おしゃれな部屋の作り方。3つのポイントと実例集

おしゃれな部屋の作り方。3つのポイントと実例集

おしゃれな部屋作りは、難しいと思われがち。でも、実は簡単なんです。おしゃれな空間作りのポイントや実例、そしておすすめのインテリアを参考に、模様替えしてみては?

モチヅキ アヤノ

2017.06.11

インテリア

おしゃれな部屋作りの第一歩。基本の“き”を押さえましょう

快適かつおしゃれなお部屋作りのポイントの前に、部屋作りの“そもそも論”を解説します。

どのように空間を生かし、どんな色みを取り入れるのかなど、基本となる3つのポイントをチェックしてみましょう。

ポイント1お部屋を広く見せるなら家具は「低め」がベター

まずはじめに考えたいのが、「家具の高さ」。高い家具ばかりお部屋にあると、お部屋のサイズによっては圧迫を感じやすく、リラックス空間からかけ離れてしまうことがあります。高い家具を使う場合は1点〜2点に絞る、全体を自分の背より低めのアイテムで統一する……など工夫すると空間を広く見せられます。

LOWYAさんのアカウントは こちら

ポイント2ナチュラル系カラー+ポイントカラーで自然な空間に

ナチュラルカラー(ホワイトやブラウンなど)好きな色をポイントカラーとして1色?2色程度置くと、カラーバランスが取れたお部屋を作りやすくなります。こちらのお部屋の場合は、ナチュラルカラーの壁・床+ポイントカラー(オットマンソファーやラグのブルー)を組み合わせ、目にやさしいおしゃれ空間を実現させていますね。

taenさんのアカウントは こちら

ポイント3照明はお部屋のカラートーンに合ったものを

こちらのお部屋の場合、キッチンアイテムや壁のホワイトに合った「寒色系」ライトを組み合わせて自然な空間作りができています。逆に、オレンジやブラウンなどの暖色アイテムが多い場合は、「暖色系」ライトを組み合わせるとお部屋のカラーがより引き立ちます。ライトの色が違うだけでお部屋の雰囲気も変わりますよ。

arilemaさんのアカウントは こちら

テイスト別に解説。おしゃれな部屋の実例集

基本を押さえたところで、おしゃれな部屋の実例から具体的な方法を学びましょう。ここでは、テイスト別に5つのおしゃれな部屋をご紹介。それぞれのテイストに合わせたインテリアの配置や色づかいから、おしゃれな部屋作りのポイントを分析します。

テイスト1北欧スタイル

文字どおり、北欧で一般的なインテリアテイストで、「シンプル&ナチュラル」が基本のインテリアとして近年人気のインテリアです。空間のベースカラーはホワイトやナチュラルカラーが基調で、木製のアイテムや差し色でカラフルなカラーをポイントで使ったり、布アイテムに『マリメッコ』など北欧柄をプラスするとより北欧らしく。

hisashiさんのアカウントは こちら

テイスト2西海岸スタイル

「カリフォルニアスタイル」とも呼ばれるテイストで、サーフアイテムなど「海」を連想させるアイテムを随所にちりばめているのが特徴。こちらも北欧スタイルと同じく、自然のナチュラルさを生かしたインテリアで、木製アイテムも外せません。ブルーを基調としたカラーを用いるとよりサーフ感あふれる開放的な空間に。

mykooさんのアカウントは こちら

テイスト3ブルックリンスタイル

上記2タイプとは異なり、ブラウンやレンガ色、ブラックが中心となる空間が特徴のブルックリンスタイル。もともと倉庫や工場が多く集まっていたニューヨーク・ブルックリンの建物をモデルにしたテイストで、アメリカンヴィンテージの雑貨やブラックアイアンを使った武骨な家具、レンガ調の壁紙を使うと簡単にアレンジ可能ですよ。

aanaokiさんのアカウントは こちら

テイスト4アジアンモダンスタイル

東南アジアのリゾート空間がモチーフとなっているアジアンモダンスタイル。空間カラーの傾向としては、ブラウンなどの深みカラーが多いです。家具は背の低いものをメインに使い、観葉植物やラタン(藤)や竹などを利用した家具を使うと実現させやすいですよ。雑貨はダークカラーの木製アイテムが合わせやすくおすすめです。

yukikoさんのアカウントは こちら

テイスト5塩系インテリア

ホワイトやグレーを基調とした、装飾・もの少なめの超シンプルインテリア。ミニマリスト層や男性にも人気のテイストです。代表的な空間アイテムとしては、マットなウッド、ホワイトやブラック、グレーなどの無彩色の雑貨、コットンなどのざっくりとした質感のファブリックアイテムを使うと作りやすいですよ。

shiokoさんのアカウントは こちら

取り入れるだけでセンスアップ。おしゃれな部屋作りに欠かせないアイテムガイド

インテリアテイストについてご紹介してきましたが、具体的にどんなアイテムを取り入れるとおしゃれな空間を作りやすいのでしょうか?取り入れるとおしゃれ度が格段にUPする5アイテムをご紹介します。

フロアラグ

おしゃれ度を上げたい方だけでなく、「お部屋の空間がなんかさみしいな……」と感じる方におすすめなのがラグです。ソファーとセンターテーブルの下に敷くとあっという間にこなれた空間に。ラグや家具のカラーに合ったクッションを一緒に置いてもよいですね。

