のテーラードジャケットに採用されていますよね。肌に触れる生地の面積が少なく、空気をスッととおしてくれるため涼感十分のあの素材です。で、そんな長所を生かしたTシャツがコチラ。ホワイトはいかにもサッカー素材という印象ですので、ネイビーのほうが個人的には好みです。

アイテム3『ジャーナルスタンダード レリューム』/7,992円(税込)

麻100%のTシャツは今夏のマストバイ。シンプルな見た目にポケット付きという今らしいディテールもGOODです。私的にはこのなんともいえないスミクロにひと目惚れしましたが、ほかにも夏らしい爽快なカラーリングも展開されているので要チェックですよ。

アイテム4『チャオパニックティピー』/3,132円(税込)

コチラのTシャツは生地にグリーンミントを混紡した1枚。素材による清涼感が楽しめるうえに、スマートなシルエットも◎。さらに価格面でも大人にやさしい……。う~ん、魅力的ですな。

アイテム5『アーバンリサーチ』/5,940円(税込)

通気性と速乾性に優れたクールマックスを採用したパイル素材のTシャツ。「さ、触りたい」と思わせること確実なほどの着心地と、今シーズンらしいルーズなシルエットが特徴です。休日の1枚はやはり、リラックスしつつもおしゃれに着こなせるTシャツが頼りになりますね。

ワードローブに加えよう。“涼Tシャツ”で快適に、おしゃれに

テーマはギャグながらも実力は本気度満点。そんな“涼Tシャツ”をお届けしましたが、いかがだったでしょうか?

いずれも1枚で着られてセンスアップできるモノばかり。今夏は買い増しTシャツと合わせてちょっと素材が異なるTシャツで遊んでみるのもおすすめですよ。

-------------------
※掲載価格は記事掲載時のものとなります。
-------------------

美容専門誌「HAIR MODE」にて編集者のキャリアをスタート。髪に関することが大好物で、ヘアカタからビジュアル誌、書籍作りに奔走。前職の経験を生かし、TASCLAPではビューティ・ヘルス全般に熱を注ぐ。人の髪型を見てカットの工程が分かるほど髪フェチで、ヘアスタイリング剤には見境なく投資してしまうのが悩み。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    今、大人がはくべきデニムブランド34選。一生付き合える理想のジーンズに出会う

    今、大人がはくべきデニムブランド34選。一生付き合える理想のジーンズに出会う

    あらゆるボトムスの中で、一度手に入れたらもっとも長い付き合いになるのがジーンズ。それゆえ、確かなモノ作りを行うブランドをしっかり押さえておくことが重要だ。

    那珂川廣太

    白シャツを着こなす。大人らしくおしゃれなコーデを作るヒント

    白シャツを着こなす。大人らしくおしゃれなコーデを作るヒント

    白シャツは季節問わず大人のワードローブに欠かせないアイテム。ベーシックで定番ゆえに着こなし方ひとつで表情は無限大に。白シャツをおしゃれに着こなすヒントとは?

    小林 大甫

    “適温適装”を知る。4月の服装、マストハブなアイテムとメンズコーデ参考集

    “適温適装”を知る。4月の服装、マストハブなアイテムとメンズコーデ参考集

    ダウンのような重いアウターは不要ですが、まだトップス1枚ではやや厳しい時期なのが4月。“着こなし難民”にならないよう、最適なアイテム&コーデ術を押さえましょう!

    山崎 サトシ

    気温20度の日の服装とベストなコーディネートを考える

    気温20度の日の服装とベストなコーディネートを考える

    メンズファッションにおいて、多くの方が悩む春秋シーズンの服装。持っておくと便利なアイテムと、気温20度前後の季節での最適なコーディネートを紹介していきます。

    Hiroshi Watanabe

    大人の日常着。ディッキーズの定番874と別注モデルを徹底紹介

    大人の日常着。ディッキーズの定番874と別注モデルを徹底紹介

    『ディッキーズ』の定番「874ワークパンツ」の魅力とともに、同ブランドが誇るパンツのラインアップを整理。大人のカジュアルに効く『ディッキーズ』を幅広く紹介します。

    深澤 正太郎

    BACK