おすすめ満載。ワイルドシングスの三大マスターピースと注目アイテム10選

おすすめ満載。ワイルドシングスの三大マスターピースと注目アイテム10選

老舗アウトドアブランドであり、昨今はタウンユースでも支持率が高い『ワイルドシングス』。同ブランドが誇る三大定番と、大人の着こなしに馴染む人気作を一挙ナビゲート!

山崎 サトシ

2019.10.03

ワイルドシングス(WILDTHINGS)
ブランドまとめ
アウトドアファッション

アウトドア界の定番『ワイルドシングス』は、ファッションシーンでも人気モノ

アウトドアブランドの定番として知られる『ワイルドシングス』は、1981年にフランス人女性登山家のマリー・ミューニエール氏と、米国人登山家のジョン・ボーチャード氏により創設。自然豊かなニューハンプシャー州のノースコンウェイでその歴史はスタートしました。アルピニストたちに向けて実用的なギアを製作するところから始まり、今では米国を代表するアウトドアブランドとして成長を遂げています。

「軽くタフであること」を指針とした『ワイルドシングス』のアイテムは、どれも機能的。名だたるプロ登山家に愛用されていることに加え、米軍のサプライヤーであることからもそのポテンシャルの高さは証明済みです。

また、新素材の採用にも積極的で、今やアウトドアブランドに広く浸透している高機能中綿「プリマロフト」をいち早く取り入れたのも同社でした。ハイスペックなだけではなく、洗練された雰囲気が備わっているのも大きな魅力。どのアイテムもセンスフルなデザインで街使いにも難なく対応できることから、アパレル業界人の愛用者も少なくありません。

毎シーズンさまざまな有力セレクトショップから別注のリクエストを受けている事実からも、ファッションシーンでの人気の高さがうかがい知れる『ワイルドシングス』。アウトドアファッションブームの後押しもあり、今持っておいて間違いナシのブランドといえるでしょう。頼れるスペック、大人好みのデザイン、そしてトレンド感が三位一体となった同ブランドのアイテムは、秋冬コーデの主役として申し分ないはずです。なかでもおすすめしたいのが、同ブランドを代表する三大アイテム。その詳細をチェックしましょう。

人気アイテムを紹介。デナリジャケット、シャモニージャケット、シングスパンツとは?

同ブランドを語るうえで外せないアイテムといえば、「デナリジャケット」、「シャモニージャケット」、「シングスパンツ」の三大定番モデル。フィールドはもとより街でも高い着用率を誇る、『ワイルドシングス』を代表する名品です。それぞれを詳しく解説していきましょう。

アイテム1デナリジャケット

1983年に誕生して以来、同ブランドのフラッグシップモデルとして君臨する「デナリジャケット」。高水準の防水透湿性・保温性・軽量性を備え、過酷な自然環境下にも対応できるのが最大の特徴です。現行モデルにはイーベントという最高峰の透湿性を兼備した完全防水素材が使われています。そして、中綿素材には保温性に加えて撥水・速乾性にも秀でる人工羽毛のプリマロフトを起用。旗艦モデルにふさわしい圧巻のスペックを叶えています。それでいて“山男”っぽくない、スマートなデザインも見事に両得!

アイテム2シャモニージャケット

「デナリジャケット」のデザインをベースに、ライトシェルとして改良され1990年代に誕生したモデル。現在は2代目にあたる「シャモニージャケット2」が展開中です。表地のサプレックスナイロンはまるでコットンのようにナチュラルな風合いで、街でもさらりと着こなすことが可能。軽くてシワに強く、かつ撥水性もあるなど機能面でも優秀です。身頃からアームにかけては裏地にメッシュを用い、通気性にも隙なく配慮。

アイテム3シングスパンツ

ファッションシーンでも人気のクライミングパンツ。運動性を高める股下のガゼットクロッチや、片手でフィット感を調整できるウェビングベルトといったクライマー必須のディテールは、日常においても快適さをアシストしてくれます。適度な膝下テーパードが入ったやや細身の美シルエットですっきりと着こなせるのもうれしい限り。ジャケットやニットのような大人っぽいトップスとも好相性です。

都会に似合う美シルエット。ワイルドシングスのクライミングパンツ

都会に似合う美シルエット。ワイルドシングスのクライミングパンツ

おしゃれで機能的と『ワイルドシングス』のクライミングパンツが人気急上昇。人気の秘密から注目の別注アイテム、着こなし方まで徹底解剖した。

大中 志摩

タウンユースにうってつけの『ワイルドシングス』。今買うならこのアイテムを

タウンユースからアクティブシーンまで縦横無尽に活躍してくれる『ワイルドシングス』の注目作を、コラボレーションを含めて一気にお披露目。旬なアウトドアMIXコーデを作るうえで、心強いパートナーとなってくれるラインアップは必見です。

アイテム1『ワイルドシングス』スナッグダウンパーカー

ソフトかつ軽量なナイロン糸で織り上げた生地に、アクリルコーティングを施して撥水・耐久性を強化。中綿には上質なダウンをたっぷりと封入しているので、保温性にも秀でています。フロントに取り入れた止水ファスナーが、ミニマルなデザインの中でさりげないアクセントに。

アイテム2『ワイルドシングス』×『アーバンリサーチ ドアーズ』別注 ジャケット

型から別注したコラボジャケットは、テーラードらしいきっちりした顔立ちながら4WAYストレッチ素材のためストレスフリーな着用感。シワにも強いので、旅や出張の相棒としてもおあつらえ向きです。共地のトラウザーも展開しているので、セットアップでの着用もおすすめ。

アイテム3『ワイルドシングス』×『ビームス』別注 クレイジーパターン モンスターパーカー

米軍の特殊部隊で採用されるモンスターパーカーをデザインの基盤として、フォルムはタウンユース向けにブラッシュアップ。別注ならではの大胆なクレイジーパターンも目を引きます。表地には高密度に織り上げた風合いの良いコットンナイロンを用い、中綿には機能的なプリマロフトを採用。寒い冬に重宝するアイテムの1つです。

アイテム4『ワイルドシングス』×『エストネーション』別注 デナリジャケット

代表作の「デナリジャケット」を『エストネーション』が巧妙にアレンジ。インラインのモデルとは異なり、表地には防風性と伸縮性に特化したプライアンテックスを使用しています。加えて、中綿も従来のプリマロフトからダウン+フェザーへと変更。コントラストカラーの裏地を用いるなど、洒脱なデザインアプローチもさすがの一言ですね。

保温性抜群! ワイルドシングスのプリマロフトアウター

保温性抜群! ワイルドシングスのプリマロフトアウター

ダウンに変わる新素材として注目を集めるプリマロフト(人工羽毛)をご存じだろうか。今回、高いデザイン性で人気の『ワイルドシングス』の同素材を使ったアイテムに注目。

大中 志摩

アイテム5『ワイルドシングス』フラッフィー ボアノーカラージャケット

ボア素材が使われたジャケットは、リラックス感あるノーカラー仕様でカーディガン感覚で着られます。程良くゆったりとしたシルエットやドロップショルダー仕様で旬度を高めているのも見逃せないポイント。左胸にはお馴染みのブランドロゴをセットし、アクセントとして利かせています。

アイテム6『ワイルドシングス』ボックスリフレクターフーディー

コットン100%の裏毛スウェットで仕上げられた着心地の良いプルオーバーパーカー。カタチは今っぽくやや大きめに設定されているので、厚手のインナーでも余裕を持って着込めます。胸のボックスロゴプリントにはリフレクター素材が使われており、シンプルながらも存在感アリ。

