予約必須。2017年の秋にフル活用したいグラミチを発見

予約必須。2017年の秋にフル活用したいグラミチを発見

NNパンツをはじめ、高い機能性とシンプルな見た目で人気継続中の『グラミチ』から、新作が到着。秋にはきたい、大人らしい1本は夏前のチェックがマストです。

深澤 正太郎

深澤 正太郎

SHARE
記事をお気に入り
2017.06.19

まだまだ欲しい。『グラミチ』のパンツ

どうも、梅雨入りに疑問を禁じ得ない編集フカザワです。平日も休日も、暑いですね。休日はもっぱら自転車でサイクリングを楽しむ私にとってはうれしいことですが……。私の趣味はさておき、今夏も人気ですよね、『グラミチ』。

参考記事:グラミチのジーンズを購入しない理由が見つからない

先日ご紹介したジーンズはもちろん、そろそろNNショーツの時期ですからね。購入しまくってる『グラミチ』ラバーの方も多いでしょう。私はすでに購入済みですが、まだまだ欲しいんですよね……。

まだまだ欲しい。『グラミチ』のパンツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

オリジナルのNNショーツを、さらに買い増ししたいと思いつつも写真のような別注ショーツも魅力的。コチラの『アーバンリサーチ ドアーズ』との別注モノにいたっては、よりアウトドアのテイストが加味されていてまさに今季的ではないでしょうか?

「うふふ……。いいなあ、『グラミチ』。ぐふふ」

とキモかわいい独り言と、キモかわいい笑顔でネットサーフィンをしておりましたところ、なんともおしゃれな1本を発見したのでお伝えいたします。

実は教えたくなかった、秋にはきたいおニューな『グラミチ』

私が見つけた、おニューな『グラミチ』。略して、おニュミチ。語呂が悪いので2度は使いませんが、実は公開したくなかったんですよ……。

だって売り切れそうだから。

「子供かよ」というツッコミは大歓迎です。なんと申しますか、子供らしさって大事だと思うんですよね……。何かと。

えっと、何の話でしたっけ? そうそう。おニューな『グラミチ』ですね。現在は予約受付がスタートしまして、9月に届くとのこと。夏をびゅーんと飛び越えて秋の1本を探している方には全力でおすすめです。まあ、いいたくなかったんですけどね。さっそく、その詳細を見ていきましょう。

実は教えたくなかった、秋にはきたいおニューな『グラミチ』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

細すぎずというより、むしろややゆったりめのフォルムながら、計算されたテーパードラインによるスマートな印象が魅力的。タック入りで、ウェイビングベルト搭載なので履き心地も◎。なによりアンクルカットかつ、ダブルで仕上げられたすそに大人らしさが感じられますよね。

実は教えたくなかった、秋にはきたいおニューな『グラミチ』 2枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

後ろ姿もすっきりとした印象。ナイロンとポリウレタンの混紡素材のため、ストレッチ性の高さもウリのひとつなんです。コレ、オフはもちろんジャケパンをはじめとするクリーンな着こなしにも活用できるのではないでしょうか?

実は教えたくなかった、秋にはきたいおニューな『グラミチ』 3枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

晩夏から秋にかけての定番着・パーカーとの相性も抜群。カジュアルなトップスでもやぼったく見えないのは、パンツが演出するシルエット美のなせるワザというところ。うーん、欲しい。

すべてが“大人顔”。晩夏~秋も『グラミチ』に注目

すべてが“大人顔”。晩夏~秋も『グラミチ』に注目

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

オンもオフも活用したい、おニューな『グラミチ』。最後に紹介するのは、細かいところにもこだわる大人のためのディテールです。ほらほら、ベルトのバックルがメタル仕様なんですよ。コレにはヤラれましたね、私。

というワケで、早くも秋モノのご紹介でしたが「実はまだ夏モノを購入していない」という方も多いでしょう。でも、秋モノをチェックしつつ、懐事情と相談しながら夏のスタメンをそろえるのも賢い買い物のひとつです。とはいえ、2017年も『グラミチ』のアイテムが豊作ですからね……。10代も20代も、30代になってもなにかと悩みは尽きないと思う編集フカザワなのでした。

合わせて読みたい:
グラミチの手掛けるサンダル。今夏注目のグラミチフットウェア

クライミングパンツならここ! グラミチ解体新書

グラミチのショーツで今季マストハブな10点とシルエットの違いを解説

NNパンツも別注モデルも一挙紹介。グラミチ最強説を徹底検証

注目編集者
深澤 正太郎

守備範囲広めの髪ヲタ編集部員

深澤 正太郎
美容専門誌「HAIR MODE」にて編集者のキャリアをスタート。髪に関することが大好物で、ヘアカタからビジュアル誌、書籍作りに奔走。前職の経験を生かし、TASCLAPではビューティ・ヘルス全般に熱を注ぐ。人の髪型を見てカットの工程が分かるほど髪フェチで、ヘアスタイリング剤には見境なく投資してしまうのが悩み。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP

CATEGORY

RECOMMEND