ロゴTシャツはこれが正解! 大人に似合うおしゃれブランド

ロゴTシャツはこれが正解! 大人に似合うおしゃれブランド

ストリート感やスポーツ調を演出できるロゴTシャツが今季も人気。ポイントさえ押さえれば、大人っぽく着こなすのは簡単です。その解説から推奨ブランドまで網羅して紹介!

平 格彦

2020.06.30

トップス
Tシャツ

気分転換&着こなしのスパイスにロゴTはいかがでしょう?

ストリートテイストの人気はまだまだ衰え知らず。そのエッセンスは形を変えてさまざまな方向に飛び火していますが、初夏に取り入れるならロゴの入ったTシャツがおすすめです。ということで、無地のTシャツに飽きたらすぐにでもトライすべきロゴTについておさらい。着こなしにアクセントが加わり、一気にリフレッシュできるはずです。

大人が選びたいロゴTシャツ。その絶対条件は?

今シーズンはペールトーンやネオンカラー、ビタミンカラーといった春夏らしいカラーが注目されていますが、ロゴTを大人っぽく着こなすなら白いボディがイチ押し。色味をロゴに限定することで、簡単に大人っぽく着回せます。どうしても異なるカラーのボディを選びたい場合も、ブラックやグレー、ネイビーなどの定番カラーを優先に。ただし、大人っぽく着こなしたい場合の条件ですので、個性を演出したい人や着こなしに自信のある人は他のカラーにも挑戦してみてください。

ロゴTシャツをおしゃれに着るなら、実例に学びましょう

白地のロゴTシャツを選んだ場合に絞って、大人っぽくおしゃれにスタイリングするポイントを伝授。着こなす際に意識すべき点を具定例で解説しますので、すぐにでも取り入れて実践してみましょう!

コーデ1全身をモノトーンで揃えればおのずとクールな大人仕様に

ロゴプリントを含め、全身で使用するカラーをモノトーンに統一すれば、大人っぽいカジュアルスタイルが完成します。Tシャツのボディがホワイトの場合は、ロゴや他のアイテムをブラックでリンクするとバランス良く仕上がります。

コーデ2ロゴのカラーを強調する色使いを意識した

今っぽさや個性を主張したい場合は、カラフルなロゴをセレクトすればOK。その配色を強調するように全身を組み立てれば、旬度が一気に高まります。この着こなしではロゴの赤を強調。そのためにパンツやスニーカーはネイビーを選んでいます。落ち着きを与えるシンプルなパンツで大人っぽくまとめているのもポイント。

コーデ3ショーツを合わせてスポーティな夏のスタイリングに

ロゴTはスポーティなニュアンスも魅力。その特徴に注目し、スポーティなショートパンツを合わせれば、今どきな夏のコーディネートがすぐにできあがります。Tシャツ+ショーツのセットは子供っぽく見える危険性もありますので、それを避けるためには使用する色数を少なく抑えるのがポイント。Tシャツの白に合わせてサンダルやスニーカーも同色にしたり、ショーツとシューズの色を揃えたりするのが定番技です。

春夏に着たいロゴTシャツ。おすすめの10ブランドをピックアップ

大人っぽいロゴTシャツは多数リリースされていますが、ブランド選びが重要。なぜなら、無地とは違ってブランドが明確にわかるデザインも多いからです。どこの1枚かわかってもOKな、おすすめの10ブランドを独断と偏見で紹介します。

ブランド1『ナイキ』

言わずと知れたアメリカの王道スポーツブランドは、ロゴTシャツのバリエーションも多彩。自分だけの掘り出しものを探す楽しみがあります。写真の1枚のように、定番のロゴマークとグラフィックを組み合わたユニークなデザインも、遊び心があって◎。

ブランド2『チャンピオン』

こちらもアメリカの老舗スポーツウェアブランド。定番のロゴTシャツも人気ですが、プリントやグラフィックを載せたり、Tシャツ自体のデザインをアレンジした別注品も豊富です。周囲と被ることの少ないスペシャルなアイテムなら安心してヘビロテできます。

頼れるチャンピオンのTシャツ。人気モデルから別注、コーデまで一挙解説

頼れるチャンピオンのTシャツ。人気モデルから別注、コーデまで一挙解説

Tシャツが欠かせなくなるこれからの時期に向けて、目を付けておきたいのが永世定番の『チャンピオン』。狙いを定めたい人気モデルに別注、着こなしまで一挙紹介します。

山崎 サトシ

ブランド3『ヴァンズ』

人気のスケートブランドは、ストリートテイストのトレンドとともにより一層人気が向上。ロゴTシャツのバリエーションも拡大しています。こちらのTシャツは、『ヴァンズ』の合い言葉でもある“OFF THE WALL”を大胆にプリント。着こなしの主役になること間違いなしの、キャッチーなデザインです。

スニーカーだけじゃない。ヴァンズのTシャツならではの魅力とは?

スニーカーだけじゃない。ヴァンズのTシャツならではの魅力とは?

90年代リバイバルによりロゴT需要が高まる中、何やら『ヴァンズ』のTシャツが使えるとの噂。そこで今回は、魅力あるナイスな一枚&大人の着こなしルールをご紹介します。

伊藤 千尋

ブランド4『プレジャーズ』

ストリートシーンで注目度を高めているロサンゼルス発の新進ブランド。デザイナーが90年代に出会ったカルチャーをグラフィックやタイポグラフィなどに落とし込んだデザインが今のムードにぴったりです。比較的シンプルで大人が着こなしやすいロゴTシャツも豊富。

ブランド5『ビームスT』

その名の通り、『ビームス』が提案するTシャツ専門レーベル。テーマは“ART FOR EVERYDAY”で、他ブランドやファンションとは縁遠い業界とのコラボも数多く展開しています。この1枚は、カレッジテイストのポップなロゴが印象的。

ブランド6『ザ デイ』

ブランド名はサーフィン界隈の言葉で、コンディションが良く、ビッグウェーブが来る決定的な日を指しています。世界各地のサーフスポットやビーチカルチャーを背景にしたデザインが特徴的で、コンセプトは“サーフモダン”、“シンプル&ビーチライフ”。爽やかなブルーのロゴが夏にぴったりです。

ブランド7『エンドレスサマー』

1964年に制作され、今でもサーフィン映画の名作として愛されている「The Endless Summer」がブランドのモチーフ。どこか懐かしいサーフテイストのロゴが、こなれたムード作りに最適です。生地にも凝っていて、洗いざらしのような風合いに仕上げた独自のヘビーウェイト天竺を使用しています。

ブランド8『ジャクソンマティス』

アメリカ、古着、サーフ、スケートボードという要素をMIXさせたアイテムをリリースしているブランド。その独特な世界観は2人の天才画家、ジャクソン・ポロック氏とアンリ・マティス氏の世界観と色彩がベースになっています。この1枚は、控えめなサイズのレッドロゴが、さりげないアクセント。

ブランド9『レアセル』

ブランド名はデンマーク語で“塗り替える、作り直す”といった意味。既存のモノを独自の感性で再構築し、独創的なデザインとして提案しています。こちらの1枚は、一見シンプルなモノトーンのTシャツですが、よくみると“FLOWER”ロゴの両サイドにボタニカル柄の刺繍があしらわれています。ボディと同色の刺繍なので、個性的でありながらも汎用性はキープされている点が秀逸。

ブランド10『セヴシグ』

“ありそうでないもの”がコンセプトのブランドで、斬新なデザインとヴィンテージ調の質感を組み合わせたアイテムを中心にリリースしています。こちらのTシャツは、白地に映える鮮やかなレッドロゴが印象的。中抜きロゴを後ろに重ねることで、単調さが回避されている点も見どころです。

大人もチャレンジ。この夏は“プリントT”で遊んでみない?

大人もチャレンジ。この夏は“プリントT”で遊んでみない?

大人らしくシンプルな無地Tシャツはいつだって頼れる存在だが、着こなしにこなれ感と遊び心を呼び込むプリントTシャツも見逃せない存在。全15枚を厳選した。

大中 志摩

バンドTシャツを大人が着こなすコツと、今おすすめしたい10枚

バンドTシャツを大人が着こなすコツと、今おすすめしたい10枚

デザイン性が高く“街映え”するバンドTシャツですが、若々しい印象が強くて敬遠している人も多いのでは? でも、コーデとアイテム次第で大人っぽく取り入れられるんです。

山崎 サトシ

出版社を経て独立。「Men’s JOKER」と「RUDO」は創刊から休刊までほぼ毎号で執筆。さらに「MEN’S CLUB」「GQ」「GOETHE」など、60以上のメディアに関わってきた。横断的、俯瞰的に着こなしを分析するのが得意。そんな視点を活かし、「着こなし工学」としての体系化を試みている。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    エコバッグ15選。人気ブランドから探すおしゃれなマストハブ

    エコバッグ15選。人気ブランドから探すおしゃれなマストハブ

    7月からレジ袋が有料化。これに伴い、買い物袋として代用できるエコバッグのニーズが急増しています。選び方のポイントと、今買えるおすすめエコバッグをご紹介!

    山崎 サトシ

    リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

    リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

    デイリーに愛用できるメンズリュックを徹底紹介。カジュアルなコーデはもちろん、きれいめな着こなしにもハマるリュックの選び方とおすすめのブランドをレクチャーします。

    TASCLAP編集部

    なんだかんだでポロシャツは御三家ブランドがおすすめ

    なんだかんだでポロシャツは御三家ブランドがおすすめ

    ポロシャツ界の御三家といえば、昔も今も『ラコステ』、『ポロ ラルフローレン』、『フレッドペリー』が鉄板。今年の春夏に頼りたい、人気ブランドを再検証します。

    TASCLAP編集部

    夏の短パン15傑。大人っぽく見せるコーデのノウハウとタイプ別おすすめ

    夏の短パン15傑。大人っぽく見せるコーデのノウハウとタイプ別おすすめ

    夏に欠かせない短パンだが、コーデ次第では子供っぽく見えてしまう危険性も。そこで、大人らしく着こなすためのヒントを交えつつ、テイスト別に推薦したい逸品をご紹介。

    菊地 亮

    視界くっきり。偏光サングラスを掛けるべき理由と今おすすめの10本

    視界くっきり。偏光サングラスを掛けるべき理由と今おすすめの10本

    日差しが強い季節に限らず、使うと便利な偏光サングラス。視界がクリアになるので、ぜひ活用してみましょう。レンズの構造や特徴、おすすめ品まで徹底解説します!

    平 格彦

    アイテムリスト

    BACK