アイテム7『ワイルドシングス』モーションイージーラックスパンツ

伸縮性&防風性のみならず撥水性にも富むプライアンテックスを駆使した新作イージーパンツは、多種多様なシーンで活躍が見込めます。ワタリにゆとりを持たせつつも膝下は適度にシュッとさせた緩急の良いテーパードシルエットで、今っぽくはける点も好評価。

アイテム8『ワイルドシングス』エックスパック ナイロンサコッシュ

3レイヤー構造となった耐久・耐水性に長けるハイスペック素材「エックスパック」を取り入れたサコッシュは、身軽に動きたい日のお供やサブバッグとして重宝。フロントには視認性に優れたメッシュポケットが付属しています。鮮やかなカラーリングにつき、着こなしのアイキャッチとしても適役。

W25.5×H21.5cm

アイテム9『ワイルドシングス』ナイロンデイパック

高強度な国産ナイロン生地で仕立てたリュックは、端正なスクエア型で都会的なオケージョンにも順応。内部はラップトップやタブレット、書類を合理的に収納できる構造となっています。なお、ショルダーベルトと背面にはクッションメッシュ素材が装備されているので、長時間着用していても疲れません。

W25.5×H21.5×D8.5cm

アイテム10『ワイルドシングス』フライトキャップ

撥水性のあるナイロンタフタと、温もり感たっぷりなポリエステルボアをコンビネーションした意欲作。ボア部分は固定ストラップを外して垂らせば耳あてになるため2WAYで着用できます。前面パネルにはリフレクタープリントのブランドロゴを配置。

アウトドアウェアの人気ブランド、今マストで押さえておきたい22選

アウトドアウェアの人気ブランド、今マストで押さえておきたい22選

トレンド継続中のアウトドアファッション。まずチェックすべきは、やはり専業ブランドのウェアや小物です。機能に加え、デザインにも定評のあるブランドを厳選してご紹介!

那珂川廣太

アフロ歴15年のファッションライターで、趣味はヴィンテージモノの収集とソーシャルゲーム。メンズファッション誌を中心として、WEBマガジンやブランドカタログでも執筆する。得意ジャンルはアメカジで、特にデニム・スタジャン・インディアンジュエリーが大好物!
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ヘビーウェイトのTシャツを探すなら。おすすめブランド9選

    ヘビーウェイトのTシャツを探すなら。おすすめブランド9選

    春夏はTシャツが主役となる時期。頻繁に袖を通し、何度も洗うことを思えばやはり屈強なヘビーウェイトの1枚が欲しいところ。となればまず押さえておきたいブランドがある。

    菊地 亮

    リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

    リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

    デイリーに愛用できるメンズリュックを徹底紹介。カジュアルなコーデはもちろん、きれいめな着こなしにもハマるリュックの選び方とおすすめのブランドをレクチャーします。

    TASCLAP編集部

    白Tシャツを大人っぽく着こなす。おすすめ10ブランドと季節別コーデ

    白Tシャツを大人っぽく着こなす。おすすめ10ブランドと季節別コーデ

    白Tシャツはワードローブに欠かせない定番アイテム。通年使える白Tシャツの選び方からおすすめブランドの1枚、そして季節の着こなしまで余すことなくお届けします。

    TASCLAP編集部

    ビジネスにリュックを。大人の通勤リュックブランド25選

    ビジネスにリュックを。大人の通勤リュックブランド25選

    ビジネスマンにとって通勤時のリュックはもはや当たり前。市民権を得たものの、カジュアルやアウトドアで使用するモノとは一線を画す、“通勤仕様”のモノを選びましょう。

    近間 恭子

    ザ・ノース・フェイスのTシャツは夏の新たな風物詩。おすすめは?

    ザ・ノース・フェイスのTシャツは夏の新たな風物詩。おすすめは?

    アウトドアの名門『ザ・ノース・フェイス』。アウターにばかり目がいきがちだが、実はTシャツも優秀なうえに面白い。その充実のラインアップを見ていこう。

    菊地 亮

    BACK