早めにラン活を。人気のランドセルと失敗しない選び方のポイント

早めにラン活を。人気のランドセルと失敗しない選び方のポイント

初めてのランドセル購入では、選び方や人気ブランドがわからなくて当然。知っておくべきポイントとおすすめ品を解説するので、お目当てを見つけて早めに確保しましょう!

2021.02.09
SHARE
記事をお気に入り
平 格彦

執筆者

70ほどのメディアで執筆。オンラインサロンも運営

平 格彦
ファッション誌の編集部を経て独立。雑誌、書籍、WEBマガジン、オウンドメディア(ファッションブランドやECサイトなど)で執筆・編集を担当してきた。幅広いテイストのファッションを分析してきた「俯瞰的な視点」が強み。最近はDMMでライター向けのオンラインサロンも運営。 記事一覧を見る
...続きを読む

本コンテンツはTASCLAPが制作した独自コンテンツです。また本コンテンツでは掲載するECサイト等から購入実績などに基づいて手数料をいただくことがあります。

“ラン活”が当たり前の時代。人気のランドセルは早めに確保を

“ラン活”が当たり前の時代。人気のランドセルは早めに確保を

ランドセルと文房具 シブヤ文房具

ランドセルと文房具 シブヤ文房具

お気に入り追加

子供にとってのランドセルは6年間ずっと使い続ける重要なスクールバッグ。そう考えると選ぶのが難しくなりそうですが、ひと昔前よりも素材・色・デザインがかなり増えているので、個性やこだわりにマッチするランドセルがきっと見つかります。

“ラン活”が当たり前の時代。人気のランドセルは早めに確保を 2枚目の画像

Gretsch

Gretsch

お気に入り追加

ただし、人気が集中するブランドの大人気モデルはすぐに売り切れてしまうことも珍しくありません。だからこそ、早い段階で本当に欲しいランドセルを見つけて手に入れる“ラン活”が激化。お目当ての1品を勝ち取るためには、リサーチを含めて早めにスタートを切るのが最善です。

ランドセル選びで失敗しないために。チェックすべき6つの重要ポイントとは

個性やこだわりを反映できるほどランドセルの種類が増えているからこそ、どれを選べば良いか迷ってしまいます。ただし、必要なポイントさえ押さえておけば後悔のないランドセルが手に入れられます。チェックポイントを6つにまとめたので、ひと通り確認してください!

ポイント1

6年間の保証が付いているかどうか

6年間の保証が付いているかどうか

MOMOCO子供服

MOMOCO子供服

お気に入り追加

ランドセルは基本的に6年間ずっと使うもの。何年か使い続けて愛着が生まれた後に修理ができなくなってしまったら、後悔しても手遅れです。それを防ぐためには「6年間保証」が不可欠。修理費や代替ランドセルの貸し出しといった保証内容はメーカーによって異なるので、しっかりチェックしておくことが大切です。

ポイント2

耐久性のある素材を使っているかどうか

耐久性のある素材を使っているかどうか

ランドセルのユー・アンド・アイ

ランドセルのユー・アンド・アイ

お気に入り追加

1つのランドセルを使い続けるのが基本なので、耐久性も重要です。原則として、素材が高価になるほど耐久性も高まりますが、それに伴って重さも出てきます。また「引き裂きに強い」「水に強い」といった特徴も異なるので、素材の特性を把握して選ぶようにしましょう。下記3つの素材から選ぶのが定番です。

・「コードバン」:高価、丈夫、重い、高級感がある、水にやや弱い
・「牛革」:やや高価、やや重い、引き裂きに強い、水に弱い
・「人工皮革」:やや安価、軽い、水に強い、引き裂きに弱い、色柄が豊富

人工皮革といえば「クラリーノ」が主流ですが、他にも「アンジェエール」「エアヌール」「エクセーヌクラッセ」「コードレ」「タフガード」「ベルバイオ」といった人工皮革もありますので、購入する前に特徴などを確認するのがおすすめです。また、人工皮革と混同しやすい素材に合成皮革があります。海外では特に区別されていないようですが、日本では合成皮革と人工皮革は別モノと認識されていて、その違いは裏地にあります。人工皮革は不織布で、合成皮革は織布・編布。人工皮革に比べて合成皮革は耐久性が低いので、ランドセルにはあまりおすすめできません。

ポイント3

背負いやすい作りになっているかどうか

背負いやすい作りになっているかどうか

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

ランドセルを使い始める新1年生のタイミングでは、教科書などを入れたランドセルはかなり重く感じます。せっかく買ったランドセルを嫌いになってしまってはもったいないので、背負っても苦にならないタイプを選ぶことも大切です。苦にならないランドセルのポイントは「軽さ」と「背負いやすさ」。特に背負いやすさが重要で、肩や腰に負担が掛からない独自の工夫を各メーカーがこぞって取り入れています。基本的には、ランドセルを背負ったときに背中との隙間が少ないほど重さを感じづらくなるもの。また、背中のクッション性が高ければ痛みを感じることも少なくなるでしょう。そうした点をチェックしつつ、実際に背負って子供との相性まで確認できたら完璧です。

ポイント4

A4のフラットファイルが入る大きさかどうか

A4のフラットファイルが入る大きさかどうか

こどもと暮らし

こどもと暮らし

お気に入り追加

ビジネスバッグの選び方と似ていますが、ランドセルもA4サイズのプリントや資料が入るサイズが絶対条件です。クリアファイルだけではなく、多くのプリントを綴ることができるフラットファイルが入ったほうがベター。内側の横幅が23cm以上のランドセルを選ぶようにしましょう。主要メーカーをはじめとするほとんどのランドセルが少し大きくて厚みのあるA4フラットファイルに対応していますが、念のため確認するようにしてください。

ポイント5

子供の希望をしっかり取り入れられるかどうか

子供の希望をしっかり取り入れられるかどうか

ランドセル&バッグのマツモト

ランドセル&バッグのマツモト

お気に入り追加

ひと昔前まではランドセルといえば黒か赤でしたが、最近はカラーがかなり増えています。今では女の子の人気No.1は赤ではなくピンクになっているというリサーチも。その他、刺繍・型押し・プリントといった装飾に加え、機能性や細部のデザインも種類が拡充。実際に使う当事者である子供の意見を取り入れつつ、そうした中から本人が納得できるランドセルを選ぶのがベストです。

色味やディテールで差がつけられると、同級生のランドセルと区別しやすくなるというメリットもあります。ただし、キャラクターものを選ぶ際は注意が必要。ランドセルは基本的に6年生まで使うので、その年齢でも使えるタイプを選ぶようにしましょう。既存のランドセルから好きなタイプを一緒に選ぶだけでなく、オーダーメイドやカスタムメイドを利用するという選択肢もあるので、それらを考慮しつつ子供の希望に沿うランドセルを見つけてください。

ポイント6

購入のタイミングが入学に間に合うかどうか

購入のタイミングが入学に間に合うかどうか

ラピス

ラピス

お気に入り追加

ランドセルも購入時期でもっとも多いタイミングは、入学のおよそ1年前。人気モデルや限定モデル、人気ブランドは早めに売り切れてしまうため、どんどん前倒しになる傾向にあります。公式サイトや実店舗でしか変えない『イオン』「かるすぽ」や『ポーター』×『伊勢丹』といったランドセルもあるので、早めに目星をつけて確保するのがおすすめです。『土屋鞄』『池田屋』『黒川鞄』などの工房系メーカーは生産数が少なめなので、一層早めに手に入れることが重要。オーダーメイドで注文するならなおさら早いほうが得策です。ゴールデンウィークやお盆などの大型連休にランドセルを購入する人が多いので、その前に手に入れるというのが賢い作戦です。

