シンプルの最高位。クレプスキュールのニットTに注目

シンプルの最高位。クレプスキュールのニットTに注目

休日はラフな装いで過ごしたい。それでも大人らしい品格も欠かせない。そんなわがままも「シンプルが好き」というニーズも叶える『クレプスキュール』のニットTをご紹介。

深澤 正太郎

2017.06.10

クレプスキュール(crepuscule)
トップス
Tシャツ

シンプルだけど、どこか違う。『クレプスキュール』が気になる

どうも、編集フカザワです。年柄年中プルオーバーのカットソーを着用しまくっている私。ここ数年間はもっぱらラフに着られるトップスが好みでカジュアル度100%の装いで毎日を過ごしています。

そんな私ですが、今気になるのは“ニットT”。休日はショーツやスポーツサンダルを着用するため、ちょっとでも大人らしさを演出したいなと……。で、狙うべきはやはり『クレプスキュール』。なぜ“やはり”なのか、その魅力を解説しましょう。

サイズ感だけじゃない。ニットならではの風合いに惚れそう

『クレプスキュール』とは、2012年の春夏シーズンからスタートした日本のブランド。ニットに精通したデザイナーによる逸品は、その背景を象徴するモノばかり。写真のように、シンプルながらもニットならではの風合いをのぞかせる1着は、着用者にとっては心地良く、見る人にとっても心を安らかにさせる魅力があるのです。こちらはコットンを鹿の子編みに仕上げたニットT。編まれた素材の表情が、何とも上品な1枚です。

『クレプスキュール』のニットTはゆったりとしたサイズ感も◎。“編む”という工程によって生まれる素ぼくな生地感と相まって極上のシンプルを楽しむことができるのです。

私的にはベーシックな白が好みですが、夏らしい鮮やかなオレンジや爽やかなブルーもイイですね。見るからに安いシロモノではありませんが、コストパフォーマンス云々とはまた違う所有感が得られそう。むしろ完成までの工程や品質を考慮すれば、丁寧に作られたモノこそ大人が手にすべきアイテムともいえるでしょう。

夏のニットTは『クレプスキュール』。極上のシンプルを楽しもう

いつものワードローブにニットTを加えれば、それだけでコーディネートの幅が広がるでしょう。たとえば、白Tシャツを好む方が白のニットTを手にするのもアリ。ニットTはベージュやブラウンでアクセントを加えるのもイイですね。

私はしばらく色選びに悩みそうです……。

美容専門誌「HAIR MODE」にて編集者のキャリアをスタート。髪に関することが大好物で、ヘアカタからビジュアル誌、書籍作りに奔走。前職の経験を生かし、TASCLAPではビューティ・ヘルス全般に熱を注ぐ。人の髪型を見てカットの工程が分かるほど髪フェチで、ヘアスタイリング剤には見境なく投資してしまうのが悩み。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    白シャツを着こなす。大人らしくおしゃれなコーデを作るヒント

    白シャツを着こなす。大人らしくおしゃれなコーデを作るヒント

    白シャツは季節問わず大人のワードローブに欠かせないアイテム。ベーシックで定番ゆえに着こなし方ひとつで表情は無限大に。白シャツをおしゃれに着こなすヒントとは?

    小林 大甫

    アウトドアシューズをタウンユースしよう。高機能かつおしゃれな厳選12足

    アウトドアシューズをタウンユースしよう。高機能かつおしゃれな厳選12足

    シューズは機能性や履き心地も大切な要素。とくればアウトドア由来のスペックを備えた1足を活用するのが好手です。街履きに適したグッドルッキングなおすすめ品をご紹介!

    平 格彦

    “適温適装”を知る。4月の服装、マストハブなアイテムとメンズコーデ参考集

    “適温適装”を知る。4月の服装、マストハブなアイテムとメンズコーデ参考集

    ダウンのような重いアウターは不要ですが、まだトップス1枚ではやや厳しい時期なのが4月。“着こなし難民”にならないよう、最適なアイテム&コーデ術を押さえましょう!

    山崎 サトシ

    春の主役着。カーディガンで春のコーデをおしゃれに見せる方法

    春の主役着。カーディガンで春のコーデをおしゃれに見せる方法

    昼夜の気温差が激しい春にこそ、さらりと羽織れるカーディガンは頼もしい。そんな防寒性に加えて品の良さも手に入る春の主役着についておすすめ品とコーデ術を紹介しよう。

    菊地 亮

    気温20度の日の服装とベストなコーディネートを考える

    気温20度の日の服装とベストなコーディネートを考える

    メンズファッションにおいて、多くの方が悩む春秋シーズンの服装。持っておくと便利なアイテムと、気温20度前後の季節での最適なコーディネートを紹介していきます。

    Hiroshi Watanabe

    BACK