間接照明

間接照明は光を補うだけでなく、置くだけでおしゃれ感も補えるアイテムです。光が少なく感じる場所は大きめの間接照明を壁伝いにおいて横に光を広げたり、小さなものを複数並べてインテリアオブジェのようにディスプレイするのもおしゃれですね。

ファブリックパネル

ファブリックパネルは、布が木製パネルに取り付けられたもので、北欧では一般的なデコレーションアイテムです。サイズや柄、カラーが豊富ですので、あなたのお部屋に合うものを見つけやすいですよ。壁に飾るだけでなく、家具の上や床に置くのもおしゃれです。

観葉植物

インテリアテイストを問わず取り入れやすくおしゃれ感を出しやすいアイテムといえば「観葉植物」です。空間の空白が目立つ場所に葉の大きいものを床置き、小さな鉢植えを窓辺に複数並べたり、小型植物を吊して楽しむのもおしゃれですよ。

アロマディフューザー

アロマオイルなどが入ったボトルの中にラタン(藤)などのスティックを入れてお部屋に香りをプラスしてくれるアイテム。香りはスティックの本数で調節可能です。デスクやチェストの上など、殺風景になりがちな場所に取り入れるだけで空間が華やぎますよ。

部屋作りの参考にしたい。おすすめインテリアブランド5選

お部屋作りのヒントやおすすめアイテムをご紹介してきましたが、「部屋作りにはどんなインテリアブランドがいいかな?」と思った方もいらっしゃるかと思います。
ここからは、筆者おすすめのインテリアブランドをご紹介します!

『カリッジマーケット』

ラタンなどの天然素材を使った手作りアイテムが魅力的な国内ブランド。アジアンモダンインテリアに合わせやすいものが多く、ヴィンテージアイテムも多く取り扱っているため、インテリアテイストを選ばないアイテムも多数。個性と人間味あふれるサイトも必見です!

『ジャーナルスタンダードファニチャー』

ファッションブランドで人気のジャーナルスタンダードですが、実はインテリアのブランドでもあることご存じでしたか? 男前なアイアン家具やリメイク家具、複数のテイストをミックスさせたスタイルのものなど、男女ともに人気のインテリアブランドなんです。

『カール・ハンセン&サン』

創業から100年以上のデンマークの老舗ブランドで、多くの有名デザイナーの名作を製作してきたことで知られています。ブランドのアイテムはすべてデンマーク完全生産品。クオリティーとトレンドに左右されないデザイン性で世界中にファンが多くいるブランドです。

『ア・デペシュ』

「パリのアパートメントの一室」をコンセプトとしたオリジナル家具・雑貨を手がける、京都発のブランド。性別や年代を問わないユニバーサルなデザイン性が人気で、アイアンとウッド、ファブリックとウッドといった、異素材使いが新鮮なアイテムが揃っています。

『マルニ木工』

「100年後も定番として使われる家具」作りをコンセプトに掲げている、広島発のブランドです。その言葉通り、トレンドはもちろん、インテリア、世代さえ選ばない家具デザインや品質、加工の緻密さにはジャパンクオリティーのプライドが感じられます。

もっと知りたい! RoomClipで見つけたおしゃれ部屋

ここからは、インテリアを愛する人々が集うお部屋写真サイト・RoomClipからのおしゃれインテリアサンプルをご紹介します。小物使いや色使いなど、みなさんのすてきなお部屋作りの参考になりましたら幸いです♪

色数・家具数がまとまったシンプルスタイル!

打ちっ放しのコンクリート壁・ブラウンの床とダークブラウンのソファーの組み合わせは定番のコンビネーションですね。レンガ壁の空間にも使えそうなセンターテーブルのヴィンテージ感もコンクリート壁の無機質感にぬくもりを与えていますね。

akiさんのアカウントは こちら

ウッド×観葉植物で癒やし系北欧インテリアに

北欧風チェアやソファーと観葉植物の組み合わせも北欧スタイルではまさに定番の組み合わせ。全家具がウッドで統一されており、落ち着きも感じられます。空間カラーがブラウン・ホワイト・グリーンで統一されており、目にもやさしい空間作りがかなっていますね。

hisashiさんのアカウントは こちら

物が多くてもカラー統一でおしゃれ感UP!

「部屋に物が多い……」というお悩みの方は、こちらのお部屋のように色数を限定させてみましょう。物が多くても、散らかった印象になりにくいですよ。余裕があれば、こちらの西海岸風ルームのように、全体のテイストや質感も統一させるとよりすっきりとした空間に。

88erina88さんのアカウントは こちら

大型家具をポイントカラーに設定したこなれ空間

お部屋に使うアクセントカラーは小物などで補われることが多いのですが、こちらの空間では面積広めのソファーをブラウン系空間のアクセントとして利用。ブラウンの空間に合う深めトーンのソファーを使っているため、お部屋の雰囲気を美しく引き立てています。

Yukiさんのアカウントは こちら

ホワイトアイテム×ホワイトウッドで明るい空間の実現

こちらのお部屋は日当たりがとてもよいですが、日当たりが悪い場合は、こちらの空間のようにホワイトの壁に明るめのトーンのウッド家具で統一すればお部屋全体を明るく演出できますよ。グレーのラグも暗すぎず、お部屋の引き締めカラーとして使えそうですね。

chieさんのアカウントは こちら

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK