歴史あるブランド、パラブーツの手にすべき1足とは

歴史あるブランド、パラブーツの手にすべき1足とは

シャンボードが大ヒットした『パラブーツ』ですが、ほかにも大人の足元にハマる秀作が揃います。とくに本国フランスでも人気のアヴィニョンは日常のパートナーとして適役!

山崎 サトシ

2017.06.20

パラブーツ(Paraboot)
レザーシューズ

『パラブーツ』の誕生地・フランスで圧倒的な人気を誇るアヴィニョン

『パラブーツ』の誕生地・フランスで圧倒的な人気を誇るアヴィニョン

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

フランスを代表する名門シューズブランド『パラブーツ』。ここ日本ではシャンボードの大ヒットでお馴染みですが、その双璧をなす定番Uチップシューズとして展開されているアヴィニョンも、見逃せない名作です。実はこのモデル、『パラブーツ』の本拠であるフランスにおいては人気No.1のロングセラー! すらりとしたシャープなルックスが魅力的です。両者の違いを踏まえつつ、その特徴を詳しく見ていきましょう。

『パラブーツ』の誕生地・フランスで圧倒的な人気を誇るアヴィニョン 2枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

参考までにシャンボードはこちら。パッと見はアヴィニョンと結構似ていますが、細部のディテールには明確な違いがあります。

特徴1流れるようにすっきりとしたトゥのライン

流れるようにすっきりとしたトゥのライン

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ぽってりとしたシルエットのUチップシューズが世に多い中、アヴィニョンは甲が低めの木型を使って仕立てているため、すっきりとドレッシーな顔立ち。足元にエレガンスなイメージを与えてくれます。

流れるようにすっきりとしたトゥのライン 2枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

一方こちらはシャンボード。アヴィニョンと比べて甲部分に高さがあって少しボリューミーなイメージ。品良く仕上げるならアヴィニョン。ちょっと男らしいイメージを狙うならシャンボードといったところでしょうか。

特徴2トゥのセンターにはシーム入り

トゥのセンターにはシーム入り

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

最もシャンボードとの違いがわかりやすいのがココ。アヴィニョンのほうはトゥのセンターにシームが配されています。これは、オーセンティックな紳士靴に散見されるディテールです。

トゥのセンターにはシーム入り 2枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

対するシャンボードはセンターシームがありません。また、アッパーの縫い方にも違いがあり、こちらのほうがやや盛り上がりがあることがわかるかと思います。シャンボードのほうがよりカジュアルな面持ち。

特徴3スマート感を後押しするグリフ2ソール

スマート感を後押しするグリフ2ソール

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

アウトソールは天然ラテックスを使ったブランドオリジナル開発のグリフ2ソール。『パラブーツ』の手掛けるソールの中ではかなり薄手の仕様となっているのが特徴で、アッパーのスマートなイメージを後押ししてくれます。

スマート感を後押しするグリフ2ソール 2枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

シャンボードで採用されているのはパラテックスソールと呼ばれるもの。グリフ2ソールと比べて量感がありますが、そのぶんクッション性に秀でており長時間履き続けていても疲れません。

代表的な素材はリスレザー&コードバン

シャンボードと同じく、アヴィニョンもアッパーの素材にいくつかバリエーションがあります。その中でも代表格といえるリスレザー&コードバンのモデルを紹介しましょう。

アイテム1風合いが良く、撥水性に優れたリスレザー

風合いが良く、撥水性に優れたリスレザー

ExplorerExplorer

お気に入り追加

リスレザーは『パラブーツ』の多くのモデルで使われている定番素材。その正体はオイルをたっぷりと含ませたオリジナルのカーフレザーで、きわめて高い撥水性&耐久性を誇っています。そのうえ上品な光沢感も併せ持っている、まさしく才色兼備なマテリアルです。

アイテム2クラス感に満ちあふれたコードバンモデルも必見!

クラス感に満ちあふれたコードバンモデルも必見!