人気の三大銘柄をチェックすることで、今のランドセル最新事情がわかる

ランドセルをリリースしているブランドは数多くありますが、特に人気を集めている三大モデルをピックアップ。品質が高くて6年間保証が付帯し、カラーやデザインも豊富なのが共通点です。各銘柄の特徴的な機能をご紹介するので、ブランドを絞り込む際の参考にしてください。

ブランド1

『セイバン』天使のはね

『セイバン』天使のはね

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

『セイバン』天使のはね 2枚目の画像

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

『セイバン』は国内生産にこだわっている最大手ランドセルメーカーの1つ。「天使のはね」というネーミングの由来は、はねの形の樹脂パーツです。樹脂パーツを肩ベルトの付け根に内蔵して肩ベルトを根本から立ち上げることで、重心を高くして体感重量を軽減。体との密着度も高まって、一層軽く感じるようになります。また、左右連動背カンによって左右に掛かる重さのバランスを均等に調整。さらに傾斜のついたチルトプレートで教科書が常に背中に倒れるように導き、前後のブレを防いで安定させています。他にも工夫を盛り込み、姿勢づくりをしっかりサポート。

ブランド2

『ハシモト』フィットちゃん

『ハシモト』フィットちゃん

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

『ハシモト』フィットちゃん 2枚目の画像

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

人気の「フィットちゃん」は2019年のデータでランドセル国内製造販売数No.1に輝いたブランド(東京商工リサーチ調べ)。その名前の通り、フィット性を高める機能が詰まっています。まず、フィットちゃん背カンによって肩ベルトを25度くらい立ち上げ、背中との接触面積を10%アップ。肩への負担を半減し、自然な姿勢がキープしやすくなっています。さらに、湾曲形状&ダブルクッションの肩ベルトを採用することで、肩との接触面積を広げてフィット感をアップ。また、肩ベルトの左右が別々に動くように設定することで、フィット感が高くても背負ったり下ろしたりしやすいように配慮されています。150種類×50色ものラインアップを誇り、ランドセルのフチに配置した反射材で夜間や悪天候での視認性を高めた「安ピカッ」タイプなどが人気。サイドに刺繍が入った女の子らしいデザインも豊富です。

ブランド3

『協和』ふわりぃ

『協和』ふわりぃ

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

『協和』ふわりぃ 2枚目の画像

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

人工皮革のクラリーノを使ったランドセルを1997年に初めて発売した老舗メーカーが『協和』。「ふわりぃ」シリーズのランドセルが人気を集めています。肩ベルトを立ち上げつつ、成長に合わせて広がることで背中にフィットさせるふわりぃ 背カンがもっとも特徴的。フチをなくしたコンパクトなフォルムも全モデルで採用しています。さらに、ホールド性を確保するチェストベルト、マチを最大5cmも拡大できるのび~るポケット、上下左右の360度から見えるように反射材をレイアウトした720°全方向反射などの機能を追加したモデルが選べます。また、自由に着せ替えられる色違いのフラップが付属するモデルもラインアップ。

パパとお揃いも夢じゃない。あの馴染みブランドが手掛けるランドセル9選

実は、パパが普段から愛用しているような人気ブランドもこぞってランドセルをリリースしています。子供のランドセルとパパのリュックがお揃いなんて、ちょっとおしゃれじゃありませんか? ここではオンラインで購入できるそんなランドセルからおすすめをピックアップしてご紹介します!

ブランド1

『ニューエラ』

『ニューエラ』

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

ストリートテイストのキャップやバックパックなどで人気の『ニューエラ』らしく、キャップクリップ付きのランドセルを展開しています。さらに、左サイドにゴールドのロゴ刺繍を配置。フラップを開くと裏側にもビッグなロゴプリントがあり、ポケットの窓もロゴのフォルムになっています。もちろん基本性能も優れています。

機能もデザインも優等生なニューエラのリュック

機能もデザインも優等生なニューエラのリュック

ブランド2

『ナイキ』

『ナイキ』

アイウィル イズミヤ

アイウィル イズミヤ

お気に入り追加

人気のスポーツブランドもランドセルをリリース。『ナイキ』らしいスタイリッシュなデザインが特徴的で、フロントに小さく、両サイドに大きくスウッシュが描かれています。また、バイカラーのデザインもおしゃれ。フラップのフチや背中のクッション部分、内側の全体などが他のカラーで切り替えられています。

機能的でスタイリッシュ。ナイキはリュックもやっぱり使える

機能的でスタイリッシュ。ナイキはリュックもやっぱり使える

ブランド3

『アディダス』

『アディダス』

ランドセル&バッグ 天地堂

ランドセル&バッグ 天地堂

お気に入り追加

日本のバッグメーカー「エース」が生産しているので、クオリティはお墨付き。象徴的なスリーストライプスが両サイドに入っているので『アディダス』だとすぐにわかるデザインです。フロントには小さく、フラップの裏側には大きくロゴがセットされています。

ビジネスマンが絶大な信頼を寄せるエースのバッグ。おすすめはこの10アイテム

ビジネスマンが絶大な信頼を寄せるエースのバッグ。おすすめはこの10アイテム

ブランド4

『プーマ』

『プーマ』

ペンポート

ペンポート

お気に入り追加

ベースは「天使のはね」で、品質や使いやすさは申し分なし。両サイドのロゴが『プーマ』であることを物語っています。さらに、サイドのラインや肩ベルト裏側の挿し色がスポーティ。フラップの内側がグラデーションカラーのボーダー柄になっているのもさりげなく独創的です。

ブランド5

『コンバース』

『コンバース』

ランドセル&バッグ 天地堂

ランドセル&バッグ 天地堂

お気に入り追加

こちらもベースは「天使のはね」。表面に型押しで描かれたロゴとスターのアイコンで『コンバース』のアイデンティティをプラスしています。フラップを開くとお馴染みのアイコンが出現。フラップの内側にあしらわれたジオメトリック柄もスタイリッシュです。

ブランド6

『フィラ』

『フィラ』

B&BLife楽天市場店

B&BLife楽天市場店

お気に入り追加

こちらは「フィットちゃん」がベースで、フィット感や安定感が抜群。『フィラ』らしいトリコロールを取り入れた配色がスポーティかつ個性的です。表側は型押しのロゴのみで控えめな印象ですが、フラップを開けると鮮やかなロゴが現れる仕掛けになっています。

ブランド7

『ミズノ』

『ミズノ』

アイルインテリアプランニング

アイルインテリアプランニング

お気に入り追加

こちらも「フィットちゃん」をアレンジ。随所にさりげなく『ミズノ』のアイコンをあしらったスタンダードなデザインですが、スポーツメーカーの目線が生かされています。特に素材はクラリーノの中でも耐久性の高いタフロックを採用。背面にエアーフレッシュを採用して通気性を確保しています。

ブランド8

『アウトドア プロダクツ』

『アウトドア プロダクツ』

イトーキオンラインショップ

イトーキオンラインショップ

お気に入り追加

同じく「フィットちゃん」がベース。アウトドアテイストを感じさせるデザインが個性的です。サイドのロゴと、その背景のカモフラージュ柄が大きな特徴。さらに、そのロゴ部分と肩ベルト、フラップの下部に反射材を使用して夜間の安全性を確保しています。

リュックのスタンダード。アウトドアプロダクツを手に入れる

リュックのスタンダード。アウトドアプロダクツを手に入れる

ブランド9

『リー』

『リー』

Gretsch

Gretsch

お気に入り追加

王道デニムブランドの『リー』と、世界で人気を集めるキッズ&ベビー服のセレクトショップ『ストンプスタンプ』のコラボによって誕生したランドセル。ジーンズライクなロゴ入りのタグ&ボタン、ステッチ入りのポケットなどを採用しています。フラップの裏地はデニム生地の転写プリント入り。