HemingwayHemingway

お気に入り追加

コードバンとは馬の臀部から採れる高級皮革のことで、その美しい光沢から“革の宝石”とも呼ばれています。アヴィニョンでは北米の老舗タンナーであるホーウィン社が手掛けた最上級のコードバンをアッパーに使用。クラス感に満ちあふれる1足は、“一生モノ”としてずっと愛用していけます。

知っておきたいお手入れ方法

知っておきたいお手入れ方法

FLISCOFLISCO

お気に入り追加

革靴すべてに言えることではありますが、長く履き続けるためにはメンテナンスが不可欠です。まず前提として、自宅では必ずシューツリーを入れて保管すること。余計な湿気を吸収し、型崩れも防いでくれます。『パラブーツ』から純正のシューツリーが販売されているので、押さえておくと良いでしょう。併せて、クリーム・ワックスによる栄養補給やブラッシングも定期的に行うのがベスト!

参考にしたい、アヴィニョンの取り入れ方

きれいめコーデはもとより、端正なルックスゆえカジュアルスタイルの格上げアイテムとしても一役買うアヴィニョン。おしゃれ巧者たちの取り入れ方を参考にして、不安の装いに取り入れましょう。

コーデ1足元で大人っぽさを注入したミリタリーコーデ

足元で大人っぽさを注入したミリタリーコーデ

ExplorerExplorer

お気に入り追加

モッズコート×ベージュチノというミリタリーテイストのマッチアップ。それでいて大人っぽさを漂わせるのは、足元に投入したエレガンスなアヴィニョンのおかげ。フェアアイルニットをチラ見せしてアクセントを付けるあたりもさすが上級者!

コーデ2アヴィニョンで作る、都会的なアウトドアスタイル

アヴィニョンで作る、都会的なアウトドアスタイル

WOODY COMPANYWOODY COMPANY

お気に入り追加

ベーシックなデザインで、アウトドア系のアウターとも高い親和性を発揮してくれるアヴィニョン。“山男っぽさ”とは縁遠い、こなれたコーディネートへと導いてくれます。インナーに白ニットをチョイスし、クリーンさを底上げしたのも技アリ。

コーデ3リラクシングな装いをシューズで引き締め!

リラクシングな装いをシューズで引き締め!

WEARWEAR

お気に入り追加

ややオーバーサイズのトップスレイヤードで旬なリラックステイストを好演。ただし、だらしない印象に偏るのを防ぐため足元のアヴィニョンで引き締め感をプラスしています。絶妙なメリハリの出し方はぜひ参考にしたいところ。

コーデ4もちろん、セットアップとも抜群の相性!

もちろん、セットアップとも抜群の相性!

品行方正なムードを放つアヴィニョンは、セットアップスタイルとも相性良好! 装いに上質なニュアンスを加味できます。重くならないようにインナーやソックスでホワイトをチラ見せしたり、かぶりものでカジュアルさを高めたりと、小技もお見事!

コーデ5ラフな夏スタイルこそ、その品良さが頼りになる!

ラフな夏スタイルこそ、その品良さが頼りになる!

WEARWEAR

お気に入り追加

これからの季節、ショーツスタイルで過ごすことも多くなるでしょう。ラフに見えがちな着こなしだからこそ、アヴィニョンのような洗練顔のシューズで落ち着きを出すのが正解。しかも、柄モノの放つアクの強さを和らげてくれます。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    大人はマストハブ。プレーントゥの優良ブランドリスト

    大人はマストハブ。プレーントゥの優良ブランドリスト

    大人の足元に欠かせない革靴。なかでもプレーントゥは、あらゆるシーンに柔軟になじむ頼もしい存在だ。品格までも備える、おすすめブランドを紹介しよう。

    菊地 亮

    アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

    アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

    アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

    菊地 亮

    大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

    大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

    オーセンティックなアイテムこそ奥が深いのがメンズファッション。男の定番服であるオックスフォードシャツも、その特徴と選び方を知っておけばより品良く着こなせます。

    平 格彦

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

    菊地 亮

    大人の万能靴。ポストマンシューズの魅力とおすすめ10選

    大人の万能靴。ポストマンシューズの魅力とおすすめ10選

    革靴ならではのかっちり感とカジュアルな要素を併せ持ったポストマンシューズ。幅広いスタイリングになじむ万能靴の魅力とおすすめのブランドをお届けする。

    大中 志摩

    BACK