コスパ重視ならこちらも。「1万円前後」で買えるランドセルブランド

予算の制約がある場合や、状況に合わせて買い換えてもOKという前提なら、コストパフォーマンスを重視するという考え方もあります。ここでは、6年保証が付いているのに1万円前後で買えるブランドをご紹介するので、状況に合わせて選択肢に入れてみましょう。

ブランド1

『クーロン』

『クーロン』

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

もっとも劣化しやすい荷室のフチをしっかりと補強。三方一体強化プレートを縫い合わせることで変形を防いでいます。デザイン・カラー・機能のバリエーションが豊富で、おしゃれなのにリーズナブルなランドセルが揃っています。

ブランド2

『ハットネコ』

『ハットネコ』

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

いわゆる半かぶせタイプのランドセルを展開しているのが『ハットネコ』。デザインのバリエーションはそれほど多くありませんが、スタンダードなタイプやほんのり個性の効いたタイプが選べます。最低限の機能性はもちろん、6年間の品質保証も備えています。

ブランド3

『パオバブの願い』

『パオバブの願い』

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

驚異的なコストパフォーマンスが魅力の『パオバブの願い』。シンプルで飽きのこないデザインを採用しつつ、自社工場で品質管理を徹底して強度を追求しています。利用者の意見を反映しながら年々ブラッシュアップを続けているのもポイント。

キッズスニーカーをパパ目線で選ぼう。子供に履いてほしい15ブランド

キッズスニーカーをパパ目線で選ぼう。子供に履いてほしい15ブランド

パパ目線で選ぶキッズ用リュック。失敗しない選び方とおすすめ16選

パパ目線で選ぶキッズ用リュック。失敗しない選び方とおすすめ16選

我が子に着てほしい! キッズTシャツのおすすめ15ブランドをピックアップ

我が子に着てほしい! キッズTシャツのおすすめ15ブランドをピックアップ

たまにはパパもお揃いで! 親子ペアルックでおしゃれがもっと楽しくなる

たまにはパパもお揃いで! 親子ペアルックでおしゃれがもっと楽しくなる

目指すはかっこいいパパ! 運動会コーデでハズさない服装選びのコツ

目指すはかっこいいパパ! 運動会コーデでハズさない服装選びのコツ

この記事の掲載アイテム一覧(全15商品)

画像をタップクリックするとアイテム詳細が表示されます

  • 『セイバン』天使のはね
    『セイバン』 天使のはね
  • 『ハシモト』フィットちゃん
    『ハシモト』 フィットちゃん
  • 『協和』ふわりぃ
    『協和』 ふわりぃ
  • 『ニューエラ』ランドセル
    『ニューエラ』 ランドセル
  • 『ナイキ』ランドセル
    『ナイキ』 ランドセル
  • 『アディダス』ランドセル
    『アディダス』 ランドセル
  • 『プーマ』ランドセル 天使のはね
    『プーマ』 ランドセル 天使のはね
  • 『コンバース』ランドセル ボーダー
    『コンバース』 ランドセル ボーダー
  • 『フィラ』ランドセル フィットちゃん
    『フィラ』 ランドセル フィットちゃん
  • 『ミズノ』ランドセル フィットちゃん
    『ミズノ』 ランドセル フィットちゃん
  • 『アウトドア プロダクツ』ランドセル フィットちゃん
    『アウトドア プロダクツ』 ランドセル フィットちゃん
  • 『リー』×『ストンプスタンプ』コラボオリジナルランドセル
    『リー』×『ストンプスタンプ』 コラボオリジナルランドセル
  • 『クーロン』プレリュード・ランドセル
    『クーロン』 プレリュード・ランドセル
  • 『ハットネコ』ランドセル クライムシリーズ
    『ハットネコ』 ランドセル クライムシリーズ
  • 『パオバブの願い』ランドセル
    『パオバブの願い』 ランドセル

掲載アイテムをもっと見る(3商品)

KEYWORD関連キーワード

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

NEW

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

おすすめ記事
TOP